CRAFTED WITH PRIDE IN NEW YORK

東京・渋谷、明治通り・宮下公園交差点近く、
「美竹公園」の向かいにあるビル。

c0077105_2554176.gif


まさに「雑居ビル」という言葉がふさわしい、
古めかしく地味なビルの2Fに、「ネペンテス(NEPENTHES)」はある。

c0077105_2572221.gif


ビルの外には、看板も何もない。
そこに確固たる自信が窺える。

ネペンテスといえば、かつては表参道近くの
細い路地を入ったマンションの一角にある
個性的なインポートショップであった。

他のアメカジ系のお店では見られないような
アメリカ製の良質な服やバッグが置いてあり、
「上級者向け」な印象だった。

現在のネペンテスは、
「Needles」「S2W8」「Engineered Garments」など
10を超えるオリジナルブランドを展開し、
お店に置いてあるのも、
ほとんどがそのオリジナルブランドの商品だ。

インポートショップ、セレクトショップが
オリジナルブランドを立ち上げ、オリジナルの服を作る、
というのはよくあるケースだが、
大抵の場合、値段も安い代わりに品質もイマイチだったり、
デザインも、どこかのブランドにそっくりだったりする。

だが、ネペンテスのオリジナルブランドは、全く違う。
どこをとっても「本物」の手触りがする。

現在ネペンテスは東京、ロンドン、ニューヨークに
オフィスを構えて、それぞれの土地で
デザインから生産までをすべて行っているらしい。

だからネペンテス・ニューヨーク企画のブランドは、
全てmade in U.S.A。
ショップのオリジナルブランドで、
ここまでこだわっているブランドは、数少ない。

個人的には、
そのネペンテス・ニューヨークの主力ブランド
「エンジニアード・ガーメンツ(Engineered Garments)」が
特に好きで、愛用している。

c0077105_259231.gif


エンジニアード・ガーメンツの服は、
基本的には古き良きアメリカ服の復刻なのだが、
どこかに必ず「ひとひねり」がある。
その「ひとひねり」のセンスがとにかく抜群で、
いつも感心、いや感動してしまう。

そのちょっとしたアレンジのおかげで、
古臭さを感じさせないどころか、
モードな空気、時にはアヴァンギャルドな空気さえ
感じさせてしまうのだ。

「もしネペンテスが音楽を作ったら・・」
なんてつい考えてしまう。

僕も古い音楽が好きで、
それを現代に甦らせたい、という気持ちで
今まで音楽に取り組んできたつもりだけど、
ネペンテスの服の完成度の高さには、
まだまだとても、及ばないように思う・・・。

さて、そんなネペンテス・ニューヨークのデザイナーは
鈴木大器氏という日本人らしい。

その鈴木氏だが、最近入手した情報によると
この秋に完全復活を遂げると言われる
アメリカの伝統的ウールブランド、
「ウールリッチ(Woolrich)」のデザインは
彼が手掛けているらしい。

この件に関してはまた後日書く予定ですが、
アメカジの未来を担うのは、もしかして日本人なのかも・・・
そんな事を考えてしまう。

改めてネペンテスに、敬意を表したい。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-27 23:59 | products

life is styling

「ソニープラザ」は今年(2006年)で何と40周年だそう。
そんなソニプラで毎月無料配付している小冊子「S.P」を
パラパラめくっていたら、
「私とソニープラザ」的なコーナーに、
僕の知っている、ある人が登場していた。


c0077105_13553620.gif


インテリアスタイリスト・作原文子(さくはら ふみこ)

僕が以前アルバイトをしていたお店に、
作原さんはよく来ていて、
それで僕も彼女とちょっと顔見知りになった。

作原さんについて
そんなに詳しく知っているわけではないけど、
僕の知っている作原さんは、
とにかく人間的な魅力というものに溢れていた。

前向きで、芯が強く、なおかつ謙虚で気配りが出来る。
彼女に会ってその笑顔を見るだけで、
いつも元気をもらえる、そんな人だった。
(褒めすぎかな?)

