タグ:made in U.S.A ( 193 ) タグの人気記事

the greatest USA CATALOG

雑誌をあまり、いや、ほとんど
買わなくなってしまった。

何故か?

インターネットが
雑誌の代わりになったから・・・

そんな結論を安易に導きかけた、が、
いや、やはり違うような気がする。

というのも、
いわゆる「webマガジン」のようなサイトも、
結局は、あまり見ていない。

何故か?

と考えて、
たどり着いた結論。

「タイアップ記事が多いから。」



雑誌を読んでいて、
普通の記事かと思って読み進めていると
あ、なんだ、これ「タイアップ記事」か、と
気付く事がある。

そして、そんなページが多いことに気付くと、
とたんに読む気がしなくなってしまう。

もちろん「作り手」側の事情は、
いろいろあるのだろう。

が、「読み手」側としては
中途半端な「癒着」が多ければ
醒めてしまうだけだ。



何でこんな事をいきなり書いたかというと、
今月号の雑誌「HUgE」が、
あまりにも素晴らしかったから。






c0077105_21342011.jpg

「HUgE」2012年6月号

特集はなんと、「MADE IN USA」。

もちろん特集のタイトルに惹かれて
購入したわけですが(笑)、
その内容は

「さすがHUgE」

と言わずにはいられない、
「ストイックな」アメカジ特集。

取り上げるアイテムだけでなく、
誌面のデザインも写真も、文章の文体も、
すべてにおいて
「妥協」や「癒着」の跡が、
(少なくとも僕には)一切感じられない。



ここ数年の「アメカジブーム」のおかげで
雑誌などでもかなりたくさんの
「made in U.S.A」関連特集を見かけたが、
実際にはすでにアメリカで生産されていないブランドが
紹介されているケースが圧倒的に多く、
しかもそういった事情については
ほとんど言及されていなかった。

が、今号の「HUgE」は、タイトルに偽りなし。

例えば「ヘルスニット」に関しては

「今では多くの商品が中国生産だが
2枚入りのパックTシャツだけは今もメイド・イン・USAを
守り続けている」

と、かなり細かく言及されている。

その「誠実さ」と「批評精神」・・・

僕が読みたかった雑誌、
読みたかった「アメカジ特集」は
コレだ、と改めて思ったのでした。

「孤高の」ファッション雑誌「HUgE」に
改めて敬意を表したいです。
[PR]
by boppuccino | 2012-04-24 23:59 | books&magazines

the mistake of chino pants

前回、「サンタモニカ」で買った
「ガンホー」のパンツを紹介しましたが、
実はこの時もう1本、
「思わず」買ってしまった
パンツがあったのでした。

そのパンツとは、何と・・・・






c0077105_23393410.jpg

「カーキジャングル」のチノパン。
made in U.S.A

「カーキジャングル(KHAKI JUNGLE)」は
かつて「渋カジ」時代に
それなりに見かけたブランド。

当時流行していた「バナナリパブリック」と
通好みの高級アメカジブランド「ブリティッシュカーキ」を
足して2で割ったような、
ちょっと中途半端なイメージがあって
当時はスルーしていたのだが、
久しぶりにブランドロゴを目にすると




c0077105_23435617.jpg


「おおっ、懐かしい・・・。」

「しかも、デッドストック・・・。80'sモノかな?」

「しかも、安い・・・」

お値段は何と、処分価格1980円。

そして、ブランドタグの上に縫い付けられた
サイズ表示タグを見ると、





c0077105_2345080.jpg


「ガンホー」の製品に付くタグと同じ。

ということは、ガンホーと同じ
「アールズアパレル社」の工場で作られた模様。

・・・と、この時点でもはや
「買い」であることは間違いなし。

念のため試着して、即購入。

チープかつナイスなお買い物に、大満足。

のはず、が、しかし・・・・

後になって、重大な事実を見落としていたことが判明。

その事実とは、何と・・・・




c0077105_23504731.jpg


いまどき「ツータック」であった・・・・。

ガーン・・・。

「ツータックのチノパン」といえば
80年代〜「渋カジ」時代には
あたりまえのアイテムだったが、
ある時期から、チノパンはノータックが主流。

いつしか「ツータックのチノパン」は
おっさん臭いアイテムの代表格に・・・。

改めて履いてみると、
太もものあたりのふくらみが、
うーん、野暮ったい・・・笑

いや、でも「ケミカルウォッシュのジーンズ」が
まさかの復権を果たしたように、
ツータックのチノパンも、
そろそろ「来る」のか?

