<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

house of magazines ?

最近どうも自分の中での
「雑誌コレクション欲」というものが
かなり薄れてしまい、
かつて大事に保管していた雑誌を久しぶりに見ても

「もういらないかな・・・?」

と思えてしまうことが多い。

と言って、捨ててしまうのもアレなので
ここで公開してみようかと・・・。




c0077105_23432288.jpg


左下の2冊はマガジンハウスから出ていた
ジャンク版オリーブ(?)「マッツ」の
創刊号(2000年7月)と第2号。

キャッチフレーズは「雑種スピリットでGO」。
ポップで、小ネタ満載で、
かなり面白かったのですが短命で終わった模様。
今や幻の雑誌か?

右下は今でも健在、
というか今やおなじみのLOHAS雑誌「ソトコト」の
記念すべき創刊号(1999年7月)。
こういう雑誌が10年も続いてるってスゴイですよね。

左上はマガジンハウス「relax」が
休刊を経て復刊した時の一冊(2000年2月)。
結局その後また休刊してしまうのですが、
好きな雑誌で、
音楽特集号などは何冊か保存してあります。

マガジンハウスのセンスの良さが
時代の先を行き過ぎていたのか・・・?

上段真ん中は雑誌「SPECTATOR」創刊号(1999年)。
創刊当初の「バァフアウト!」の
スピリッツが受け継がれた(?)一冊。

右上はおなじみ「BRUTUS」、
2000年7月のカフェ特集。
「m-flo」のCD付き。

こうやって並べてみて、
自分の「マガジンハウス好き」を再確認・・・。

そして「創刊号好き」も、再確認・・・。

この中に「探していた一冊」がある方、ご相談下さい。

boppuccino@excite.co.jp




それからコレ・・・
処分しようか、かなり迷っている雑誌群。



c0077105_23441695.jpg


雑誌「バァフアウト」の
第15号(1996年7月)から第34号(1998年6月)。

かつて大好きだった「バァフアウト」。
創刊号から第14号までは今後も保存の予定。
そして第35号以降は・・・買うのやめました。

そんな訳でこの時期の「バァフ」は
毎月きちんと買っていたけど、
徐々に読まなくなっていったので、
かなりの美品、モノによってはほぼ新品同様。

カジ君、カヒミさん、UA&ムラジュン・・・
それからラブタンバリンズのエリさんのヌード写真・・・
さすがに今見ると、萎えますね・・・(失礼)。

まとめて引き取ってくれる方は、ご相談下さい。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-31 23:59 | books&magazines

get WALLA WALLA, not AWA AWA

昼間はけっこう暑いのに、
夜になると急に肌寒くなったりして
アワアワする今の時期、
「七分袖Tシャツ」は大変重宝するアイテム。

「ワラワラ着れば、アワアワしない」

というわけで、
去年初めて買った
「ワラワラ」の七分袖フットボールTシャツを、
最近かなり愛用しているので、
色違いで2枚目を、購入しちゃいました。



c0077105_1262024.jpg


「ワラワラ(WALLA WALLA SPORT)」の
七分袖フットボールTシャツ。
made in U.S.A

赤×ネイビーのライン、
まさにアメカジの黄金配色。

下に写っているグレーが昨年購入したもの。
一年間着て、1cmぐらい丈が縮んでました。
もともとピチピチだったのが
さらにピチピチに・・・。

これ以上ピチピチになったら、
「ヘソ出し」の危機か?

いや、でもこういうアイテムは
ピチピチでタイトに着ないと意味がないので、
たとえヘソが出ていても、
たとえ乳首が透けていても、
それも「味」ということで、どうかご容赦を。

ちなみに購入したのは
東京・町田のアメカジの雄「カントリー(Country)」にて。

相変わらず妥協のないセレクションに
少し緊張しつつも、
カントリーで買い物をするのは
僕にとってはいつも、素晴らしい時間です。

改めて敬意を表したいです。

「ワラワラ」は最近かなり気になるブランド。
確か「ビームスボーイ」などで
レディースも扱っていたと思うので、
女性の皆様にもオススメしたいです。

でも何で「ワラワラ」って名前なんでしょうね?
[PR]
by boppuccino | 2009-05-28 23:59 | products

have a HANK

最近アメカジ派の間で
密かなブームになっているのが
何と、「バンダナ」であるという噂。




何故、今、バンダナなのか?

頭に巻くのか?

懐かしの渋カジ・スタイルか?


