<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Mateo in Tokyo

c0077105_23222419.jpg


1月25日、自由が丘「ベイクショップ」にて、
アメリカから来日中のマテオ・ストーンマンの
来日公演のオープニング・アクトを
務めさていただきました。



c0077105_11523741.jpg

会場の「ベイクショップ」は
「IDEE SHOP」の中にあるカフェ。



c0077105_2326731.jpg


隅々までこだわりの行き届いた、
お洒落なカフェでした。



c0077105_23283059.jpg


「ベイクショップ」だけにパンも美味しそう。



九州、神戸、名古屋と西日本の各地で
連日ライブを行ってからの東京公演、
しかもこの日は
昼間にNHK-FM「小西康陽 これからの人生。」の
スタジオライブの収録もあったということで
ややお疲れ気味のマテオ。

とはいえ、NHKの豪華なスタジオでの収録を
終えたばかりで、興奮気味でもありました。

「ボクもそのスタジオで演奏した事あるんですよ〜。」

なんて挨拶。

しかし「テツロー」が発音しづらいらしく、
早々と断念してました(笑)。



c0077105_11523881.jpg


リハーサルでのマテオ、
キューバの曲やオリジナル曲がメインかと思ったら
「Fly me to the moon」のようなジャズのスタンダードを
多く演奏していて、
やはりアメリカのミュージシャンだな、と感じました。

そんなわけで僕もこの日は
マテオに聴いてもらおうと思って
ジャズ・スタンダード系の曲を多めに
演奏したのですが、
何と僕のライブの時、
マテオは会場の外で眠っていたそうです(笑)。

ガーン・・・。

で、僕のライブが終わっていよいよマテオ登場。
さっきまで寝ていたわけですが・・・笑

マテオのライブのセッティングはかなり独特で、
とにかく音量が小さい。

声も小さいのですが
マイクのボリュームもかなり小さめ、
しかもマイクからかなり離れて歌うので
半分は肉声を聴いているような感じ。

しかしこれが会場の緊張感をものすごく高めて
誰もが物音一つたてず、
マテオの声とギターに全神経を集中させていました。

その繊細さ、美しさ、濃密さ、
本当に素晴らしく、そしてとても不思議な時間でした。



c0077105_11523920.jpg


先ほども書きましたが
ジャズスタンダードなどの有名曲を次々と、数多く演奏していたマテオ、
その背景にはおそらく
これまでにレストランで「ハコバン」の演奏を
数多くこなしてきたんだろうな、と思われます。

そんなところに
僕との共通点がないわけでもないのかな、と思ったり・・・。

本当に、いろいろな刺激を受けた夜でした。

マテオさん、素晴らしいライブを
どうもありがとうございました。



さて、実はこの文章、
1月30日の夜に、NHK-FM「これからの人生。」を聴きながら
書いていました。

ラジオから聴こえて来るマテオの歌とおしゃべり、
本当に素敵でした。

そして改めて、こんな素晴らしいミュージシャンと
共演できた事を光栄に思います。

素晴らしい機会を与えてくれた
ディスク・デシネの丸山さん、
いつもありがとうございます。
[PR]
by boppuccino | 2013-01-25 23:59 | sounds

I'm not ski boy

c0077105_10444587.jpg


今月号のポパイ、
特集は「SKI BOY! スキーブーム復活」。

リニューアル後のポパイ、
発売されたらすぐに買ってますが
今号はちょっとためらっちゃいました。

スキーやった事一度もないんで・・・。

でも毎号揃えてるから、
結局数日遅れで購入。

スキー特集、ということで
いつも以上にクラシカルな紙面のような気が。
いい雰囲気です。

とは言え、
この先もスキーやる事はないと思いますが・・・。
[PR]
by boppuccino | 2013-01-21 23:59

trouble on my ustream

c0077105_10594373.jpg


金曜の夜、
かなり久しぶりにustreamで
ライブ中継やってみました。

しばらくサボっていた原因(言い訳)である
音質の悪さは、改善されたのかな?
と思ったら、
今度は数分おきに音声が途切れるというトラブル。

なかなかうまくいきませんが、
また少しずつ再開させていきたいと思います。

ちなみに今回はローズ(エレクトリックピアノ)の上に
オルガン(音源)を置いて、
曲によって使い分けてみました。
なかなか楽しかったです。

次回は月曜(21日)の夜23時頃にやろうかな、と思ってます。
あくまでも予定、なのであしからず・・・。





Live Video streaming by Ustream

age of vintage ustream
[PR]
by boppuccino | 2013-01-19 23:59 | sounds

Rhoda Scott live at the club Saint-German

今年の冬は本当に寒いですね。

寒い冬の夜にはオルガンの音色が恋しくなります。
あたたかいサウンドと、独特の音の「揺れ」が
部屋の温度を少し上げてくれるような、
そんな気分になるからです。
(逆にピアノは夏に聴くと部屋の温度を下げてくれる、かな)