いや、来ないか・・・。

せっかく買ったけど、
とりあえずしばらくの間、
着用は控えておきます。
[PR]
by boppuccino | 2012-04-16 23:59 | products

Spring is here

かなり寒かった今年の冬ですが
ようやく春の兆し、ですね。

いや、もうすぐ4月だから、当然か・・・。

そんなわけで、
春を感じさせるアイテムを。





c0077105_2122730.jpg

Enginereed Garmants のネクタイ
made in U.S.A

とある有名セレクトショップの
アウトレットにて、

「アメリカ物ないかなー。」

と探していたら見つけた一品。

気になるお値段は何と、3000円。
いや、お買い得ですね。
7割引ぐらいかな?

たぶん1年前のアイテムでしょうが、
薄手のコットン製で、
カジュアル、かつプレッピーな雰囲気。
これからのシーズンにぴったりです。

ネクタイ、そしてEngineered Garmentsといえば、
以前デザイナー鈴木大器氏のブログにこんな記事が・・・。

http://www.nepenthes.co.jp/daiki_suzuki/1115/column.html

「キャシディ」八木沢氏が登場するので
印象に残ってました。

興味ある方は読んでみてください。
[PR]
by boppuccino | 2012-03-31 23:59 | products

Washington Dee Cee

レディースがメインの古着屋の一角で
少しだけメンズのアイテムも扱っている、というのは
よくある光景だが、
こういうお店に置いてあるメンズのアイテムって、
「こだわり度」や「レア度」は低くても
お値段は、普通の(メンズの)古着屋に比べると
かなり安めであることが多い。
(たぶん・・・。)

というわけで、都内某所の
レディースの古着屋の一角にある
メンズコーナーで発掘したアイテム。




c0077105_22244190.jpg


「DEE CEE」のペインターパンツ
made in U.S.A

「DEE CEE(ディー・シー)」は
今はなきアメリカのワークブランド。
正式名称は
「WASHINGTON DEE CEE」だったはず。

「渋カジ時代」には
新品で普通に売っているのをよく見かけたが、
ワークブランドなのにタグやフラッシャーが
かなりポップなテイストなので
そこにアメリカ的遊び心を感じて、
けっこう憧れた。





c0077105_2242866.jpg


このタグが付いていなかったら
買っていなかったかも(笑)。

そんな「DEE CEE」のペインターパンツ、
古着とはいっても、かなりきれいで、
たぶんデッドストック。

そして気になるお値段は・・・1900円でした。
安いですね(笑)。

原宿辺りだったら、
まあ6000円ぐらいはするかな・・・。

生地は薄手でペラペラのタイプ。
個人的にペインターパンツは
厚手でゴワゴワのコットンダックより
薄手の方が好きです。

先日のワンマンライブでもさりげなく着用。

コレからの季節にピッタリの
ナイスな買い物でした。

ではまた。
[PR]
by boppuccino | 2012-03-27 23:59 | products

LEATHER SUSPENDER

先日、フラッと入った「BEAMS BOY」で

「オッ。」

と思ったアイテム。





c0077105_23543371.jpg


「Suspender Factory of San Francisco」の
レザーサスペンダー。
made in U.S.A

ポリエステル製でカラフルなモノが多く、
一歩間違えると子供っぽくなってしまう恐れがあるため
今まで手が出なかったサスペンダー。

革製のコレなら、シブくまとまりそう。





c0077105_23544613.jpg


ベルトホール付きというのも、ナイスですよね。

・・・と言いつつ、
買ってないのですが。

レディースのお店である「BEAMS BOY」で
コレを試着するには、
もう少しの勇気と覚悟が必要(笑)。

でも、ジーンズやデニムのシャツに合わせたら、
かなりかっこ良さそう。

勇気を出して、再表敬訪問してみようかな・・・。

(写真はBEAMS ONLINEから転載させていただきました。)
[PR]
by boppuccino | 2012-03-02 23:59 | products

