タグ:オリーブ少女 ( 19 ) タグの人気記事

Naoshima Gallery vol.1

先日、友人の元・オリーブ少女と久々に会った。

ちなみに彼女、
いまだに「フリッパーズギター」の曲名を
メールアドレスに使っているような、
バリバリの元・オリーブ少女。

年齢は・・・「アラサー」とだけ書いておこう。



私「ひさしぶり。」

オリーブ「ひさしぶりー。」

私「何飲む?ビール?」

オリーブ「ビールー。」

私「すいません、ビール2つ。あ、瓶でね(笑)。」

オリーブ「(笑)」

私「今度、大阪と香川でライブやるんだ。」

オリーブ「へー。いいなぁたこ焼き。いいなぁうどん。」

と、この時点では
それほど興味を示さなかった彼女。

だが、次の一言で、事態は急変。



私「帰りに直島に行こうか迷ってるんだけど。」

オ「え、えっ?今なんて言った?」

私「いや、直島、行こうかなー、みたいな。」

オ「なっ、なっ、なおっ、直島っ!!」

私「あ、いや、でもめんどくさいから行かないかも。」

オ「ダメダメダメダメッ。絶対。行くべきだよ。」
  
私「あ・・うん、わかった。行く行く。」

オ「あー私も行きたい行きたい行っちゃおうかなー
     あーダメだダメだその日仕事だーあー行きたいよー。」

私「まぁまぁ落ち着いて。」

オ「あー行きたいよー行きたいよー。」

私「まぁまぁまぁまぁ落ち着いて落ち着いて。」

オ「やだよーやだよー行きたいよー行きたいよー。」

以下延々と続く・・・・。



このような元・オリーブ少女、あるいは
現在「oz magazine」を愛読しているような
「乙女テイスト」を持った女性に
特別な響きを持つ「直島」。

1990年代から「ベネッセ」が
様々なアート関連の施設を作り始め
2000年代に入りその施設はさらに充実。

そして2010年に開催された
「瀬戸内国際芸術祭2010」で
その評価は決定的なものとなった。

いや、ボクも昨年知ったわけですが・・・。



そんなわけで、
元・オリーブ少女の

「私の代わりに絶対行ってきて。」

という後押しもあり、
香川から東京へ戻る前に、直島へと
向かったのであった・・・。




c0077105_12561182.jpg

高松からフェリーで。




c0077105_12563373.jpg

「昭和のラグジュアリー」テイスト満載な客室。




c0077105_12565389.jpg

美しい瀬戸内海。




c0077105_12571970.jpg

おお、見えてきた・・・。




c0077105_125877.jpg

有名な物体が見える。いよいよ上陸。




c0077105_12595040.jpg

最高の風景。来てよかった。




c0077105_12592056.jpg

おっ、あの物体は・・・




c0077105_130957.jpg

気分は「oz magazine・アートな旅特集」です。




c0077105_13159100.jpg

観光客は多いけど、少し歩けば
ほぼプライベートビーチ・・・。最高です。




c0077105_131245.jpg

ベネッセのホテル。泊まってませんけど。




c0077105_1322334.jpg


海岸近くのあちこちにオブジェが・・・

c0077105_133393.jpg


c0077105_133318.jpg


c0077105_1335371.jpg


(vol.2に続く)
[PR]
by boppuccino | 2011-10-19 23:59 | place

Naoshima Gallery vol.2

(vol.1からの続き )

c0077105_137244.jpg


c0077105_1373196.jpg

天気も気候も良くて、
最高に気持ち良かったです。


c0077105_1355458.jpg

美しいのは海だけじゃないんです。


c0077105_1374943.jpg

「地中美術館」へ。


c0077105_1385014.jpg


c0077105_1392480.jpg

港にある草間彌生さんのオブジェ。
みんなココで記念撮影してました。


c0077105_13102337.jpg

フェリー乗り場もオシャレ・・・。


c0077105_13105998.jpg

そして岡山行きのフェリーで東京へ。

短い滞在時間でしたが、
自然とアートを満喫しました。

また行きたいです。
[PR]
by boppuccino | 2011-10-18 23:59 | place

archives of POPEYE and OLIVE

「最初のアメカジ雑誌」として
今でもアメカジファンから
「畏敬の念」を持って語られる、雑誌「POPEYE」。



c0077105_2305460.jpg


その、まさに「最初の一歩」である創刊号が、
マガジンハウスのサイトで
公開されているんですね。

POPEYE 創刊号

当時の、何ともいえない「熱気」が
誌面から感じられて、ワクワクします。

さらには、あの「Olive」創刊号も。




c0077105_2361974.jpg


Olive 創刊号

後に生まれる「オリーブ少女」的スタイルは、
創刊号の時点ではまだ
確立されていなかったんですね。

古本ではまず手に入らない「お宝」雑誌の
Web公開化に、ここで敬意を表したいと思います。

これからも少しずつページが追加されていくようで、
楽しみです。
[PR]
by boppuccino | 2011-07-20 23:59 | books&magazines

