タグ:FREITAG ( 3 ) タグの人気記事

the scene of messenger bags 06-07

街ゆく人々の背中には、
いつの時代も色とりどりのメッセンジャーバッグ。

age of vintageでは連載開始以来、
常に「街のメッセンジャーバッグ事情」を観察してきたが、
いよいよ2006年も残すところあとわずか。

今日は「メッセンジャーバッグ・ゆく年くる年」と題して、
2006年のメッセンジャーバッグ事情の総括ならびに
2007年のメッセンジャーバッグシーンの動向を占ってみたい。

さて、2006年のメッセンジャーバッグシーン、
それはまさに
「フライターグ(FREITAG)のための1年」だったと言っても
過言ではないだろう。

c0077105_2423844.jpg

街ゆく人々は、
あの人も、この人も、みんなフライターグ。

そんなフライターグの3歩後ろをピタッと付ける
カルトバッグ(KULTBAG)。

ちなみに以前に取り上げた
「あまりにも似ている
フライターグとカルトバッグの関係」については、
結局もう一つよくわからないまま・・・・。
「師弟関係説」で正解なのでしょうか?

2007年もフライターグを中心に
シーンは動いていくものと思われるが、
あまりの人気ぶりが逆に
ちょっと心配といえば心配でもある。

来年の今頃、
飽きっぽい日本のお洒落ピープルが
「え、フライターグって、
あの最初から汚れてるバッグでしょ?
やだー、きたなーい。」
などと言ってなければいいのだが・・・。

そんなフライターグはスイスのブランド。
そしてカルトバッグはドイツ発。

では、「made in U.S.A」の呪縛から逃れられない
アメカジ派にとっての、
2007年メッセンジャーバッグ、その「本命」は?

age of vintage では
2つのブランドをピックアップしてみたい。
もちろん両方「made in U.S.A」。

まずは「De Martini」。

c0077105_2435731.gif

70年代からニューヨークのメッセンジャーに
愛され続けてきた老舗ブランド。
もともとは郵便配達用のバッグを作っていたらしい。
日本のアメカジ系ショップでも以前から
それなりに扱われてはいたがその数は少なく、
「知る人ぞ知る」的存在だった。

が、数年前から、
かなり多くのショップで扱われるようになり、
サイズやカラーも豊富になってきている。
おそらく日本別注モデルも多いのだろう。

c0077105_2445629.jpg

女性向けの小さめサイズ、カワイイ系カラーも揃い
2007年はこのまま一気にブレイクの予感。
「フライターグ超え」を期待できる
唯一の「made in U.S.A」として、
ぜひ頑張って欲しい。

ちなみに「De Martini」は何て読むのか、
「ディ・マーティン」や「ディ・マルティニ」など
いろいろな説があり、よく分からなかったのだが、
どうやら「ディ・マティーニ」でいいみたいです。

2007年は「ディ・マティーニ」から目が離せない。


さて、もう一つピックアップしておきたいブランドが
「BAILEY WORKS(ベイリーワークス)」。

c0077105_246156.jpg

こちらは1993年にニューハンプシャー州ポーツマスにて
設立されたブランド。
設立後しばらくは地元ポーツマスでしか
販売されていなかったらしいが、
そのクオリティの高さが評判となり、
今や「ジャーナル・スタンダード」など
日本の大型セレクトショップでも見かける。

c0077105_2471581.jpg

質実剛健、シンプルなスタイルが
アメカジ派にはたまらない・・・。

ディ・マティーニほどの派手な動きはないかもしれないが、
2007年アメカジ界にて、
着実にその人気を浸透させていくであろう存在として、
注目していきたい。

時代は変わる。
街も、人も、メッセンジャーバッグも・・・・。

2007年も、街ゆく人々の背中に注目です。
[PR]
by boppuccino | 2006-12-26 23:59 | products

TAMAGO or NIWATORI? FREITAG or KURTBAG?

