<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Tokushimansion

11月26日、
徳島「Bump」にてライブ、
無事終了いたしました。

c0077105_13450005.jpg

初の徳島、
短い滞在時間でしたがとても楽しかったです。

徳島ラーメン。
とんこつ醤油味、豚バラ肉入り、
そして卵(生卵であることも多い)、
残り3分の1になったら
徳島名産すだちを絞って二度美味しい、という、
東京ではあまり見かけないスタイル(ですよね?)

今回は高松のDJ、RICA'Xさん主催のイベント
「RICA'X JAZZ」の1周年記念。

c0077105_13474674.jpg
かなり久しぶりにお会いしたリカックスさん、
相変わらずお美しいですね。
ターンテーブルさばきが、絵になります。

僕のライブは2ステージ。
ジャズ系のイベントということで、
ジャズ・スタンダードもいつもより多く演奏しました。
耳の肥えたリスナーの皆さんに囲まれて
いい雰囲気で、楽しかったです。

c0077105_13452923.jpg
ライブの合間に食べた徳島ラーメン。
醤油とんこつに豚バラ肉、
東京ではあまり味わえないスタイル。
残り3分の1になったら
徳島名産・すだちを搾って食べるのが通だとか・・・。

c0077105_13510839.jpg
ライブの後にはリカさん、
今日のDJ、シンノスケさん、UZI(別名ウザゴロー)さんと
徳島の名店、いや迷店(?)「白水」へ。

お客さんが入ってくるとご主人がいきなり

「いらっしゃいマンション。」

というダジャレ(なのか?笑)で出迎えてくれる謎な店。

ここのお店のファンは、
とりあえず語尾に「マンション」を付ける、という
暗黙のルール(?)があるそうで、

「お疲れマンション。」

と乾杯。

c0077105_13515018.jpg


で、翌朝には、地元では有名な、
朝から飲める名店「安兵衛」へ。

c0077105_13514365.jpg
リカさん、ウザゴローさんと昼呑み。

c0077105_13513813.jpg
旅先で、思いのほかダラダラできて(笑)
とても楽しかったです。

短い滞在時間で、飲んでばかりでしたが(笑)、
とても濃密で楽しい旅行でした。

お会いできたみなさん、どうもありがとうございました。

そして今回、音響でお世話になった
香川の和泉君、どうもありがとうございました。
お疲れマンション。

[PR]
by boppuccino | 2016-11-27 23:59 | sounds

8282 in Tottori

11月19日
鳥取にて、ツボンこと坪内氏主催の
結婚披露宴二次会を兼ねたライブパーティーに参加してきました。

c0077105_00561366.jpg
初めて訪れた鳥取。
鳥取空港って「鳥取砂丘コナン空港」ていうんですね。。。


かつて名古屋で何度もイヴェントに呼んでくれたツボンですが
ここ数年すっかり疎遠になってしまい、
会うのは3〜4年ぶり、かな?

他にも名古屋の友人・水谷君と会えたり、
「native」のサックス奏者・中村智由さんの
カルテットとセッションできたり、
楽しい時間でした。

c0077105_00562345.jpg
ツボン、おめでとう。
また今度、東京でも会いましょう。


翌11月20日は
東京・学芸大学「ロマンレコーズカフェ」の
ボージョレー解禁パーティーでライブでした。

c0077105_00560699.jpg

Azusaさんのライブ・ペインティング、
絵が完成する過程を見ることができて、
とても刺激的でした。

久しぶりの「ロマレコ」
やはりいい雰囲気でした。

ありがとうございました。

[PR]
by boppuccino | 2016-11-24 23:59 | sounds

If you live, Your time will come

モーズ・アリソンの訃報。

c0077105_01415670.jpg

89歳だそうで、大往生ではありますが、
とても残念、悲しいです。

白人のジャズピアニスト、シンガーですが
ブルースに根ざしたスタイルが彼の特徴で、
とはいえ「コテコテ感」はなく飄々としたクールさが
彼の魅力だったと思います。


彼の音楽を初めて知ったのは、
1990年代の「ジャズ・ファンク・ムーブメント」の時に出ていた
「Something Black」というコンピレーション
(選曲松岡徹氏と荏開津広氏)に収録されていた
「Parchman Farm」という曲。
あまりのクールさに、一発でノックアウト、
「こういうジャズもあるのか・・・」という感じでした。

その後「Parchman Farm」みたいな曲を求めて
彼の作品を聴き漁ったのですが
「当たり」が出る確率は、3割5分ぐらいでした(笑)。


2012年に奇跡(?)の初・日本公演が
ブルーノート東京で行われたのですが
僕は行こうか迷ったまま結局行かず仕舞いでした。

その後すぐに彼は「ライブ引退宣言」をしてしまい、
その時の公演が、
最初で最後の日本公演となてしまい、
やっぱり行っておくべきだったな、と後悔したのですが、
今日訃報を聞いて、
その思いは、さらに強くなりました・・・。

僕が好きな、ベン・シドランやジョージィ・フェイムらとは
ファミリー的な交流があり、
彼らの師匠のような存在でもあったモーズ・アリソン。

彼の偉大な功績に敬意を表しつつ、
ご冥福をお祈りします。

[PR]
by boppuccino | 2016-11-16 23:59 | people

Wrangler's Corduroy

更新サボっている間に
すっかり秋が深まってきましたが・・・
秋冬になると履きたくなる
コーデュロイパンツ。

ジーンズと同じシルエットの
5ポケットタイプが、やはり好きなのですが
最近は古着のコーデュロイパンツも
状態が良くてサイズの合うものって
なかなかないですよね。

ましてLevi'sやLeeの「made in U.S.A」のモノとなると
滅多に見かけないのが現状。

そんな中、とある古着屋にさりげなく置いてあった
一本のコーデュロイパンツ。

ブランドは・・・意外にも、ラングラー。

c0077105_03583559.jpg

「おっ、ラングラーのコーデュロイパンツ。珍しい。」

「でもどうせ、ゴリゴリのブーツカットなんでしょ?」

「ベルボトムのラングラーなんて、カウボーイじゃあるまいし・・・」

と思って広げてみると、意外にも、
ごく普通のストレートカット。

「なんか、上品だな・・・。」

と思っておそるおそるタグを見ると
なんと、「made in POLAND」。


c0077105_04012810.jpg


ラングラーってあまりヨーロピアンなイメージないですが、
作ってるんですね。
しかも、東欧で・・・。


c0077105_03491056.jpg
そんなわけで、ラングラーのコーデュロイパンツ。
カウボーイスピリッツはグッと抑えて、
ごく普通の、ストレートタイプ。
普通が一番、です。

コーデュロイパンツ履くと
見た目も肌触りも、
一気に「秋冬感」高まりますね。

[PR]
by boppuccino | 2016-11-07 23:59 | products