ONE AND TEN VERY SAD SONGS

c0077105_1285344.jpg

PIZZICATO ONE「11のとても悲しい歌」

説明不要かもしれませんが、
元・ピチカートファイヴ、小西康陽氏の
初のソロ・プロジェクトが、いよいよ発売されます。

イントロダクションの短いトラックを除き、
すべて英語詞のカヴァー曲。

曲ごとにゲスト・ヴォーカリストを迎えているのだが、
その顔ぶれはマリーナ・ショウ、ウーター・ヘメル、
マルコス・ヴァーリ・・・と超豪華で、ワールドワイド。

さすが、「世界のコニシ」・・・。

もちろんどの曲にも「ひとひねり」加えられているが
とてもシンプルなアレンジ。

何度も繰り返し聴きたくなる、
とても「静かな」アルバムです。
[PR]
by boppuccino | 2011-05-24 05:24
<< the "next&... expansion of Am... >>