<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

live goes on ・・・

3月27日、
新宿「音 OTO」でライブでした。

クラブでのライブはかなり久しぶり。
お酒飲んで、盛り上がって騒いで・・・
いい雰囲気でした。
楽しかったです。
みなさんどうもありがとうございました。


c0077105_1312828.gif


c0077105_13225.gif


ちなみに写真撮影はプロデューサー&DJ・はせはじむ氏。

最近デジカメを購入したというはせさん、
早く撮影テク上達して下さい・・・(笑)。



c0077105_1323429.gif


現在、はせさんのプロデュースで
レコーディング中の土屋浩美さんと。
実はこれが初対面。

アルバム完成楽しみにしてます。



さて、4月14日のアルバム・リリースに合わせて
ライブを増やしていきます。

今日は4月〜5月の主なライブをざっと。
詳しくはまたお知らせします。

ぜひ遊びにいらして下さい。


TETSURO YAFUNE LIVE

4月5日(月)
六本木「BOSTON DREAMS
東京都港区六本木5-18-20 ファイブビルB1
03-3583-3988 

1st stage:20:00〜20:40
2nd stage:21:10〜21:50
3rd stage:22:20〜23:00

charge:3000yen

member:
矢舟テツロー(vocal&piano)
村松トマ(guitar)
多田和弘(bass)



4月16日(金)
吉祥寺「スターパインズカフェ
0422-23-2251
武蔵野市吉祥寺本町1-20-16-B1
(JR吉祥寺駅北口下車,ヨドバシカメラ裏)

19:00〜(18:30open)

charge:2300yen(前売)2600yen(当日)

全3組出演、矢舟テツロー出演は1番目(19:00〜)です。
他出演:「SARDINE HEAD」「ABC友の会」

予約:
http://www.mandala.gr.jp/spc/taituki/yoyaku.html

member:
矢舟テツロー(vocal&piano)
多田和弘(bass)
柿澤龍介(Drums)


4月17日(土)
青山「fai

open:23:00〜
live start:24:30〜

charge:未定

member:
矢舟テツロー(vo&key)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(Drums)

DJ:
森本祐爾、他

詳細分かり次第お知らせします。



4月25(日)
下北沢「440 -four forty-
03-3422-9449(11:30AM〜16:00PM)

start:19:00(open:18:30)
charge:2500yen(前売)3000yen(当日)

〜スチョリpresents「Moon Country」〜
大阪を拠点に活動するシンガーソングライター
「スチョリ」さんのイベントに出演。

出演:
スチョリ
スチョリ(vocal&piano)
安宅浩司(guitar)
田中馨<sakerock/ショピン>(bass)
辻凡人<bonobos>(drums)

「矢舟テツロー」
矢舟テツロー(vocal&piano)
鈴木克人(acoustic bass)
柿澤龍介(drums)

チケット予約:
kimsuchol@rhythm.ocn.ne.jp
(2010/4/24まで)



4月29日(木・祝)
渋谷「公園通りクラシックス
03(3464)2701
渋谷区宇田川町19-5山手教会B1F
(公園通り沿い「GAP」の隣)

20:00Start(19:3Open) 
charge:3500yen


c0077105_1424128.jpg


Swissy 「she smiles tour 2010」
フィリピン生まれ、オーストラリア育ちの
シンガーソングライター「Swissy(スウィッシー)」の
来日公演にオープニングアクトとして出演。

member:
矢舟テツロー(vo&key)
鈴木克人(bass)



5月2日(日)
外苑前「Z.imagine
03-3796-6757
地下鉄銀座線「外苑前」駅3番出口出てすぐ、
「ファーストキッチン」のあるビルの地下。

19:00open
1st stage:19:30〜20:15
2nd stage:20:45〜21:30

charge:2300yen

member:
矢舟テツロー(Vocal&Piano)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(drums)


