人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Authentic sounds Authentic products


by Tetsuro Yafune
12月18日・ビルボードライブ横浜にて
野宮真貴 with 矢舟テツロー・トリオ
「うた、ピアノ、ベース、ドラムス。」無事終了いたしました。
おかげさまで大盛況、大成功でした。


Thank You! Billboard Live Yokohama_c0077105_00433014.png

野宮真貴さんのステージのバッキング、
そして自分のコーナー、
さらにはサプライズ出演のPIZZICATO ONEのバッキング、と
充実の全19曲。

選曲やアレンジにも関わり、
準備段階からやる事は多かったですが、
それだけにライブを終えてたくさんの方から
お褒めの言葉をいただき、
大きな達成感を感じております。

Thank You! Billboard Live Yokohama_c0077105_00235220.jpg
Thank You! Billboard Live Yokohama_c0077105_00375474.jpg
Thank You! Billboard Live Yokohama_c0077105_00402126.jpg
Thank You! Billboard Live Yokohama_c0077105_00363648.jpg
Thank You! Billboard Live Yokohama_c0077105_00423216.jpg

今回このような素晴らしい舞台に立つことができたのは、
野宮真貴さんのおかげです。
野宮さん、昼間さん、坂口さん、
そしてスタッフの皆さん、ありがとうございました。
そしてこのライブの「きっかけ」を
作っていただいた小西康陽さん、
PIZZICATO ONEのライブまで披露していただき
本当にありがとうございました。
アルバム制作から今日まで、
小西さんに導かれるまま、
たどり着いた気がしてます。
(もちろんこの先もまだ、
導いていただけるものと信じております)

そして矢舟テツロー・トリオの二人、
鈴木克人君と柿澤龍介君、お疲れ様でした。
苦節18年、矢舟トリオもついにここまで来たか・・・
という感じですね(笑)
3人で演奏しながら、とても感慨深かったです。

Thank You! Billboard Live Yokohama_c0077105_00521085.jpg

久しぶりにライブに来てくれた方、
遠くからわざわざ来てくれた方も多く、
たくさんの方と会えてとても嬉しかったです。
会場にお越しくださったみなさん、
そして配信をご覧いただいたみなさんも、
ありがとうございました。



2021.12.18
Billboard live Yokohama set list

PIZZICATO ONE
1)お正月
2)私の人生、人生の夏
3)きみには歌いたいことなんてないのに
4) テーブルにひとびんのワイン

Maki Nomiya
5)私のすべて
6)ストロベリィ・スレイライド
7)ショッピング・バッグ
8)クールの誕生
9)テレパシー

Tetsuro Yafune
10)ろっかばいまいべいびぃ(3:30)
11)ドレミ(4:00)
12)会えない時はいつだって(2:30)
13)あまく危険な香り(3:00)

Maki Nomiya
14)きよしこの夜
15)陽の当たる大通り〜ヒッピー・デイ
16)トゥイギー・トゥイギー
17)マジック・カーペット・ライド

encore
18)東京は夜の7時
19)サンキュー

Maki NOMIYA(vocal)
Tetsuro YAFUNE(piano,vocal)
Katsuto SUZUKI(bass)
Ryuske KAKIZAWA(drums)
Yasuharu KONISHI A.K.A PIZZICATO ONE(vocal,guitar)


Thank You! Billboard Live Yokohama_c0077105_00392287.jpg

Photo by 高田真希子 Makiko Takada


# by boppuccino | 2021-12-19 23:59 | sounds

Song, Piano, Bass, Drums.

小西康陽氏の全面プロデュースにより
矢舟テツロー通算7枚目のソロアルバムが、
ついに完成しました。


Song, Piano, Bass, Drums._c0077105_01104645.jpg

「うた、ピアノ、ベース、ドラムス。」
2021年12月15日リリース。

2019年に小西康陽氏のソロ・プロジェクト、PIZZICATO ONEに
矢舟テツローがピアニストとして参加したことがきっかけとなり
2021年、小西氏の全面プロデュースによる
通算7枚目のソロアルバムが完成。
ゲスト・ヴォーカルとして野宮真貴さんが2曲に参加。
「記念すべき」ニューアルバムになりました。
​ぜひお買い求めください。