以前、作原さんを僕のライブに誘ったことがあって、
こちらとしては
「まあ、忙しい人だし、来てくれないとは思うけど一応・・・」
ぐらいの気持ちで、誘った事すら忘れかけていたのだが、
当日ライブ会場に着いたら、作原さんから花が届いていた。
「せっかく誘っていただいたのに行けなくてごめんなさい」
というメッセージを添えて・・・・。

そこまでしてくれる人は、滅多にいない・・・。

成功している人、活躍している人に限って、
気配りが出来て、また気が利く、という、
お手本を、見せてもらった気がする。

そんな作原さんとも、もう5年以上会っていない。
知りあった頃からすでに、
雑誌「anan」などのスタイリングで活躍していたけど、
最近はもう「作原文子」の名前が一つのブランドになり、
確固たる地位を確立しつつあるように思われる。

そんな作ちゃんに、ここで改めて敬意を表したい。

最後に、僕のアルバム「スモールコンボ」を、
作原文子風(?)にスタイリングしてみました。

「スモールコンボのある暮らし」
c0077105_13571043.gif

いつかぜひ、ご本人にスタイリングしてもらいたい。
それが僕の夢・・・。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-26 22:22 | people

French meets American

時代は変わる。街も、人も、そして「舟形トート」も・・・。

最近ふと思った。
「そういえば、エルベ・シャプリエのバッグ持ってる女の子
 見かけないなぁ・・・・。」

エルベ・シャプリエ(Herve Chapelier)は今から約25年前に
その名の通り、エルベ・シャプリエ氏によって
設立されたフランスのバッグ・メーカー。

ナイロン素材のシンプルかつカラフルな舟形のトートバッグは
かつては定番中の定番で、
流行に左右されることなんてないと思っていたのだが、
最近街を歩いていても、そう言えばほとんど見かけない。

時代の主役はいつしかガルシア・マルケスに
取って代わってしまったのか・・・・・。

エルベ・シャプリエのバッグにセント・ジェームスのボーダー、
シマロンのピチピチパンツにビルケンのサンダル・・・
そういうタイプの女性は、今や絶滅寸前か?

悲しい・・・。

ちなみに僕が持っているエルベ・シャプリエはこれだけ。

c0077105_075686.gif


数年前にとあるデパートの閉店セールで買ったブリーフケース。
「書道用具入れ」ではありませんよ。

あ、もう一つあった。

c0077105_01864.gif


昔付き合ってた彼女にプレゼントしたトートバッグ。
それが・・・、
別れる時に、返品された・・・。

こういうアイテムの処分方法がわからなくて困るのですが、
どうすればいいのでしょうか?

さて、アメカジ的視点で見ると
エルベ・シャプリエのバッグはフランス製だが、
リュックだけは、有名なアメリカのバッグメーカー
「アウトドア・プロダクツ」に発注して作っていた。
つまりmade in U.S.Aだった。

そのアウトドア・プロダクツも数年前に
アメリカでの生産を中止してしまい、
現在は主にベトナムで生産している。

だが、ベトナム製アウトドア・プロダクツ製品の出来に
満足できないエルベ・シャプリエ氏は
アウトドア・プロダクツへの発注を止め、
今はリュックもフランスで生産しているらしい。

エルベ氏の判断は正しい、と思う。

made in U.S.A時代のエルベ・シャプリエのリュックは、
フランス的センスとアメリカ的機能性がミックスされた、
素晴らしい一品だった・・・・。
が、今や入手困難。
ヴィンテージ行き間違いなし、である。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-26 02:02 | products

Miles and Duke

1950年代から活躍を続けたジャズ・ピアニスト
デューク・ジョーダン(Duke Jordan)氏が
2006年8月8日に、84歳で亡くなったという。

デューク・ジョーダンと言えば、
かつてはあの、ビ・バップの神様、
チャーリー・パーカー(a.sax)のバンドの
レギュラーピアニストであった。

仕方のないことではあるが、
また一人、ジャズの歴史に残る
「ジャズ・ジャイアンツ」がこの世を去ってしまった。

正直言って,
僕はデューク・ジョーダンの熱心なファンではなかった。
それは何故かというと・・・・・
ある一冊の本のせいである。

「マイルス・デイビス自叙伝」(宝島社文庫)

