<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

my favorite MUJI

いつの時代も
「無印良品」といえば
使えるアイテムの宝庫。

で、最近愛用してるシリーズが、
「ジーンズのラベル素材で作った」シリーズ。




c0077105_21112538.jpg


「無印良品」のペーパーホルダーetc

「ジーンズのラベル」とは
リーバイス501などに付いている、
あの「紙パッチ」の素材。

色合いも、手触りも、
いかにも「無印」的なセンス。
「ハトメ」もナイスです。

適度な厚さと、そして何より
適度な「グニャグニャ感」のおかげで、
バッグに入れて持ち歩いても
折れないし、破れないし、ボロボロにならない、
もちろん中の書類もキッチリガードされる、という
まさに「柔よく剛を制す」なアイテム。
(大げさですね・・・)


この手の書類ホルダーというと
少し前まで「モ◯◯キン」のものを
使っていたのですが・・・・




c0077105_21253893.jpg


こちらはバッグに入れて持ち運んでいるうちに
すぐ傷んでしまい、
価格が高いこともあって(たしか2000円ぐらい)、
「使うのもったいない・・・」と、
現在休養中(笑)。

一方の無印は、
お値段も500円以下。
何も気にせずガンガン使っているのですが、
そのタフさは、明らかにこちらの方が上かと・・・。

いつの時代も、
かゆいところに手が届く「無印」に
改めて敬意を表したいです。

ではでは。
[PR]
by boppuccino | 2012-01-29 23:59 | products

soft and thin case

すでに使われている方も
多いかもしれませんが、
薄型の「CDソフトケース」を
CD収納の切り札(?)として、導入してみました。


c0077105_163316.jpg


入れ替えるのが、けっこう大変・・・
ですが、CD20枚の時点で、
ケースの厚さにこれだけの差が・・・。




c0077105_18104.jpg


これを見ると「達成感」を感じますよね(笑)。

まあ僕はそんなにたくさんのCDを
持っているわけではありませんが・・・・
すべて入れ替えれば、かなりスッキリするはず。

ちなみに、入れ替えて不要になった
プラスチックケースは、
結局捨てるしかないのか・・・と
何となく心苦しく思っていたのですが、
コチラに送ると、リサイクルしてくれるそうです。

それにしてもCDケースって
すぐ割れるし、すぐ外れるし、
そのうち「進化」するのかな、と
ずっと思っていたのですが、
結局、昔も今も変わらないですよね。

「CDが売れない」要因の一つは
このケースのせいなんじゃないか、というのが
僕の説なのですが・・・。
[PR]
by boppuccino | 2012-01-26 23:59 | products

box bag from Sweden

最近何となく気になっているブランド、
といっても、
アメカジブランドではなく、「fjallraven」。

え、読めない?

いや、ボクもずっと読めなかったんですけど・・・・
「フェールラーベン」って読むみたいです。





c0077105_0305028.png


「フェールラーベン」は
スウェーデンのアウトドアブランドで、
1960年創立だそう。

そういえば、けっこう前から
このタイプのバッグを使っている人を
たまーに見かけた。





c0077105_0335937.jpg


フェールラーベンの「カンケン」。

以前から「カワイイなー。」と思っていたものの、
「ブランド名が読めない」という理由だけで、
深く追及しなかったアイテム(笑)。

やはりコレが、
ブランドの「代名詞的存在」みたいです。



で、ここ最近このブランドが
「来てるな〜」と思った「根拠」なのですが、
一つはコチラ。





c0077105_0383657.jpg


フェールラーベン×オープニングセレモニーの
コラボによる「カンケン」。

あの「オープニングセレモニー」とのコラボ、と
聞いただけで、ミーハーなアメカジファンは
ついつい「オッ」と思ってしまいますよね。
(あ、自分のことか・・・。)

そしてもう一つの「根拠」は
先日、あの「JナルSタンダード」で見かけた、コチラ。





c0077105_0455955.jpg


フェールラーベンの「TRAVEL」ライン。

「JナルSタンダード」で取り扱い、ってだけで、
ミーハーなアメカジファンも非アメカジファンも
ついつい「オッ」て思ってしまいますよね。
(自分だけか・・・・?)

