<   2016年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

the 'Next' sneaker brand

先日、この冬の「スタンスミス」の
人気ぶりについて書きましたが、
その時、「次の冬」に
お茶の間レベルで人気になるスニーカーブランドを
「オニツカタイガー」と(やや適当に)予想しましたが
やっぱり訂正させてください。

最近の独自の観察・調査の結果、
次に「来る」のは「サッカニー」ではないか、という
結論になりました。

最近、街でサッカニーを履いた(お洒落な)女性を
見かける機会が、
なんとなく増えてきた気が・・・。

c0077105_13343433.jpg

サッカニーは1898年に
米・ペンシルバニア州にて創立された名門ブランド。

「日本アメカジ界」においても以前から
ブランド名は十分に認知されていながら、
シーンから姿を消したり、
いつの間にかカムバックしていたり、
いきなりハイテク路線になったり、と
かつての「プロケッズ」同様、
日本ではやや「ブレのある」ブランドとして
存在していたような印象がある。

が、ここ数年は
米スニーカーブランドの「王者」ニューバランス同様、
ランニングシューズとしての需要もきちんと満たしつつ、
一方ではお洒落ピープルのハートを掴むような
カジュアル用のラインナップも充実。
ハイテク感とレトロ感のバランスもちょうどいい具合。
そしてニューバランス的な高級感を醸し出しつつも
ナイキ的お手頃価格帯を実現、と「隙のない」展開。

c0077105_13532179.jpg
c0077105_13533397.jpg
c0077105_13553945.jpg
カラーバリエーション豊富なのも魅力ですが
やはりシックな色合いが「気分」です(よね?)

これであとは「made in U.S.A」シリーズがあれば
完璧なのですが・・・(笑)。

(写真は公式HPから転載させていただきました)


[PR]
by boppuccino | 2016-01-28 23:59 | products

potato meets chocolate

マクドナルドの新メニュー
「マックチョコポテト」。

「甘いもの」と「しょっぱいもの」のミックスって
好き嫌い分かれますが、僕は好きです。
むしろ大好き、と言っていいほど。

というわけで、早速試してみました。

c0077105_22411626.jpg
おなじみマックフライポテトに
ドレッシングみたいな容器に入った
チョコレートとホワイトチョコレートを
かけて食べるスタイル。

予想通り、好きな味でした。

ただ、ポテトの量が結構多いのに(Mサイズぐらいかな?)
ソースはそんなに多くないから、
下の方までチョコソースがかからないので、
「もっとチョコソース欲しい・・・」と
思ってしまいました。

あ、でも、公式サイトの写真見たら
全体にまんべんなくかける程度、なんですね・・・。

c0077105_22471812.jpg
もっと、ソースべっちょりいきたいです・・・笑

とはいえ、甘くてしょっぱいこの感じ、好きです。

[PR]
by boppuccino | 2016-01-25 23:59 | food&drink

landmark of Kobe

最近、たまたま神戸出身の人と
初めて会話する機会があったので、
何とか距離を縮めようと

「神戸といえば〇〇ですよね?」

と言ったら、

「えー、何で知ってるんですかー?(笑)」

と、予想外だったのか、かなりウケてました。
やった!と心の中でガッツポーズ。

が、しかし、他の神戸出身じゃない人たちには全くウケず。
何のことだか全く分からず。

その〇〇とは?

c0077105_16543695.jpg
何と、「パイ山」であった(笑)。

「パイ山(ぱいやま)」は神戸・三宮にある広場。
地元の人たちの定番の待ち合わせスポット。

以前、神戸でライブやった時に
仲良くなった地元の人たちの会話にちょいちょい出てきて
その妙な響きが気になって

「あの、そのパイ山っていうのは何なんですか?」

と、教えてもらったのでした。

普通の神戸マップや神戸ガイドには、
あんまり載っていないはず。

語源はやはり「おっぱい」なんですかね?


僕の地元・町田だったら

「ぐるぐる回るモニュメント前」
「カリヨン広場」

あたりが待ち合わせスポットで有名。
って言われても、あんまり面白くないですね。

「パイ山」の響きには勝てませんね(笑)。

ちなみに僕が町田の若い人たちにウケるために使う話題は

modiは昔「大丸デパート」だったんだよ。
POPビルは昔「緑屋」だったんだよ。
JORNAは昔「さいか屋」だったんだよ。

というような、「昔の百貨店ネタ」です。



[PR]
by boppuccino | 2016-01-22 23:59 | place

STAN SMITH 2016

明日、1月22日に発売されるという
スタンスミスの「新作」。

c0077105_21552879.jpg
柔らかく上質なレザーを使用しているそうで、
高級感ありますね。

最近のスタンスミスブームに
拍車をかけるような新作。

これからも、リーバイス501みたいに、
いろんなモデル、いろんな新作が、出るのかな・・・?