マイルス・デイビスと言えば、彼もまた
チャーリー・パーカーに並ぶジャズの「神様」の一人であるが、
そんな彼の自叙伝を読むと、
デューク・ジョーダンはこれでもか、とばかりに
ボロクソにけなされている。

若き日のマイルスは、
パーカーのバンドに在籍していた。
そこでデューク・ジョーダンと共演していたのだ。

当時の様子が、自叙伝にはこんな風に書かれている。

「デューク・ジョーダンのピアノだけは好きになれなかった。」
「とにかくたいした演奏も出来ないデューク・ジョーダンが・・・」
「デューク・ジョーダンには、早く理解してくれることを祈りながら
毎日コードを教えたが、いつまでたってもダメだった。」
「アホのデューク・ジョーダンが無駄に居座っていたんだ。」

全て自叙伝からそのまま引用した文章だ。

マイルスはデューク・ジョーダンをクビにしたかったけど、
リーダーであるパーカーがデュークを気に入って、
ずっと使い続けたらしい。

若き日のデューク・ジョーダンはそこまで下手だったのか、
それともただ、マイルスの趣味に合わなかっただけなのか?
そのあたりは謎のままであり、
そういうミステリーがまた、とても興味深い。

とにかく、
デューク・ジョーダンの演奏を聴く以前に
マイルスの文章を読んでしまった僕は、
完全に「聴かず嫌い」になってしまい、
結局その後も彼の作品を、熱心に聴くことはなかった。

「マイルスにけなされた男」
デューク・ジョーダンのソロピアノ・アルバムを聴きながら、
不名誉なピアノマンの死を、偲びたい。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-26 01:01 | sounds

monologue about cassidy <1>

東京・原宿にあるインポートショップ「CASSIDY」。
オープンしたのは1981年だというから、
移り変わりの早い街で、もう25年も続いていることになる。

c0077105_23303224.gif

僕がファッションに興味を持った頃はすでに
キャシディは多くの雑誌で紹介されていた。
そして店長の八木沢氏も、よく顔写真付きで雑誌に載っていた。

なので初めてキャシディに行って
八木沢店長を見た時は、有名人に会ったような気分だった。

何度か通っていると、ある日
「あ、オレ、店長に顔覚えてもらえたかも」と思う事があった。

「いらっしゃいませ」の後に
「あ、こんにちは」が付いたりすると
人はみな、そう感じるものだ・・・。

そういう時は非常に嬉しいもので、
その後しばらく、「顔忘れられないように」と
マメに通う事を心がけた。

・・・と言っても実際は
せいぜい2ヶ月に1回ぐらいしか行かなかったんだけど、
それでも八木沢氏は僕の顔だけでなく
僕がキャシディで買った服も、
かなり細かく覚えてくれていた。

そんな、僕にとっての「有名人」だった八木沢氏だが、
実際、本人に接してみると、かなりユニークな人であり、
「この人、本当に偉いのかな?」と思うような事だらけだった。

まず、服をたたむのが非常に遅くて、
手つきも妙にたどたどしい。

あと、しゃべり方も全然、接客業っぽくなくて、
ボソボソっと小声で話すし、
言葉遣いも全然、「プロっぽい」感じがしない。

例えば以前に僕が「これ買います」と言ったら、
「え、買ってくれるんですか?」と言われた。
普通、店員さんがそんな事言わないですよね?

が、しかし、そんな八木沢氏にすっかり魅了されてしまい、
原宿キャシディに通うようになってもう6〜7年が経つ。

ちなみに僕のアルバム「Small Combo」の
裏ジャケットの写真で着ているシャツもパンツも、
両方ともキャシディで購入したものです。

が、しかし、
八木沢氏には、僕が音楽をやっている事などは、
何も明かしていない。
いや、話したい気もするけど、話せていない。

お店の店員さんと仲良くなったら、
どこまで自分から話すべきなのか・・・・、
難しいテーマですね。

それはともかく、
改めて原宿キャシディと八木沢店長に、
ここで敬意を表したいと思います。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-25 23:59 | place

i-D JAPAN

1976年に創刊された雑誌「POPEYE」。
アメリカンカジュアルを中心とした
男性ライフスタイル誌の草分け的存在であり、
もちろん今なお健在。

創刊から30年近く経った今、
その創刊号は古本屋で
\12000前後で売られているという。
(ちなみに当時の定価は\780)

