deep country

僕が敬意を表したくてたまらない,
東京・町田にある一軒のアメカジショップを紹介したい。

小田急町田駅から徒歩4〜5分,
人通りもまばらな細い路地にあるビルの1階に
COUNTRY」はある。

c0077105_23555573.gif


店の中に足を踏み入れると,
そこはまさにカントリー,
ログハウス風の内装から
木の香りがプンプンしてくる。

決して広くない店内には
所狭しと商品が列んでいて,
その量に,まず圧倒されてしまう。

よく,代官山あたりのモード系のお店に行くと,
商品がポツン,ポツンとしか置いてない店があるけど,
あれって,どうなんでしょう?
ああいうのが「モード」なんでしょうか?

僕は商品がガンガン積んであるようなお店の方が好き。
それを隅から隅までチェックして,
結局何も買わずにお店を出るのが,好きだ。

さて,話を戻すと・・・
カントリーのラインナップ,これが凄い。

ワークウェアやスウェット中心の
アメカジの王道的ラインナップなのだが,
どれもこれも,とにかくディープ。濃い。

実際,カントリーが掲げるテーマは
「ゴリゴリのアメカジ」,略して「ゴリアメ」らしい・・。

一例を挙げると・・・
「キャンバー」のスウェット,
「カリフォルニア・ブランド」のワークパンツ,
「クレセント」のダウンベスト,
「ラッセルモカシン」のブーツ。
もちろん「ニューバランス」も。

しかも他のお店ではまず置いていないようなアイテムが
さりげなく列んでいて,
そこにこだわりとスピリッツを,
ひしひしと感じてしまう。

僕がカントリーを知ったのはまだ去年のことなのだが,
初めて行った時,
「こんなすごいお店があったのか。しかも町田に・・・」
と,それはちょっとした衝撃だった。
ちなみにカントリーは今年で6周年らしい。
もっと早くに知っていればなぁ・・・・。

古着だったら,
こだわってるお店は原宿あたりにたくさんあるけど,
新品を扱うお店で,ここまでこだわっているお店は,
渋谷や原宿あたりでも,最近はあまり見られないように思う。

そんなカントリーだけに,
ディープなファンは,やはり多数存在するようで,
商品の動きも相当早いみたいだ。
そしてまた次から次へと新しい商品がガンガン入って来る。
それがまたこのお店の,すごいところ。

とにかく,すごい。
そしてディープ。
ゴリアメな「カントリー」に,改めて敬意を表したい。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-18 00:00 | place

theree short pants

とあるコーヒーショップにて・・・

店員A「お願いしまーす。スリーショートラテ。」
店員B「スリーショートラテーッ。」

店員A「お願いしまーす。スリーショートパンツ。」
店員B「スリーショートパンツーッ・・・・ええっ?」


さて・・・・・
アメカジ系のお店に行くと、
時々、信じられないような安い買い物をすることがある。
もちろんこの場合,「安い買い物」であって「安物買い」ではない。

東京・桜上水に
キャラクターグッズなどのアメリカ雑貨と
古着、そして新品の洋服などがごちゃごちゃに置いてある
「万国屋」という,ポップかつジャンクな店がある。

店の入口の外に,
セール品などを無造作に放り込んだ段ボール箱があったので,
あまり期待をしないで見ていたら,
やけにパリパリした手触りの,
チェックのショートパンツが出てきた。

そのパリパリ・ゴワゴワ感が気になってよく見たら
アメリカのワークウェア・ブランド「BLUE BEAR」製のものだった。

「BLUE BEAR」は,
90年代に出来たと思われる,比較的新しいブランドで,
ワークウェア(作業着)でありながらも
どこか洒落たデザインが特徴。
そしてアメリカでの製造にこだわっている,という点でも
要注目のブランドなのだが,
なぜこんな激安ボックスの中に・・・。

そして値段を見てさらにビックリ。

なんと,320円・・・・。

ええっ?
ゼロひとつ,つけ忘れたんじゃないの?

古着ならともかく,
新品で,アメリカ製で,この値段・・・。
いくらなんでも安すぎなのでは?