街行く人々の背中を見れば、
そこにはいつの時代も
色とりどりのメッセンジャーバッグが・・・。

さて、2006年現在の
メッセンジャーバッグ情勢といえば、
「フライターグ(FREITAG)」が
圧倒的な勢力を誇っているように思われる。

が、最近フライターグにそっくりな
バッグブランドをよく見かける。
それが「カルトバッグ(KURTBAG)」。

フライターグか?
カルトバッグか?
・・・・それが問題だ。

フライターグは1993年、
スイスのフライターグ兄弟によって設立されたバッグブランド。
トラックの幌やシートベルト、自転車のチューブなどの
リサイクル素材を組み合わせて作られているため、
全てが「一点モノ」、
同じ柄のものは二つと存在しないという。

c0077105_1511258.gif

様々な大きさ、様々なデザインのバッグを手掛けているが、
代表的なアイテムは、やはりメッセンジャーバッグか・・。

一方のカルトバッグは、
1996年にドイツ人の夫婦によって設立されたブランド。

c0077105_1515073.gif

フライターグ同様、
リサイクル素材を使った様々なバッグを展開している。

が、それにしても、
メッセンジャーバッグなどは、
デザインも素材も、本当によく似ている。
というか、同じ・・・?

ブランドの創立はフライターグの方が先。
ではカルトバッグは、パクリなのか?

いや、カルトバッグのバッグを取扱う店はどこも、
とても「バッタ物」を置くような店ではないし、
カルトバッグ取扱店も、
最近かなり増えてきているように思う。

フライターグとカルトバッグ、
その関連性やいかに・・・。

で、調べたところ、カルトバッグは
「フライターグから独立した人が始めたブランド」である、
という説を入手した。
その信憑性はまだ確かなものではないのだが、
どうやら何らかの師弟関係、「のれん分け」的関係が
あるのではないかと思われる。
(詳しい情報をお持ちの方はぜひ教えて下さい。)

さて、最後に、
僕が持っている唯一のカルトバッグのアイテム。
と言ってもバッグではなく、財布です。

c0077105_1534493.gif

外側がウール素材なのと
どことなくミルスペック(ミリタリー仕様)っぽい
雰囲気に惹かれた。
値段もバッグに比べると全然安い。
(確か6000円位だった。)
でもデカすぎて、
パンツのポケットに入らないこともしばしば。
いい財布って、ありそうでないですね・・・・。

フライターグか?
カルトバッグか?
・・・・あなたはどちら?

http://www.freitag.ch/
http://www.kultbag.de/
[PR]
by boppuccino | 2006-10-13 01:01 | products

FREITAG gallery

時代は変わる。
人も、街も、メッセンジャーバッグも・・・。

「人混みが嫌い」という人は多い。
僕も決して得意ではない。
だが、街行く人々を眺めるのは好きだ。

特に、行き交う人々の背中の
カラフルなメッセンジャーバッグを眺めるのが好きだ。

メッセンジャーバッグとは、
もともとニューヨークのメッセンジャーが使っているような
肩から「たすき型」にかけるショルダーバッグのこと。
ちなみにメッセンジャーとは
自転車で書類などをデリバリーする職業。

本物のメッセンジャーが使っているバッグは
横幅がけっこうあり、デカい。
そしてストラップを思いっきり短めにセットし、
バッグを体に巻き付けるように装着する。

それが自転車に乗ったまま荷物を出し入れするのに
ベストなセッティングだという。

なので僕らもメッセンジャーバッグを使うときは
あえてストラップ短め、ピチピチのセッティングでいきたい。

さて、ここ1〜2年で、
街行く人々のメッセンジャーバッグ事情も
だいぶ変わってきている気がする。

その新勢力は・・・・・?
間違いなく、「フライターグ(FREITAG)」だと思う。
とにかくフライターグのバッグ、最近よく見かける。

フライターグは1993年スイスで、
フライターグ兄弟によって設立されたという。
その素材にトラックの幌などを
リサイクルして使っているのが特徴で、
リサイクル素材ゆえ、同じ柄は二つと存在しないという。

全てが一点モノ。全てがビンテージ・・・。

とあれこれ言ったわりには、
自分はフライターグのバッグを持っていないので、
最後に、街で見かけたフライターグの
美しいバッグをここで紹介します。
c0077105_1215426.gif

c0077105_1231152.gif

[PR]
by boppuccino | 2006-08-10 01:11 | products