どれもオススメのライブばかりです。
ぜひ遊びにいらして下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-03-28 23:59 | sounds

the forgotten shirt company

どこにでもある古着屋の、
どこにでもある
オックスフォードBDシャツコーナーといえば・・・

まずは「ラルフ・ローレン」の色とりどりの
ワンポイント付きBDシャツが約半分。

次に「GAP」やら「トミー・ヒルフィガー」やら
「バーバリー」やら「イヴ・サンローラン」・・・
といった世界各国有名ブランドの、
比較的新しいシャツが2〜3割。

あとは「Hathaway」とか「ARROW」といった
知る人ぞ知るアメリカン紳士服ブランドの
ややチープなシャツが2割程度。

名門「ブルックス・ブラザーズ」はというと、
かろうじて1割あるかどうか。
あってもサイズデカ過ぎがほとんど。

「ギットマン」や「アイク・ベーハー」は・・・ほぼ皆無。

たまーに「クリーヴ」や「イーグル」といったブランドの
アメリカ製のシャツを見つけて思わずニヤリ。

・・・・というのが、
よくあるパターン。

ですよね・・・?

いや、こういう、
どこにでもありそうな古着屋が、
やっぱり好きです。

緊張しないから・・・(笑)。



そんなありふれた古着屋で見つけた、
「ありそうでない」ブランドのシャツ。





c0077105_0164554.jpg


「ホルブルック(The Holbrook Company)」のB.Dシャツ

「ホルブルック」は「渋カジ」時代には
いろんなアメカジショップでよく見かけたシャツブランド。

クレイジーストライプのシャツを作っていたり、
どこかブルックスに近い雰囲気があって、
しかも価格はブルックスよりちょっと安めで、
けっこう憧れた。

いつか買おうと思っていたまま、
いつの間にか消えていたブランド。

そして消えてしまったことすら忘れてましたが
今回古着屋で、そのタグを発見した瞬間、

「おおっ」と、

反射的に手が止まりました。

そして無意識のうちに

「で、生産国は・・・?U.S.A?」

と、タグをチェックすると、残念ながら、
すでに中南米に移転した後の製品でした。

でもまあ、記念に購入。
お値段も1500円だし・・・(笑)。



最近いろんなセレクトショップやメーカーが
消えたアメカジブランドのライセンスを取得して
マニアックな復刻版をリリースしてますが、
次は「ホルブルック」の復刻なんてどうでしょうね?

誰も買わないか・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-03-25 23:59 | products

pre-release party

今度の週末、3月27日(土)に
新宿・歌舞伎町のクラブ「音 OTO」にてライブやります。

ニューアルバムのプロデューサーである
はせはじむ氏がDJで登場するクラブイベント。

プレ・リリースパーティー的な夜になりそう?

ライブスタートは、おそらく25時過ぎかと思われますが
お時間の許す方、ぜひ遊びにいらして下さい。


808

GUEST LIVE:
矢舟テツロー(vo&key)
柿澤龍介(drums)

DJ:
はせはじむ
中島博之
竹田周平
Bazaar
森本祐爾
下川耕平
ハルキカナマ
矢野利裕

Attendant:
ノリコ

CHARGE:
2500YEN(2drink) 
with flyer:2000YEN(2drink)

OTO:
1-17-5-2F
KABUKI-CHO SHINJUKU-KU
TEL:03-5273-8264
[PR]
by boppuccino | 2010-03-20 23:59 | sounds

the original Ben Davis

また一つ、「made in U.S.A」の復活!?

ワークウェアの老舗、
あの「ベン・デイビス(BEN DAVIS)」がこの春、
おなじみの古き良きオリジナル・ラインを
「made in U.S.A」で復刻するという。

ベン・デイビスと言えば
最近はセレクトショップ等の別注による
ライセンス生産(?)がさかんに行われ、
すっかり細身でモードな
お洒落ブランドになりつつある・・・。

保守的オールド・アメカジファンにとっては
ちょっと「遠い存在」になってしまった感があったが
今回はあのBEAMSが
アメリカ本国の「ベン・デイビス」社と
共同企画したそうで、
何より「オリジナルの復刻」、というのがポイント。