そんなわけでつい,2枚買いならぬ,3枚買い。
それでも1000円でおつりが来た・・・。
c0077105_1163342.gif


さすがにここまで安いのは滅多にないけど,
でもこういうことは,アメカジ系のお店ではよくある事。
これだから,アメカジやめられません。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-17 01:11 | products

battle of new balance <1>

少年たちは「ムシキング」のバトルに夢中のようだが、
アメカジ派の間では「ニューバランス・バトル」が静かなブーム!?

さて、本日のメイン・エベント。
青コーナー、
made in England、スウェードの「576UK」。
もう7〜8年前のモデルか?
茶色いボディーにベージュのNマークが
いかにもイングランド的で、お洒落。

c0077105_0221143.gif

そこに現れた強敵は、誰だ?
えっ・・・

c0077105_0233688.gif

何と・・・
赤い「NB306」。
文字通りのベビーフェイス!?
カワイイ。

c0077105_0251285.gif


いざ、勝負・・・。
この体重差では、どう見ても576UKの楽勝か?

c0077105_0264744.gif

あっ、NB306得意の空中殺法!
576UKの懐に強烈なジャンピング・ハイキック!!

NB306、勝利の雄叫び。

c0077105_0233688.gif


ニューバランス戦士たちの戦いは、続く・・・・。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-14 23:59 | products

SSSS

8月12日(土)
渋谷・公園通りクラシックスにて、
僕が企画&ブッキングに少し関わったライブイベント
「Sweet Small Sunny Sounds」が行われました。
天気が悪くてあやうく「Stormy Sounds」になるところでしたが、
なんとか夜までには雨も上がって、良かったですね。

出演してくれたのは
「犬塚彩子」「青野りえ」「キッチン」の3組。
僕も犬塚さんのステージに少しだけ出演。
犬塚さんとはかなり久々の共演でした。

c0077105_2273810.gif

「キッチン」リハーサル中の一枚。

ライブは終始フレンドリーな雰囲気で、
また出演者のみなさんもライブの後で
かなり仲良くなったみたいで、
僕としても企画した甲斐がありました。

出演者のみなさん、
そして会場に遊びに来てくれたみなさん、
どうもありがとうございました。
そしてクラシックスの後藤さん、いつもありがとうございます。
また来週もよろしく。

・・・・・・と、日記風の記述はこれぐらいにして
最後に、一枚の写真を紹介。

c0077105_229178.gif

クラシックスの音響担当、太郎さんの足元に
見慣れないニューバランスが・・・。

もう10年近く前に、それなりの値段で買った、という一足。
使い込まれて、とてもいい雰囲気が出てます。
今では全く見かけないタイプのニューバランスに、
敬意を表したいです。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-13 02:22 | sounds

eternal voice, Blossom Dearie

「永遠の少女」
そんな風に呼ばれたら、
女の人は、やはり嬉しいのでしょうか?

ジャズピアニストであり、ピアノ弾き語りのシンガーである
ブロッサム・ディアリー(Blossom Dearie)は
しばしば「永遠の少女」と形容される。
(ちなみに僕が考えたキャッチコピーは
「ジャズ界のオリーブ少女」なのですが、どう?)

そんなブロッサム・ディアリーの名前を知ったのも、
たしか小西康陽氏の文章からだったと思う。

初めて買ったアルバムは1958年の作品
「Once upon a summer time」だった。

c0077105_0583667.gif

ジャケットに写るブロッサムのカワイさにも惹かれたが、
その一曲目、「二人でお茶を(Tea for two)」の
「静寂さ」に、完全に引き込まれた。

「元祖ウィスパーヴォイス」と呼ばれる、
ささやくような歌い方、
そして音数が少なく、あまりにもソフトなタッチのピアノ、
そんな彼女の音楽を、「B級」扱いする人も多い。

