<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

at last I met Mr.Ben Sidran

丸の内「コットンクラブ」で行われている
ベン・シドラン(Ben Sidran)の来日公演へ。



c0077105_142343.jpg


ベン・シドラン「大先生」の事は
このブログでも何度となく取り上げて来ましたが、
僕が最も影響を受けたミュージシャンの一人。

初めて彼のライブを観たのが
2002年の横浜「モーションブルー」での
ソロピアノ弾き語りライブ。

この時かなりの衝撃を受けて
(詳しくはコチラに)
それ以来ずっと
「あの時のベン・シドランのプレイ」を
頭に思い描きながら、演奏を続けて来ました。

そして、あれから8年。
ついに記念すべき瞬間が・・・。

実は今日、
とあるツテを頼って、ライブ後の楽屋に直撃。

ベン・シドラン大先生に、お会いして来ました。

僕は自分のアルバムが出るたびに
ベン大先生宛に航空便でCDを送っているのですが、

「あの、以前にCDを送りました、
テツロー・ヤフネと申します・・・。」

と言うと、

「ハーイ。モチロン覚えてるよ。」

と気さくなベン大先生。
感激です。

そしてニューアルバムを手渡し、記念撮影。




c0077105_133711.jpg


ついにここまで来たか・・・と感無量。

記念すべき一日になりました。

次の目標はやはり、
ベン・シドラン大先生との共演、でしょうか?

がんばります。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-29 23:59 | people

live with Shino Arima

7月28日、代々木「アルティカ」にて
友人のシンガーソングライター、
ありましのさんとのジョイントライブ、
無事終了いたしました。



c0077105_2358439.jpg


先日の「ヤフヤフ祭り」にも
コーラスで参加してくれたありましのさんとは、
何に数回、お互いの曲を一緒に演奏する、という
ジョイントライブをやっています。

今回は昨年のクリスマス以来の開催でしたが
相変わらずのいい雰囲気で、楽しかったです。

次はまたクリスマス・・・かな?

初めて行った「アルティカ」もとてもいいお店でした。

会場に遊びに来て下さったみなさん、
どうもありがとうございました。

セットリストはコチラです。

〜1st stage〜
1.美しいひと *
2.会いたい人に、会いにゆく **
3.I'll never fall in love again
4.アイノウタ *
5.Sweet memories
6.イタリアン・トラットリア〜パスタ・ブルース **

〜2nd stage〜
1.バールに灯ともる頃 **
2.手紙 *
3.My favorite things
4.三日月 *
5.君は虹ガール **
6.L-O-V-E

〜encore〜
1.Over the rainbow

(* written by Shino Arima)
(** written by Tetsuro Yafune)

ありましの(vocal & guitar)
矢舟テツロー(vocal & piano)
多田和弘(bass)
河野道生(drums & percussion)
[PR]
by boppuccino | 2010-07-28 23:59 | sounds

about Cassidy Home Grown <1>

原宿「キャシディ」の新店がオープンする、
という噂は少し前から聞いていましたが、
いよいよキャシディのHPにも、
詳細がアップされました。



c0077105_0461559.jpg


「CASSIDY HOME GROWN~HIROYUKI YAGISAWA」

キャシディの「顔」である
八木沢博幸氏の名を冠したその店名に、
「本気度」をひしひしと感じます。

オープンは8月6日。

本当に、楽しみです。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-26 23:59 | place

JAZZ ROCKIN' BLUES

7月24日、青山「ever」にて
イベント「JAZZ ROCKIN' BLUES」に
ライブ出演してきました。



c0077105_016335.jpg


ニューアルバムを出してから
クラブイベントでのライブの機会が増えていますが、
今回もいい雰囲気で盛り上がり、楽しかったです。

いい汗かいたな(笑)。

今日はフロアでたくさんのお客さんに

「アルバム持ってますよ。」

と声をかけていただきました。
しかもアナログ盤所有率が高かった印象。

とても嬉しく、また励みになります。

今回のイベントのオーガナイザーである
「Tequila Pro」の菅野克哉さん、
お誘いいただきありがとうございました。

また何か一緒にやりたいですね。

セットリストはコチラです。

1.Slide down
2.The seventh son
3.あまく危険な香り
4.Winter Collection
5.イタリアン・トラットリア
6.君は虹ガール
7.バールに灯ともる頃

矢舟テツロー(vocal&keyboard)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(drums)
[PR]
by boppuccino | 2010-07-25 23:59 | live

where is the rainbow girl ?

横浜は大好きな街なのですが、
横浜駅の周辺は、
とにかく人が多くて、かなり苦手。

そんな横浜駅周辺のざわめきを
一瞬、忘れられる場所が、
横浜駅から7〜8分歩いたところにある
ショッピングモール「BAY QUARTER」。



c0077105_2243644.jpg


すぐ目の前が海、という
ゴージャスなロケーション。

そしてその一角には
水上バス「シーバス」の乗り場がある。



c0077105_22432730.jpg

(写真はBAY QUARTER HP から転載しました)




