<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

recent topics

今日で8月も終わり・・・ですが
この暑さじゃ秋冬モノを試着する気も失せますね。

最近気になるモノをいくつか・・・




c0077105_027083.jpg


ピンク・グレープフルーツ味のフリスク。
美味しいけど、スースー弱め。
あくまでもフリスクに「ミントらしさ」を求める人には
あまりオススメはできないかも・・・。




c0077105_0273050.jpg


FOG BAR の新しい仲間「万能ストロング」。
通称「バリカタ」だそうですが、
ワックスのようなガチガチ・ホールドでは
ないみたいです。

とりあえずしばらく使ってみて
「赤か青か」の結論を出したいと思います。




c0077105_0275243.jpg


スタバ・カードのミニバージョン。
9月1日発売。
ちっちゃくてカワイイけど、なくす人も多そう・・・。

キーホルダーなどにぶら下げられるように
穴が開いてるのですが、
会計の時にキーホルダーごとレジの人に渡すのって
どうなんでしょ?




c0077105_0281721.jpg


不覚にも今まで持っていなかった
デイヴ・フリッシュバーグ「オクラホマ・トード」。

カエルのジャケットが一部愛好家の間では
あまりにも名高い一枚、最近ようやく手に入れました。
やっぱりイイですね。

後年の、彼のピアニストとしての側面を
クローズアップしたジャズ寄りのアルバムも好きです。

ボブ・ドロウとコンビで夢の来日公演、なんて
やっぱり無理かな・・・?
[PR]
by boppuccino | 2010-08-31 23:59 | products

work,eat,wear & live

c0077105_2314211.jpg


「くちぶえカタログ」
松浦弥太郎さんのエッセイ集、いや、随筆集が
最近、文庫化されてました。

松浦さんについては
このブログでも何度か取り上げていますが、
中目黒の古書店「COW BOOKS」の店主であり、
現在は老舗雑誌「暮しの手帖」の編集長でもあります。

この「くちぶえカタログ」では
松浦さんがふだんの生活の中で
ずっと愛用してきた「モノ」が紹介されているのですが、
その「モノ」をめぐるストーリーが
何とも軽やかで、まっすぐで、
時に青臭くて・・・・
まさに「松浦ワールド」全開、なのです。

そんな松浦さんの「審美眼」に、
僕はずっと憧れ、
影響を受け続けてきたんだと思います。

ちなみにこの本では
リーバイス501や
ブルックスブラザーズのボタンダウンシャツ、
L.L.Beanのトートバッグや
トップサイダーのスニーカー、
ビルケンシュトックのサンダルなどが紹介されていて、
アメカジ派にも大変オススメの一冊。
[PR]
by boppuccino | 2010-08-27 23:59 | books&magazines

6 cards from 6 cityies

また久しぶりの更新になってしまいました。

今年の初夏あたりに
全国6都市限定・枚数限定で発売されたという
スターバックスのプリペイドカード
「ご当地スターバックスカード」。


c0077105_1402638.jpg


左上から名古屋、大阪、京都、
右上から東京、横浜、沖縄、です。

たまたま3枚ほど入手した時点で
つい「コンプリート欲」が出てしまい、
様々なルートを駆使して、
全6種類、ついつい入手してしまいました・・・。

ご協力いただいたみなさん、
どうもありがとうございました。
ホントすいませんでした。
[PR]
by boppuccino | 2010-08-23 23:59 | products

Winter Collection in Summer



神戸ライブの映像、
続々アップされてる模様です・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-08-21 23:59 | sounds

about Cassidy Home Grown <2>

東京・原宿のセレクトショップ「キャシディ」。


c0077105_0333981.jpg


まだ「セレクトショップ」なんて言葉が
存在しなかった頃から、
移り変わりの激しい街で30年近く、
不動の地位を築いている。

その「キャシディ」の「顔」と言えば
八木沢博幸氏。

オープン当初からずっと今まで
店頭に立ち続ける「現場ひとすじ」の謙虚な姿勢、
豊富な知識と物腰の柔らかさ、
そして何より、抜群のファッションセンスで
各方面から圧倒的な支持を得ている。

