<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

who made Kingston Town ?

1960年代のジャマイカ音楽シーンで活躍した

数多くのシンガーの中でも

個人的に特に好きなシンガー、

ロード・クリエイター(Lord Creator)。


当時のジャマイカのシンガーといえば

アメリカ音楽の影響を強く受けていて

その多くはソウル、R&Bの影響を

感じさせるのだが

ロード・クリエイターはどちらかというと

ナット・キング・コールのような

ジャズ系のシンガーに影響を受けていたようで

ソフトでジェントルな歌声が特徴的だ。


ジャマイカ音楽の主流がスカ全盛だった頃、

スカタライツに代表される当時のミュージシャンは

ジャズ系のプレイヤーだった事もあり

クリエイターの歌い方はスカのリズムに

とてもハマっていたのだが、

時代がロック・ステディからレゲエに移行していくと

よりソウルフルな歌声がマッチするようになり

クリエイターはシーンから

徐々に姿を消していったようだ。


そんなわけでクリエイターが

レゲエのリズムをバックに歌っている曲は

あまり残されていないようだが

そんな中で最も有名な曲が「Kingston Town」。

1971年頃リリースされたようだ。




この曲はもともと

クリエイター自身によって

「king and queen」または「Babylon」というタイトルで

60年代にリリースされている。

曲自体もクリエイターが作曲したようだ。

(ちなみにクリエイターの本名は

ケントリック・パトリック)





いかにも、古き良き

ジャズソングという感じの曲で、

やはりレゲエ・バージョンになると

ちょっと「古くさい」感じがしてしまう・・・


が、しかし、1980年代後半に、

世界的に人気だった英国のレゲエ・バンド「UB40」が

ロード・クリエイターへのリスペクトを込めて

この曲をカヴァー。


UB40のカヴァーだけあって

「Kingston Town」は大ヒットを記録。

作者のロード・クリエイターには

突然、多額の印税が入り込んだようだ。


そして、その事によって、

クリエイターが70年代に

「Kingston Town」を録音した時のプロデューサー、

クランシー・エックルスらとは

その権利関係で相当モメたらしい。


ヒットしたとたんに

「あの曲の一部はオレが作詞した」とかなんとか、

まあ、いかにもありそうな話。


もし僕の曲が10年後に突然ヒットしたら・・・?


プロデューサーのはせさんは


「あの曲のサビのメロディ、

ちょっと変えたのオレだよね?」


って言って来るか?

と考えてみたら、

うん、間違いなく、言って来ますね(笑)。


話を戻して・・・


トラブルはありつつも、

多額の印税を手にしたロード・クリエイター。

長く不遇の時代を過ごしただけあって、

本人は


「宝くじに当たったようだった」


と語ったらしい。


人生は、何がおこるかわからないですね。


さて、「何がおこるかわからない」といえば

もう一つ、その「UB40」に関する話。


「UB40」といえば

メンバー全員が幼なじみ、ということで有名。


幼なじみでバンドを結成してそのまま

世界的な人気に・・・という

心あたたまるサクセスストーリー、のはずだったが

世界的な名声を手にした事で

のちに金銭トラブルに見舞われ

メンバー全員が破産宣告するという事態に・・・。


そしてリード・ヴォーカルの

アリ・キャンベルがバンドを去り、

幼なじみの友情にはヒビが入ってしまったようだ・・・。


本当に、人生は何がおこるかわからない、ですね。



[PR]
by boppuccino | 2014-10-30 23:59 | story

YORU TAMORI

「笑っていいとも」終了以降、
何かと気になってしまう、タモリさん。

以前はたまに観る程度だった「タモリ倶楽部」も
いいとも終了後は、毎週欠かさずチェックしてます。

で、10月から始まった
タモさんの新番組「ヨルタモリ」。


c0077105_23585053.gif











放送開始から2週、
賛否両論あるようですが、
個人的には、かなり好きです。

音楽ネタのコントも最高です。

このままダラダラと、
長く続いて欲しいなー、と思ってます。





[PR]
by boppuccino | 2014-10-26 23:59 | art&entertainment

BIG C TAB?

とある街を歩いていて見つけた、
とあるお店の「本日は閉店しました」の看板。

c0077105_10444415.jpg






















リーバイスの赤タブ風。
洒落てますね。

[PR]
by boppuccino | 2014-10-24 23:59

season of corduroy

毎年、秋〜冬になるとかなりの頻度で履いている
コーデュロイパンツ。

ずっと愛用している2本。

c0077105_22183638.jpg






















左、Engineered Garments
右、Lee

ちなみにどちらもmade in U.S.A

だいぶ履きこんでいるので
どちらもかなりテロテロ、テカテカですが・・・。

Engineered Garmentsのコーデュロイパンツ、
10年ほど前に1万円ぐらいで買ったような記憶があります。
今だと2倍近くしますよね・・・。

履き心地の良さと、
「秋冬っぽい=お洒落」感を兼ね備えた
ナイスなアイテムだと思います。

そして最後に・・・
コーデュロイの「畝(うね)」に関してですが

「太畝はオッサン臭いからやめとけ」

というのが、私の結論です。


[PR]
by boppuccino | 2014-10-23 23:59 | products

VETRA LE LUDE FRANCE

ここ数日で急に冷え込むようになってきましたが、
毎年今ぐらいの時期から真冬になる前までの
ほんの数週間だけ(笑)活躍するコート。



c0077105_21562123.jpg






















VETRAのコート
made in France

もう10年以上前に買ったアイテム。

毎年数週間しか着ない、というのもありますが、
ワークウェアのブランドらしく
とても頑丈なコートです。

c0077105_22093160.jpg























シンプルで、どこかかわいらしさもありつつ、というのが
いかにもEURO物、という感じです。

ヨーロッパ物の定番アイテムって、
セントジェームスのボーダーもそうですが、
誰が着ても確実に

「なんかお洒落っぽい」

と思わせる力を持ってますよね。

いや、でも、だからといって、
そこに安住して10年も20年も
ずっと「とりあえずボーダー」を着用するのは
いかがなものかと思うわけで・・・。

自戒を込めて、
ここに警告させていただきます。



[PR]
by boppuccino | 2014-10-21 23:59 | products

movie for American casual

原宿「キャシディ」八木沢さんのブログでも
ちょいちょい紹介されるので
最近ずっと気になっている
ウェス・アンダーソン監督の最新作
「グランド・ブタペスト・ホテル」、観ました。

ちなみに映画を観るのは
かなり久しぶり・・・。



c0077105_22070884.jpg
















女子だったら
絶対「カワイイ」を連発しそうな
舞台、衣装、小物、そしてユーモアセンス・・・。

すべてにおいて、スタイリッシュ。

細かく設定されたストーリーでありながら、
反面では漫画チックな「ありえない」展開もあったりして
そのバランスも、いい具合です。

とは言え、
実は一度観ただけでは
ストーリーを完全に理解しきれず、
2回目でようやく全貌を把握したのですが・・・笑

2回観てさらに好きになる、
そんな素敵な映画でした。


で、勢い余って2012年作の
「ムーンライズ・キングダム」も鑑賞。


c0077105_22192168.jpg


















こちらもユーモアたっぷりの
素敵な映画でした。



c0077105_22351452.jpg


















今月号の「POPEYE」
ニューヨーク特集にも登場する
ウェス・アンダーソン監督。

このコーディネイト、このセンス、
このカッコ良さ・・・。

アメカジ界のキーパーソン、
ウェス・アンダーソン監督から
目が離せません。


[PR]
by boppuccino | 2014-10-01 23:59 | cinema