まさにヴィンテージ・マガジン・・・・。

そんな「ポパイ」創刊号は残念ながら持っていませんが、
将来の「ヴィンテージ・マガジン行き」が期待される雑誌を
ここで紹介してみたい。

「i-D JAPAN(アイディー・ジャパン)」

c0077105_225766.gif



書店の洋雑誌コーナーなどに行けば、
必ず、と言ていいほど置いてある
イギリスのカルチャー雑誌「i-D」。
その日本版が、かつて存在した。

創刊されたのは1991年9月。
創刊当初は、「あのi-Dの日本版が出る」ということで、
かなり話題にもなり、
もちろん僕もワクワクした。

創刊号の表紙はどアップの小泉今日子(上の写真の左下)。
特集は当時人気急上昇中だった「貴花田」。
そしてビートたけしやレニー・クラヴィッツのインタビューなど、
意外なほどメジャー路線であったのには驚いたが、
連載陣は「スチャダラパー」「フリッパーズ・ギター」
「テイ・トウワ」「電気グルーヴ」と、期待通りのメンバーだった。

そんな「i-D JAPAN」だが、
1992年12月には、突然の休刊宣言をしてしまう。
今思えば、たった1年ちょっと、
計16号で終わってしまった雑誌。

あれから15年・・・・。
「i-D JAPAN」を創刊号から休刊号まで、
全て「品質A状態」で保管しておいたら、
それなりの価値が出てるはずなのですが、
実際は、どうなんでしょう?

もし古書関係の方がいらしたら、
こっそり教えて下さい。

まだまだ手放す気はないけど・・・。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-25 02:22 | books&magazines

small combo live

8月20日(日)

今日は渋谷・公園通りクラシックスにて,
アルバム「small combo」発売記念ライブでした。

遊びに来て下さったみなさん,どうもありがとうございました。

トリオでのライブは久しぶり。
やはり楽しかったです。

そして久しぶりのワンマンライブ。
長丁場でしたが,終わった後の疲労感が,心地よいですね。

今回初披露の新ネタ
「山崎まさよしのモノマネ」はいかかでしたでしょうか・・・?


<TETSURO YAFUNE small combo live>
1.バールに灯ともる頃
2.Try to forget
3.心の鍵
4.九回ウラニ死満塁
5.会いたい人に,会いにゆく
6.Manteca
7.ハニーチャイは恋の味
8.L-O-V-E
9.二人お茶でも
10.Over the rainbow
〜Tie a yellow ribbon round a old ore tree
〜I could write a book
11.Look here
12.Honky tonk pasta blues
13.On the sunny side of the street
14.濃いコーヒーを
15.Wo wo ni ni
16.冷たいスープ
17.屋台村
18.ごめんなさいと言って
19.帰り道は楽し

矢舟テツロー(vocal&piano)
鈴木克人(acoustic bass)
柿澤龍介(drums)

ライブの衣装です。
さすがに秋冬物は,まだちょっと暑かったですね・・・。
c0077105_3194270.gif




そしてライブ後はなぜかクラシックス・後藤さんと
二人で打ち上げ,という,かなりレアな展開・・・。


c0077105_2355856.gif

暗くてわかりにくいですが,クラシックス・後藤氏。
オリジナルラブ・田島貴男氏ではありませんよ。

ちなみに僕がクラシックスに出演させてもらうようになって,
もう5年近く経ちます。
ここで改めて,クラシックスと後藤さんに敬意を表したいと思います。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-21 02:22 | sounds

the cat and the hat

古いジャズのレコードのジャケットなどを見ると,
多くのジャズメンが帽子を被っていて,
いつしか帽子はジャズにとって
欠かせないアイテムになっていった。

例えばセロニアス・モンク,
そしてウイントン・ケリーといったピアニスト達も
当たり前のように帽子を被り,渋くキメているのだった。

c0077105_0225210.gif



だが,時代は変わり・・・・
最近のジャズ・ミュージシャンで,
ここまで渋く,キマっているミュージシャンは,
果たしてどれだけ存在するのか?

