soup curry,music and beer in Sapporo

札幌ライブ2日目(8月6日)、
まずは昼食に「お約束」のスープカレー。
水口さんに連れて行ってもらったのは
小さな飲食店が連なる長屋の奥にある
「ベンベラ・ネットワークカンパニー」。


c0077105_15232856.jpg
c0077105_15240133.jpg
キッチュな内装同様、
スープカレーも具だくさん、
とても美味しかったです。
ライスに目玉焼きが乗ってるのもナイス。

やはりスープカレー好きです。


その後、ライブまで時間があったので
水口さんの車で小樽へ。

c0077105_15242227.jpg
滞在時間30分ぐらいでしたが
運河や古い建物が並ぶ光景、
とても良かったです。

そして外国人観光客の多さにも驚きました・・・。


で、この日のライブはこちら。
「DEXIE ROUX」にて。

c0077105_15243527.jpg
c0077105_15425578.jpg

c0077105_15243963.jpg
アメリカンな店内には
KAWAIの輸出用アップライトピアノ。
アメリカの家庭にあるような、
背が低くて縦の幅が広いタイプ、
雰囲気があっていいんですよね。

ライブは30分×2ステージ。
曲目は・・・忘れました(笑)。

会場でお会いしたみなさん、
小山さん、
どうもありがとうございました。

2日間のライブも終わってホッと一息、
ということで、深夜に1人で札幌の街へ・・・。

c0077105_15474882.jpg
北海道のいろいろな地ビールが飲める
ビア・バー「VOLTA」へ。

ビールはもちろん、ピザも美味しかったです。

そんなわけで今回もとても思い出深い
ライブツアーでした。

水口さん、今回は本当にお世話になりました。
また近いうちに(笑)
よろしくお願いします。


[PR]
# by boppuccino | 2016-08-14 23:59 | sounds

Music, Beer and Lamb in Sapporo

8月5日、6日。
札幌ライブツアー2Days、
無事終了しました。

c0077105_13031991.jpg
c0077105_13194314.jpg

2年10か月ぶりの札幌、
真夏の札幌は東京に比べると
湿気が少ないため涼しく感じられて、
快適すぎました。
(地元の方々は暑い暑いとおっしゃっていましたが)

まずは初日、8月5日。
新千歳空港で起きたとある事件のせいで
到着が2時間以上遅れるという
ハプニングもありましたが、
ま、何とかライブには間に合いました。

初日の会場は「Brooklyn Parlor Sapporo」
東京や福岡にもあってとても好きなお店ですが
札幌店もやはりお洒落な空間でした。
何より、ブルックリンラガーが
生ビールで飲めるのが最高です。

c0077105_13182928.jpg
c0077105_13192242.jpg

ライブは60分を2ステージ。
ソロでこの持ち時間は、結構長いですよ(笑)。
2ステージで内容を変えて、
ジャズスタンダードも挟みつつ、こんな演目でした。


1st set
1.L-O-V-E
2.バールに灯ともる頃
3.ハニーチャイは恋の味
4.ねてもさめても
5.二人お茶でも(Tea for two)
6.疑惑
7.Miss Tropicana
8.ロマンチストふたり
9.But not for me
10.反省の色もなく
11.しっぽのブルース


2nd set
1.Don't get around much any more
2.誰も知らないことばかり
3.あの人がやって来る
4あまく危険な香り
5.My favorite things
6.Sleeper
7.北京ダック
8.Georgia on my mind
9.会えない時はいつだって
10.イタリアン・トラットリア
11.君は虹ガール
12.L-O-V-E

ライブにお越しくださったみなさん、
どうもありがとうございました。

ライブ後は今回のツアーのプロデューサー・水口さんたちと
ススキノへ繰り出し、
「めんよう亭」でジンギスカン。

c0077105_13203048.jpg
c0077105_13203524.jpg
柔らかくて美味しかったです。
「めんよう亭」の雰囲気も最高。

c0077105_13204373.jpg
新日本プロレス・木村健悟選手の色紙発見(笑)。

お腹いっぱい、で終えた札幌初日でした。

[PR]
# by boppuccino | 2016-08-09 23:59 | sounds

BLUE BLUE RHODES

女優・シンガー、小沼寿恵さんの
ニューアルバム「BLUE BLUE BLUE」にて
3曲ほど、キーボードを弾かせていただいてます。

c0077105_02313999.jpg
Blue Blue Blue
Konuma Toshie

プロデューサーは富澤タクさん。
タクさんも小沼さんも、福島出身。

ちなみに以前ブログでも書いた(コチラ)、
ローズを持ち込んでのレコーディングというのが
この作品のレコーディングでした。

そんなに目立たない形での参加なのですが・・・
個人的には、ユーミンの
「海を見ていた午後」のカヴァーがあったりするのが
とても嬉しいです。

興味ある方はぜひチェックしてみてください。

小沼さん、アルバム完成おめでとうございます。
いつかライブでも共演できたら嬉しいです。

ちなみに今日のタイトルの
「BLUE BLUE RHODES」というのは
小沼さんのアルバムタイトルと楽器のローズを
僕が好きな、バービーボーイズの「BLUE BLUE ROSE」という
曲名にかけたシャレです。
誰もわからないですよね・・・笑
失礼しました。