いずれにしても、
アウトドアファン、北欧好き乙女以外の方々も
2012年は「フェールラーベン」に、注目です。



(Opening Ceremonyとのコラボバッグの写真は
「Sota Japan」HPから、他の写真はすべて「fjallraven」HPから
転載させていただきました。)
[PR]
by boppuccino | 2012-01-21 23:59 | products

THE SHIN-NEN KAI

1月15日(日)
神奈川県・相模大野にある
「KAFE 六月園」にてライブでした。





c0077105_217287.jpg


「大野銀座」という
かなり渋めの(笑)商店街の中にある
「KAFE 六月園」。

とても素敵なカフェでした。

まだオープンして半年ぐらいだそうで、
お近くの方はぜひ、足を運んでみて下さい。



さて、この日は
僕がたまに出演させてもらっている
お台場クルージングライブ
「Jicoo Floating Bar」を運営している
鈴木潤氏主催のイベント。

イベント名も「SHIN-NEN KAI(新年会)」ということで、
パーティーピープル多め(笑)の
にぎやかなイベントでした。





c0077105_2282017.jpg


僕のライブはこんな演目で。

1.バールに灯ともる頃
2.誰も知らない事ばかり
3.ハニーチャイは恋の味
4.Miss.Tropicana
5.しっぽのブルース
6.Jumpin' with Symphony Sid
7.ENDLESS CIRCLE
8.L-O-V-E

encore
1.反省の色もなく
2.ターミナル

矢舟テツロー(vocal&keyboard)




c0077105_2351967.jpg


c0077105_2364822.jpg


かなり盛り上がって
楽しいライブでした。

会場でお会いしたみなさん、
潤さん、六月園スタッフのみなさん、
どうもありがとうございました。
[PR]
by boppuccino | 2012-01-15 23:59 | sounds

American suteteco style

それにしても、毎日寒いですね・・・。

で、あまりの寒さに耐えきれず、
今まで手が出なかったこのアイテムを
ついつい購入・・・。





c0077105_033252.jpg


Green Hillsの「ドロワー(Drawer)」
made in U.S.A

パッケージにも書いてあるように
本来の商品名は「Ankle-length Drawer」ですが、
今の日本では、やはり「レギンス」と
呼ぶべきなんでしょうね・・・。



c0077105_0322641.jpg


この手のアイテム、
今までは何となく抵抗があって、
実は初めて買いました。

が、やっぱりあったかくていいですね。

早くもやみつきになりそうです(笑)。

ちなみにコレ履く時って
下にパンツ履くの?
それともコレ1枚?
[PR]
by boppuccino | 2012-01-14 23:59 | products

innovation of Hammond combo organ

古着屋に比べて、
楽器屋に行く頻度が極端に少ないため(笑)、
完全に見落としてましたが、
あの「ハモンド」ブランドから
こんなキーボードが出てたんですね。




c0077105_0124691.jpg


c0077105_0132858.jpg


HAMMOND SK1 & SK2

日本のハモンド(ハモンドスズキ)によって
ハモンドオルガンそっくりの音が出る
ポータブル&デジタルキーボード「XB-2」が
リリースされたのが1991年。




c0077105_0251441.jpg


当時はちょうど
ジャズ・ファンクやオルガンジャズのブームもあって
「XB-2」はライブシーンで
かなり、もてはやされたんですよね。
レトロな木目調ボディが
ヴィンテージ感たっぷりで、憧れました。

僕も今までに何度か弾いたことあります。
全部借り物ですが(笑)。

あれから20年、
ここまでコンパクト化&計量化&デジタル化された
ハモンドのコンボオルガン。

さすがに木目調ではなくなりましたが・・・
でも鍵盤が「オルガン鍵盤」なのはさすが。




c0077105_0512990.jpg


c0077105_052011.jpg


ハモンドのトレードマークの
「ドローバー」も、ちゃんと付いてます。

その「進化」に、敬意を表したいです。

しかもSK1&SK2は
オルガンだけでなく、
ピアノやエレクトリック・ピアノの
音源も入っているそうで、
これはハモンドのキーボードとしては画期的。

超・便利になりました。



と、ここまで書いて
あるブランドのキーボードを
どうしても意識してしまうのですが、
そのキーボードとは、コレ。




c0077105_0335674.jpg


CLAVIA NORD ELECTRO
(他にNORD STAGE シリーズなどもあり)