そんなキャシディの新店が、
8月6日にオープンしたという。

その名も何と
「Cassidy Home Grown Hiroyuki Yagisawa」。

原宿に根を張り、
変化の激しい街で確固たる地位を築いてきた
キャシディにふさわしいネーミング。

そして何より、
控え目な八木沢氏があえて店名に
自らの名を冠したところに
「本気度」をひしひしと感じてしまう・・・。

そんな「Home Grown」に、初の表敬訪問。



c0077105_151378.jpg


キャシディ本店と同じく、
青と白を基調とした外観に、期待が高まる。

そして、ガラス扉の向こうを覗き込むと

「おおっ。」

八木沢氏がたった一人で
店番をしているではありませんか。

まさに八木沢ワールド、いや「八木沢ルーム」か。

さっそく室内、いや店内に入り

「こんにちは。」

「あ、どうもこんにちはボソボソ。」

あたたかく迎えてくれる八木沢さん。

ちなみにこの時、
決して広くはない店内には僕と八木沢さんの二人きり。

まさに八木沢さん独り占め・・・(笑)。

「着るだけでいいんで、
 いろいろ試着していって下さいボソボソ。」

という八木沢さんに勧められるまま、
キャシディ・オリジナルのジャケットやベストを
片っ端から試着させてもらいました。

他にも

「画伯みたいに上手には描けないんですけどボソボソ。」

と言ってデザインのスケッチを見せていただいたり、
コーディネイトの参考にしているという
昔のラルフローレンのカタログを見せてもらったり、
キャシディ本店だったら、
他のお客さんもたくさんいるし、
なかなかここまでじっくり
八木沢さんと会話できなかったはず。

この「密室性」こそが、
「Home Grown」の一番の魅力か?

そして、キャシディ本店では
今まで絶対に言えなかった

「写真撮らせて下さいっ。」

の一言も、
「Home Grown」では
すんなり言えてしまうのであった。

そんなわけで、意外にもこれが初めての
八木沢氏・記念撮影。




c0077105_1513625.jpg


そして何と、
八木沢さんご本人の希望により、
さらにアップで一枚。



c0077105_152189.jpg


僕にとっては、けっこう衝撃的な一枚(笑)。

あ、後ろの鏡に、
僕も少しだけ写っちゃってます。

八木沢さん、楽しい時間をありがとうございました。
今後の展開、期待しています。
[PR]
by boppuccino | 2010-08-16 23:59 | place

Tetsuro Yafune in Kobe

c0077105_8382389.jpg


8月7日深夜、
矢舟テツロー・ライブ・イン神戸、
おかげさまで大盛況でした。

今回は、神戸で僕のアルバムを
鬼のようにプッシュしてくれているレコードショップ
「ディスクデシネ」さんの8周年記念イベントに
ゲスト出演という形で呼んでいただきました。

初の神戸ライブだったのですが、
嬉しい事にたくさんのお客様が
僕の曲を知ってくれていて、
一緒に口ずさんでくれていました。

フロアとステージが一体になったような、そんなライブ。
僕も本当に感激しました。

そして、フロアの最前列でクネクネ踊りまくる
ディスクデシネオーナー・丸山氏の

「もっと〜」

「まだまだ〜」

の声に、
気が付けばアンコール2回、
90分を超えるステージに・・・

セットリストはコチラです。

1.Slide down
2.かくれんぼのバラード
3.あまく危険な香り
4.Winter Collection
5.ごめんなさいと言って
6.イタリアン・トラットリア
7.パスタ・ブルース
8.九回ウラ二死満塁
9.Try to forget
10.ターミナル
11.君は虹ガール
12.Fruits of the roots
13.サカナになって
14.会いたい人に、会いにゆく
15.Please Mr.Messenger
16.バールに灯ともる頃
17.永遠のメロディ
18.L-O-V-E