しかし聴けば聴くほど、
彼女の音楽には無駄がなく、「B級」どころか
高い精神性やストイックさ、そういったものを感じる。

彼女はその後の作品でもずっと、
その高い精神性を保ち続けた。

多くの大御所ジャズシンガーが
商業化、マンネリ化していく中、
彼女だけはいつの時代もずっと
「凛」としたたたずまいを保ち続けた。

ただキュートなだけじゃない。
一本筋が通っているからこそ、
「永遠の少女」なのであろう・・・。

さて、ブロッサム・ディアリーは今でも現役で、
ニューヨークのクラブなどで
ライブ活動を続けているらしい。
1926年生まれと言われているから、
今年(2006年)で80歳ということになる。

少し前だが、
2002年には彼女のニューアルバムが、
日本でも国内盤で発売された。

そのアルバムを手にして、驚いたことが二つある。

一つは彼女の歌声が
以前と全く変わっていなかったこと。
最初に聴いた時は、
これが本当に80歳近い人の歌声なのか・・・と、
ちょっと信じられなかった。
少女のままの歌声だったのだ。

そしてもう一つは、そのジャケット。
「今」の彼女の写真が、アップで写っていた。

c0077105_10336.gif

彼女ぐらいの年齢の女性ミュージシャンが、
ここまで堂々とアップで写っているジャケットって
あまり見かけない。
しかも前髪揃ってる・・・。乙女。

その潔さ、やはり一本筋が通っている。

おばあちゃんになっても、
凛としたたたたずまいは、全然変わっていない。

年齢を重ねることの美しさ、素晴らしさ、
そういったものを、このジャケットで示してくれた。

そんなブロッサム・ディアリーに
あらためて敬意を表したい。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-12 01:01 | sounds

text of hip music

かつてジャズを聴き始めた頃は
「ジャズヴォーカル」が苦手で、
インストゥルメンタル(楽器だけの演奏)ばかり聴いていた。

一応勉強のつもりで
「大御所」のジャズシンガーの歌も聴いてみたが、
その圧倒的な歌唱力は、
良く言えば「包容力」があるんだろうけど、
悪く言えば「ベタッと」していて、苦手だった。

何だか演歌歌手みたいだな・・・と思った。

が、やがて、
少し違ったタイプのジャズシンガーも
存在することを知った。

エディー・ジェファーソン、キング・プレジャー、
ジョン・ヘンドリックス、アニー・ロス、
ブロッサム・ディアリー、モーズ・アリスン、
そしてジョージィ・フェイム・・・・

彼らは、例えばバラードを熱唱するようなタイプではなく、
もっと楽器に近いような歌い方をしていた。

それは「ヒップ」であり、さりげなく、
そして時にファンキーでもあった。
そして誰もが皆、
どこかユーモラスな雰囲気を持っていた。
「好きで音楽をやってるんだな・・」というのが
その演奏から、はっきりと伝わってきた。

日本において、
彼らは決して正当に評価されていると言えず、
ジャズ・ジャーナリスト達もあまり取り上げない。

ちなみに僕は、彼らの名前のほとんどを
元ピチカート・ファイブ・小西康陽氏の文章で知った。



c0077105_135988.gif


そんな小西さんのコラムをまとめた単行本「これは恋ではない」。
何度も何度も繰り返し読んだ、
僕にとっては教科書のような一冊。

改めてここで敬意を表したいです。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-11 23:59 | sounds

FREITAG gallery

時代は変わる。
人も、街も、メッセンジャーバッグも・・・。

「人混みが嫌い」という人は多い。
僕も決して得意ではない。
だが、街行く人々を眺めるのは好きだ。

特に、行き交う人々の背中の
カラフルなメッセンジャーバッグを眺めるのが好きだ。

メッセンジャーバッグとは、
もともとニューヨークのメッセンジャーが使っているような
肩から「たすき型」にかけるショルダーバッグのこと。
ちなみにメッセンジャーとは
自転車で書類などをデリバリーする職業。