Welcome back Olive girl

「ビームスでどの店が一番好き?」

と質問された場合、
ラギッドなアメカジ派ピープルの多くは

「やっぱりビームスプラスだな。うん。」

と答える事で、
「俺はこだわってるんだぜ。」
という事をアピールするようだ。

もちろん僕も、その一人なのだが・・・。

いや、しかし、
それは「表向き」の答えであって、内心では

「本当に好きなのは・・・ビームスボーイかな。ウフ。」

と心の中でつぶやいている、
非ラギッドアメカジ派ピープルは
案外多いのではないかと推測される。

もちろん僕も、その一人。

ボーイッシュなアメカジスタイルを愛好する
女性のためのショップである「ビームスボーイ」。

置いてあるのは基本的にレディースのアイテムのみだが、
エンジニアード・ガーメンツのシャツ、
ユケテンのモカシン、
ディ・マティーニのバッグ、
そしてラウンドハウスのオーバーオール・・・と
まさに「made in U.S.A」の宝庫。

それでいてメンズのショップにありがちな
面倒くさいウンチクとは無縁。

あくまでも「カワイイかどうか」を基準にした
そのセンスの良さには、いつ行っても

「うーん、ナイス。」

「メンズもあればいいのに。」

と、唸ってしまう。

さて、そんなビームスボーイに
いつものように男子一人でコソコソと表敬訪問(笑)。

すると入ってすぐのところに、カタログが積んである。
そのカタログの表紙を見ると、

「おおっ、これは・・・・。」

「な、なんと・・・。」

「こ、これを待っていたぁぁ。」






c0077105_0221864.jpg


ビームスボーイ・2010春夏カタログの
表紙は何と・・・市川実日子サン。

それも「あの頃」の雰囲気たっぷり・・・。

「あの頃」というのはモチロン、
実日子サンが雑誌「オリーブ」の専属モデルだった頃。

アメリカントラッドに絶妙の「崩し」を加えた
ビームス・ボーイのスタイルでキメた実日子さんを見て、
往年の元オリーブ少女は、

「おかえり、実日子ちゃん」

と、涙を流して喜ぶんじゃないでしょうか?

もちろん僕も、涙しました。

いや、奇しくも

「おかえり、オザケン。」

と、多くの元オリーブ少女が涙した2010年春。

・・・ってことは、次は

「おかえり、オリーブ。」

は、あるんでしょうか?

せめてWeb マガジンでも・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-11 23:59 | people

class of olive art institute ?

久しぶりに書店の雑誌コーナーを
男性誌・女性誌の区別なくまんべんなく見ていたら、
ある人の名前を見つけた。

その名前は・・・

「湯沢薫(ゆざわかおり)」。

肩書きはアーティスト。
そこに写っていた写真と「湯沢」という姓で

「あれ?もしかして・・・。」

「でも名前が違うし・・・。」








さて・・・
もし元「オリーブ少女」R30世代の皆さんに、

「オリーブのモデルといって思い出すのは?」

という質問をすれば、
おそらく10名中9名が

「うーん、やっぱ市川実日子ちゃんかな?」

と答えるはず。
いや10名中10名かも・・・。

が、そこでさらに

「ではもう1名挙げるとすれば?」

という質問を投げ掛けた場合、どうだろう?

10名中5名ぐらいが、こう答えるのでは?

