タグ:プレッピー復権 ( 9 ) タグの人気記事

Double or Single

数年前であれば

「悪趣味」

の一言で片づけられていた
「ダブル」のジャケットだが、
何故か昨年あたりから、
セレクトショップなどで
じわじわと盛り上がっている様子。

そしてなんと、
我らが原宿「キャシディ」でも・・・。

キャシディにおいてここ数年
毎シーズン少しずつ素材やスタイルを変えて
リリースされている、
オリジナルのネイビーブレザー、
いわゆる「紺ブレ」。

今シーズンはなんと、
「ダブルの紺ブレ」が登場した様子。




c0077105_1045199.jpg

(写真はキャシディHPより転載させていただきました)


数年前までは、「紺ブレ」自体の復権ですら、

「いや、まさか・・・あり得ない。」

と言われていたのに、
ほんの数年で、まさかダブルの紺ブレまで
登場してしまうとは・・・。

八木沢さんが興奮気味(?)なのも、
うなずけます。


が、しかし・・・
個人的にはまだ、
「ダブルの復権」を受け入れられない、
というのが、正直な心境。

ここはまず「キャシディ」で
実物を手にしてみるべき、なんでしょうね。

2010年秋冬も
「変わり続ける」プレッピースタイルから
目が離せません。ハイ。
[PR]
by boppuccino | 2010-10-18 23:59 | products

Keds meets J.S Homestead

ここ1〜2年の間で
アメカジファンのみならず、
モード系、さらにはお気軽系(?)まで、
一気に広まってしまった
キャンバススニーカー「ケッズ(KEDS)」。

「ケッズ(KEDS)」といえば
アメリカ最古のスニーカーブランドとして
あまりにも名高い・・・はずなのだが
僕の知る限り、10年ほど前は
日本のメーカーのライセンス生産により
「プロケッズ(PRO KEDS)」ブランドで
他社ブランドのパクリスニーカーを乱発。
(4本線のアディダス、みたいな・・・)

そんなわけで、
当時のアメカジファンにとって、
ケッズはすでに「終わってる」ブランドであった。

・・・が、2年前あたりから
各ショップやブランドが「別注」という形で
「チャンピオンオックスフォード」や「ブースター」といった
古き良きケッズのキャンバススニーカーを、

時にはキャンバス地で・・・
時にはチェック地で・・・
時にはクレイジーパターンで・・・
時にはレザーで・・・
時にはエナメルで・・・
またある時はパッチワークで・・・

・・・ってキリがない・・・

とにかく、
様々な素材やカラーで続々リリース。


c0077105_22493.jpg


c0077105_2244586.jpg



「プレッピーの復権」「アメカジブーム」の流れとともに
お洒落ピープルの間で一気にブレイク。

その鮮やかな復活劇は、
まさにアメカジ界の「野村再生工場」(?)。





・・・・で、
実はここまでが前置きで(長いね)、
本題はというと・・・

「ケッズのキャンバススニーカー買いました。」

「しかもお買い得プライスで・・・」

という、
いつもの展開・・・。

で、コレ。


c0077105_2251883.jpg


あの「ジャーナル・スタンダード」の中でも
アメカジ系、そしてヴィンテージ系を
掘り下げたラインナップで名高い
「J.S.Homestead」の別注によるレトロな一品。

モデル名がちょっとわからないのですが、
おそらく昔のモデルの復刻かと・・。

1〜2年前にリリースされたモデルで、
前からちょっと気になっていたのだが、
先日、久々に原宿の「J.S.Homestead」に行ったら
ラスト2足がセール価格でさりげなく置いてあった。

そのお値段は、6090円。
定価がいくらなのか覚えていないのですが、
かなりお買い得。

で、サイズもジャストだったので、
ついつい購入・・・。

トラッド風でありながら、
どこかミリタリーっぽい雰囲気も併せ持つ、
軽すぎず、重すぎず、の
ナイスなキャンバススニーカーです。

ちなみに made in Japan。

現行品のキャンバススニーカーに
「made in U.S.A」を求めるのは、
さすがにもう無理か・・・。

悲しい。



さて、最後に・・・
そういえばプロケッズの怪しげなパクリスニーカー、
最近見かけなくなりましたね。

ライセンスを持つメーカーが変わったんでしょうか?
ホッとしてます。

「ケッズの復活」に、
改めて敬意を表したいです。
[PR]
by boppuccino | 2008-12-04 23:59 | products

TAILORED IN HAWAII

だいぶ夏も近づいてきた気配だが、
「トラッドの復権」に合わせて、
この夏、こんなアイテムも復権か?





