<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

American casual sweat ranking 2010 <1>

今からもう4年ほど前になるが・・・・
このブログを始めたばかりの2006年秋に、
「アメカジスウェット番付」なるものを作った(詳細)。

「made in U.S.A」にこだわる
スウェットブランドに「番付」を付けるという、
好きな人にはたまらない、
好きじゃない人には本当に、意味不明な企画。

で、2006年のアメカジスウェット番付は、
以下の通りであった。


横綱<東>Camber 
  <西>Champion(暫定)
大関<東>Goodwear 
  <西>American Apparel
関脇<東>Kell sports/Anvil 
  <西>Walla Walla/Mayo Spruce
小結<東>Alore 
  <西>Good on


加えて、こんな事も書いた。

「現在のアメカジスウェット界は
人気低迷と人材不足に悩まされている。」



が、あれから4年が経ち、
事態は思わぬ方向へ進む事となる。



2010年夏、セレクトショップに行くと

「えっ?こんなブランドが復刻?」

「えっ?コレ made in U.S.Aなの?」

といった場面に、
やたら遭遇するではないですか・・・。



例えば「Velva Seen(ヴェルヴァ・シーン)」

c0077105_23435959.jpg




例えば「Russell Athletic(ラッセルアスレチック)」

c0077105_2345375.jpg




例えば「Screen Stars(スクリーンスターズ)」

c0077105_23455379.jpg




そして古豪「Wilson(ウィルソン)」も・・・。

c0077105_23464231.gif




さらには、かつてはほんの一部の製品だけを
かろうじてアメリカで作っていた
横綱「Champion(チャンピオン)」も
この夏は次々にアメリカ製のアイテムをリリース。

c0077105_23483988.jpg


いや、他にもまだあったような・・・。



とにかく、絶滅寸前だった
「made in U.S.A」のTシャツが、
日本企画の復刻版により
当たり前のように手に入るようになってしまった。

で、ここはひとつ、
4年ぶりのアメカジスウェット番付を・・・と思う次第。

「アメカジ有識者」の意見を参考にしつつ、
近日中に暫定番付を、発表してみたい。

みなさんの「推薦ブランド」も、
ぜひお聞かせ下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-28 23:59 | products

check your tag

蒸し暑い日が続き、
街の古着屋の商品構成もすっかり
Tシャツ、ポロシャツ中心になった今日この頃。

久しぶりに某古着屋へ行き、

「夏に向けて一枚買っておこうかな・・・。」

と、ラルフ・ローレンの
USEDポロシャツコーナーを物色。

ちなみに
「ポロシャツを物色」
というと、
まずは気に入った色や柄を探すのが普通だが、
いであつし氏や僕のような一部愛好家(?)の場合、
色や柄やサイズは二の次、
まずはすべての商品のタグに書かれた「生産国表記」を
一気にチェックし、その中から

「MADE IN U.S.A」

のみをピックアップ。

そこからようやく、
自分に合ったサイズ、色、柄の事を考える、という
非常に面倒くさい買い物のやり方。



もちろん最近はアメリカ製時代の
ラルフ・ローレンのポロシャツを
1枚も置いてない店も多いので、
そういった場合は、完全な時間の無駄。
「喪失感」のようなものが残るだけだ・・・。

だからといって、
「ウチはラルフもアメリカ製にこだわってますんで」的な
古着屋さんだと、
値段もけっこう高めだったりするので、
「あんまりこだわってないチープな古着屋に
1枚置いてあるかないか・・・」の
アメリカ製ラルフのポロシャツを買うのが、
僕は好きなんです。




で、そんな感じで見つけたポロシャツ。





c0077105_14543661.jpg


Polo Ralph Lauren のポロシャツ
made in U.S.A

気になるお値段は・・・2100円。
アメリカ製でこの安さ、
この柄でサイズもぴったりなら、
かなりお得ですよね。



が、しかし、僕、
ポロシャツって、イマイチ似合わないんですよね・・・。

だからあんまり着ないかも(笑)。

楽しいのは見つけてから買うまで。
着るかどうかは二の次ってことで・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-21 23:59 | products