「湯沢京ちゃん、好きだったな・・・。」






モデル・湯沢京(ゆざわきょう)。

市川実日子サンより少し上の世代で、
「等身大」の実日子サンに比べると
かなり洗練された、
スタイリッシュなモデルさんだった気がする。

そんな京サン、
1990年代後半のオリーブに、

「サンフランシスコのアート・インスティテュートで
ファインアートの勉強中」

と書かれているのを読んだ気がするのだが、
そういえばその後の彼女についての調査をすっかり怠っており、
何となく忘れかけていた頃に、
こんな場所で再会するとは・・・。

いや、もちろん
実際には一度もお会いしたことありませんが。

名前が違うのは
アーティスト活動をするにあたって
芸名の「京」から本名の「薫」に改めたらしい。

個人的には「湯沢京」の響きが好きでしたが・・・。






c0077105_232664.jpg


こちらは今年の春に行われた個展のポスター。
湯沢薫HPより転載)

「オリーブ」といえば
ファッションだけでなく
アートや文学、そして音楽を
常に真剣に取り扱ってきた雑誌だったと思う。

湯沢薫さんのアートは
そんな「オリーブ」が生んだ
最高の「成果」の一つなのかもしれません。

遅ればせながら、
湯沢薫サンの今後に注目してみたいです。
[PR]
by boppuccino | 2009-09-20 23:59 | people

Mikako, my dear

毎月1日、映画1000円デーに
ふと映画が観たくなり、
レイトショーを観に行った。

ガラガラの映画館で上映していたのは
「お と なり」という映画だった。

顔を合わせることのないアパートの隣人同士が、
それでも壁越しに聞こえる様々な音から
お互いのことを意識し、
やがて二人は出会う・・・かと思いきや、
なかなか出会えない・・・。

これから観る人のために、
ストーリーの説明はここまでにしておこう。

映画を観ていて、
ある女優さんが気になった。

主演男優(岡田クン)の同僚の、
芸能プロダクションでバリバリ働く女性役。

主演女優(麻生サン)が
どこか「ほのぼの系」なのに対して、
彼女はスリムで、背が高くて、美しくて・・・・
とにかくカッコイイのだが、
それがストーリーの中では逆に、
悪役とは言わないまでも、
ちょっと冷たい印象を持たせる役になっている。

で、この女優さん誰だっけ、と
映画を観ながら気になった。

モデル出身の、実力派女優・・・?
どこかで観たことあるんだけど・・・。

誰だっけ?

誰だっけ?

と思いながら、
映画も終盤に差しかかったころ、




「も、もしかして・・・・。」

「ま、まさか・・・・。」

と、ある人物の名前が思い浮かんだ。

その名前とは・・・・





「市川実日子(いちかわ みかこ)」。


かつて雑誌「オリーブ」において
「等身大」のモデルとして、
カリスマ的人気を誇った彼女。

当時、同世代の女性は彼女を見て

「私もモデルになれるかも・・・。」

と、共感し、
少し上の世代の女性は

「まぁ・・みかこちゃん、がんばってるわね。」

と、まるで親戚のおばちゃんのように
あたたかい視線を送ったものだ。

じゃあ男性は?
というと、
多くの男性が

「どこがそんなにいいのか、わからん・・・。」

と、あいまいな態度を取ったという。

いや、スマン。
それ私のことです。




が、あれから10年。

銀幕の向こうの実日子さん、
いや、実日子様は、
当時からは考えられない程、
スリムに、スタイリッシュになってました。
(ちょっとやせ過ぎのような気も・・・。)

後で調べたら、
数々の映画に出演され、
モスクワ映画祭で主演女優賞を受賞。
全然知りませんでした・・・。

そして加瀬サンとの噂も・・・・
全然知りませんでした。

素敵です。
素晴らしいです。



「元オリーブ少女」を訪ねて・・・。

女優・市川実日子さんの今後の動向に、
注目していきたい、と思った、
レイトショーの夜でした。
[PR]
by boppuccino | 2009-06-10 23:59 | people

olive girl meets OZ

友人の元オリーブ少女に
久しぶりにメールを送ってみた。

「やっぱ松浦弥太郎さんの文章いいねー。」

すると翌日、
こんな返事が返ってきた。

「ちなみにオリーブ的オススメだと、
 今は OZ magazine が熱いよ!」






雑誌「オリーブ」休刊後、
行き場をなくした元オリーブ少女が
たどり着いた雑誌は何なのか、
ずっと気になっていた。

最も容易に思い浮かぶ答えとしては、
同じマガジンハウスから刊行されている
「Kunel(クウネル)」が考えられる。

年齢的にも
「オトナになったオリーブ少女」を
対象としている感が強い。

が、しかし、
僕の中では何となく違うような気がしていた。

何となくピンと来ない。

じゃあ何なのか・・・?

