タグ:綿谷寛 ( 11 ) タグの人気記事

How to use "NOW"

紹介するの遅れましたが・・・

雑誌「Begin」の名連載(いや迷連載か)、
「ナウのれん」がまさかの単行本化!!

「ナウのれん」とは・・・・
「画伯」の愛称でおなじみ、綿谷寛氏と
いであつし氏の「腐れ縁タッグ」が
ファッションからB級スポットまで
世の流行を独自のコンサバ視線で
弱気に斬りまくる、ギャグ満載のエッセイ。

今回は「ナウのれん」の前身、
「喫茶室ナウアール」や
新たに書き下ろしたコラムも加え
タイトルは・・・「ナウのトリセツ」。

Twitterにおける「なう」流行のはるか前から
「ナウ」を使い続けた者だけが使えるタイトル、ですね。





c0077105_0445324.jpg


いでさんの細かいアメカジネタにも
しっかり反応しつつ、
随所に下ネタを加える画伯、
まさに「水を得た魚」のよう・・・笑

画伯ファンには「マスト」な一冊。
お買い逃しなく・・・・。
[PR]
by boppuccino | 2011-10-16 23:59 | books&magazines

THE RED WING BOOK

本日発売、
あのアメカジ雑誌「2nd」の別冊
「THE RED WING BOOK」。


c0077105_29247.jpg


こんなゴツそうな本の
後ろの方のページに、何故かワタクシが
登場してるのです・・・。

そのページのタイトルは何と
「赤羽と柳川鍋」・・・(笑)。

雑誌「Begin」連載の「ナウのれん」でおなじみの
あの綿谷寛画伯といであつし氏のコンビの
ゆるーい座談会のページに、
何故か僕も参加してきました。

レッドウイングを日本語に訳すと・・・「赤羽」
ということで、
場所は北区・赤羽の老舗居酒屋。
このセンスが、さすがですね・・・。

もちろん他のページもすべて
アメカジ派にはたまらない充実の内容。
ぜひご覧下さい。

それにしても、ここ数年絶好調のレッドウイング。
秋にはさらに新しいモデルも
続々リリースされる模様。
目が離せません。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-05 23:59 | books&magazines

Now Noren in Matsudo

6月19日(土)
伊勢丹松戸店にて
綿谷寛画伯プレゼンツ「お父さん改造計画」
トークショー&ミニライブ、無事終了しました。



c0077105_1241223.jpg


イベント中の写真がないのが残念・・・
入手できたら公開します。

さて、今回、
僕はライブだけやればいいのかと思っていたのですが、
いや、それが、
「改造講座」の服選びから参加させていただき、
すっかりスタイリスト気分・・・(笑)。

紳士服売場を何往復もしながら
ああでもない、こうでもない、と
いろんな服を見て回って、
楽しい経験をさせていただきました。

トークショーでは改めて
綿谷画伯の豊富な知識を垣間見ることができ、
いろいろと勉強になりました。

「改造計画」ひとまず大成功、
ということで・・・。

会場に遊びに来てくださったみなさん、
関係者のみなさん、
どうもありがとうございました。



さて、イベント終了後は
画伯と僕と、そして
イベント会場に遊びに来てくれた
コラムニストのいであつし氏と、
3人でアメカジ談義。

画伯&いでさんといえば、
雑誌「Begin」の連載「ナウのれん」でおなじみの
ゴールデン・コンビ。

松戸の居酒屋で「ホンモノのナウのれん」が
開催されたのでした(笑)。

ちなみにいでさんとはこの日が初対面だったのですが、
何と、いでさんは僕のブログの愛読者だそうで・・・。
光栄です。



c0077105_0461633.jpg


いでさん(左)と画伯(右)

ちなみにいでさんが持っているのは、
何とあの「made in U.S.A カタログ」ではないですか!

本物初めて見ました。感激。

こうやって自慢するために
わざわざ持って来たらしいです(笑)。

ちなみに今日の飲み会は
某雑誌の記事の取材も兼ねているとか・・・・。
そちらも楽しみ。

画伯、いでさん、
今日はありがとうございました。
また飲みに行きましょう。

今度は八木沢さんも誘って・・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-19 23:59 | place

mail from Gahaku

ニューアルバム「Age of vintage」の
ジャケットのイラストを描いていただいた、
綿谷寛画伯から、深夜に怪メール(笑)。

「こんなん描いたけど〜。」

ん?

何だろ?

早速添付ファイルを開くと・・・・

「おおっ、これは一体・・・。」











c0077105_1241223.jpg


いや〜、ナイス!
さすがです・・・。

でもコレって一体・・・?