c0077105_0532781.jpg


レイン・スプーナー(reyn spooner)の名品
「ラハイナセーラー」。

もう10年近く前に購入。
ラハイナセーラーといえば
レイン・スプーナーのアロハシャツにおける
「代名詞」的存在、おなじみの柄であるが、
あまりにも「おなじみすぎる」気がして
ここ数年はまったく着ていなかった。

これを着て出かけると何故か必ず
同じシャツを着たオジサンとすれ違う、というのも
このシャツを着なくなった一因ではあるが・・・。

いや、でも、
他のアロハと違って
控えめな柄、ボタンダウン、プルオーバー、と
アメリカントラッド・テイストが強いだけに、
紺ブレやローファー、そしてキャンバストートが
次々に復権した2008年夏、
「ラハイナセラーの復権」も、
十分ありうるのではないか?

個人的にはとても好きなアイテムなので、
この夏は久々に着てみようかと・・・。

「そのアロハ、キャス・キッドソンですか?」
なんて言われたりして・・・。
[PR]
by boppuccino | 2008-05-27 23:59 | products

vote for Mr.Sperry

アメリカン・キャンバススニーカーの
古豪「Keds」の復活については少し前に書いたが、
もう一つの古豪にして保守派、
あの「トップサイダー(SPERRY TOP-SIDER)」も
「アメリカントラッドの復権」に合わせて
確実に「お洒落シーン」の中心に
舞い戻ってきているらしい。


c0077105_050023.gif


トップサイダーといえば
1935年マサチューセッツにて創業の老舗、
そして「デッキシューズの開祖」。

日本でも「アイビーブーム」の頃には
キャンバスデッキシューズが
爆発的な人気を誇ったという伝説を聞く。


c0077105_0505432.jpg


・・・が、
僕がアメカジに興味を持った頃は
すでにアメリカでの生産は終了し、
「アメカジアイテム」としての認識は
薄かったように思う。

トップサイダーをコピーした
安物のキャンバススニーカーは
どこの商店街の靴屋にも並んでいたし、
どうせ買うならコンバースやヴァンズを・・・
と考えるのが、
真っ当なアメカジピープルであった、
と言えるのではないでしょうか?

そんなわけで、ここ10年、いや20年近く
「お洒落」と「ダサい」の中間の、
「当落線上」に存在し続けた(?)
トップサイダーだが、いよいよ2008年、
「お洒落総選挙」における「当選確実」も間近か?

その要因は・・・?

気まぐれなお洒落ピープルの浮動票が流れた、
という説もあるが、
いや、ある「支援者」の影響が
大きいのではないだろうか?

で、その「支援者」とは?

東国原英夫?
大仁田厚?

いやいや、そうじゃなくて・・・
何とあの
「バンド・オブ・アウトサイダーズ党」だという。

バンド・オブ・アウトサイダーズ
(BAND OF OUTSIDERS)といえば、
今やトム・ブラウンと並んで
「ネオ・アメリカン・トラッド」を代表するブランドとして、
アメカジ派だけでなく、
浮動票有権者(モード系お洒落ピープル)にも
十分にアピールできるネームバリューを持っているが、
そのバンド・オブ・アウトサイダーズが
この春、トップサイダーに別注をかけた
デッキシューズをリリースしている。


c0077105_0515570.jpg

c0077105_0524089.jpg


シャツもジャケットもメチャ高く、
made in U.S.Aにこだわる
バンド・オブ・アウトサイダーズだから、
靴もオールデンあたりに別注をかけそうな気がしたのだが、
意外にも(?)トップサイダー。

お値段は4万円弱、と
トップサイダーとしては高いが
バンド・オブ・アウトサイダーズにしては安い、
という、これまた「当落線上」プライス?