僕が昨年の夏の終わりに作った
「君は虹ガール」という曲に

「港町/水しぶきあげて/過ぎ去るシーバス/みんな手を振るよ」

という歌詞があるのだが、
まさにこの「BAY QUARTER」の
シーバス乗り場を思い浮かべながら書いた。

実際には、
手を振っている人はほとんどいないのだが・・・。

ちなみに「君は虹ガール」の歌詞を書くのには
かなり苦労したが、仕上がった曲は
アルバムの中でもかなり気に入っている。

そんなこともあり、
「BAY QUARTER」とシーバスは
僕の中では特別な存在です。

みなさんも夏休みに横浜に行く機会があれば
ぜひ寄ってみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-23 23:59 | place

Mr.Hirth and me

c0077105_2324371.jpg


先日の、ハース・マルティネス東京公演
打ち上げパーティにおける
ハース氏との2ショット写真を入手しました。

いやはや貴重な一枚ですネ。
(July 17.2010)
[PR]
by boppuccino | 2010-07-21 23:59 | people

Hirth in Tokyo

11年ぶり(!)に来日した
ハース・マルティネス(Hirth Martinez)の
東京公演打ち上げパーティーに行ってきました。

今回のハース来日公演のプロデューサーである
長門芳郎さんに誘っていただきまして・・・
長門さんありがとうございました。

大御所ミュージシャンがたくさん集まるのかなぁ・・・と
緊張しながら会場までたどり着いたのですが、
いざ着いてみると、
かなりアットホームな雰囲気のパーティーでした。

ミュージシャンは僕を含め4〜5人だけで、
ハース氏の見守る中、みんな数曲ずつ演奏しました。

そして・・・ハース氏のミニライブも。

彼の名盤「Hirth from Earth」は
僕もずーっと聴き続けてきましたが、
まさかこんな至近距離で、
あの独特のダミ声を聴ける日が来るなんて・・・
本当に感激しました。

そしてさらに・・・・

長門さんの提案により
ハース氏と2人でセッションすることに・・・・。

ちなみに曲はハース氏の提案で
ジャズ・スタンダード、それもバラードの
「Polka dots and moonbeams」でした。

かなり渋い選曲であるところからして
ハースさん、
普段はジャズを演奏する機会が多いみたいです。

こういう時に、初対面でもすぐに
セッションできるのがジャズの良さで、
ジャズやっておいてよかったな、と思いました。



c0077105_2161097.jpg


記念すべき一日。

ハースさんから
「keep on playing」
のメッセージをいただきました。

ハースさん、長門さん、
どうもありがとうございました。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-17 23:59 | sounds

JOHNNY.B GOOD JOB

特に理由もなく
久しぶりの更新になってしまいました。
スイマセン。

音楽関係者の間で
最近ひそかに話題(?)の一冊、




c0077105_1533057.jpg


ジョニー・B・グッジョブ
浜田淳・著

音楽に携わる、
様々な職業に就く(あるいは就いていた)人々への
インタビューで構成された一冊。

クボタタケシさんや曽我部恵一さんも登場。
大変興味深い一冊です。

今、読んでる途中ですが、
色々と、考えさせられる事が多いです。




・・・で
自分が今やるべき事はというと・・・
新しい曲をたくさん作りたいと思ってます。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-15 23:59 | books&magazines

Rockmount

先日の「ヤフヤフ祭り」の
ステージ衣装用に購入したシャツ。



c0077105_7113046.jpg


Rockmountのシャツ
made in U.S.A

大好きなロックマウントのウエスタンシャツ。
大きさの違うギンガムチェックの生地を
組み合わせたクレイジーパターン。

向こう側が透けて見えそうなほど、薄手です。

いかにも日本のメーカーの別注アイテム、
って感じの一着ですね。

ちなみにコレ、
新宿にある某ショップの
セールコーナーで購入。

お値段はなんと、4900円でした。
定価の3分の1ぐらい。
お買い得・・・。

余談ですが最後に・・・
シャツと言えば、「SERO(セロ)」のシャツが
この秋復活するんですね。

原宿「キャシディ」の八木沢さんのブログで知りました。

キャシディの新店もオープンするんですよね。
かなり楽しみです。

スウェット番付だけじゃなくて、
「オックスフォードBDシャツ番付」も作らないと・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-10 23:59 | products

SAN FRANCISCO HAT

ストローハット全盛・・・というか
「カンカン帽」全盛のこの夏、
今からストローハット買うのって、もう遅い?
どうなんでしょ・・・・?

ちょっと迷うところであります。

が、やはり、欲しい・・・
ということで、
先日のライブ「夏のヤフヤフ祭り」のために
新たに購入したハットです。



c0077105_22344443.jpg


SAN FRANCISCO HAT のストローハット
made in U.S.A

短めのツバ、
クラシカルかつシンプルなデザイン、
しかも内側の「スベリ」の部分には
吸汗・速乾性に優れた「クールマックス」を使用し、
快適な被り心地。
しかもリーズナブルなプライス(7140円)、
そして何より「made in U.S.A」と、
申し分のないストローハットです。

Lサイズなら頭のデカい僕でもOK、
というのもまたナイス(笑)。

敬意を表したいです。

ちなみに僕は新宿にある某店で購入したのですが、
カラーバリエーションも豊富に揃ってました。

そして他にも「SAN FRANCISCO HAT」、
いろいろあるみたいです。



c0077105_22361782.jpg


c0077105_2237964.jpg


今まで「NEW YORK HAT」一辺倒だった僕ですが、
これからは「SAN FRANCISCO HAT」にも注目、ですね。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-06 23:59 | products