<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Round House rounds around the world

古着屋のネルシャツコーナーというと、
厚手のネルシャツコーナーと
薄手のネルシャツコーナーで
なんとなく別れていることが多い。

で、華やかなのはやはり厚手ネルコーナー。

「BIG MAC」を筆頭に
ヴィンテージやレア物を織り交ぜつつ
色鮮やかなネルシャツの数々が
華やかに、誇らしげに並んでいる。

一方、薄手ネルのコーナーは、というと、
「Ozark Trail」だの「Puritan」だの
「古着ブランド百科」には絶対に載らない
超B級ブランドのチープなネルシャツがズラッと並び、
収穫などほとんどないのが実状・・・。

もちろん「made in U.S.A」など
期待してはいけない。

そんなチープ薄手ネルコーナーで
たまたま見つけたナイスなアイテム。






c0077105_2132145.jpg

「ROUND HOUSE(ラウンドハウス)」のネルシャツ
made in U.S.A

「ラウンドハウス」はワークパンツや
オーバーオールで名高い老舗ワークウェアブランド。

いまだにアメリカでの生産を続けていることで
多くのアメカジ派が「畏敬の念」を抱いている。

ちなみに「ラウンドハウス」とは
扇型をした、蒸気機関車の車庫のこと。
つまり、鉄道員のための作業着を作っていたブランド。

そんな「ラウンドハウス」が
以前から作っていた薄手のネルシャツ、
数年前まであの「ネペンテス」でも
必ず取り扱われていて(別注アイテムだったのだろうか)、
お値段もけっこう高かった気がする(1万円台後半ぐらい?)が、
このシャツはおそらくその中の1枚。

ということで、古着といっても、
日本国内で流通したリサイクル品だろう。

お値段はなんと、1900円。
しかも、新品に近い状態・・・。

もしかしたら、閉店したどこかのショップの
倉庫に眠っていた処分品なのかもしれない。

・・・と、
どこにでもありそうな1枚のネルシャツから
ここまで推理・推測できてしまうって
我ながら、どうかしてますね・・・・。

ちなみにコレ、震災前の買い物。

なんだかんだで、
紹介するのが今ごろになってしまいました。

そして、その後また寒さが厳しくなってしまい、
薄手ネルの出番なし・・・。
[PR]
by boppuccino | 2011-03-26 23:59 | products

live at ruina

3月18日、池ノ上「bar ruina」にてライブ。

震災後、初のライブ、
停電も大きな余震もなく
無事に終了しました。

こういう状況の中、
いろいろと迷ったのですが
いつもよりピアノに比重を置く内容に。

その方が逆に「伝わる」ものが
あるのではないかと思い・・・。






1.上を向いて歩こう*
2.バールに灯ともる頃
3.Tea For Two
4.しっぽのブルース
5.Willow Weep For Me*
6.Miss Tropicana
7.オルフェのサンバ*
8.Things Ain't What They Say Used To Be*
9.On The Sunny Side Of The Street*
10.濃いコーヒーを
11.Over The Rainbow*
12.ターミナル
13.L-O-V-E

矢舟テツロー(vocal&piano)SOLO
* はソロピアノ曲です。




ライブ前には久しぶりに
レコーディングスタジオにも行ってきました。

ニューアルバムに向けて、
まだあと3曲ぐらい作らないといけないのですが、
地震があってから全然できていない・・・。

久しぶりにスタジオに行って

「このままではまずい・・・。」

と、プレッシャーかかりました。

がんばります。
[PR]
by boppuccino | 2011-03-18 23:59 | live

震災の復興を祈って

今回の震災で被害にあわれた方々に
心からお見舞い申し上げます。

東京でもやや強い地震があったため、
私のところにも、
主に西日本の方々から
心配して下さる声が届きましたが
無事ですのでご安心下さい。

ほとんど被害を受けていないのに
心配していただいて、
なんだか申し訳なく思います。

報道で被災地の現状を知るたびに、
本当に、心が痛みます。

災害についても、地震についても素人の私が
無責任な発言をしてはいけないと思い
しばらくブログの更新もツイッターでの発言も
控えさせていただきました。

ただ、
自分にも何かできる事はないだろうか、
という思いは、
やはりずっと持ち続けていて、
その一つとして、
些細な事かもしれませんが、
自分の曲を YOU TUBE で
無料で聴けるようにしました。