でもこれを受けて、
風評に流されやすい有権者の間では

「トップサイダーってやぱりオシャレかも。」
「別注シューズは高いから、普通のトップサイダー買おう。」
「昔買ったデッキシューズ10年ぶりに履こう。」

と、様々な動きが出ているとか・・・。

この夏、
モカシン、ローファーだけでなく、
デッキシューズの動向にも、注目です。
[PR]
by boppuccino | 2008-05-17 23:59 | products

an old tie factory in NY

「プレッピーの復権」あるいは
「ネオ・アメリカン・トラッド」とシンクロする形で
最近多くのお洒落系セレクトショップまたは
アメカジショップで見かけるのが、
カジュアルかつトラッドなネクタイ。

そんなネクタイを、
ペロッと裏返してブランドタグを見ると、
あるブランドの名前が書かれていて

「おおっ。」

と思ってしまうことが、最近非常に多い。

で、そのブランドとは、
「ベントレー・クラヴァッツ(Bentley Cravats)」。

あの原宿「キャシディ」にも、
もちろんラインナップされていた。


ベントレー・クラヴァッツは
1932年創業(1956年説もある)のネクタイブランド。

アメリカを代表する老舗ファクトリーブランドであり、
いまや数少ない「made in U.S.A」の
ネクタイ工場であるらしい。

あのラルフ・ローレンの成功の第一歩となった
「伝説の」5インチの幅広ネクタイを
実際に生産したのがここの工場だという。

ちなみに、以前にとある雑誌で
ベントレー・クラヴァッツ社長である
ウォルター・シック氏のインタビューを
読んだことがあるのだが、
ラルフ・ローレンのネクタイについて聞かれると、

「またその話か。」
「やたら幅広いネクタイだったことしか覚えていない。」

と、つれない答えであった。
根っからの職人肌であるらしい。


c0077105_119137.jpg


あの「ネペンテス」がリリースした
ベントレー・クラヴァッツのリメイクネクタイ。
さすがネペンテス・・・。

ちなみに最近のネクタイの傾向は、どれも幅細め。
いつまでこの傾向が続くんでしょう?
僕はけっこう太めのネクタイが好きですが・・・。

いずれにせよ、今や数少ない
アメリカ製のハンドメイドのネクタイに
各方面から注目が集まっているみたいです。

2008年春、「紺ブレに合わせるネクタイ」として
ベントレー・クラヴァッツに要注目。
[PR]
by boppuccino | 2008-04-15 23:59 | products

monologue about Cassidy <9>

東京・原宿のセレクトショップ「キャシディ」。

c0077105_115084.jpg

まだセレクトショップなんて言葉が
存在しなかった頃から、
移り変わりの激しい街で25年以上にわたって、
不動の地位を築いている。

さて、そんなキャシディに、
久々の表敬訪問。

「暖かくなりましたね。」と言って
出迎えてくれたのは、もちろん八木沢氏。

ちなみに八木沢氏は
当たり前のように紺ブレ着用であった。

が、しかし、
以前僕も購入したキャシディ・オリジナルの
スウェット生地のものではなく、もっと薄手。

どうやらコレ、
キャシディ・オリジナル紺ブレ、
2008年春のニューバージョンのようだ。

そしてなんと、
この紺ブレ、すでに完売してしまったらしい。

紺ブレ売り切れ。
紺ブレバカ売れ。

さすがはプレッピーの聖地。
僕も欲しかった・・・。

そしてこの日の八木沢氏の足元は
ここでもつい先日紹介したばかりの、
Kedsのスニーカー、ダーティーバックスタイプ。

すでに程よく履きこんだいい汚れ具合。
いい味を出している。

「かなりいい雰囲気ですね。」

と言うと八木沢氏、

「いや、一昨日の雨の日に水たまりにはまって・・・。」

とのことでした。

ちなみにこのケッズのスニーカーも
「かなり売れてる」とのことでしたが
まだ在庫はあるみたいです。

価格は14800円と、あくまでスニーカー価格、
見た目はドレスシューズ、と
かなりリーズナブルな一足。

僕も欲しい・・・。



他にもアイク・ベーハー、ギットマン、
インディビデュアライズド・シャツ、
スティーブン・アラン、
そしてバンド・オブ・アウトサイダーズ、と
新旧ボタンダウンシャツ勢揃い。

さらにはベントレー・クラヴァッツのネクタイ、
そしてバスのローファーまで・・・。

プレッピー全開、春のキャシディに、
改めて敬意を表したいです。
[PR]
by boppuccino | 2008-04-14 23:59

another brand of canvas sneaker

こだわりのアメカジ派ピープルに

「今、キャンバス・スニーカーを買うなら?」

という質問をしたら、どうなるか・・・・



これが今から5年前であれば

「そりゃ、コンバースのオールスター、
 もちろんmade in U.S.A時代のデッドストックで。」

あるいは

「やっぱコンバースのジャック・パーセル。
 もちろんmade in U.S.A時代のデッドストックで。」

おそらく10人中9人から、
こんな答えが返ってきたであろう。
もちろん僕も、9人の中の1人であった。

「今のうちに買っておかないと・・・」
誰もがそんな強迫観念に捕らわれていた。

が、しかし、あれから5年。

USA製コンバースのデッドストックも枯渇化が進み、
価格も高騰、サイズも28cm以上ばかり・・・という現状。

「今さら買っても・・・」

そして仮に購入しても、
もったいなくて履けないから鑑賞用に保管、
というのが実状か?