本物のメッセンジャーが使っているバッグは
横幅がけっこうあり、デカい。
そしてストラップを思いっきり短めにセットし、
バッグを体に巻き付けるように装着する。

それが自転車に乗ったまま荷物を出し入れするのに
ベストなセッティングだという。

なので僕らもメッセンジャーバッグを使うときは
あえてストラップ短め、ピチピチのセッティングでいきたい。

さて、ここ1〜2年で、
街行く人々のメッセンジャーバッグ事情も
だいぶ変わってきている気がする。

その新勢力は・・・・・?
間違いなく、「フライターグ(FREITAG)」だと思う。
とにかくフライターグのバッグ、最近よく見かける。

フライターグは1993年スイスで、
フライターグ兄弟によって設立されたという。
その素材にトラックの幌などを
リサイクルして使っているのが特徴で、
リサイクル素材ゆえ、同じ柄は二つと存在しないという。

全てが一点モノ。全てがビンテージ・・・。

とあれこれ言ったわりには、
自分はフライターグのバッグを持っていないので、
最後に、街で見かけたフライターグの
美しいバッグをここで紹介します。
c0077105_1215426.gif

c0077105_1231152.gif

[PR]
# by boppuccino | 2006-08-10 01:11 | products

piano man in the lounge

「ラウンジは 遠くにありて 想ふもの」
そんな有名な句があったと思うが、
誰が詠んだのか、思い出せない・・・。

さて、数年前から音楽のカテゴリーに
「ラウンジ系」という言葉が定着した。

「ラウンジ系DJ」
「ラウンジ系コンピレーションアルバム」
「ラウンジ系クラブイベント」等々・・・・

「ラウンジ系」とは、
ダンスフロア向けの音楽よりややソフトな
「オトナの和み系音楽」を表す言葉として
今では幅広く使われているように思う。

では実際に、
「ラウンジ」とはいかなる場所か?

何となくイメージはできるが、
例えば「麻布十番のピアノラウンジ」と言われても、
実際行ったこともないし、
ピンと来ない人も多いのでは?

麻布十番のラウンジ、こんな具合です。

c0077105_1481096.gif

ここはかなり新しいお店なので、
スタイリッシュな感じ。
古い店だと、また違う雰囲気になると思う。
どの店にも共通するのは「いやらしさ」か?

・・・と、そこに現れた謎のピアノマン。
鍵盤の前に座り、ポロポロッと弾き出した曲は
「あなたと夜と音楽と」
ム、ムーディー・・・・。

が、ピアノマン、
その足元をよく見ると何と・・・・ビルケン。
しかも内股・・・。

c0077105_1493524.gif

ビルケンシュトックのドレスシューズ 「FOOTPRINTS」。
あまり見かけないかもしれないが、
さすがビルケンだけあって、履き心地は最高。
見た目もかわいいし・・・・・
・・・・とピアノマンは言っていた。

最後に、
ピアノマンがお気に入りのラウンジ・ミュージックを
紹介してくれた。

c0077105_151239.gif

ラテンジャズのヴィブラフォン奏者、
カル・ジェイダー(Cal Tjader)。

モンゴ・サンタマリアやウィリー・ボボといった、
最強のリズムセクションを従えながらも、
常にクールなラウンジ向けのサウンドを展開している。

そしてヴィブラフォン特有の
「グァァァ〜ン」というヴィブラートの深さと
それを使うタイミングの良さ、全てにおいて素晴らしい。

日本ではヴィブラフォン奏者の数は本当に少ない。
でもいつか共演してみたい・・・・
・・・・と、ピアノマンは言っていた。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-09 01:11 | place

change for unchangeable spirits

「変わり続けるのさ 変わらない為に・・・」
僕の好きなミュージシャン、Caravanの曲の中のワンフレーズ。
一見、逆説的にも聞こえるが、その言葉の意味するものは・・・・?