敬意を表したいです。




c0077105_228842.jpg


BEN DAVISのパンツ。
made in U.S.A
(写真はBEAMSのHPより転載させていただきました)

ちなみにお値段は11500円。

他に、ベン・デイビスの「代名詞」とも言える
ジップアップのプルオーバーシャツもリリース。



・・・って、昔から愛用していたようなフリして
実はベン・デイビスって今まで一度も着たことがない・・・。

昔はベン・デイビス着てる人って
とにかくみんなデカいサイズをダボダボに着てたから、
自分はちょっと手が出なかった・・・。

今だったらやはりジャストサイズ、ですよね?

ジャストサイズの「オトナなベン・デイビス」、
着るなら今しかない・・・か?
[PR]
by boppuccino | 2010-03-16 23:59 | products

the brand new FRISK

最近新しく発売された、
オレンジフレーバーのフリスク(FRISK)。
その名も「オレンジミント」。




c0077105_0223480.jpg


オレンジ色のケースに入って、インパクト十分。

お味の方はというと、最初はやや甘く

「アレ?子供の頃に食べたラムネのような・・・。」

という印象なのだが、
途中からスーッとしてきて、

「やっぱりフリスクだぁ・・・。」

といった感じ。

美味しいです。




・・・で、今日本当に書きたい事は、コレ。

「フリスクの詰め替えパック、発売して欲しい・・・。」

フリスクのプラスティックのケースは
確かにカッコイイけど、
カッコイイだけに
毎回使い捨てはいかがなものか、と思うわけであります。

そう思ってるフリスクラヴァーは多いはず・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-03-11 23:59 | food&drink

Winnie the Pooh Trunks Collection

男子アンダーウェア界の「王座」の地位を
ボクサーブリーフに奪われて久しい「トランクス」。

で、age of vintage では
今年のスローガンとして

「トランクスの復権」

を掲げたところ(詳細)、
たちまち大反響・・・・は一切なく(笑)、
いや、でも「微反響」ぐらいはあったか?

そんな反響の一つなのかどうかわかりませんが、先日、

「コレ、おみやげなんで履いて下さいよ。」

と、知人よりもらった袋を開けてみると、

「ムムム、これは・・・。」





c0077105_0372038.jpg


Winnie the Pooh のトランクス。




「・・・・。」

いや、コレ、ディズニーランドみやげだそうで。
アメカジ向きと言えなくもない、お茶目な一品・・・。

「ラギッド」のラの字もないですが・・・(笑)。

これから僕の「裏定番」アイテムにしようかと思います。
[PR]
by boppuccino | 2010-03-09 23:59 | products

deep sea party

近未来フォルムの「船上バー」に乗って
東京湾をクルージングしながら
DJとライブを楽しむイベント
jicoo floating bar presents
「deep sea party」に出演してきました。

前日までの雨もすっかり上がり、
春を思わせる暖かい一日。

お台場の美しい夜景に囲まれ、
最高のシチュエーションでのライブ。

本当に、贅沢な夜でした。
クセになりそう・・・(笑)。


c0077105_12351651.jpg


c0077105_1314951.gif


c0077105_1322665.gif


「遊覧船」の概念を
根底から覆すような空間・・・。

屋形船を想像してた人はビックリしますよね。



c0077105_12354818.jpg


客席には綿谷画伯の姿も・・・。
さすが、のお洒落っぷりですよね。



で、本日の演目ですが、
もちろんニューアルバム収録曲を中心に、
2ステージほど。

1st set
1.君は虹ガール
2.かくれんぼのバラード
3.あまく危険な香り
4.イタリアン・トラットリア
5.Please Mr.Messenger

2nd set
1.Slide Down
2.ハニーチャイは恋の味
3.ターミナル
4.Winter Collection
5.バールに灯ともる頃

矢舟テツロー(vocal&keyboard)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(drums)