気持ちよくグルーヴするオルガンジャズのアルバムを
あれこれ挙げてみると、どれもライブアルバムばかり。

やはりオルガンジャズは生で(ライブで)聴くべき、
ということでしょうね。




c0077105_129179.jpg

Rhoda Scott
「live at the club Saint-German」

アメリカ出身で、のちにフランスに渡って活躍する
女性オルガン奏者、ローダ・スコット。
1974年のライブアルバム。

実は最近知ったばかりなのですが
圧倒的なテクニックと分厚いグルーヴ、
そして時にはアヴァンギャルドと言ってもいいような
アグレッシブな姿勢に
すっかりハマッてしまいました。

このアルバムは
ドラムとオルガンのデュオ、という
「最小単位」の編成。
余計なものはいらない、とばかりに
あまりにも濃厚なセッションが
繰り広げられてます。

スティーヴィー・ワンダー
「You Are The Sunshine Of My Life 」のカヴァーの
素晴らしさといったら・・・。

ローダ・スコットは
70歳を超えた現在も現役で活躍中とのこと。

偉大な「オルガンクイーン」に
ここで敬意を表したいです。
[PR]
by boppuccino | 2013-01-17 23:59 | sounds

we will be hip

大阪に住む友人のミュージシャン、
スチョリ氏からメールが届き

「ジャズピアノに本腰を入れて取り組む」

とのこと。

スチョリ氏ぐらい弾ければ十分、という気もするが
それでも多くのミュージシャンにとって、
ジャズという音楽はとても大きな「壁」であり
簡単に乗り越えられないもの。

かくいう僕も10年以上、格闘してきたわけですが・・・。

さて、そのスチョリ氏のメールに

「ジャズピアノ上達のポイントは・・・?」

と書かれていたのに
それっきり返事出してなかったので(スイマセン)
ここに書いてみます。

自分自身の経験から思うに、
ジャズピアノ上達のポイントは3つ。

僕がジャズピアノを始めてから数年経って
何となく弾けるような気分になっていた頃、
しかし明らかに自分の演奏は何かがおかしい、
「手癖」のオンパレード、硬いタッチ・・・・

「このままではダメだ・・・」

と感じた時に苦心の末取り組んだ事。

1.「移調」
僕が具体的にやった事は
4小節ぐらいのフレーズをレコードからコピーしては,
それを全てのキーに移調して弾けるように
繰り返し練習すること。

2.「リズム」
その時、それまでは嫌いで使っていなかったメトロノームを
必ず使うようにした。
その事で、やがて演奏に明らかな変化が・・・。

3.「左手」
それまで左手は和音を押さえるだけだったが,
必ずウオーキングのベースラインを弾くようにした。

この練習に取り組んでから,
明らかに,自分の演奏が変わった。
といっても,
この「ポイント」に気づくまでに5年、
変わるまでに5年ぐらいかかったのだが・・・。

でもこのあたりから
ようやくピアノを弾くのが楽しくなってきたし,
また,落ち着いて弾けるようになった。

いや、まだまだ、満足できるレベルではありませんが・・・。




c0077105_23582396.jpg

共にジャズピアニスト&ヴォーカリストであり、
名曲「I'm Hip」の共作者でもある
ボブ・ドロウとデイブ・フリッシュバーグ。

2人が2台のピアノで
スウィンギーかつユーモアあふれる
まさに「ヒップな」演奏を披露している
最高に楽しいライブアルバム。

いつかスチョリ氏と二人で
このアルバムのようなライブができたら、最高です。
[PR]
by boppuccino | 2013-01-13 23:59 | sounds

Clarks Natalie

数年前に
「遅すぎたクラークスデビュー」を
果たして以来、
ひそかにクラークス愛好家になりつつあります。

やはり履き心地の良さと
ベーシックなデザインが、
改めて良いな、と。

そんなわけで、
クラークスの中でも特に気に入っている
「ナタリー」を色違いで購入。




c0077105_21575414.jpg

色はチェスナットレザー(っていうんでしたっけ?)。
明るすぎず暗すぎず、
いい色合いですよね。

c0077105_21575285.jpg

ナタリーといえば、この独特のソール。
とにかく、歩きやすいんですよね。

これで「made in England」だったら・・・
というのは、今となっては叶わぬ夢ですが(笑)。
[PR]
by boppuccino | 2013-01-05 23:59 | products

new year 2013

あけましておめでとうございます。

昨年、2012年は
表面的にはややペースダウンしてしまったように
見えるかも知れませんが、
個人的にはいろいろな変化の年であり、
また自分の周りの環境を整えた1年でした。

これから先、ブレる事なく
息の長い活動を続けていきたいので
そのためにはとても有意義な1年だったと、
自分では思ってます。

今年はもう少し活動的にいきたいと思ってます。

いろんな場所でライブもやりたいです。
気軽に誘ってください。

では、今年もよろしくお願いします。





ベン・シドラン師匠のニューアルバムより。
相変わらず、シブい!
[PR]
by boppuccino | 2013-01-01 01:01 | sounds