タグ:made in U.S.A ( 192 ) タグの人気記事

Drifter Classic Pack

前回、EAST PAKの
「普通の」リュックについて書きましたが、
最近「おっ」と思った「普通の」リュック。





c0077105_2257996.jpg


c0077105_22571197.jpg

ドリフター(Drifter)のクラシックパック。
made in U.S.A




「ドリフター」は1977年創業、
もともとはパラシュートを作るメーカーだったらしい

c0077105_22585374.gif


そんなわけでブランドロゴには
その「原点」のパラシュートが。

数年前から日本でも
様々なモデルのアイテムが展開されるようになって
今やアメカジファン以外にも
おなじみのバッグブランドだが、
あくまでも「made in U.S.A」に
こだわり続けているところが
他のチープなバッグブランドとの違い。
敬意を表したいです。

で、上記の「クラシックパック」なのですが、
どことなく、「エルベシャプリエ」の
リュックを彷彿とさせる、
シンプルかつ上品なルックスが魅力。

エルベシャプリエのリュックと言えば、
かつてはアウトドアプロダクツが
その製造を請け負っていて・・・・と
語り出すと長くなるので、今日はこのへんで・・・。
[PR]
by boppuccino | 2011-08-26 23:59 | products

GOOD OLD EAST PAK

最近は「マンハッタンポーテージ」に
やや押され気味ではあるが、
高校生の通学&部活用バッグの定番ブランドとして
長く君臨してきた「イーストパック」。

1960年に米国ボストンで創業された
老舗バッグブランド。
最初にコーデュラナイロンを使用したのも
イーストパックであるらしい。

昔も今もずっと、「高性能過ぎない」
お手頃なバッグを作り続けていたブランド。

昔の僕は「グレゴリー」あたりの
高級リュックに憧れていたため、
イーストパックは正直「安物」と
軽く見ていたけど(失礼)、
「B級グルメ」全盛の今では逆に
そのチープさ、「軽さ」に惹かれてしまうのだ。

そんな、「アメカジ・バッグ界の富士宮焼きそば」こと、
イーストパックだが、
もちろんアメリカでの生産はとっくに終了しているため、
かつてのアメリカ製のイーストパックを
USED品で扱う古着屋が、
数年前からかなり増えている。

古着屋に行くたびに
そのカラフルなリュックを見つけては

「なつかしいな〜。やっぱりイイな〜。」

となごんではいるものの、
カラーもデザインもシンプルな
「定番」モデルで、状態の良いものは
ありそうで、なかなかない。

ごく「普通」のイーストパック、
色はブラックかネイビーあたりで、
状態良くて、そして臭わないやつ(笑)、
あれば欲しいな・・・とずっと思っていたのですが
先日ようやく発見&捕獲。




c0077105_2320273.jpg


EAST PAKのデイパック(USED)
made in U.S.A

普通の古着屋で、
普通に3000円で売ってました。

「こんなどこにでもありそうなリュックの、どこが特別なの?」

と思う方もいらっしゃると思いますが、
なにも特別ではありません・・・。

僕は普通のファッションが、好きなんです。
普通が手に入りにくい時代なのです。



・・・・さて、そんなイーストパック、
現在のブランドロゴは、こちら。

c0077105_2375717.jpg




かつての、90年代までのロゴは、こちら。

c0077105_2383457.jpg


やっぱり「この感じ」が、
最高だと思うのですが・・・。



それにしても自分のファッション
高校生の頃からなに一つ変わってないですね・・・。

ニューアルバムがバカ売れしたら
「TUMI」のビジネスバッグでも買おうかな・・・なんつって。
[PR]
by boppuccino | 2011-08-24 23:59 | products