そんなわけで,ピアノマンとしては,
やはり帽子にこだわりたい。

c0077105_0241881.gif


ライブ用に・・・と買い集めているうちに,
いつの間にか増えていった帽子のコレクション。
でも普段はほとんど被らないんだけど・・・。

ところで,ピアノマンには悩みがある。
それは・・・・
「頭がデカい」こと。

Mサイズだと,まず無理。
Lサイズだと,入るモノもあるけど,
入らないモノも,けっこう多い。
それより大きいXLサイズの帽子って,
なかなか売っていない・・・。
そんなわけで,被りたい帽子を,
いつも被れる訳ではないのが,辛いところ・・・。

まあそれはいいとして,
最後に,アメカジ的視点から見ると,
アメカジ派の帽子と言えばやはり,
「ニューヨークハット」こと「NEW YORK HAT & CAP CO」が
お馴染みの帽子ブランドだと思われる。

数多くのショップに置いてあるし,
何よりもそのラインナップの幅広さ,種類の多さは,圧巻。

そしてそのほとんどがmade in U.S.Aであるのも嬉しい。
(最近,中国製の製品が増えているのがちょっと気になるんだけど。)

そんなわけで「ニューヨークハット」に,ここで改めて敬意を表したい。

上の写真にももちろん,
何点か「ニューヨークハット」の帽子が含まれていて,
ピアノマンもお気に入りのブランド。
でも残念ながらサイズ小さめのモノが多い・・・・。

ちなみにピアノマンは20日のライブ用に,と
最近新たに「ニューヨークハット」の帽子を購入し,
気合十分らしいです。

お楽しみに・・・・。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-19 01:01 | products

deep country

僕が敬意を表したくてたまらない,
東京・町田にある一軒のアメカジショップを紹介したい。

小田急町田駅から徒歩4〜5分,
人通りもまばらな細い路地にあるビルの1階に
COUNTRY」はある。

c0077105_23555573.gif


店の中に足を踏み入れると,
そこはまさにカントリー,
ログハウス風の内装から
木の香りがプンプンしてくる。

決して広くない店内には
所狭しと商品が列んでいて,
その量に,まず圧倒されてしまう。

よく,代官山あたりのモード系のお店に行くと,
商品がポツン,ポツンとしか置いてない店があるけど,
あれって,どうなんでしょう?
ああいうのが「モード」なんでしょうか?

僕は商品がガンガン積んであるようなお店の方が好き。
それを隅から隅までチェックして,
結局何も買わずにお店を出るのが,好きだ。

さて,話を戻すと・・・
カントリーのラインナップ,これが凄い。

ワークウェアやスウェット中心の
アメカジの王道的ラインナップなのだが,
どれもこれも,とにかくディープ。濃い。

実際,カントリーが掲げるテーマは
「ゴリゴリのアメカジ」,略して「ゴリアメ」らしい・・。

一例を挙げると・・・
「キャンバー」のスウェット,
「カリフォルニア・ブランド」のワークパンツ,
「クレセント」のダウンベスト,
「ラッセルモカシン」のブーツ。
もちろん「ニューバランス」も。

しかも他のお店ではまず置いていないようなアイテムが
さりげなく列んでいて,
そこにこだわりとスピリッツを,
ひしひしと感じてしまう。

僕がカントリーを知ったのはまだ去年のことなのだが,
初めて行った時,
「こんなすごいお店があったのか。しかも町田に・・・」
と,それはちょっとした衝撃だった。
ちなみにカントリーは今年で6周年らしい。
もっと早くに知っていればなぁ・・・・。

古着だったら,
こだわってるお店は原宿あたりにたくさんあるけど,
新品を扱うお店で,ここまでこだわっているお店は,
渋谷や原宿あたりでも,最近はあまり見られないように思う。

そんなカントリーだけに,
ディープなファンは,やはり多数存在するようで,
商品の動きも相当早いみたいだ。
そしてまた次から次へと新しい商品がガンガン入って来る。
それがまたこのお店の,すごいところ。