Now Noren in Matsudo

6月19日(土)
伊勢丹松戸店にて
綿谷寛画伯プレゼンツ「お父さん改造計画」
トークショー&ミニライブ、無事終了しました。



c0077105_1241223.jpg


イベント中の写真がないのが残念・・・
入手できたら公開します。

さて、今回、
僕はライブだけやればいいのかと思っていたのですが、
いや、それが、
「改造講座」の服選びから参加させていただき、
すっかりスタイリスト気分・・・(笑)。

紳士服売場を何往復もしながら
ああでもない、こうでもない、と
いろんな服を見て回って、
楽しい経験をさせていただきました。

トークショーでは改めて
綿谷画伯の豊富な知識を垣間見ることができ、
いろいろと勉強になりました。

「改造計画」ひとまず大成功、
ということで・・・。

会場に遊びに来てくださったみなさん、
関係者のみなさん、
どうもありがとうございました。



さて、イベント終了後は
画伯と僕と、そして
イベント会場に遊びに来てくれた
コラムニストのいであつし氏と、
3人でアメカジ談義。

画伯&いでさんといえば、
雑誌「Begin」の連載「ナウのれん」でおなじみの
ゴールデン・コンビ。

松戸の居酒屋で「ホンモノのナウのれん」が
開催されたのでした(笑)。

ちなみにいでさんとはこの日が初対面だったのですが、
何と、いでさんは僕のブログの愛読者だそうで・・・。
光栄です。



c0077105_0461633.jpg


いでさん(左)と画伯(右)

ちなみにいでさんが持っているのは、
何とあの「made in U.S.A カタログ」ではないですか!

本物初めて見ました。感激。

こうやって自慢するために
わざわざ持って来たらしいです(笑)。

ちなみに今日の飲み会は
某雑誌の記事の取材も兼ねているとか・・・・。
そちらも楽しみ。

画伯、いでさん、
今日はありがとうございました。
また飲みに行きましょう。

今度は八木沢さんも誘って・・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-19 23:59 | place

disques dessinee on line

全国に多くの熱狂的ファンを持つ、
神戸のカリスマ・レコードショップ「ディスク・デシネ」。

そのカタログに、
僕の過去のアルバム4枚すべてが
ラインナップされました!


www.disquesdessinee.com/




ホームページにはこんなバナーまで・・・。

c0077105_0585830.jpg


いや、本当に光栄です。
ガンガン売れてくれるといいな〜。

さらには・・・・

8月7日に開催される
ディスク・デシネさんの8周年記念イベントに、
ライブ出演させていただく事になりました。






c0077105_752341.jpg


初の神戸ライブ、
今から本当に楽しみです。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-18 23:59 | sounds

underwear meets underground

カラフルな色使いのスニーカーを
多くのショップで見かける
ドメスティック・シューズブランド
「Rhythm footwear」のファミリーセールに行ってきました。

で、結局、靴は買わずに
こんなモノを買いました。



c0077105_1193240.jpg


ロンドンの地下鉄路線図がプリントされたトランクス
生産国は不明。
made in U.Kだと思いたい・・・。

なかなかチャーミングで気に入ってます。

トランクス復権の日は近い?


最期に、余談ですけど
地下鉄路線図グッズって
ロンドンもニューヨークもありますよね。

で、「東京メトロ」の路線図グッズってありましたっけ?