「うた、ピアノ、ベース、ドラムス。」
矢舟テツロー

1. ろっかばいまいべいびい (作詞 作曲:細野晴臣)
2. ドレミ (作詞:小西康陽 作曲:矢舟テツロー)
3. ため息つくのは貴方のせい (作詞:永六輔 作曲:大塚善章)
4. 会えない時はいつだって (作詞 作曲:矢舟テツロー)
5. あまく危険な香り (作詞 作曲:山下達郎)
6. 短くて長い歌 (作詞 作曲:矢舟テツロー)
7. 59番街橋の歌 (作詞:小西康陽 作曲:Paul Simon)
8. 陽の当たる大通り〜ヒッピー・デイ (作詞 作曲:小西康陽)
9. 会いたくなったら (作詞 作曲:矢舟テツロー)
10. きみには歌いたいことなんてないのに (作詞 作曲:小西康陽)
11. 透明なひとときを (作詞 作曲:長谷川きよし)

vocal&piano: 矢舟テツロー
bass: 鈴木克人
drums: 柿澤龍介
guest vocal: 野宮真貴 (track7&8)

produced by 小西康陽

2021年12月15日発売



# by boppuccino | 2021-12-01 23:59 | sounds

A Sweet & Dangerous Scent

ごぶさたしてます。

このたび、
小西康陽さんの全面プロデュースにより
約6年ぶりのソロアルバムが完成いたしました。

アルバムリリースに先駆け、
先行7inchシングルとして
「あまく危険な香り/透明なひとときを」を
2021年11月24日にリリースします。



A Sweet & Dangerous Scent _c0077105_21475712.jpg

詳細はこちらをご覧ください。


2019年に小西さんのソロプロジェクト・PIZZICATO ONE に
ピアニストとして参加させていただき、多くの影響を受け、
「自分もこういう音楽を作ってみたい」と思ったこと。
また、とあるインタビューで小西さんが
「もし自分が矢舟テツローをプロデュースするなら、
ホーギー・カーマイケルのようなアルバムを作りたい」と
発言されていたこと。
そういった経緯があり、
思い切って小西さんにプロデュースのオファーを
してみたところ快諾いただき、
またディスクユニオンのレーベル・URBAN DISCOSの
鈴木庸介さんに相談したところ二つ返事で
「やりましょう!」と言っていただき、
今回のプロジェクトは実現しました。

演奏は、結成18年目を迎えた
矢舟テツロー・トリオ

矢舟テツロー(vocal&piano)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(drums)

アルバムリリースの情報は後日公開します。
詳しくはまた、その時に。

7inchシングルは完全限定生産なので
ご予約をオススメします。

どうぞ、よろしくお願いいたします!

# by boppuccino | 2021-08-31 23:59 | sounds

Sophisticated Baby

本日、情報解禁になりました。


Sophisticated Baby_c0077105_23030867.jpg

2021年3月3日発売。
"まんぼう"こと、桐原ユリの新しいアルバム、
全面的にプロデュースしました。

カヴァー曲1曲を除く
全曲の作詞・作曲・編曲を担当。
演奏も"矢舟テツロー・トリオ" が
つとめております。

桐原ユリは
アイドル界で活動しつつも
その歌唱力、表現力は
素晴らしいものがあります。

ジャズとしても、アイドルポップスとしても聴ける、
そんな一枚になったのではないかと
自負してます。

試聴もできるので
ぜひ聴いてみてください。

ジャケットもナイス。

よろしくお願いいたします!



桐原ユリ with 矢舟テツロー・トリオ
『Sophisticated Baby』


---------------------------------------------
SSW/ピアニスト 矢舟テツロー がプロデュースする、
"まんぼう" こと 桐原ユリ の
1st フル・アルバム
『Sophisticated Baby』が遂に完成!

今作では
「ジャズとしても聴ける。ポップスとしても聴ける。」
をコンセプトに、
ピアノ・トリオをバックにした
オーソドックスなポップ・ミュージックが展開されている。
歌手として、アイドルとして、
桐原ユリ の今の魅力が詰まった
渾身の一枚を是非お手元に。

diskunion 鈴木庸介によるレーベル、
URBAN DISCOS からのリリース!

all songs written , arranged & produced by Tetsuro YAFUNE
except track #4 by Kyohei Tsutsumi & NOKKO

Yuri KIRIHARA (vocal)
Tetsuro YAFUNE (piano, keyboards, chorus)
Katsuto SUZUKI (bass)
Ryuske KAKIZAWA (drums)

Recording & Mixing Engineer : Naoki HAYAMI
Mastering Engineer : Moe KAZAMA (studio ATLIO)
Yuri KIRIHARA General Manager : Katsuhisa ISHIZAKA(合同会社モコ・プロ)
URBAN DISCOS Producer : Yosuke SUZUKI

# by boppuccino | 2020-11-30 18:00 | sounds

New Songs Available

矢舟テツロー、
ソロ名義では約5年ぶり(!)となる
新曲を配信リリースしました!

「楽観主義者の冬/会いたくなったら」(2020年10月15日リリース)

New Songs Available_c0077105_00345104.jpeg






















配信はこちらからご確認ください。


参加ミュージシャン:
矢舟テツロー Tetsuro YAFUNE (vocal&piano)
鈴木克人 Katsuto SUZUKI (bass)
柿澤龍介 Ryuske KAKIZAWA (drums)
ひより Hiyori (chorus)

songs&lyrics by Tetsuro Yafune
arranged by Tetsuro YAFUNE
produced by Tetsuro YAFUNE
recorded at echo and cloud studio Tokyo
September 2020


# by boppuccino | 2020-10-15 00:00 | sounds