曲は「ターミナル」。
アルバム「Age of Vintage」に収録されている曲です。








矢舟テツロー/ターミナル

行き交う人たち
にぎやかな街のリズム
立ち止まり振り向けば
追い抜かれそうになる

流れる時はただ
早足で去ってゆく
これからの事思い
押しつぶされそうになる

朝と夜 
同じように通り過ぎる ターミナル
誰一人 笑顔もなく
先を急ぐ ordinary life

そこになくしかけた何かが
きっとあるはずさ

心に刻む声
忘れずにいたいのさ
誰にでもあるはずさ
大事にしていた何かが

なくしかけたものあるはずさ
誰にでもあるはずさ
[PR]
by boppuccino | 2011-03-14 23:59 | mail

8282 in Fukuoka

前回の続き・・・
ライブツアー3日目は神戸から福岡へ。

初の福岡ライブ、というか、
福岡に行くのも初めて。

昨年の12月に突然
福岡のバー「ペトロールブルー」のマスター、
こいでしんじ氏よりオファーを受け、
その2ヶ月後にはライブが実現しまったのです。

話が早い・・・。

初めての場所でのライブでしたが、
おかげさまでフロアは超満員。

たくさんの方々にあたたかく迎えていただき、
素晴らしい雰囲気の中でのライブになりました。




c0077105_10502890.jpg


1st stage
1.バールに灯ともる頃
2.Moonlight Monologue
3.ハニーチャイは恋の味
4.二人お茶でも
5.九回ウラ二死満塁
6.あまく危険な香り
7.濃いコーヒーを
8.Winter Collection
9.It's only a paper moon

2nd stage
1.Slide Down
2.Miss Tropicana
3.しっぽのブルース
4.かくれんぼのバラード
5.北京ダック
6.おいらぎゃんぐだぞ
7.Steps to freedom
8.イタリアン・トラットリア
9.ターミナル

encore
1.Please Mr.Messenger
2.君は虹ガール
3.L-O-V-E

encore
1.スローなブギにしてくれ

矢舟テツロー(vocal&piano)solo



まさかアンコール2回いただけるとは思っていなくて、
何を演奏するか全く思いつかず、
なぜか最後の曲が「スローなブギにしてくれ」に
なってしまったのでした・・・。

すでにアルバムをお持ちで
今回の福岡ライブを「待って」くれていた方々も
たくさんいらして、本当に感激しました。

どうもありがとうございました。

ライブ後はこいでさん達と
近くの「そば居酒屋」で打ち上げ。

福岡まで来て、何故、そば?

と思ったのですが、
単にみなさんの行きつけの飲み屋、
という事だったみたいです・・・。



さて、翌日は
以前、東京でよく共演していて
今は地元・福岡で充電中(?)の
ベーシスト・今林氏の案内で
天神散策・・・のはずが、
久しぶりにいろいろと話をしていたら
時間がなくなってしまいました。




c0077105_10584513.jpg


「大濠公園」にて。




・・・・というわけで
香川〜神戸〜福岡ソロライブツアー、
たくさんの出会いがあり
本当に有意義な3日間でした。

それぞれのライブにお越し下さったみなさん、
どうもありがとうございました。

そして・・・・

またお会いしましょう。
[PR]
by boppuccino | 2011-03-07 23:59 | live

8282 in Kobe again

前回からの続き、ライブツアー2日目の報告です。

2月26日、
香川でうどんを食べた後、神戸へ。

おなじみの「ディスクデシネ」プレゼンツによる、
3度目の神戸ライブ。

今回の「目玉」は・・・「グランドピアノ」。

過去2回はデジタルピアノでのライブだったのですが、

「次はぜひグランドピアノのある会場で」

というデシネさんの計らいにより
グランドピアノのあるライブハウス「Creole」での
ライブでした。





c0077105_114348.jpg


「Creole」は北野の異人館の近く。
このあたりの街の雰囲気、大好きです。

3回目の神戸ライブ、
前回よりもさらにたくさんの方々に
足を運んでいただけたようで、
おかげさまで大盛況。




c0077105_1134481.jpg


グランドピアノの響きも最高で、
とてもいい雰囲気のライブでした。

神戸でのライブは、とにかく
たくさんの曲をやる、という事を
心がけておりまして(笑)、
2ステージたっぷりと、こんな曲目でした。

1st stage
1.バールに灯ともる頃
2.Moonlight Monologue
3.ハニーチャイは恋の味
4.二人お茶でも
5.100% Fresh
6.あまく危険な香り
7.Sunshine
8.ごめんなさいと言って
9.濃いコーヒーを
10.Winter Collection