はせさん、森本さん、関さん、お疲れ様でした。

鈴木さん、本村さん、
今日はありがとうございました。

またいつでも、呼んで下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-03-05 23:59 | sounds

the next

以前にもお知らせしましたが、
今度の金曜、3月5日に
船上クルージングライブに出演します。

矢舟テツロー・トリオで、
ニューアルバム収録曲を中心に2ステージの予定。
夜景も最高ですよ。
天気がやや心配ですが・・・。

予約不要なので、
ぜひフラッと遊びにいらして下さい。



c0077105_11484053.jpg


<JICOO the floating bar presents>
〜deep sea party〜

LIVE:
矢舟テツロー(vo&key)鈴木克人(bass)柿澤龍介(drums)

DJ:
はせはじむ、森本祐爾、関Z裕作

出航時刻(どの時間からでもご乗船いただけます)

日の出桟橋発着所 20:00/21:00/22:00
お台場海浜公園発着所 20:30/21:30/22:30
(最終便は23:00に日の出桟橋帰港となります。)

料金:2500円

一度乗船したら(船から降りない限り)乗り放題です。
ライブは2ステージ行う予定です。

JICOO floating bar HP





そしてもう一つ、
3月8日(月)には、
昨年から定期的に出演している
六本木の「ボストンドリームス」でライブです。

こちらはベースの多田和弘&テナーサックスの山崎浩、
お二人のユル系お兄さまとのトリオで
リラックスしたセッションをお届けする予定。

かなりゆったりと鑑賞できるかも・・・。



TETSURO YAFUNE TRIO LIVE
2010年3月8日(月)
BOSTON DREAMS
東京都港区六本木5-18-20 ファイブビルB1
TEL 03-3583-3988 

1st stage:20:00〜20:40
2nd stage:21:10〜21:50
3rd stage:22:20〜23:00

charge:3000yen

member:
矢舟テツロー(vocal&piano)
山崎浩志(tenor sax)
多田和弘(bass)
[PR]
by boppuccino | 2010-03-03 23:59 | sounds

the 3rd anniversary of 2nd

取り上げるのが
すっかり遅くなってしまいましたが、
現在発売中の雑誌「2nd」は
3周年記念特大号(祝!)。



c0077105_1342660.jpg


その特集「裏定番を手にしたい」にて、
何と、age of vintage の「2大V.I.P」(?)である、
原宿キャシディ・八木沢氏と
ファッションイラストレーター・綿谷寛画伯の対談が実現。

ちなみにお二人はこれが初対面だそうで、
ちょっと意外な気も・・・。


そして画伯は
「綿谷画伯に学ぶマイティーマック像」のページに
再び登場しちゃうモテっぷり・・・。

・・・というのも
昨年復刻された「マイティーマック」の
2010年春夏のカタログって
画伯のイラストが全面的にフィーチュアされてるんですね。

イラストはもちろん「マジ絵」の方で。
風俗ルポじゃないですよ。

いや、これが本当に、
素晴らしいんですよ。

そして・・・欲しい。

余談ですが僕、「マイティーマック」って
全然詳しくないんですよね・・・。

これを機に勉強させてもらいたいです。

僕にとって「マイティー」と言って
すぐに思い出すのはやはり

「マイティー井上」

・・・って、
そっちの方がよっぽどわからないか。

(マイティー井上:往年の名プロレスラー)



さて、話を戻して・・・

画伯のモテっぷりはさらに続き、
雑誌「ビギン」の表紙にも画伯のイラストが・・・。



c0077105_135061.jpg


さらに、
4月に発売される某ミュージシャンの
アルバムジャケットのイラストも手掛けるなど
今、ノリにノッてる画伯から、目が離せません。



さて、最後に、今発売中の雑誌といえば・・・

あの「ポパイ」も、
久しぶりにアメカジ派をうならせる特集。


c0077105_1372467.jpg


あのトム・ブラウンや
「Engineered Garments」の鈴木大器氏のインタビューを含む
ニューヨーク・ファッション特集。

表紙のデザインも最高で、
さすがポパイ、ですね。
[PR]
by boppuccino | 2010-03-02 23:59 | books&magazines