さて、吉祥寺に「ハモニカ横丁」というアーケード街がある。
(正式には「ハーモニカ横丁」らしい)
以前にここで書いた、
下北沢の「下北沢駅前食品市場」と同様に、
「ハモニカ横丁」も、おそらく終戦直後の「闇市」を
そのルーツに持つであろう、昭和の匂いのする一角だ。

c0077105_0331258.gif


そのハモニカ横丁に一軒のアメカジショップがある。
その名は「ウエスタン(WESTERN)」

c0077105_0344273.gif


下北沢の「アメリカ屋」同様、終戦直後に創業したという
老舗のジーンズショップだが、
昔のままの佇まいを残す下北沢「アメリカ屋」とは対照的に、
今年の春に店内を改装したばかりで、お店はピカピカだ。

品揃えも、「ハリウッドランチマーケット」系の服を多く揃え、
非常に現代的なセレクション。
その中に少しだけ古いアメリカ製のデッドストックの服が
混ざっていたりして、それがまた面白い。

いや、「ウエスタン」だけでなく、
ハモニカ横丁全体が、活気があり、新しいお店も多く、
伝統は感じても、古臭さは感じさせない。

駅前の再開発問題に揺れる下北沢駅前食品市場と
ハモニカ横丁を比較するのはフェアではないのかもしれないが、
両者を比べるとつい
「変わらない為に、変わり続ける」という言葉が頭をよぎってしまう。

自分もまた「変わらない為に、変わり続ける」を
実践していきたいと思う。

さて、最後に・・・・、
吉祥寺にあるお気に入りの古着屋を紹介。
吉祥寺駅公園口を出て、
何軒か右のビルの2階にある古着屋「nico」。

c0077105_036332.gif


比較的最近出来たらしいが、
お店の雰囲気、品揃え、BGM、ともにシックでクール。
そして店員さんの態度も非常にクール。
いや、感じが悪いというわけではありませんよ。
営業時間も23:00まで、とこれまたクールですね。

矢舟テツロー・ライブatスターパインズカフェの前などに
ぜひチェックしてみて下さい。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-08 01:01 | place

the century of New balance and Red wing

何度かニューバランスのスニーカーについて書いたくせに、
そのニューバランスが今年、設立100周年であることは
不覚にも最近まで全然、知らなかった。

c0077105_013853.gif


「New Balance History Book」
今なら、ニューバランスを取り扱っているショップに行くと
こんな小冊子を無料で配っている。

各界のニューバランス愛好家が
お気に入りの一足を紹介したり、
現ニューバランス会長、ジム・デービス氏へのインタビューや
米国・マサチューセッツ州にあるニューバランスの工場の取材などもあり
かなり興味深い内容。

改めて、ニューバランスの100年に敬意を表したい。

そういえば、100周年といえば、
「アイリッシュ・セッター」でおなじみの
アメリカのアウトドアブーツメーカー「レッドウイング」も
昨年(2005年)、設立100周年を迎えた。

それを記念して、いくつかの100周年モデルもリリースされたが、
どのモデルも2005年にちなんで2005足限定だったらしい。
洒落が利いてますね。

c0077105_03812.gif


その100周年限定モデルの中の一足。
ブーツなのにレザーソール、というのがお洒落。
僕が持っている唯一のレッドウイングで、
その重厚感が、たまりません(重いけど・・・)。
一生履きたい、そんな一足。

さて、アメリカの多くのシューズメーカーが、
安い人件費を求めてその生産地をアジアや中南米諸国に移す中で、
ニューバランスとレッドウイングは
今でもアメリカでの生産にこだわり続けている。
だからこそ日本でも多くのファンに愛され続けているのだろうし、
100周年の意義は、とても大きいと思う。

100年間に渡って、決して足元を見失うことなく
その理念を貫き続けた両社に、改めて敬意を表したい。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-07 23:59 | products

school of reggae music

今でこそ、ジャズピアニストを気取っている私ですが、
大学生の時は、なぜかレゲエバンドばかりやっていた。

大学に入ったばかりの頃、
僕は60年代ジャマイカのオリジナル・スカがとにかく好きで、
そういう音楽を好みそうな人が
集まるであろう音楽サークルを探し、
「中南米研究会」というところに入った。

が、実際そこには僕が期待したような、
シブい帽子を被って開襟シャツを着ているような
お洒落ピープルはいなくて、
ボブ・マーリィ好きなレゲエ・ピープルが
数人いただけの集団だった。