かといって現行品のコンバースじゃ、
みんな履いてるし・・・

迷えるこだわりのアメカジ派ピープルが続出。
やれやれ。

が、しかし、
そんな混迷のキャンバススニーカーシーンに、
この春の「プレッピーの復権」ともシンクロする形で
「あの」ブランドが、
にわかに、そして確実に
復活ののろしをあげているようだ。

そのブランドとは・・・「Keds(ケッズ)」



c0077105_033420.gif







ケッズといえば1917年に
「USラバー・カンパニー」社から生まれた老舗ブランド、
西のコンバース、東のケッズと呼ばれた・・・

というのは
いろいろな場所で語られるヒストリーだが、
僕がアメカジに興味を持った頃はすでに
ケッズはアメリカでの生産はしていなかったと思う。

そして後に派生する競技用シューズブランドの
「プロケッズ(Pro-Keds)」も、
日本ではある時期からライセンス生産のせいで
いろんな有名ブランドのデザインを
コピーしたようなスニーカーを乱発する
チープなブランドになっていた。

悲しい・・・。

が、ここ数年、
多くのセレクトショップなどで
かつてのケッズの名作を忠実に復刻したアイテムや、
さらに新たなアレンジを加えたアイテムなどが
続々とラインナップされている。
もちろん原宿キャシディでも・・・。



c0077105_23583852.jpg

名品、チャンピオン・オックスフォード



c0077105_23591458.jpg


そしてこちらは
あの「WALK OVER」の名品「ダーティーバックス」を
イメージしたらしい。

スニーカーなのにまるでドレスシューズ・・・
まさにこの春の
「ネオ」アメリカン・トラッドにピッタリですね。




さて、最後に・・・

恋愛においては

「いつまでもあの人のこと引きずってないで、
 新しい恋でもしなさいよ。
 いい人いっぱいいるんだし・・・。」

といったアドヴァイスはよく聞くが、
ここは一つ、アメカジ派ピープルに

「いつまでもデッドのコンバース引きずってないで、
 新しいケッズでも履きなさいよ。
 いいスニーカーいっぱいあるんだし・・・。」

という言葉を、贈ってみたい。
余計なお世話か・・・。

ちなみに復刻ケッズは made in JAPAN みたいです。
[PR]
by boppuccino | 2008-04-12 23:59 | products

bottoms of neo American Trad

以前から何度も取り上げているが、
いよいよこの春、
プレッピースタイル復権!
間違いない!

・・・というわけで、
どのお洒落系セレクトショップも
やたらと「紺ブレ」「クレリックシャツ」
「ローファー」といったアイテムを展開中。

では、ボトムスは?

うーん、ここはやはり往年の
「ツータックのチノパン」か?

ブランドは、
ラルフ・ローレン?
ラフ・ヒューン?
ブリティッシュカーキ?
いや、バリー・ブリッケン?

・・・と言いたいところだが、
さすがにツータックは禁止らしい。

今どきのお洒落ピープルは、
やはり細めのシルエットでないと・・・。

が、個人的には、
さすがにツータックのチノパンは持ってないものの、
ジーンズもコーデュロイもペインターパンツも、
ボトムスは太くなる一方・・・。

スリムフィット皆無。
スキニー皆無。
レギンス皆無。



あ、でも1本だけ、
かなり細めのパンツ、持ってた。


c0077105_0325674.jpg


LEVI'SのSTA-PREST

僕がまだ大学生で、
スカ大好き小僧だった頃、
「アメカジなのに、何だかモッズっぽい」
という理由で購入。

古着屋でデッドストック状態で購入。
TALON社のジッパー。
60〜70年代頃のアイテムか?

ここ数年、
恥ずかしくて全く履いていなかったが、
この春久々に履いてみようかな?
紺ブレにでも合わせて・・・。

ところで「STA-PREST」って
「スタープレスト」と読む人と
「ステイプレスト」と読む人がいるみたいですが
どっちが正解なんでしょう?