Utility big tote

少し前に紹介した
下北沢「UTILITY CANVAS」直営店へ、
再び表敬訪問。



で、ブランドの「顔」ともいえる
キャンバストートを購入しました。





c0077105_014519.jpg

UTILITY canvas(ユーティリティ・キャンバス)のバッグ
made in U.S.A

女性的なイメージのあるトートバッグ、
これはスクエアなデザインなのと
持ち手が小さめで
肩からかけるのではなく手で持つタイプなので
メンズ向けといえそう。

そして特筆すべきは、その大きさ。
とにかく、デカい・・・。

これを持っていると、人と会うたびに

「デカッ。」

「旅行ですか?」

「犬でも入ってるんですか(笑)。」

などと言われる始末・・・。

確かに、言われてみると
大きすぎる気が、しないでもない・・・。

いや、本当は
もうひと回り小さいサイズがあれば良かったのですが、
SサイズとLサイズだけで、
Mサイズが、ないんですよね・・・。





c0077105_015397.jpg

いや、でも、こんだけ大きいと
何でも入って便利ですよ。

そしてアメリカ製ならではの
「バリバリ感」「ゴワゴワ感」が、たまりません。

さらに、店員さんの

「20年は使えます。」

の一言も、
「一生モノ」という言葉に弱い
アメカジファンにはたまりません(笑)。

デザインもシンプルだし、
この先ずっと様々なシチュエーションで使えそうな
まさに「一生モノ」のバッグになりそうです。

でも最後に一言

「Mサイズも作って下さい。」

と、リクエストしておきます(笑)。



下北沢の「UTILITY canvas」、
とても素敵なお店なので、
ぜひ一度、行ってみて下さい。

http:///utilitycanvas.jp
[PR]
by boppuccino | 2011-07-01 23:59 | products

Right now, Right-on vol.2

何日か前に紹介した
「Right-on」の「made in U.S.A Tシャツフェア」。

「やっぱ何か買おうかな。」

と、再び訪問してみると

「おおっ。」

なんと、全品セール価格で
1000円ぐらい安くなってました。

前回買わなくて良かった・・・(笑)。

というわけで、迷いに迷って2枚ほど購入。




c0077105_12524768.jpg


左:「LOST PROPERTY」のTシャツ
右:「BLOOD IS THE NEW BLACK」のTシャツ
どちらもmade in U.S.A
そしてどちらも、セール価格1990円。安い・・・。

ちなみに左の「NEW YORK」プリントは
ロッド・スチュワートが着用していたプリントらしいです。

最近、カレッジロゴなどの
「いかにもアメカジ」なプリントより
ちょっとシックなプリントが個人的には「気分」です。

今日もかなり暑くて、
いよいよTシャツの季節・・・ですね。
[PR]
by boppuccino | 2011-06-21 23:59 | products

Right now, Right-on

先日、広島県のアメカジ愛好家・S原さんから

「Right-on」に
made in U.S.AのTシャツコーナーがある

という情報を教わったものの、
その後すっかり忘れていたのですが(笑)、
ある日トイレを借りようと思って入った
とあるビルの中に「Right-on」があったので

「あ、そういえば・・・」

と、いつもなら素通りするであろう(失礼)
ライトオンの店内へ。

すると・・・

「おおっ、これは・・・」








c0077105_22244458.jpg


フロアのド真ん中に「MADE IN U.S.A」の看板。
予想をはるかに上回る盛り上がり、
予想をはるかに上回る「本気度」であった。

取り扱っているブランドも10ブランド以上と豊富。

「VINTAGE VANTAGE」や「JUNK FOOD」など
アメカジショップでよく見かけるブランドから
「New Standard」「MIGHTY FINE」「JUKE」など
僕のよく知らないブランドも多数。

アーティスティックなプリントが多いのも、嬉しい。

そしてメンズだけでなくレディースも有り。

敬意を表したいです。

アイテムも少しずつ入れ替わっている模様。
今度行ったら1枚買おうかな・・・。

で、どうせ買うなら、コレか?







c0077105_22302365.jpg

PALMER CASH のTシャツ
made in U.S.A
ちなみにお値段は2990円となかなかお買い得。

made in U.S.A愛好家にとっての
「究極の」プリントTシャツ、ですよね?笑
[PR]
by boppuccino | 2011-06-07 22:59 | place

the last one

今や本当に少なくなった
「最後の」アメリカ製リーバイス501のデッドストック。

たいていの古着屋だと
あってもサイズ29インチあたりの小さいサイズ、
あとはいきなり38インチなどの巨大サイズばかり。

30〜36インチあたりの、
最も需要のあるサイズはほぼ皆無。

そして価格も
2万円近くまで高騰している場合が多い。

もはや「枯渇」といっても過言ではない状況の中、
フラリと入ったとある古着屋に
なぜか1本だけあった501。made in U.S.A。
サイズは32インチ。
しかもお値段は・・・6900円。