どこかのセレクトショップとでもコラボレーションして作って、
「エキナカ」で売ったら、売れると思うのですが・・・。

・・・というのも、
最近原宿あたりに行くと
中国人と思われる観光客の方々、
本当に多いですよね。

「東京みやげ」需要、
かなりあると思うのですが・・・いかが?
[PR]
by boppuccino | 2010-06-16 23:59 | products

second fashion

ヴィンテージやレア物を数多く揃えた
こだわりの古着屋も好きですが、
どの街にもあるような普通の古着屋が
なんだかんだ言って好きだ。

気軽に入れるし、安いし、緊張しないし・・・。

が、しかし、
最近そういう「普通の古着屋」に行っても
ショップのオリジナルだか何だかの
新品のアイテムがやたらと増えて
古着なんてほんの2〜3割あるかないか、
というケースが、とても多い気がする。

もちろんその裏には
様々な事情があるのはわかるが、
アメカジ好き、古着好きとしては、すこし寂しい。

そんなある日、
都内某所のややチープな古着屋に入ると、
店内にこんな貼り紙。

「USEDアイテムすべて500円!」

え?
USEDって古着のことでしょ?
ってことは全品500円?

と思ったのだが、
店内を歩いているうちに

「ああ、そうか。」

貼り紙の意味がわかった。

この古着屋も、
僕がしばらく来ない間に
新品ばかり扱う店になっていて、
おそらくもう古着は扱わないのだろうか、
店内の一角に、全品500円の
「古着大処分コーナー」ができていたのだ。

何だか寂しいなー、
と感傷に浸るのをグッと抑え
買い物モードに気持ちを切り替え物色していると

「おっ。これは・・・。」

「おっ。これも・・・。」

と、

「コレ500円でいいの?」的アイテムが、
けっこうありました。






c0077105_138945.jpg


Levi's501
Leeのコーデュロイパンツ
RusselのVネック無地Tシャツ(ほぼ新品)

3点すべて500円。お得ですよね。

そして、3点すべて

made in U.S.A

なのでした・・・・。

ウフ♥




チープなプライスといえば今や
「ファストファッション」が全盛ですが、
それに対抗して、
チープ古着で「セカンドファッション」
なんてネーミング、どうでしょ?
[PR]
by boppuccino | 2010-06-11 23:59 | products

concert on the sea

c0077105_1252420.jpg



「jicoo the floating bar」
お台場の船上クルージングライブ、
無事終了いたしました。



c0077105_2356443.jpg


スゴイ色ですね。
(写真提供:中林氏)

週末ということもあり
遅い時間まで盛り上がって
楽しかったです。

バースデーサプライズも大成功で・・・。

それにしてもこのシチュエーション、
何度来てもたまらないですね。

またやりたいです。

参加して下さったみなさん、
ありがとうございました。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-11 23:59 | live

JICOO the floating bar

明日はお台場で船上クルージングライブです。
夜景も最高です。
ぜひ遊びにいらして下さい。



TETSURO YAFUNE LIVE
*******************************************
6月11日(金)
JICOO the floating bar presents



c0077105_13374430.jpg


LIVE:
矢舟テツロー(vo&key)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(drums)

出航時刻(どの時間からでもご乗船いただけます)
日の出桟橋発着所 20:00/21:00/22:00
お台場海浜公園発着所 20:30/21:30/22:30
(最終便は23:00に日の出桟橋帰港となります。)

料金:2500円
一度乗船したら(船から降りない限り)乗り放題です。
ライブは2ステージ行う予定です。

JICOO floating bar HP
[PR]
by boppuccino | 2010-06-10 00:00 | live

Swissy meets 8282

少し前ですが、4月29日に行われた
スウィッシーとのジョイントライブのレポートが
このイベントのオーガナイザーである
プロダクション・デシネのブログにアップされました。
ぜひご覧下さい。

www.productiondessinee.com

とても熱い文章が、ナイスです。
読みながらスウィッシーのスマイルを、思い出しました。



c0077105_23264637.jpg


また共演出来るといいなぁ・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-09 23:59 | live

mo・te・ki

c0077105_0425551.jpg


いきなりですが・・・・
マンガ「モテキ」全4巻、読了しました。

非常に良かったです。
そして・・・胸が苦しくなりました。

もうすぐドラマ化されるそうで、
そちらも注目。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-08 23:59 | books&magazines