とにかく,すごい。
そしてディープ。
ゴリアメな「カントリー」に,改めて敬意を表したい。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-18 00:00 | place

theree short pants

とあるコーヒーショップにて・・・

店員A「お願いしまーす。スリーショートラテ。」
店員B「スリーショートラテーッ。」

店員A「お願いしまーす。スリーショートパンツ。」
店員B「スリーショートパンツーッ・・・・ええっ?」


さて・・・・・
アメカジ系のお店に行くと、
時々、信じられないような安い買い物をすることがある。
もちろんこの場合,「安い買い物」であって「安物買い」ではない。

東京・桜上水に
キャラクターグッズなどのアメリカ雑貨と
古着、そして新品の洋服などがごちゃごちゃに置いてある
「万国屋」という,ポップかつジャンクな店がある。

店の入口の外に,
セール品などを無造作に放り込んだ段ボール箱があったので,
あまり期待をしないで見ていたら,
やけにパリパリした手触りの,
チェックのショートパンツが出てきた。

そのパリパリ・ゴワゴワ感が気になってよく見たら
アメリカのワークウェア・ブランド「BLUE BEAR」製のものだった。

「BLUE BEAR」は,
90年代に出来たと思われる,比較的新しいブランドで,
ワークウェア(作業着)でありながらも
どこか洒落たデザインが特徴。
そしてアメリカでの製造にこだわっている,という点でも
要注目のブランドなのだが,
なぜこんな激安ボックスの中に・・・。

そして値段を見てさらにビックリ。

なんと,320円・・・・。

ええっ?
ゼロひとつ,つけ忘れたんじゃないの?

古着ならともかく,
新品で,アメリカ製で,この値段・・・。
いくらなんでも安すぎなのでは?

そんなわけでつい,2枚買いならぬ,3枚買い。
それでも1000円でおつりが来た・・・。
c0077105_1163342.gif


さすがにここまで安いのは滅多にないけど,
でもこういうことは,アメカジ系のお店ではよくある事。
これだから,アメカジやめられません。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-17 01:11 | products

battle of new balance <1>

少年たちは「ムシキング」のバトルに夢中のようだが、
アメカジ派の間では「ニューバランス・バトル」が静かなブーム!?

さて、本日のメイン・エベント。
青コーナー、
made in England、スウェードの「576UK」。
もう7〜8年前のモデルか?
茶色いボディーにベージュのNマークが
いかにもイングランド的で、お洒落。

c0077105_0221143.gif

そこに現れた強敵は、誰だ?
えっ・・・

c0077105_0233688.gif

何と・・・
赤い「NB306」。
文字通りのベビーフェイス!?
カワイイ。

c0077105_0251285.gif


いざ、勝負・・・。
この体重差では、どう見ても576UKの楽勝か?

c0077105_0264744.gif

あっ、NB306得意の空中殺法!
576UKの懐に強烈なジャンピング・ハイキック!!

NB306、勝利の雄叫び。

c0077105_0233688.gif


ニューバランス戦士たちの戦いは、続く・・・・。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-14 23:59 | products

SSSS

8月12日(土)
渋谷・公園通りクラシックスにて、
僕が企画&ブッキングに少し関わったライブイベント
「Sweet Small Sunny Sounds」が行われました。
天気が悪くてあやうく「Stormy Sounds」になるところでしたが、
なんとか夜までには雨も上がって、良かったですね。

出演してくれたのは
「犬塚彩子」「青野りえ」「キッチン」の3組。
僕も犬塚さんのステージに少しだけ出演。
犬塚さんとはかなり久々の共演でした。

c0077105_2273810.gif

「キッチン」リハーサル中の一枚。

ライブは終始フレンドリーな雰囲気で、
また出演者のみなさんもライブの後で
かなり仲良くなったみたいで、
僕としても企画した甲斐がありました。

出演者のみなさん、
そして会場に遊びに来てくれたみなさん、
どうもありがとうございました。
そしてクラシックスの後藤さん、いつもありがとうございます。
また来週もよろしく。

・・・・・・と、日記風の記述はこれぐらいにして
最後に、一枚の写真を紹介。

c0077105_229178.gif

クラシックスの音響担当、太郎さんの足元に
見慣れないニューバランスが・・・。

もう10年近く前に、それなりの値段で買った、という一足。
使い込まれて、とてもいい雰囲気が出てます。
今では全く見かけないタイプのニューバランスに、
敬意を表したいです。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-13 02:22 | sounds