[PR]
# by boppuccino | 2016-08-03 23:59 | sounds

Mr. Sweet Soul of Jamaica

ジャマイカ音楽界のレジェンド、
カールトン&ザ・シューズの来日公演、
10月にあるんですね。

c0077105_01414926.jpg
過去に何度か来日してますが
一度も観たことなくて、
もしかしたらこれが最後になるかも・・・
観たいですね。

ちなみに「Mr.Soul of Jamaica」アルトン・エリスの
トリビュートイヴェントということで、
アルトンの息子さんの
クリストファー・エリスも出演。
・・・って実はクリストファー・エリスの事も
アルトンの息子さんがシンガーだって事も
今知りました・・・。
スイマセン。

そういえば先日のフジロックには
これまたジャマイカ音楽界伝説のギタリスト、
アーネスト・ラングリンが出演したそうで・・・。
まだまだ元気なんですね。
嬉しいです。


[PR]
# by boppuccino | 2016-08-01 23:59 | people

Yamashita Honki Udon

前から行きたいと思っていた、
東京・目黒にある「山下本気うどん」。
芸人・オモロー山下さんのお店。

c0077105_10524938.jpg

目黒といえば
VIVID SOUNDのスタジオがあるので
よく行く場所なのですが
いつでも行ける、と思っていると
いつまでもいかないもので・・・
先日ようやく、初訪問してきました。

c0077105_10525688.jpg
最初はまず、シンプルな
ぶっかけうどん。
コシのある麺がとにかく、
美味しかったです。

これからはスタジオの行き帰りに
ちょくちょく通うことになるかも・・・。

ちなみに、オモロー山下さんは
カウンターの奥で険しい顔でお仕事されていました。
暑い中、お疲れ様です・・・。

[PR]
# by boppuccino | 2016-07-29 23:59 | food&drink

AMY

最近あんまり
劇場で映画観てませんが、
これは観たいですね。

c0077105_01333053.jpg
あと、コレも。

c0077105_01333823.jpg

[PR]
# by boppuccino | 2016-07-28 23:59 | cinema

Senz umbrella

先日の豪雨で、
傘が壊れてしまったので、
思わずこんな傘を、買ってしまったのでした。

c0077105_01181853.png
c0077105_01190364.jpg
c0077105_01181415.jpg
「SENZ」の傘。

オランダで開発されたという
「SENZ」の傘。

傘といえば円型、という固定観念を
覆す独特なデザイン。
強風でも裏返らない、らしいです。

柄の部分もよくある「J」の字型ではなく
スリムで、スタイリッシュ。

で、肝心の使い心地は・・・?
というと、実は買ってからまだ一度も
雨が降っていない(雨の日に外出していない)という・・・。
降りそうで、降らない、
そんな日々が続いてます。

使い心地最高だったらまたご報告します。

[PR]
# by boppuccino | 2016-07-27 23:59

cropped with pride in U.S.A

久しぶりに東京・M田市の
古着屋巡りをしていたら
北口出てすぐ、「D・S」店にて
こんなアイテムを発見。

・・・なぜかイニシャルトーク(笑)

で、そのアイテムとは・・・

c0077105_01101449.png

GUNG HOのクロップド・パンツ
made in U.S.A

あの「ガン・ホー」の「ハンパ丈パンツ」なんて
あったんですね。

c0077105_01103801.png
もちろん、日本のどこかのショップ、
またはブランドが別注したアイテムでしょうが、
こういう、日本的アメカジアイテムなのに
「made in U.S.A」で入手できる、というのは
嬉しい限りです。

え?クロップドパンツ?
いやー、ちょっと・・・
え?ガン・ホーなの?
ガン・ホーなら買っちゃおうかな・・・

そんな感じです。

ちなみに新品・デッドストックで
お値段は1200円(税別)。
安い・・・。

c0077105_01102409.jpg
こんな発見があるから
やっぱり古着屋巡りは楽しいです。

[PR]
# by boppuccino | 2016-07-26 23:59 | products

can't stop romantic

TV東京の番組
「じっくり聞いタロウ〜スター近況㊙報告〜」に
「C-C-B」のドラム&ヴォーカル・笠浩二さんが出演、
そしてあの「Romantic が止まらない」を
ドラムを叩きながら歌う、というシーン。