安い・・・・。




c0077105_114541100.jpg

Levi's 501
made in U.S.A

お店の人によると、
仕入れ先でたまたま1本だけこのサイズがあったそう。

値段が安いのは、
お店がオープンしてまだ間もないので
休めに設定している、とのことでした。

いや、501って
もともとこれぐらいの値段で買えたワケですが・・・。

普通に買える普通の501、
これが最後かな・・・という気もします。

いずれにしても、ラッキーな買い物でした。
[PR]
by boppuccino | 2011-06-01 23:59 | products

the "next" brand of tote bag

数年前に「まさかの」リバイバルを果たしてから、
依然として衰えることを知らない
キャンバストートバッグ・ブーム。

「本家」のL.L.Beanだけでなく、
国内外のさまざまなブランド、
さまざまなショップが、
多種多様なキャンバストートをリリース。

そこに「DEAN & DELUCA」のトートや
ファッション雑誌の付録トートも加わり、
もはや一過性の「ブーム」で終わるとは考えられない。

そんな、混沌としたシーンの中、
今、アメカジ派が手に入れるべきトートは・・・・

と考えた時、ふと浮かんだブランドがある。
その名前は・・・
UTILITY canvas(ユーティリティ・キャンバス)。



c0077105_23481468.gif


かなり前から、
センスのいいインポートショップで
たまに見かけるブランドではあったが、
あくまでも「たまに見かける」程度・・・。

今回のトートブームでも、多くのセレクトショップは
「キーストンキャンバス」や「パロットキャンバス」を
セレクトしているため、滅多に見かけない。

知る人ぞ知るアメカジ・キャンバスブランド・・・・

そんな「ユーティリティキャンバス」の事が気になり
ある日、ネット検索してみると・・・



「おおっ。」



「ま、まさか・・・。」


何と、つい最近、東京・下北沢に
直営店がオープンしたという。

で、さっそく表敬訪問。



「おっ、これか・・・」






c0077105_23595351.jpg


下北沢北口、
「サンデーブランチ」の先にあるビルの2階に,
ひっそりとオープンしていた。




c0077105_012550.jpg


これが1階の階段入口。
男子一人だったら、
ちょっと入るのに勇気がいる雰囲気・・・。

メインはレディースですが、
でもメンズもあるんです。

白を基調とした店内は、NY発のブランドらしく、
かなりスタイリッシュだけど、
キャンバスのブランドということもあってか、
温かい雰囲気があって、とても落ち着く・・・。
(写真ないのが残念ですが・・・)

そしてそのラインナップ。

洋服もありますが、何と言っても
カラーバリエーション豊富なバッグが
圧倒的な存在感・・・。






c0077105_091445.jpg


c0077105_011412.jpg


c0077105_092954.jpg


c0077105_094114.jpg


c0077105_095316.jpg


c0077105_0114852.jpg


c0077105_010879.jpg

(バッグの写真はすべてUtility Canvas HP から転載させていただきました)



この圧倒的なカラーリング。
「全部欲しい!」って思っちゃいますよね。
これから流行るんじゃないかな・・・・。

そして・・・
愛好家なら触っただけでわかる、この「ゴワゴワ感」・・・・
そう、すべて「made in U.S.A」なのです。

ニューヨークでは20年の歴史を持つ
こだわりのブランドだそう。

アメカジ派だけでなく、
「マリメッコ好きだけど、最近みんな持ってるし・・・」
というような女性にもかなりオススメ。

とはいえ、
あんまり有名になって欲しくない気もしますが・・・。

とにかく素敵なショップ。
敬意を表したいです。



ちなみに・・・
トートバッグはまだ買ってません。

欲しいけど、どれにしようか、かなり迷い中・・・。
[PR]
by boppuccino | 2011-05-28 23:59 | products

expansion of American casual

最近とあるショップで見つけて
初めて知ったブランド「EXPANSION」




c0077105_220938.jpg


デザイナーは十代の頃から
ニューヨークで生活を続けた日本人、
Hiroshi "Kirk" KAKIAGE氏。

2002年創立、だそうで、
けっこう前からあるのですね。
全然知りませんでした・・・・。



c0077105_2212466.jpg


c0077105_22122098.jpg


c0077105_22121446.jpg


c0077105_22122754.jpg


ヒップホップ〜ストリート寄りですが
その中にも随所にオーセンティックな
アメカジテイストが感じられるのがナイスです。

そして・・・・
特筆すべきは、多くのアイテムが
「made in U.S.A」であること・・・。

またそれか、って言われそうですが、
やはりどうしても、ここに惹かれてしまうのでした。
敬意を表したいです。

「EXPANSION」の
今後の「拡大・発展・進化」に期待したいです。

(写真はすべて「EXPANSION」HPから転載させていただきました)
[PR]
by boppuccino | 2011-05-20 23:59 | products

It's all over now & It's over all now.