もしかして、次のアルバムのジャケット?
・・・ってこんなタイトル、聞いてないよ〜(泣)。

いやいや、違います。違います。

実は今度、
画伯と一緒にトークショー&ミニライブやるんですよ。

日時は6月19日(土)15時頃〜。
場所は何と・・・
松戸(千葉県)の「伊勢丹松戸店」です。

どんなイベントになるんでしょうね〜?

千葉県民の皆さんは6月19日、伊勢丹松戸店に集合!
詳しくはまた後日、お知らせします。

さっき送られてきた画伯のイラストが
あまりにもナイスだったので、
取り急ぎアップしてしまいました・・・。

みなさんもプリントアウトして
改造したいお父さん、上司、先生・・・に
じゃんじゃん配って下さいね(笑)。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-05 23:59 | live

Gahaku × Men's EX


c0077105_2213677.jpg


雑誌「Men's EX」の名物連載
「ワタる世間は夢ばかり」。

文章&イラストレーションはモチロン、
我らが綿谷寛画伯!

さて・・・・
4月6日発売の5月号では何と、
先日僕が出演した「Jicoo Floating Bar」での
船上ライブの模様が
体験(&妄想)ルポされているではありませんか。



c0077105_223194.jpg


実体験を随所に織り込んだと思われる、
身を削るような(笑)画伯のコラム、
相変わらず素晴らしいです。

僕もイラストでちょこっとだけ登場。
光栄です。

詳しくは・・・書店で確かめてみて下さいっ。
[PR]
by boppuccino | 2010-04-08 23:59 | books&magazines

the 3rd anniversary of 2nd

取り上げるのが
すっかり遅くなってしまいましたが、
現在発売中の雑誌「2nd」は
3周年記念特大号(祝!)。



c0077105_1342660.jpg


その特集「裏定番を手にしたい」にて、
何と、age of vintage の「2大V.I.P」(?)である、
原宿キャシディ・八木沢氏と
ファッションイラストレーター・綿谷寛画伯の対談が実現。

ちなみにお二人はこれが初対面だそうで、
ちょっと意外な気も・・・。


そして画伯は
「綿谷画伯に学ぶマイティーマック像」のページに
再び登場しちゃうモテっぷり・・・。

・・・というのも
昨年復刻された「マイティーマック」の
2010年春夏のカタログって
画伯のイラストが全面的にフィーチュアされてるんですね。

イラストはもちろん「マジ絵」の方で。
風俗ルポじゃないですよ。

いや、これが本当に、
素晴らしいんですよ。

そして・・・欲しい。

余談ですが僕、「マイティーマック」って
全然詳しくないんですよね・・・。

これを機に勉強させてもらいたいです。

僕にとって「マイティー」と言って
すぐに思い出すのはやはり

「マイティー井上」

・・・って、
そっちの方がよっぽどわからないか。

(マイティー井上:往年の名プロレスラー)



さて、話を戻して・・・

画伯のモテっぷりはさらに続き、
雑誌「ビギン」の表紙にも画伯のイラストが・・・。



c0077105_135061.jpg


さらに、
4月に発売される某ミュージシャンの
アルバムジャケットのイラストも手掛けるなど
今、ノリにノッてる画伯から、目が離せません。



さて、最後に、今発売中の雑誌といえば・・・

あの「ポパイ」も、
久しぶりにアメカジ派をうならせる特集。


c0077105_1372467.jpg


あのトム・ブラウンや
「Engineered Garments」の鈴木大器氏のインタビューを含む
ニューヨーク・ファッション特集。

表紙のデザインも最高で、
さすがポパイ、ですね。
[PR]
by boppuccino | 2010-03-02 23:59 | books&magazines

meeting with Gahaku <2>

ニューアルバムのジャケットの
イラストを描いていただくことになった、
「画伯」こと綿谷寛氏と、再び密会。

前回は画伯のお宅にお邪魔しましたが、
今回は

「まあ一杯やりながら・・・」

ということで、
渋谷の「あっぱれ誠三朗」に・・・。



c0077105_225833.gif


白い革靴、ラウンドカラーの白シャツ・・・と
今日もダンディな画伯。

渋いです・・・。

で、今日の話題は?
というと・・・

打ち合わせが3割、
洋服の話が2割、
といったところ。

え、あとの5割は?