矢舟テツロー(vocal&keyboard)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(drums)



c0077105_1081281.jpg


「ぬおおおおおーっ。」

後悔なしの全18曲(笑)。
最後にジャンプしたら、足つりました(笑)。

ライブの後はそのままDJタイム。

DJ iLDが僕の曲をかけた時、
いつの間にか僕も、
DJブースの中に連れられていました(笑)。



c0077105_8421069.jpg


フロアのみなさんと一緒に「君は虹ガール」を大合唱。
忘れられない瞬間。

狂乱の「ディスクデシネ」8周年記念パーティー、
本当に、楽しい時間でした。

みなさんどうもありがとうございました。

で、翌日は「ディスクデシネ」を初の表敬訪問。
ステキなお店でしたよ。





c0077105_23471442.jpg


スタッフのハシダさん(左)とオダ君(右下)も、
前日の酒の影響を一切感じさせないさわやかさ(笑)。

ちなみにハシダさんは一部愛好家の間で
「神戸の上◯彩」と呼ばれているとかいないとか(笑)。

まあそれはともかく・・・・
短い日程ながらたくさんの出会いがあって、
思い出深い神戸ツアーでした。

会場に遊びに来てくださったみなさん、
関係者のみなさん、
どうもありがとうございました。

そして・・・
ディスクデシネ8周年、おめでとうございます。

Keep on!




******************
矢舟テツロー「Age of Vintage」、
着うた配信スタートしました。
iTunesでの配信もスタートしました。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by boppuccino | 2010-08-11 23:59 | live

Tetsuro Yafune live in Kobe

c0077105_19392586.jpg


c0077105_752341.jpg


~ディスク・デシネ8周年記念パーティー~

8月7日(土)
23:00~all night!
神戸・三宮「BLUEPORT
078-332-1105

specail live : 矢舟テツロー
矢舟テツロー(vo&key) 鈴木克人(bass) 柿澤龍介(drums)

guest DJ : DJ ilD (il Dramma)
DJs : Masao MARUYAMA (disques dessinee) Tetsuya OGAKI (markka.jp)

Fee:
ADV 2,500yen/w1d  
DOOR 3,000yen/w1d

http://www.disquesdessinee.com/
[PR]
by boppuccino | 2010-08-06 23:59 | live

good on !

去年あたりから「七分袖」がかなり好きで、
今年の春先には

「今年は真夏でも七分袖で通すぞ!」

と意気込んだのですが、
さすがにこの暑さで、
そんな意気込みもすっかり忘れていた今日この頃、
とある古着屋で

「おおっ。そういえば・・・。」

と思った七分袖Tシャツ。




c0077105_2246467.jpg


「Good On」の七分袖Tシャツ
made in U.S.A

古着の棚に紛れ込んでましたが、たぶん新品。
でもお値段は古着激安価格の1500円。
普通に買えば3400円みたいです。

古着屋で時々見かける、
古着の中に混ざって置いてある新品アイテム、
何だか得した気分で大好きです(笑)。

ラグラン袖の七分袖Tシャツといえば
ボディと袖で色が違う、
ツートーンのカラーリングのモノが多いですが、
あえて無地1色っていうのがオトナな感じで、
最近の「気分」です。



c0077105_2249853.gif


Good On(グッドオン)はたしか日本のブランドで、
「あの時代の雰囲気」を求めた末、
アメリカの片田舎の工場で生産を行っているとか・・・。

最近アメリカで生産を行う日本のブランドは
かなり多いですが、
Good On はそんな「ブーム」のはるか前から
「made in U.S.A」を貫いていたブランドだったと思います。

敬意を表したいです。
(って、定価で買ってないくせに偉そうでスイマセン。)




さてさて、
矢舟テツロー・イン・神戸まで
いよいよあと3日です。



c0077105_22464154.jpg


楽しみです。
ぜひ遊びにいらして下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-08-04 23:59 | products