というと、それも思い浮かばない。

そんな僕にとって、
「OZ magazine」は、意外な盲点だった。

今までロクに読んだこともないのに、
働く女性向けの「TOKYO WALKER」的情報誌、と
勝手に決めつけていた・・・。

そして友人の手紙には、こうあった。

「1ページ目に必ず編集長のコメントがあるんだけど
 すごく素敵なの!」

「今は古川誠さんって方なんだけど、
 乙女心をがっちりつかむんだよ!」






c0077105_0343682.jpg


さっそく手にした「OZ magazine」。
最新号は「日帰りお出かけ」特集であった。

表紙のモデル、KIKIさんの、
あまりにも短く、
そしてあまりにもまっすぐ揃った前髪を見て

「これは・・・間違いない・・・。」

と「確信」した。

そして1ページ目の、
編集長・古川誠氏の「まえがき」・・・



以下抜粋

時間はいつも同じスピードで、
前にだけ進んでいます。

それなのに私たちの気持ちは、
なかなかうまく前にだけ進んでくれません。

(中略)

「時間」に合わせて生活する日々が続くのなら、
「時間」を見送る日を1日ちゃんと作ってみようって。
それは前にだけ進む時間の流れの中で、
前にだけ進まない心を肯定する区切りの1日のこと。

(後略)

以上



なるほど、乙女心をガッチリと掴む、
誠実さに溢れる素敵な文章・・・。

敬意を表したいです。

「まえがき」や「あとがき」のある雑誌って
好感が持てますよね。

「雑誌が売れない」という話はよく聞くけど、
やはり残るのは、
作り手の「顔」が見えるような、
「息づかい」が聞こえるような、
そんな雑誌なのかな、と思います。

「OZ magazine」の今後に注目してみたいと思います。




special thanks to スズちゃん(情報提供)
[PR]
by boppuccino | 2009-04-11 23:59 | books&magazines

text for olive girls & boys

松浦弥太郎さんのエッセイ集、いや随筆集、
「くちぶえサンドイッチ」を読んでいる。



c0077105_22440.jpg


ユニークな古書店主であり、文筆家であり、
そして今や、雑誌「暮しの手帖」の
編集長でもある松浦さんは、
かつては雑誌「オリーブ」にたびたび登場し、
多くのオリーブ少女たちに
読書と人生の素晴らしさを説いていた。

そんな彼の好きなもの、好きなこと、
好きな場所、好きな時間、そして好きな人・・・

毎日の生活の中でのちょっとしたひとときを
何十倍にも輝かせるような文章が
この一冊の中に詰まっていて、
ページを開くと、スッと一気に引き込まれるのだ。

そして、乙女心をガッチリと掴まれる。

・・・って、僕は「乙女」ではなかった・・・。



好きなもの、好きなことに忠実である人に会うと
清々しい気分になり、また励まされる。

それは「心の眼」で物事を見て、
「心の声」に耳を傾けているからだろう。

松浦さんはまさにそんな人だと思う。

僕もそうありたいと思った。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-09 23:59 | books&magazines

the shop called "B"

新宿駅のすぐ上にある、
「LUMINE 1」の本屋で
買い物(立ち読み)をした後、

「そろそろ行くか・・・。」

と、エスカレーターで階を下っていくと、
4階まで下ったところで、

「おっ・・・。」

と、つい足を止めてしまう。

LUMINEの4階といえばレディースのフロア。

LUMINEに入ってるレディースのブランドに
アメカジ・テイストなど皆無のはずなのだが、
エスカレーターを下りてすぐ向かいにある
その店の中には何故か、
「ビルケン」の箱が積んであり、
フレンチっぽいボーダーのシャツが並んでいる。

白を基調とした
シンプルかつシックな内装もナイス。

「何か」を感じさせる、
そしてどこか懐かしいような、この雰囲気・・・。


気がつけば店の入口まで来ていたが、

「でもやっぱりレディースの店だし・・・」

と、一人で店の中に入るのを躊躇し、
でももう一度中を見ると、
そこには明らかにメンズ用と思われる
カーキ色のショルダーバッグが何種類か並んでいる。

どうやら英国製「Brady(ブレディ)」のバッグのようだ。
シブい・・・。

そして別の棚には、
カラフルなナイロンのデイパック。
ロゴを見るとこちらも英国製の「Aiguille(アイグーリ)」。
シブい・・・。
そしてカワイイ。

男子でも全然いけそうな商品群に、
勇気を出して店内に入ってみると、
そこには・・・

フランス製「DANTON(ダントン)」の
コック服みたいなシャツやパンツをはじめ、
あの「LAVENHAM」のジャケット、
「Gymphrex」や「SUNSPEL」「Everwarm」の
インナーウェアなど、
全部レディースであったが、
ナイスな品揃えであることは
アメカジ派男子にも一目瞭然。