いや、
画伯の下ネタを、たっぷりと・・・(笑)。

画伯のトーク、
雑誌のコラムそのまんまの面白さ。

最後に必ず、
自虐的ギャグのオチがついているのも、
さすがです。

たっぷり笑わせてもらいました。
そして・・・勉強になりました。

画伯、今日は楽しい時間を
ありがとうございました。



そして・・・
アルバムジャケットの案もまとまり、
もうすぐ画伯にイラストを描いていただけるわけで、
本当に、楽しみです。

自分の顔がイラストに・・・って
ドキドキしますね。
[PR]
by boppuccino | 2010-02-06 23:59 | place

go to meet Mr.Watatani Gahaku


イラストレーター・綿谷寛(わたたに ひろし)。

「画伯」の愛称で、
多くのお洒落ピープルを魅了し続ける、
ファッションイラストレーターの第一人者。

age of vintage では過去に何度も
綿谷画伯の話題に触れ、敬意を表し続けてきた。

そして・・・

「自分のアルバムジャケットのイラストを、
いつか画伯に描いてもらえたら・・・」

というのが、僕の長年の夢。

おそらく、
日本ポップス界では前例のない、
画期的なアイデアに違いない・・・。

いつかきっと・・・。

いやいや、その夢、
今こそかなえるべきではないのか?

・・・というわけで、
何とか連絡先を入手した我々制作班は、
おそるおそる、画伯にオファー。

「画伯、お願いします!」

すると、
事態は思わぬ方向に展開したのであった。

何と画伯から・・・

「age of vintage、見てるよ〜。」

と、予想外の反応。

「エエッ・・・!」

何と綿谷画伯、
このブログの存在を、
すでにご存じだったそうで・・・。

いやはや、驚きました。
本当に光栄です。

ブログ続けていてよかったな、と思いました



そんなわけで、本日、
綿谷画伯の自宅兼仕事場に、
おじゃましてきました。




c0077105_23155070.gif


画伯と記念撮影。
感激です。

初めてお会いした綿谷画伯、
イラストやコラムそのままの、
ダンディで、気さくで、面白くて・・・
本当にステキな方でした。

打ち合わせの他に、
ファッションの話もたっぷりと聞かせてもらい、
僕にとっては記念すべき一日となりました。

綿谷画伯、
今日はお忙しい中、
どうもありがとうございました。

そしてこれからも
どうぞよろしくお願いいたします。



ニューアルバムは、
音だけでなくパッケージも
「スペシャルな」一枚になりそう。

発売日は4月14日になりそうです。

当初の予定「2月中旬」から
だいぶ遅れてしまいスイマセン。

でもこれ以上遅れることはないと思うので、
どうかご期待下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-01-27 23:59 | people

dictionary of American casual

最近全然本屋に行ってなかったため、
ようやく購入。



c0077105_1283645.jpg


発売からすでに2週間近く経っていますが、
今月の「2nd」(2010年2月号)、
かなり充実した内容でした。

第一特集は「服飾文化辞典」。

アイビー、プレッピー、
そしてアウトドア、という、
おなじみの「日本アメカジ史」を振り返りながらも、
決して懐古趣味になりすぎることもなく、
あくまでも現代的な視点で語られているので
読みやすく、親しみが持てます。

どんな特集でも
「程良く」掘り下げられているのが、
「2nd」の素晴らしさだと、
僕は思ってます。

そして我らが「原宿キャシディ」も、
当然のように登場してます。

さらに・・・今月号のハイライト(?)といえば、
やはりコレか?



c0077105_1291777.gif


何と、「画伯」こと綿谷寛(わたたにひろし)氏が
4ページにわたって
フィーチュアされているではありませんか。

こういう企画、待ってました。
やっぱ画伯のイラスト最高です。

というわけで、雑誌「2nd」に、
改めて敬意を表したいと思います。
[PR]
by boppuccino | 2009-12-28 23:59 | books&magazines

the world of Gahaku

日本におけるメンズファッション・イラストレーターの
第一人者でありながら、
コミカルタッチのファッション(&風俗)コラムにも
抜群の冴えを見せ続ける、
「画伯」こと綿谷寛(わたたにひろし)氏、
久しぶりのイラストレーション展が開催!!

そんなニュースを
今日たまたま知って、

「おおっ,行かねば。絶対に。」

と興奮していたのだが、
よく見たら

「5月11日まで。」

と書かれていて、
何と、すでに終わっていた・・・。

六本木・けやき坂通りの「ハロッズ」で
ついこの前の日曜日まで
開催されていたらしい(詳細)。

本当に、残念・・・。

しかも、会場で運良く画伯に遭遇できた人は、
何とその場で似顔絵を書いてもらえたらしい。

本当に、残念・・・。

多くのお洒落ピープル(男子)は
「メンズクラブ」をはじめとする
数多くの男性ファッション誌で
画伯のコミカルなイラスト(&コラム)を
何度も見ているはずだが、
「マジメな」画伯のイラストを見る機会は
意外と少ないのでは?

そういえば僕も、あまり見たことがない・・・。

もし会場に足を運ばれた方がいらしたら
ぜひ感想を聞かせて下さい。

「アメリカントラッド復権」の今年、
ぜひまたこのようなイベントが開かれるのを
期待したいです。
[PR]
by boppuccino | 2008-05-16 23:59 | people