2nd stage
1.Slide Down
2.Miss Tropicana
3.しっぽのブルース
4.九回ウラ二死満塁
5.かくれんぼのバラード
6.北京ダック
7.Steps to freedom
8.イタリアン・トラットリア
9.ターミナル

encore
1.Please Mr.Messenger
2.君は虹ガール
3.L-O-V-E

矢舟テツロー(vocal&piano)solo

他に、神戸では初となる
田島貴男氏のモノマネも披露。
おかげさまで大好評(?)でした。

ライブ後はデシネ・スタッフのみなさんと
ホルモン焼で打ち上げ。

おっちゃんが一人で深夜までやってる、
かなりディープなお店で、
煙の量がハンパなかったです(笑)。

服も帽子もバッグも煙臭くなったまま、
翌朝には、福岡へと、向かったのでありました。

ディスクデシネの丸山さん、育子さん、
「神戸の上戸彩」こと橋田さん、
You Tube動画 が好評の小田クン、
どうもありがとうございました。

またやりましょうね・・・。

(続く)
[PR]
by boppuccino | 2011-03-05 23:59 | live

8282 in Kagawa

2月25日〜27日まで、
香川〜神戸〜福岡を回るライブツアーに
行って来ました。

その報告を少しずつ。

まずは初日、2月25日(金)の香川ライブから。

今回のライブの主催者・和泉氏とは
昨年の大晦日に東京のライブ会場で知り合ったのですが
わずか2ヶ月でライブが実現してしまいました。

その企画力、行動力に敬服。

彼がセッティングしてくれた会場は
高松からかなり離れた
「本山」という駅の近くにある
「冬椿」というカレー屋さん&カフェ&バー。

もちろん初めて行く場所。
(というか、四国に行くのも今回が初めて。)

2両編成の各駅停車に揺られてたどり着いた
「本山」駅は、こんな場所でした。



c0077105_23122418.jpg


駅に改札はなく、
車掌さんが切符を回収していました。

「ホントにこんな場所でライブやるのかな・・・・」

とちょっと不安になったのですが
駅からほんの30秒ほど歩くと

「おおっ。これは・・・」

いきなりオシャレな建物が出現。


c0077105_23121368.jpg


写真暗くてわかりづらいですが、
とにかくモダンな建物がいきなり現れてびっくり。

お店のHPの写真がコレ。

c0077105_2312626.jpg


まるで楽園のよう・・・。

東京でイラストレーターとして
活躍されていたオーナーが
地元に戻って始めたお店だそうです。

こんな看板も。

c0077105_23124995.jpg




和泉氏の努力もあって
会場は大盛況。

まずはオープニング・アクトとして
丸橋知晴さんが登場。

まさか、の
ムッシュかまやつ氏「ゴロワーズ」の
カヴァーも聴けて、素敵なライブでした。

客席がかなり暖まったところで、僕の出番。

僕のライブを初めて観る方がほとんどでしたが、
曲が進むに連れてジワジワと熱気を感じる、
本当に楽しいライブでした。

実はセットリストをなくしてしまい・・・
曲目は、たぶんこんな感じだったはず。



1.バールに灯ともる頃
2.Moonlight Monologue
3.ハニーチャイは恋の味
4.二人お茶でも
5.9回ウラ二死満塁
6.あまく危険な香り
7.しっぽのブルース
8.北京ダック
9.かくれんぼのバラード
10.イタリアン・トラットリア
11.Slide Down
12.ターミナル

encore
1.Please Mr.Messenger
2.君は虹ガール
3.L-O-V-E

矢舟テツロー(vocal&keyboard)

多少曲順違うかも・・・。

客席から

「来てくれてありがとう」

の声をいただき、
僕も本当に、来てよかったな、と感激しました。

ライブ後は「冬椿」のカレー。
そしてビールも・・・。

c0077105_23113768.jpg


香川の音楽愛好家のみなさんとの
交流も持てて、有意義な時間でした。

で、結局この日は
楽しみにしていた「讃岐うどん」にはありつけず・・・。

翌朝、和泉氏に連れて行ってもらい、
名店「がもう」に。



c0077105_2352975.jpg


東京では味わえないこの雰囲気、
ワクワクしますね。

c0077105_2352324.jpg


午前中からかなりの行列。
みんな店の外のベンチに座って食べてました。

念願の本場の味、やはり最高でした。

短い滞在時間でしたが、
本当に楽しかった香川ライブ。

和泉君、今回はいろいろとお世話になりました。
どうもありがとう。

和泉氏と別れ、
僕はそのまま神戸へと向かったのでした。

(続く)
[PR]
by boppuccino | 2011-03-03 23:59 | live