今までにない赤いボディを身にまとい、
スウェーデンからやってきた「Nord」シリーズ。

「Nord Electro」は
今まで「ありそうでなかった」、
オルガンやエレクトリックピアノ、
そしてアコースティックピアノに特化した
コンパクトなステージキーボードとして
ライブシーンで圧倒的に支持されているキーボード。

ライブハウスで
赤いキーボードを弾いている
ミュージシャンを見かける機会、
本当に増えました。



ハモンドSK1&SK2は
Nord Electro に対するハモンドからの回答、と
いうことなのでしょうか?

・・・と、あれこれ書いたわりに、
実はまだハモンドSK1、
実物見ていない&音を聴いていないのです。

こういうキーボードって
展示しているお店、少ないんですよね・・・。







でもこの動画を見ると、かなり期待できそう。
早く実物に触ってみたいです。



たまには楽器屋にも行かないと・・・。
失礼しましたー。
[PR]
by boppuccino | 2012-01-12 23:59 | products

2012 First Buy

何も買わないつもりで行った
とある大手セレクトショップのセールで
「40%OFF」の文字に耐えきれず
ついつい買ってしまったバッグです。





c0077105_23391739.jpg


Johnson Woolen Mills バッグ
made in U.S.A

リュックも、メッセンジャーバッグもいいけど、
なんだかんだ言ってトートバッグが
「普段使い」には便利なんですよね・・・。

大きさも、大き過ぎず、小さ過ぎずでナイスです。

そしてこの素材&カラー。
メルトンウール好き&ブラックウォッチ好きには
たまらない一品。

2012年も、自分の趣味に関しては
何ら変化はなさそうです(笑)。

失礼しました・・・。
[PR]
by boppuccino | 2012-01-07 23:59 | products

Virginia

少し前になりますが、何末の話題。
2011年、最後の買い物、の話題。






c0077105_0274213.jpg


「Virginia」の靴。
made in Portugal

あの「オッシュマンズ」のセールコーナーに、
さりげなく一足だけ置かれていたアイテム。
値札には「サンプル品」の文字・・・。

定価は2万オーバーですが、
サンプル品だけに、
そのお値段は何と、7000円。
超・お買い得・・・。

こういう時に限って、
サイズもなぜかジャストなんですね・・・。

白と黒のステッチがカワイイ一足。

「Virginia」はたしか、日本企画のブランド。

某インポートブランド輸入会社が展開しているため、
「ツボを心得た」アイテムが揃ってます。

あの「JナルSタンダード」あたりでも
よく見かけるブランド。

ちなみにこの靴、
「Jナル・・・」の新春セールでは
1万5千円ぐらいだったような・・・。



最後に・・・
お正月のセールでは
特に何も買わない予定、です。

あくまで予定ですが・・・・。

ではでは。
[PR]
by boppuccino | 2012-01-03 23:59 | products

2011-2012

あけましておめでとうございます。

昨年(2011年)は
本当にいろいろな事が起こり
いろいろと考えることの多い1年でした。

個人的には、2011年、
たくさんの人と出会えたことが収穫、でした。

みなさんお世話になりました。

2012年、
いい事あるといいですね。

で、2011年大晦日、
吉祥寺スターパインズカフェでライブ。




c0077105_2262899.jpg


ちなみに・・・昼の部。

香川、大阪、名古屋、湘南・・・
年末、そして昼間ということもあってか、
客席にはいろいろな場所からのお客様。

あたたかい雰囲気で盛り上がって、
楽しいライブでした。

克人氏とデュオで
2011年を締めくくる事ができたのも、
個人的には良かったです。






c0077105_2271941.jpg


1.誰も知らない事ばかり
2.ハニーチャイは恋の味
3.しっぽのブルース
4.会えない時はいつだって
5.ターミナル
6.君は虹ガール

矢舟テツロー(vocal&piano)
鈴木克人(bass)


では、2012年も、よろしくお願いします。
[PR]
by boppuccino | 2012-01-01 00:00 | sounds