American suteteco style

それにしても、毎日寒いですね・・・。

で、あまりの寒さに耐えきれず、
今まで手が出なかったこのアイテムを
ついつい購入・・・。





c0077105_033252.jpg


Green Hillsの「ドロワー(Drawer)」
made in U.S.A

パッケージにも書いてあるように
本来の商品名は「Ankle-length Drawer」ですが、
今の日本では、やはり「レギンス」と
呼ぶべきなんでしょうね・・・。



c0077105_0322641.jpg


この手のアイテム、
今までは何となく抵抗があって、
実は初めて買いました。

が、やっぱりあったかくていいですね。

早くもやみつきになりそうです(笑)。

ちなみにコレ履く時って
下にパンツ履くの?
それともコレ1枚?
[PR]
by boppuccino | 2012-01-14 23:59 | products

2012 First Buy

何も買わないつもりで行った
とある大手セレクトショップのセールで
「40%OFF」の文字に耐えきれず
ついつい買ってしまったバッグです。





c0077105_23391739.jpg


Johnson Woolen Mills バッグ
made in U.S.A

リュックも、メッセンジャーバッグもいいけど、
なんだかんだ言ってトートバッグが
「普段使い」には便利なんですよね・・・。

大きさも、大き過ぎず、小さ過ぎずでナイスです。

そしてこの素材&カラー。
メルトンウール好き&ブラックウォッチ好きには
たまらない一品。

2012年も、自分の趣味に関しては
何ら変化はなさそうです(笑)。

失礼しました・・・。
[PR]
by boppuccino | 2012-01-07 23:59 | products

New York Hat 2011

前々回紹介したジャケットと
前回紹介したネクタイに合わせて
最近よく着用している帽子、です。



c0077105_1265189.jpg

NEW YORK HAT&CAP CO. の帽子
made in U.S.A

「NEW YORK HAT」の帽子、
いくつも持っていますが、やはり好きです。

毎年次々と新しいラインナップが
登場するのもナイスです。

ちなみに某大手セレクトショップにて購入。
お値段は・・・6000円ぐらいだったかな。
お値段もナイスです。

で、この帽子、
実際被ってみると、
かなり大きく見えるんですよね。

ライブ会場でもよく言われます。
帽子大きすぎるんじゃないですか、って(笑)。

でもサイズは「ONE SIZE」で、
実際、頭に被る部分はそんなに大きくなくて、
その上の部分がかなりデカイので、
まあ意図的にデザインされてるみたいです。

たぶん昔のジャズやブルース、R&Bの
ミュージシャン、
あるいはダンサーが被っていた帽子を
イメージしているのかな?

「NEW YORK HAT」は
音楽にインスパイアされたデザインの
アイテムが多いんですよね。

それもまた、
このブランドを好きな理由のひとつです。

ではでは・・・。
[PR]
by boppuccino | 2011-12-18 23:59 | products

winter tie collection

前回紹介したジャケットに合わせて
最近ライブでよく着用しているネクタイ。


c0077105_9571724.jpg


実は「Ralph Lauren」のネクタイ。
実はmade in U.S.A。
実はUSEDなので、お値段は3000円程度。

よく見ると「POLO」のマークが
刺繍されているの、わかるかな?

(シルクではなく)ウール素材なので、
適度な「冬っぽさ」と
適度なカジュアル感を出せるのが気に入ってます。
[PR]
by boppuccino | 2011-12-15 23:59 | products

herringbone for the sweat

久しぶりに「アメアパ」こと
アメリカンアパレルで、お買い物。





c0077105_031125.jpg

American Apparel のスウェット
made in U.S.A

スウェット、といってもかなり薄手。
スウェットとTシャツの中間ぐらい。

そしてグっと来るディテールは、
生地が「ヘリンボーン」であること。




c0077105_0381516.jpg


「にしんの骨」を意味する「ヘリンボーン」。
そのジグザグな生地の織り方を例えた表現。

アメカジだとオーバーオールなどの
ワークウェアでよく見かけますが、
スウェットでヘリンボーンが採用されているのは、
けっこう珍しいですよね。

肌触りがとてもいいです。
そしてスウェットっぽくないカラーも、ナイス。

とはいえこのスウェット、
サイズがかなり日本人離れしている模様。

丈は短めで「今っぽい」のですが、
袖がとにかく、長い・・・。

丈が短いので
本当は少し大きめのサイズを
ダボッと着たかったのですが、
そうすると袖がものすごく余ってしまうので、
断念しました。

なんかアメアパの服って
一見「万人向け」のフリして
けっこう着る人を選びますよね。

まあ、そこが好きなところでもありますが。

そして最後に・・・・

「日本人離れ」しているのは服だけではなく
店員さんも・・・。

相変わらずの個性的すぎるファッション、さすが。
どこまでも突っ走ってほしいです。
[PR]
by boppuccino | 2011-11-11 23:59 | products