みなさんはどっち派?
いや、どうでもいい派か?
[PR]
by boppuccino | 2008-04-09 23:59 | products

TAKE IVY, TAKE KY?

かなり大ざっぱな分類ではあるが、
古着屋にも二つのタイプがあって、
一つは店主のこだわり全開、
流行など関係なし、我が道を行く・・・
というタイプ。

もう一つはそれなりに
世の中の「モード」というものを気にして
若きお洒落ピープルが喜びそうな商品を展開するタイプ。
といっても、あくまで古着なので
その「モード」は大手セレクトショップ等に比べると
半年ぐらいは遅れている気がする。

そんな後者のタイプの古着屋に行くと、
最近「プレッピー系」アイテムが
非常に充実してきているように思われる。

例えば紺ブレ、
例えば蝶ネクタイ、
例えばサスペンダー、
例えばレジメンタルタイ。

かつてなら店の片隅にひっそりと置かれては

「誰が買うんだ?」
「VANオヤジか?」
「街のアイビーリーガーか?」

と冷ややかな視線を浴びていたであろう
「きわどい」アイテムの数々が、
今再び、表舞台へ駆け上がろうとしている(?)。

それは音楽に例えるなら、
かつて中古レコード店の
「その他ジャズ・特価」の棚に
タダ同然で置かれていたLPがある時から急に
「レア・グルーヴ」などと呼ばれて
高く評価された現象と、良く似ている。

そんなファッション界のレア・グルーヴ、として
ここ1〜2年囁かれてきた「プレッピーの復権」も、
この春いよいよ本格到来?

そんなプレッピースタイル、
個人的にはわりと好きなのだが、
もともとが「上流階級・保守派」スタイルなだけに、
一歩間違えると、やはり危険なファッション。

本人はキメてるつもりでも、
普段着でいきなり「蝶ネクタイ&サスペンダー」じゃ、
「KY」と指さされて笑われるのがオチかと・・・。

2008年の今、プレッピーアイテムを着こなすには
やはり原宿某C店のY店長ぐらいの「着崩し」テクが
必要不可欠であろう。

・・・さて、実はここからが本題、というか
いつもの「チープお買い物自慢」なのだが、
そんなプレッピースタイルにおける
もう一つの「きわどい」アイテムとして
注目したいのが「クレリックシャツ」。


c0077105_1373723.gif






襟の部分だけ白くなってる、
あの気取ったシャツだが、
最近新品でも古着でも非常によく見かけるし、
そのバリエーションも豊富になり、
「気取りやがって度」は
以前より確実に低くなってきて、
すでに「お洒落ピープル市民権」を獲得した模様。

かつてのように
必ずしもスーツ(またはブレザー)&ネクタイと
合わせるのではなく、
カジュアルスタイルに取り入れて
ラフな中にさりげなくプレッピー・テイストを漂わせる、
そんなお洒落ピープルが急増中だという。

もちろん僕も、その一人(?)。

・・・というわけで、
初めて買ってみた、クレリックシャツ。

c0077105_1391169.jpg

ケネス・ゴードン(KENNETH GORDON)の
クレリックシャツ。USED(古着)で購入。
気になるお値段は、何と2500円。
相変わらず、安い服しか買ってない・・・。

そして・・・made in U.S.A。

ケネス・ゴードンといえば
渋カジ最盛期は渋谷「レッドウッド」あたりに行けば
「バリー・ブリッケン」などと共に
誇らしげに並んでいたトラッド系ブランドだが、
そういえば最近、ほとんど見かけない・・・。

クレリック・シャツにしては
シンプルなカラーリングと、
白いのが襟だけで、袖は白くない、
というのも気に入ってます。

昨年買った
キャシディのスウェット地の紺ブレに続き、
僕もさりげなく、
プレッピーアイテム増加中・・・。

このまま
気が付けばサスペンダー、
気が付けば蝶ネクタイ、
気が付けばKY・・・となってしまうのか?

くれぐれも気をつけたい。





最後に、話は変わって・・・
今日は新宿「つるとんたん」にてライブ。

初共演の渡辺君、お疲れ様でした。
トマ君もお疲れ様。

あまり告知してないのに、客席には
知ってる顔もちらほら・・・。
遊びに来てくれたみなさん、
ありがとうございました。

ちなみに2月は6日、16日、23日に出演します。
[PR]
by boppuccino | 2008-01-29 23:59