<   2016年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Yamashita Honki Udon

前から行きたいと思っていた、
東京・目黒にある「山下本気うどん」。
芸人・オモロー山下さんのお店。

c0077105_10524938.jpg

目黒といえば
VIVID SOUNDのスタジオがあるので
よく行く場所なのですが
いつでも行ける、と思っていると
いつまでもいかないもので・・・
先日ようやく、初訪問してきました。

c0077105_10525688.jpg
最初はまず、シンプルな
ぶっかけうどん。
コシのある麺がとにかく、
美味しかったです。

これからはスタジオの行き帰りに
ちょくちょく通うことになるかも・・・。

ちなみに、オモロー山下さんは
カウンターの奥で険しい顔でお仕事されていました。
暑い中、お疲れ様です・・・。

[PR]
by boppuccino | 2016-07-29 23:59 | food&drink

AMY

最近あんまり
劇場で映画観てませんが、
これは観たいですね。

c0077105_01333053.jpg
あと、コレも。

c0077105_01333823.jpg

[PR]
by boppuccino | 2016-07-28 23:59 | cinema

Senz umbrella

先日の豪雨で、
傘が壊れてしまったので、
思わずこんな傘を、買ってしまったのでした。

c0077105_01181853.png
c0077105_01190364.jpg
c0077105_01181415.jpg
「SENZ」の傘。

オランダで開発されたという
「SENZ」の傘。

傘といえば円型、という固定観念を
覆す独特なデザイン。
強風でも裏返らない、らしいです。

柄の部分もよくある「J」の字型ではなく
スリムで、スタイリッシュ。

で、肝心の使い心地は・・・?
というと、実は買ってからまだ一度も
雨が降っていない(雨の日に外出していない)という・・・。
降りそうで、降らない、
そんな日々が続いてます。

使い心地最高だったらまたご報告します。

[PR]
by boppuccino | 2016-07-27 23:59

cropped with pride in U.S.A

久しぶりに東京・M田市の
古着屋巡りをしていたら
北口出てすぐ、「D・S」店にて
こんなアイテムを発見。

・・・なぜかイニシャルトーク(笑)

で、そのアイテムとは・・・

c0077105_01101449.png

GUNG HOのクロップド・パンツ
made in U.S.A

あの「ガン・ホー」の「ハンパ丈パンツ」なんて
あったんですね。

c0077105_01103801.png
もちろん、日本のどこかのショップ、
またはブランドが別注したアイテムでしょうが、
こういう、日本的アメカジアイテムなのに
「made in U.S.A」で入手できる、というのは
嬉しい限りです。

え?クロップドパンツ?
いやー、ちょっと・・・
え?ガン・ホーなの?
ガン・ホーなら買っちゃおうかな・・・

そんな感じです。

ちなみに新品・デッドストックで
お値段は1200円(税別)。
安い・・・。

c0077105_01102409.jpg
こんな発見があるから
やっぱり古着屋巡りは楽しいです。

[PR]
by boppuccino | 2016-07-26 23:59 | products

can't stop romantic

TV東京の番組
「じっくり聞いタロウ〜スター近況㊙報告〜」に
「C-C-B」のドラム&ヴォーカル・笠浩二さんが出演、
そしてあの「Romantic が止まらない」を
ドラムを叩きながら歌う、というシーン。

「おおっ、これはスゴい!」

とテンションが上がる一方で

「今でもちゃんと叩きながら歌えるのかな・・・?」

と、失礼な不安が頭をよぎったのであった。
(スイマセン・・・)

ちなみに笠さん以外のパートはすべてカラオケ使用、
という事で、

「口パクもアリかな。」

「ドラムも<当て振り>でいけるか。」

などと、失礼な推測をしてしまったのだが
いざ曲が始まると、

「おおっ、これは・・・」

ライブ感あふれる生々しいヴォーカル、
そしてドラムの音も、
カラオケのドラムの音の上から被せていたようだが、
明らかにカラオケとは違う、
臨場感あふれる「生の」サウンドが聴こえてくる。

c0077105_00550384.png


「こ、これはスゴい!」

と思いながら、

「あれ、何かが違うような・・・」

その違和感とは・・・

何と、笠さんはハイハット(シンバル)を
16ビート、つまり1小節に16回刻みながら
歌っていた。

僕の中の「Romanticが止まらない」の
イメージ動画では、笠さんのドラムは
やはり「8ビート」だったはず。

後で動画サイトで確認したら、
やはり8ビートで刻みながら歌っていた。

楽器を演奏する人間なら分かると思うが
どんな楽器でも、
細かいリズムを刻みながら歌うのは
至難の業。

という事は、約30年の時を経て
C-C-Bの音楽は、
「8」から「16」へ・・・
衰えるどころか進化を遂げていたんですね。

ここはぜひ、バンドでの完全復活を、
期待したいところですが、
無理かな・・・?
[PR]
by boppuccino | 2016-07-25 23:59 | people

Umimachi diary

映画「海街diary」観ました。

だいぶ遅いですが・・・。

c0077105_00031587.jpg


良かったです。
とても。

淡々と進む展開で、
これといったストーリーがないといえばないけど
あるといえばある、そんな感じなのですが、
各シーンに鎌倉の自然や古くからの生活習慣が
織り込まれていて、
日本的情緒たっぷりで、

「あぁ、いいなぁ」

と、ずっと思える、そんな映画でした。

でも、実際にこんな美人姉妹が
古い家に住んでいたり、なんてことがありえるのか?

