<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

"fair trade" deadstock

2001年頃にアメリカでの生産を終了したといわれる
コンバース・オールスター。

それまでは日本全国の商店街の靴屋で
普通に売られていたアメリカ製のオールスターが
いつの間にか、古着屋を中心に価格高騰。
「made in U.S.A」の呪縛から逃れられない
日本のアメカジ派ピープルの間で
「お宝」アイテムになっていった・・・

という話は今までに何度も書いたが、
アメリカ生産終了からもうすぐ10年、
デッドストックの数も徐々に減り
かつての「過熱ぶり」もやや落ち着いた感が
なきにしもあらず、だが、
いやいやいやいや、
それでもやはり古着屋に行けば
誇らしげに「箱付きデッド」を飾っている店は多い。

で、気になるのは、その価格。

もちろん、色やサイズや製造年代などが
関係してくるとはいえ、
今や1万5000円以上のプライスを
付けているところも多い・・・。

現行品なら3000円〜4000円程度で買える
オールスターに1万5000円って・・・

いや、でも、これからさらに「枯渇化」が進めば
価格はもっと高騰するはず・・・

と、いろいろな考えが頭をよぎるわけだが、
個人的な見解としては

「オールスターに出せるのは、せいぜい1万円」

かな?

ってことはもうそろそろ、
手に入らないかも・・・と思ってたのですが、
探せばまだまだあるんですね。

某古着屋で見つけた一足。





c0077105_22332047.jpg


コンバース・オールスター
made in U.S.A

箱付きのデッドストック。80年代〜90年代の製造かな?
カモフラージュ柄、っていうのがまたナイス。

で、気になるお値段は・・・7140円。

かなり良心的で、そして
「常識の範囲内」のプライスではないでしょうか?

ちなみにこの一足だけ、一点モノ、でした。

ヒールの「MADE IN U.S.A」の文字が消えないように、
そぉーっと履きたいと思います。

スニーカー・アディクトの
はせ氏にも自慢出来そうな一足、かな?
[PR]
by boppuccino | 2010-05-29 23:59 | products

羽場さんのこと

池の上のライブバー「ボブテイル」の
マスターだった羽場達彦さんが亡くなられたそうです。

ここで取り上げるべきなのか迷ったのですが、
このブログを読んで下さっている方の中には
羽場さんのことをご存知の方も多いと思うので
書く事にしました。

僕にとってボブテイルは
音楽活動の「原点」と言ってもいい場所で、
羽場さんとは約9年間の付き合いでした。

特に出会ってからの4〜5年間は
本当に親密なお付き合いをさせていただき、
当時の僕の一番の理解者だったと思っています。

ただ、ここ2〜3年はほとんど会う事もなく
すっかり疎遠になっていました。

実は何日か前に、
とある動画サイトの僕のライブ映像に対して
コメントが寄せられているのを発見したのですが
その文章がどう考えても
羽場さんの文章だとしか思えなくて、
羽場さん今ごろになってどうしたんだろう、と
気になっていたのですが・・・

今思えば、
あの時すぐに連絡しておけば良かった。

そして亡くなられた日に、
羽場さんからメールが届いていました。

メールに気付いた時、
すぐに電話したのですが、
つながりませんでした。

羽場さんには本当に可愛がってもらい、
本当にお世話になりました。

羽場さんとボブテイルについての思い出は、
たくさんありすぎて・・・・
また改めてゆっくり書きたいと思います。

羽場さん、本当にありがとうございました。
ゆっくり休んで下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-27 23:59 | people

8282 on Music Shelf

「MUSIC SHELF 〜プレイリストから新たな音楽を発見する〜」
というサイトに、
矢舟テツロー・インタビューと
アルバム「Age of Vintage」制作中に「意識して聴いた」10曲の
プレイリストが掲載されました。


c0077105_14353423.gif

Tetsuro Yafune on Music Shelf

かなり読み応えのある内容になっていて、
その内容、個人的にも感慨深いものがあります。

というのも、
今回のインタビュアーは「TROVADOR」代表・中林直樹氏。

中林氏との付き合いは、2006年の秋に
彼が連載していた「ジャズ批評」という雑誌に
取り上げていただいたのが最初。
(詳細はコチラ。)

その後もずっと、
コンスタントにライブに来てくれて、
アルバムの制作にも協力してくれて、
そして何度もお酒をおごってもらって・・・と
精神面・金銭面(笑)ともに支えてくれた中林氏。

約3年半の時を経て、
再びこうして「取材」という形で会い、
少し改まって話が出来て、
とてもすがすがしい気分でした。

中林氏も「感無量」とつぶやいたとか・・・(笑)。

中林さん、
今回はありがとうございました。

これからも、いろいろとお世話になる予定なので、
どうぞよろしくお願いします。

ちなみに僕のライブ会場で
メタリックな髪型の酔っぱらいを見かけたら
それは上田馬之助ではなく中林氏である可能性が高いので
ぜひ声をかけてみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-25 23:59 | sounds

text of love affair

うおおっ・・・。





c0077105_10185122.jpg


これはスゴイ(汗)。
こんなに積まなくてもいいと思うのですが・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-24 23:59 | books&magazines

8282 summer festival

ついに解禁!
夏のヤフヤフ祭り!!