[PR]
by boppuccino | 2016-01-21 23:00 | products

BAND OF OUTSIDERS x STARBUCKS

つい最近、とある人に教わったアイテム。

c0077105_22143859.jpg


c0077105_22144036.jpg



アメリカのスターバックスが
「BAND OF OUTSIDERS」とコラボレーションした
マグカップ。
日本未発売モデル。

フタ付きで、一見、持ち運びに便利なのかな・・・
と思いますが、陶器製です。

c0077105_22144338.jpg


c0077105_22144588.jpg


レインボーカラーもあります。

たまたま実物を見せてもらう機会があったのですが、
プラスチック製にはない重厚感が、いい雰囲気。

ペンキを垂らしたようなデザインも、
遊び心があってナイス。

「いいなー、うらやましいなー」と
思ってしまいました。

でもこれ、実は2014年発売。
けっこう前に出てたんですね。
全然知りませんでした。

そして、「BAND OF OUTSIDERS」といえば
made in U.S.Aのシャツなど、
ここ数年アメカジ界でも大注目のブランドでしたが
2015年にブランドは活動休止・・・。

もはや二度と実現しないであろうコラボ。

二度と手に入らない、となると、
やはり、欲しい・・・。

という事で、
ちょっとネットで調べてみましたが
今でも「BUYMA」などのサイトで
買おうと思えば買えるみたいです。

なんだ、買えるのか・・・とわかると今度は
うーん、ためらいますね(笑)。
[PR]
by boppuccino | 2016-01-20 23:59 | products

Tokyo Sentimental

何気なく観たらかなりハマったドラマ

c0077105_13494674.jpg

金曜深夜、テレビ東京で、先週からスタート。

ロケーションもキャラクターもストーリーも
どこか「寅さん」的で、いい雰囲気です。

次回が楽しみ。

[PR]
by boppuccino | 2016-01-17 23:59 | art&entertainment

TAKE IVY 2016

前回、キャシディ・ホームグロウンにて
オリジナルのニットキャップを購入、と書きましたが
その時八木沢さんに教わった、「POPEYE」最新号。

c0077105_16425681.jpg
第2特集は「TAKE IVY 2016」。
ブック・イン・ブック形式による
あの伝説の書籍「TAKE IVY」の2016年アップデート・バージョン。