久々にアメカジの話題でも・・・。

先日、とある古着屋の
「閉店セール」で見つけた
USEDのオーバーオール。




c0077105_23563417.jpg

Dickiesのオーバーオール
made in U.S.A

「ディッキーズ」といえば
「カーハート」「ベン・デイビス」などと並んで、
ストリート系ファッションピープルを中心に
古くから人気を集める
超「メジャー」ブランドだが、
もともとはアメリカの老舗ワークウェアブランド。

古着屋ではどの店でも
当たり前のように置いてあるディッキーズのアイテム、
以前は「有名すぎるから」という理由だけで
遠ざけていたのだが、
最近は「やはり良いものは良い」と考えを改めて、
けっこう注目してます。

タグの「made in U.S.A」の文字に注目しつつ、ですが。
(現行品は中南米製・・・)

ちなみにこのオーバーオール、
閉店セール特有の
「全品、割引価格からさらに50%OFF」の恩恵を受け、
購入価格はたったの1900円と、かなりお買い得。

ヒッコリーストライプ、というのも
ポイント高いです。

最後に、
オーバーオールの着こなしについて、ですが

「背中は見せない」

というのが現時点での持論です。

なんか後ろ姿がマヌケというか子供っぽいと言うか、
そんな気がするので、
上からシャツなどを羽織って
背中の部分を見せないのが無難かと思います。ハイ。
[PR]
by boppuccino | 2011-04-13 23:59 | products

Round House rounds around the world

古着屋のネルシャツコーナーというと、
厚手のネルシャツコーナーと
薄手のネルシャツコーナーで
なんとなく別れていることが多い。

で、華やかなのはやはり厚手ネルコーナー。

「BIG MAC」を筆頭に
ヴィンテージやレア物を織り交ぜつつ
色鮮やかなネルシャツの数々が
華やかに、誇らしげに並んでいる。

一方、薄手ネルのコーナーは、というと、
「Ozark Trail」だの「Puritan」だの
「古着ブランド百科」には絶対に載らない
超B級ブランドのチープなネルシャツがズラッと並び、
収穫などほとんどないのが実状・・・。

もちろん「made in U.S.A」など
期待してはいけない。

そんなチープ薄手ネルコーナーで
たまたま見つけたナイスなアイテム。






c0077105_2132145.jpg

「ROUND HOUSE(ラウンドハウス)」のネルシャツ
made in U.S.A

「ラウンドハウス」はワークパンツや
オーバーオールで名高い老舗ワークウェアブランド。

いまだにアメリカでの生産を続けていることで
多くのアメカジ派が「畏敬の念」を抱いている。

ちなみに「ラウンドハウス」とは
扇型をした、蒸気機関車の車庫のこと。
つまり、鉄道員のための作業着を作っていたブランド。

そんな「ラウンドハウス」が
以前から作っていた薄手のネルシャツ、
数年前まであの「ネペンテス」でも
必ず取り扱われていて(別注アイテムだったのだろうか)、
お値段もけっこう高かった気がする(1万円台後半ぐらい?)が、
このシャツはおそらくその中の1枚。

ということで、古着といっても、
日本国内で流通したリサイクル品だろう。

お値段はなんと、1900円。
しかも、新品に近い状態・・・。

もしかしたら、閉店したどこかのショップの
倉庫に眠っていた処分品なのかもしれない。

・・・と、
どこにでもありそうな1枚のネルシャツから
ここまで推理・推測できてしまうって
我ながら、どうかしてますね・・・・。

ちなみにコレ、震災前の買い物。

なんだかんだで、
紹介するのが今ごろになってしまいました。

そして、その後また寒さが厳しくなってしまい、
薄手ネルの出番なし・・・。
[PR]
by boppuccino | 2011-03-26 23:59 | products