・・・というわけで、
7月2日(金)に吉祥寺「スターパインズカフェ」にて
矢舟テツロー・プレゼンツ「夏のヤフヤフ祭り」が
開催される事になりました。

その詳細が決定しましたので
いち早くお知らせいたします。

DJに僕のアルバム「Age of Vintage」の
プロデューサーでもある「はせはじむ」氏を迎え、
ライブでは「前園直樹グループ」が出演してくれます。
かなり楽しみな顔ぶれ。

みなさん、今から手帳にチェックしておいて下さいね。



~矢舟テツロー・プレゼンツ~
「夏のヤフヤフ祭り」

7月2日(金)
吉祥寺「スターパインズカフェ
0422-23-2251
武蔵野市吉祥寺本町1-20-16-B1
(JR吉祥寺駅北口下車,ヨドバシカメラ裏)

19:30~(19:00open)
charge:2700yen(前売)3200yen(当日)

LIVE:
矢舟テツロー

前園直樹グループ

DJ:
はせはじむ

ご予約:
お名前と人数を明記の上
boppuccino@excite.co.jp
までメールでお申し込み下さい(当日精算)。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-22 23:59 | live

Age of Vintage on MUSIC MAGAZINE

本日発売の「ミュージックマガジン」2010年6月号に
矢舟テツロー・インタビューが掲載されています。






c0077105_23322980.jpg


インタビュー&文章は宮子和眞氏。

こうして文章になったものを読むと、
スラスラと、ハキハキと喋ってるような感じなのですが、
実際はもっとボソボソと、
そしてポツポツと途切れがちに喋っていたような・・・
そんな気がします。

僕が喋りたかった事をきちんとピックアップしてくれた
宮子氏の文章力に感謝&敬服です。

「ミュージックマガジン」は
僕が中高生の頃に(リスナーとして)多大な影響を受けた雑誌。

もしも当時の自分がこのページを見たら、
どう思うかなぁ・・・と
思わず感慨深くなってしまいました。

そんなわけで、ぜひチェックしてみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-20 23:59 | books&magazines

how to layer 2010

最近のショップ店員さんの着こなしといえば・・・





c0077105_13303682.jpg


コレではなくて





c0077105_13311153.jpg


コレなんですよね。


僕もやってみます。
ウフ。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-19 23:59 | products

remember Mr.standard



大好きなジャズ・ピアニスト、
ハンク・ジョーンズが亡くなったという。
享年91歳。

チャーリー・パーカーとも共演し、
90歳を過ぎても現役だった、まさにジャズ界の「レジェンド」。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-17 23:59 | people

Begin


c0077105_11241161.jpg


5月15日発売の雑誌「Begin」7月号に、
ニューアルバム「Age of Vintage」の紹介記事が
掲載されています。

「我らが綿谷画伯がアルバムのジャケを描いているんです!」
という感じで、まさに画伯効果ですね。

画伯、そしてカナモリさん、
ありがとうございます。

ちなみに画伯&いであつし氏の
名物連載「ナウのれん」のお題は「モテスーツ」でした(苦笑)。
コチラも必読!
[PR]
by boppuccino | 2010-05-15 23:59 | books&magazines

jazz, blues and Waltz

東京郊外のベッドタウン・町田市といえば
アメカジ派にとっては
東京の「古着屋三大聖地」の一つ(?)として
おなじみの街だが、
そんな町田における「最初のアメカジショップ」として
あまりにも名高い、「クラウドナイン(Cloud 9)」に
久しぶりの表敬訪問。



c0077105_0504960.jpg


今シーズン超人気、
レッドウイングのワークオックスフォードシューズも
ちゃんと置いてありました。
(二段目真ん中あたり・・・)

さて、新品と古着、
インポートウェアと国内ブランドが
程良くブレンドされた
クラウドナインのラインナップの中から

「おっ?古着?新品?デッド?」

「USモノ?国内モノ?」

と、非常に気になるアイテムを発見。
そのアイテムとは・・・・




c0077105_05119100.jpg


「ワルツ(WALTZ MULE'S PHILOSOPHY )」のTシャツ。
made in Japan



そういえば、
以前クラウドナインで教えてもらい、
「気になるブランド」としてココでも紹介した「ワルツ」。



c0077105_129382.gif


ミュージックカルチャーとのリンクをテーマに掲げた
「made in Japan」の国内ブランドで、
ブルースやジャズをモチーフにしたアイテムが多いのがナイス。

「jazz meets American casual」をテーマに掲げてきた
「age of vintage」としては、
共感できる部分が非常に多いブランドです。

古着屋のTシャツコーナーのハンガーに掛かっていても
全く違和感のない「ヴィンテージな」プリントでありながら、
単なる懐古趣味や過去のレプリカで
終わっていないところがナイスだと思います。

ちなみにお値段は5800円(税抜)でした。

さて、帰り際、
当ブログにもたまにテンション高めのコメントを寄せてくれる
クラウドナイン・オーナーの
「ジョニー・ゲップ」こと大原氏に
顔写真付きでの「age of vintage」登場を提案してみたのですが

「いやそれだけは勘弁・・・」

と却下(笑)。

代わりにスタッフの真島氏が
オリジナルプリントTシャツ片手に登場してくれました。




c0077105_051483.jpg


いつも物腰の柔らかい接客がステキな真島さん。
ありがとうございます。

ちなみに・・・・
クラウドナインでも
僕のニューアルバム「Age of vintage」の販売がスタート。

それから特製ステッカーも、
レジ横の手軽に手を出せない場所(笑)に何枚か置いてあるので、
ぜひ行ってみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-05-14 23:59 | products