「おおっ、これはスゴい!」

とテンションが上がる一方で

「今でもちゃんと叩きながら歌えるのかな・・・?」

と、失礼な不安が頭をよぎったのであった。
(スイマセン・・・)

ちなみに笠さん以外のパートはすべてカラオケ使用、
という事で、

「口パクもアリかな。」

「ドラムも<当て振り>でいけるか。」

などと、失礼な推測をしてしまったのだが
いざ曲が始まると、

「おおっ、これは・・・」

ライブ感あふれる生々しいヴォーカル、
そしてドラムの音も、
カラオケのドラムの音の上から被せていたようだが、
明らかにカラオケとは違う、
臨場感あふれる「生の」サウンドが聴こえてくる。

c0077105_00550384.png


「こ、これはスゴい!」

と思いながら、

「あれ、何かが違うような・・・」

その違和感とは・・・

何と、笠さんはハイハット(シンバル)を
16ビート、つまり1小節に16回刻みながら
歌っていた。

僕の中の「Romanticが止まらない」の
イメージ動画では、笠さんのドラムは
やはり「8ビート」だったはず。

後で動画サイトで確認したら、
やはり8ビートで刻みながら歌っていた。

楽器を演奏する人間なら分かると思うが
どんな楽器でも、
細かいリズムを刻みながら歌うのは
至難の業。

という事は、約30年の時を経て
C-C-Bの音楽は、
「8」から「16」へ・・・
衰えるどころか進化を遂げていたんですね。

ここはぜひ、バンドでの完全復活を、
期待したいところですが、
無理かな・・・?
[PR]
# by boppuccino | 2016-07-25 23:59 | people

Umimachi diary

映画「海街diary」観ました。

だいぶ遅いですが・・・。

c0077105_00031587.jpg


良かったです。
とても。

淡々と進む展開で、
これといったストーリーがないといえばないけど
あるといえばある、そんな感じなのですが、
各シーンに鎌倉の自然や古くからの生活習慣が
織り込まれていて、
日本的情緒たっぷりで、

「あぁ、いいなぁ」

と、ずっと思える、そんな映画でした。

でも、実際にこんな美人姉妹が
古い家に住んでいたり、なんてことがありえるのか?

という意見も多いと思うのですが・・・

そういえば僕にはいとこがいて
築地の古い家に
美人(?)3姉妹が、住んでたんです(笑)。
(今はみなさん結婚して別々に暮らしてますが)

その家にはおばあちゃんも住んでいたから
いろいろ昔の習慣を教わったりしていたのかな?
と、そんな余計なことまで思い出しながら観ていました。


ちなみに原作の漫画は、
以前にはせはじむ氏が
ブログでオススメしていたので最初の2巻だけ読んだのですが
そこでストップしてました・・・。

続き読まないと・・・。

[PR]
# by boppuccino | 2016-07-24 23:59 | cinema

TEMPUR pillow

すいませんまた更新サボってしまいました。

最近朝起きると首が痛いことが多くて、
今まで買うのをためらっていたコレを、
思わず衝動買い。


c0077105_16544290.jpg
テンピュール「Original Pillow」

え、枕ってそんなにお金かけるものなの?
って、ずっとためらってたんですが、
結論から言うと、

「もっと早くに買っておけばよかった。」

です。

ちょうどいい固さ、感触。

固めの枕好きな人には、
「そば殻」もいいですが、
テンピュール、やはりいいと思いますよ



[PR]
# by boppuccino | 2016-07-15 23:59 | products

Aya Nakano recital

なかの綾さんのレコ発ライブへ。

c0077105_10095686.jpg

ライブ、よりも、リサイタル、と呼びたい雰囲気。

c0077105_10114148.jpg

会場は「東京キネマ倶楽部」。
昔グランドキャバレーだった空間。
昭和の雰囲気が、なかの綾さんの世界に
ぴったりハマっていて、最高でした。

10人編成(!)のバンド、
そして2人のダンサーをバックに
90分を超えるステージ。

c0077105_10101062.jpg
c0077105_10123872.jpg

歌もトークも、演奏もダンスも、
すべて素晴らしかったです。

アンコールは2回(!)。
その2回目のアンコールで
僕が作詞作曲した
「またひとりになって」を
何とアカペラで独唱。

c0077105_10084002.jpg

美しい瞬間。
光栄です。

綾さん、今日はお疲れ様でした。
素晴らしいステージ、
ありがとうございました。

[PR]
# by boppuccino | 2016-07-10 23:59