という意見も多いと思うのですが・・・

そういえば僕にはいとこがいて
築地の古い家に
美人(?)3姉妹が、住んでたんです(笑)。
(今はみなさん結婚して別々に暮らしてますが)

その家にはおばあちゃんも住んでいたから
いろいろ昔の習慣を教わったりしていたのかな?
と、そんな余計なことまで思い出しながら観ていました。


ちなみに原作の漫画は、
以前にはせはじむ氏が
ブログでオススメしていたので最初の2巻だけ読んだのですが
そこでストップしてました・・・。

続き読まないと・・・。

[PR]
by boppuccino | 2016-07-24 23:59 | cinema

TEMPUR pillow

すいませんまた更新サボってしまいました。

最近朝起きると首が痛いことが多くて、
今まで買うのをためらっていたコレを、
思わず衝動買い。


c0077105_16544290.jpg
テンピュール「Original Pillow」

え、枕ってそんなにお金かけるものなの?
って、ずっとためらってたんですが、
結論から言うと、

「もっと早くに買っておけばよかった。」

です。

ちょうどいい固さ、感触。

固めの枕好きな人には、
「そば殻」もいいですが、
テンピュール、やはりいいと思いますよ



[PR]
by boppuccino | 2016-07-15 23:59 | products

Aya Nakano recital

なかの綾さんのレコ発ライブへ。

c0077105_10095686.jpg

ライブ、よりも、リサイタル、と呼びたい雰囲気。

c0077105_10114148.jpg

会場は「東京キネマ倶楽部」。
昔グランドキャバレーだった空間。
昭和の雰囲気が、なかの綾さんの世界に
ぴったりハマっていて、最高でした。

10人編成(!)のバンド、
そして2人のダンサーをバックに
90分を超えるステージ。

c0077105_10101062.jpg
c0077105_10123872.jpg

歌もトークも、演奏もダンスも、
すべて素晴らしかったです。

アンコールは2回(!)。
その2回目のアンコールで
僕が作詞作曲した
「またひとりになって」を
何とアカペラで独唱。

c0077105_10084002.jpg

美しい瞬間。
光栄です。

綾さん、今日はお疲れ様でした。
素晴らしいステージ、
ありがとうございました。

[PR]
by boppuccino | 2016-07-10 23:59

dessinee 14th anniversary

7月8日、
渋谷「KOARA」にて
「ディスク・デシネ〜デシネ・ショップ」の
14周年記念パーティーへ行ってきました。

オールナイトのイヴェント。
オーナー・丸山さんのDJをたっぷり楽しみつつ、
いつの間にかDJブースに上がって
ハンドマイクで熱唱していました。

c0077105_03084150.jpg

西日本からこの日のためにわざわざ
上京してきた「デシネファン」の方も多く、
アットホームな雰囲気、楽しかったです。

c0077105_02524713.png
朝まで残っていたメンバーで記念撮影。

それにしても14周年ってすごいですよね。
そして、15周年はもうすぐそこに・・・。
Keep On!!

[PR]
by boppuccino | 2016-07-09 23:59 | sounds

Cruel to be preppy

「原宿キャシディ」の instagram で
紹介されていたので
ちょっと気になっていた
女性ファッション雑誌「CLUEL」。
特集は「大人プレッピー宣言♡」

c0077105_15423813.jpg


書店でパラパラと立ち読みして
そのまま購入してしまいました。

男性ファッション誌の
アメリカントラッド特集から、
ウンチクやヒストリー等の面倒くさい部分を
取り除いた感じ(笑)、
スッキリしていて気持ちいいです。

セレクトショップスタッフが出てこないのも
スッキリしていて気持ちいいですね。
(すいません・・・笑)

c0077105_15424961.jpg

この感じ、アメカジ好きにはたまらないですよね(笑)。

そして最後に、
気になった記事がひとつ。

表紙にも出ていましたが、
「ハンティングワールドが今また新鮮!!」

え?
マジで?

c0077105_15425631.jpg

ハンティングワールドといえば
1990年代、渋カジ〜キレカジ時代に
爆発的に流行したアイテム。

当時は10万円台のショルダーバッグを
通学用に使っている高校生もいたりして
今思うとかなり奇妙な現象だった。
ま、流行とは常にそういうものですが・・・。

で、2016年、
再びハンティングワールド?
来てるの?

今のところ、
街で見かけたりすることはありませんが・・・

今後、要注目ですね。

[PR]
by boppuccino | 2016-07-07 23:59 | books&magazines