そんなわけで学生時代、最初の頃はボブ・マーリィの
カヴァーバンドばかりやっていた。

しばらく後、サークルの先輩のギタリストが、
凄いレゲエバンドに入った、という話を聞いて、見に行った。

そのバンドは、
かつての伝説のパンク・バンド「ガスタンク」の
メンバーがやっているレゲエ・バンドで、
ヴォーカルは黒人だった。
(といってもジャマイカ人ではなく、ガーナ人だったが・・。)

そんなバンドでギターを弾いている先輩を見て、
おお、すごいなぁ、とただその時は感心した。

しばらく経ってその先輩に
「キーボードがいないから、やらない?」と言われた。

二つ返事で「やります。もちろん。」と答えた。
とにかくその時の僕にとっては、ビッグチャンス到来だった。

そのバンドではとにかくいろんな場所でライブをやった。
六本木あたりが多かったが、
千葉、水戸、調布・・・といろんな場所へ行った。

ちなみに六本木など都心のお店は
お客さんの全然いない店が多く、
地方のお店に行くと、
だいたい超満員、大盛況だったのが、印象深かった。

当時の僕はライブ経験も浅かったし、
今思うとなかなか貴重な経験をさせてもらったと思う。

ところで僕以外のメンバーは
ライブの時はだいたい赤・黄・緑の
ラスタカラーの服や帽子を着用していたのに、
僕はといえば・・・・
アメリカの大学のロゴがプリントされたTシャツに
チノパン、足元はニューバランスというような
相変わらずのアメカジスタイルだった。

今思うと、浮いてたな、と思う。
もう少し気を利かせた服装を
しておけば良かったのに・・・・。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-06 01:01 | sounds

age of Converse <2>

「違いがわかる男」とは・・・・?

数年前に、コンバースのスニーカーは
アメリカ国内での生産を中止してしまい、
その生産はインドネシアや中国などに移った。

ではかつてのUSAモデルと現行モデルでは何が違うのか?

答え:何も違わない。

そう、一見何も違わない。
が、しかし・・・・・、
違いがわかる男が見ると、何かが違う。

現行モデルは何となく「つるつる」なイメージで、
かつてのUSAモデルはもっと「ごわごわ」というか、
「ざらっと」していた。
何と言うか、「重厚感」があり、
独特の「風合い」に満ちていた。

おそらく、アメリカでは熟練の職人にしか
出来なかったような、いくつかの工程を、
インドネシアや中国製のそれでは
省略してしまっているのではないか、と思う。
明らかに作りが簡略化されているように見えてならない。

さて・・・・・・・
先日、友人の女性(松たか子似)に会った。
すると彼女は新品のスニーカーを履いていた。
それはコンバース・ジャックパーセルのレザータイプ。

<おっ、ジャックパーセルのレザー。
いい趣味してるね。
新品だし、ま、現行モデルだとは思うが・・・。>

そう思いつつ、彼女の足元を眺める。が、
それにしては、妙にクラシカルな重厚感が出ていて、
オーラのようなものが、そこから漂っている。

<いい味出してるな・・・。
 まさか? USAモデル?
  デッドストックで買ったのか?
 プレミア付きで?
 だとしたら、ブログに載せないと・・・>

僕はもう冷静ではいられなくなり、彼女に言った。

「ちょっと脱いでみて。写真撮らせて。」

すると彼女は驚いた顔で言った。

「は?
 脱いで写真?
 私が?
 ちょっと何言ってんの?
 変態っ!」

ちがうってば松たか子!
オレが撮りたいのは
松たか子限界ショットじゃなくて
そのスニーカーの写真だってば・・・・。

c0077105_0191721.gif

コンバース・ジャックパーセル・レザー。
made in U.S.Aモデル

松たか子は何と、
とある商店街の靴屋の
「閉店売り尽くしセール」にて、
7割引近い価格で購入したという。
プレミアどころか激安大特価。

そしてUSAモデルであることについては
「特に興味なし」とのこと・・・。

もちろん僕もその靴屋を速攻でチェックしたが、
わずかに置いてあったUSAコンバースは
レディースサイズのみだった。

女に生まれていればなぁ・・・・。
[PR]
# by boppuccino | 2006-08-04 23:59 | products