20ページ程度の小冊子ですが、
アメリカン・トラッド好きなら「ニヤリ」としてしまう内容。

あ、でも、オリジナルの「TAKE IVY」は見たことないです。
復刻版も買ってない・・・。

[PR]
by boppuccino | 2016-01-15 23:59 | books&magazines

monologue about GHC<4>

2016年1月某日、珍しく原宿でライブ。

原宿にはライブスポットが、ありそうでない。
少なくともアコースティックピアノが置いてあるような
ライブハウスは、ほとんどないような・・・。

原宿ということで
思い浮かぶのは、やはり、あの人・・・

原宿キャシディ・八木沢氏。

誘ってみようかな、
いやいやいやいや、迷惑かな、
やめておいたほうがいいかな・・・

と、さんざん迷った末に、とりあえず
ライブのリハーサル後の空き時間に
「キャシディ・ホームグロウン」へ。
2016年初の表敬訪問。

c0077105_04512636.jpg
新春セール(行ってない・・・)もひと段落、
という感じの店内。

「あ、どうもあけましておめでとうございますボソボソ・・・。」

「こちらこそよろしくお願いしますボソボソ・・・。」

と八木沢さんに新年の挨拶をした後、
店内を見渡すと、

「おっ。」

すぐに目についたのは
GHC(キャシディ・ホームグロウン)のロゴの入った
オリジナルのマフラー、ニット帽、ミトンの手袋の
3点セット。

しかもタグには「made in U.S.A」の文字。

「全部買います!」

と言いたいところでしたが、
その度胸はなく(笑)
ひとまずニット帽を購入いたしました。

c0077105_13070397.jpg
キャシディ・ホームグロウンのニットキャップ
made in U.S.A

ミネソタ州にあるWear-a-Knit社に
カスタムオーダーしたそうです。

いわゆる「正ちゃん帽」
最近はそんな呼び方しないかな?笑

ボンボンの部分が大きくて
モップみたいなのがオモシロかわいいです。

・ 

さて、お会計を済ませた後、
意を決して、タイミングを見計らって
八木沢さんにこのようなメモを渡しました。

c0077105_13070854.jpg

「あ、あの・・・
実は今日これから
この近くでライブやるんです。
もしお時間ありましたら・・・」

「え、そうなんですか?
もし行けたら行きますよ。
あ、でも行けなかったらすいませんボソボソ・・・。」


残念ながらお忙しかったみたいで
ライブには来てもらえませんでしたが、
ひとまず、誘えたことで
後悔なし、でした。

でも来てほしかったな・・・笑。

懲りずに何度でも、誘ってみようと思います。


[PR]
by boppuccino | 2016-01-12 23:59 | place

new year's live

1月9日
原宿「ストロボカフェ」にて
新年初ライブ、無事終了いたしました。

いつも「北参道ストロボカフェ」に
出演させてもらってますが、
原宿はこれが初めて。

場所は竹下通りを少し脇に入ったところ、
というので、かなり久しぶりに
竹下通りを通りました。


c0077105_04494148.jpg


c0077105_00454718.jpg



人の多さも相変わらず。

それにしても、竹下通りって
昔と雰囲気、あんまり変わってないですよね。

原宿の街の変化のペースの早さを考えると
ここだけは異空間というか、
昭和のまま、っていう感じがして、
ちょっと不思議な気分になります。

でもまあ、
タレントショップはなくなりましたが・・・。

「くわまんの店」とかあったな・・・笑



c0077105_04493665.jpg



で、ライブですが、
「カンバス」のベーシスト・菱川浩太郎君と
デュオでの出演。

共演はこれが2回ということで、
だいぶリラックスして演奏できたんじゃないでしょうか?

演目はこちら。

1.バールに灯ともる頃
2.あの人がやってくる
3.ロマンチストふたり
4.反省の色もなく
5.スローなブギにしてくれ
6.しっぽのブルース
7.ターミナル
8.L-O-V-E

矢舟テツロー(vocal&piano)
菱川浩太郎(bass)

c0077105_02210776.jpg



今回はリズムマシンも使ったり、
「スローなブギ」のカヴァーもやったり、
個人的にも、とても楽しいステージでした。

菱川君は演奏もイイですが
人柄・キャラクターもとてもイイです。

また共演の機会を作れたら、と思います。

c0077105_00304620.jpg


今回の出演者で記念撮影。
みなさんステキでした。

中島さん、居倉さん、倉品さん、
どうもありがとうございました。

会場にお越しくださった皆さん
どうもありがとうございました。


で、ここからは余談・・・・

今回は原宿でのライブでしたが、
原宿でライブって、意外と珍しいんですよね。

で、原宿といえば、
やはり僕にとっては・・・

c0077105_04512636.jpg




原宿キャシディ、となるわけで・・・。

ここから先は、また次回に。


[PR]
by boppuccino | 2016-01-09 23:59 | sounds

the 'JUST for 2016' brand

お正月の、とあるお笑い番組でやっていた
「今ちょうどいい芸人」。

要は、数年前にブレイクして
今はあまり見かけない芸人さんが
久しぶりにテレビに登場、というコーナー。

このコーナーを観ながら
ふと思い浮かんだのが

「今ちょうどいいアメカジブランド」。

僕が思いついたのは
2つのバッグブランド。
バッグは流行が早いですからね・・・。


まずは「De Martini(ディ・マティーニ)」。

c0077105_13114751.jpg
c0077105_13114922.jpg
もともとはニューヨークのメッセンジャーのための
質実剛健なバッグブランドだったが、
5〜6前からセレクトショップの別注が相次ぎ、
すっかりお洒落ブランドとしての
地位を確立・・・・したものの、
この1〜2年で、
移り気なお洒落ピープルの関心は
すでに「ハーシェル」「ミステリーランチ」あたりに
移っている模様。

今、あえて
ディ・マティーニのバッグを使うことで

「本当に好きで使ってます」感アップ、
好感度アップは、間違いない(?)。


もう1つは
「ウィル・レザーグッズ(WILL LEATHER GOODS)」

c0077105_13121031.jpg

こちらも5年前ぐらいから
急に見かけるようになったブランド。

アメリカでは「セレブ愛用」らしく
3年ぐらい前には
カラフルなロゴ入りトートバッグを持ってる
お洒落な女性をやたら見かけましたが、
2015年はほぼ出番なし、の様子・・・。

とはいえ、ブランド自体は
「made in U.S.A」にこだわる
硬派なレザーブランドのようで、
今後、流行とは無縁なところで
アメカジブランドとしての定着が
期待されます。

まるで
「リズムネタ」で一発当ててしまった
漫才コンビがいったんは表舞台から姿を消すも
地道に劇場で場数を踏んで
数年後に再び「M-1」決勝に進出、のように・・・(?)。


ファッション界とお笑いの世界、
その移り変わりの早さでは
ホントよく似てますね。



[PR]
by boppuccino | 2016-01-05 23:59 | products