さらによく見ると・・・

あの「FILSON(フィルソン)」の
ごついトートバッグや
「BARRONS HUNTER(バロンズハンター)」の
おなじみのリボンベルトなど、
made in U.S.Aのアイテムも。

こちらはもちろん、
男子でも全然いけるアイテム。

さらに、この店内には洋服だけでなく
雑貨や食器も・・・。

その品揃えは
「Emile Henry(エミールアンリ)」のお皿や、
「月兎印」のホーローのコーヒーポットなど、
やはり、こだわってる・・・。



このラインナップ・・・
このこだわり・・・
この雰囲気・・・

どこか懐かしいような、
安心感にも似た気分に浸りながら、
頭の中にはいろいろなキーワードが思い浮かんだ。



「インポート・カジュアル」

「定番」

「ユニセックス」

「チープシック」

「雑貨・・・じゃなくて ・・・zakka」

「カフェ」

「カワイイ」

etc



そして最後に浮かんだ言葉はやはり

「・・・・オリーブ少女」

であった。




c0077105_22412187.jpg


新宿ルミネ1の4階にある「Bshop」。

「Bshop」と書いて「ビショップ」と読むらしい。
本拠地は関西で、東京にも数店舗あるという。

こういうお店が
下北沢あたりの人通りの少ない路地裏ではなく
新宿の駅ビルのど真ん中に存在する、ということに
「希望の光」を見出した「元オリーブ少女」も
多いのではないでしょうか?

いや、もちろん私にも、
希望の光が・・・見えちゃいました。

元オリーブ少女のオアシス、
「Bshop」にここで改めて敬意を表したいです。

そしてできればメンズももう少し、置いて欲しい・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-03-11 23:59 | place

a shop for girls only

雑誌「オリーブ」と「オリーブ少女」の
残像というか亡霊というか幻覚というか・・・
そういったものを追い続けるうちに
いつの間にかお洒落タウン代官山に
たどり着いてしまった Age of vintage。

そんな代官山にて今、
最も「オリーブ少女の匂いがする」店の
一つとして挙げたいのが
「キャスキッドソン(Cath Kidston)」。

c0077105_115595.jpg

日本初のキャスキッドソン専門店。
オープンは昨年の秋(2006年9月)だという。



c0077105_1143048.gif


キャスキッドソンは1993年に
英国・ノッティングヒルにてスタート。
もともとはアンティーク家具や
ヴィンテージのファブリックを扱うお店だったらしい。

その後自らデザインしたファブリックの製造をスタート。

キャスさんはヴィンテージ生地の
相当なコレクターだったのだろう。
そのヴィンテージ・テイスト溢れる
ファブリックは爆発的な人気となり、
今やバッグから洋服、キッチン用品まで、
あらゆるアイテムが揃う、一大ファッションブランドに・・・。

c0077105_1163661.jpg

c0077105_1171661.jpg



キャスキッドソンといえば
やはり花柄が印象的。

c0077105_118690.jpg

「英国で花柄」というと
「お嬢様系」というか「王室系」というか、
保守派なイメージなのですが、
キャスキッドソンに関しては、
そういう「重さ」はあまり感じられず、
むしろポップなテイスト。

ラルフ・ローレンあたりと近いテイストも感じるのは
やはりヴィンテージを上手く取り入れているからだろう。

ただ気になるのは今後、
ブランドの普及とともに
オバチャン達の買い物バッグとして一気にブレイク、
若きお洒落ピープルは
もはや恥ずかしくて持ち歩けない・・・
というような事態になる可能性も、やや否めない。

ちなみに代官山などのキャスキッドソン専門店は
あの「ユナイテッドアローズ」が運営してるらしい。
さすがアローズ・・・。

・・・と、ここまで書いておきながら、
実は代官山のキャスキッドソンショップには、
まだ入っていない。

いや、店の前は何度か通ったのだが、
中は花柄だらけ。
まさにお花畑。

さすがに男子一人では、入れない・・・。

入りたいのに入れない・・・

男子禁制、禁断の園。
キャスキッドソンには
ずっとそんな「手の届かない存在」であって欲しい。
[PR]
by boppuccino | 2007-09-21 23:59 | place