・・・と、謎は深まるが、
今、ヴィンテージのバンダナが
それなりに注目されているとか。

確かに、ジーンズや靴に比べれば、
ヴィンテージでもお値段は
グッとリーズナブルですからね・・・。

・・・で、
僕の所有するバンダナといえば、
ヴィンテージでも何でもなく、
もっぱら「HAV-A-HANK」のペイズリー柄のバンダナばかり。



c0077105_2338759.jpg


「HAV-A-HANK」のバンダナ。
made in U.S.A。

どこのアメカジショップでも
大手セレクトショップでも、
たいていレジ脇あたりで売っている、
あのバンダナ。

ちなみに頭に巻いたりは決してせず、
もっぱらハンカチとして使ってます。

お値段は1枚500円が普通ですが、
上野・アメ横の「ハナカワ」あたりに行けば
2枚で500円とお買い得なので、
アメ横に行ったらとりあえず何枚か購入。

僕はシブめの色ばかり選んでますが、
もちろん赤やオレンジ、ピンクもある。

ヘインズの3枚パックTシャツや
コンバースのオールスターなど、
かつて「いつでも、誰でも」手に入れることができた
アメカジアイテムの多くが
アメリカ製ではなくなってしまった今、
こんなチープなアイテムが
まだアメリカ製で手に入ることに、感謝です。

それにしても「HAV-A-HANK」って
どんなブランドなんでしょう?

昔も今も、
「アメカジブランド辞典」に載っているところを
ほとんど見たことがないのですが・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-26 23:59 | products

the gorilla is back ?

あの元メジャーリーガー・伊良部投手が
野球への情熱を捨て切れず現役復帰を決意、
マイナーリーグからの再スタートを果たすという。

そんな野球界のニュースに
胸を熱くしてしまう人も多い。

そしてアメカジ界でも、
一度は「made in U.S.A」の
ユニフォームを脱いだあの男が、
「Crafted with pride in U.S.A」への情熱を捨て切れず、
マイナーリーグからひそかに
現役復帰を果たしていたのであった。

その男とは・・・・?















c0077105_22105442.jpg


・・・ゴリラ?

いやいや、
ワークウェア界の名選手、
ベン・デイビスであった。

代官山のセレクトショップ「BENCH AT THE GREENE」と
「UNITED ARROWS BEAUTY & YOUTH」のみの特別展開で、
「made in U.S.A」のパンツが
生産されていたんですね・・・。



c0077105_22114697.jpg


c0077105_22121750.jpg


先日、都内某所の某UNITED ARROWSで見つけたのですが、
そのゴワゴワ感、さすが「made in U.S.A」。
もはやワークウェアの域を完全に超えた、希少な一品。
敬意を表したいです。

ちなみに、
個人的にはベン・デイビスの
ちっちゃめなベストが欲しいです・・・。


c0077105_221487.jpg



そして最後に・・・
かつては共に黄金時代を築いたライバル・・・
ディッキーズ選手やレッドキャップ選手の現役復帰は、
あるんでしょうか?

その情熱はまだ衰えていないと・・・信じたいです。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-22 23:59 | products

the bland new album of Nat King Cole

究極のヒップ・ミュージックか?
何とあのナット・キング・コールが、
「新譜」をリリース。


c0077105_2333658.jpg


「RE:GENERATIONS」NAT KING COLE

ナット・キング・コールの過去の音源を
マスターテープから掘り起こし、
ヴォーカル・トラックだけ抜き出したりしつつ、
そこに新たなトラックやヴォーカルを被せるなどして、
全く新しい楽曲として生まれ変わっている。

そのアレンジもヒップホップからレゲエ、ボサノヴァ、と
バラエティに富んでいて、ナイスです。
そして・・・ヒップです。



c0077105_23334584.jpg


紙ジャケット内部もこんなにヒップ。



ナット・キング・コールといえば個人的には
ストリングスオーケストラをバックに歌う後期の録音よりも
ベース&ギターとのトリオで、
自らもピアノを弾きながら歌う、初期の録音が好きだ。

そんな僕にとっても、
このアルバムは非常に「しっくり来る」内容。

彼の「ジャイヴな」ヴォーカルが、現代のストリートミュージックとも
違和感なく溶け込んでいるように思われる。

それにしても、
ここに参加しているミュージシャンについて
僕はほとんど知らない・・・。

「最近の音楽」にすっかり疎くなってしまった自分が情けないです。

最後に・・・
「ナット」の次は「チェット」を、希望します。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-21 23:59 | sounds

boxes of the 20th century ?

20世紀の遺品か?
こんなモノを保管していたことに気が付いた。



c0077105_14433426.jpg


昔の輸入盤CDの中には
縦長の箱に入れられて売ってるものがあった。

今はどこのお店でも
入口でピピッーって鳴るセンサーが設置されているが、
アレがまだ存在しなかった頃、
アメリカでは万引き防止のために
わざわざCDを大きな箱に入れて
目立つようにしていたのだと思われる。

箱を開けるとその中には
普通のプラケースに入ったCDが入っていて、
今だったら資源の無駄使いだと批判されるに違いない。
が、当時はこの箱がけっこう好きで、
切り抜いて下敷きに入れたり壁に貼ったりしていた。

そんな洋楽ファンは多かったのでは?

今でも、箱入りで売られているTシャツなどを見つけるとつい

「おおっ」

と思ってしまうのでした。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-18 23:59 | products

Ralph vs Levi ?

半袖のTシャツ1枚でも暑いかと思えば
次の日は長袖シャツだけでは肌寒い・・・
今年の気候はよくわかりませんね。

今の季節の、肌寒い日に着用するなら・・・



c0077105_2248681.jpg


「POLO COUNTRY」のGジャン。
made in U.S.A。

ラルフ・ローレンの、このタイプのジャケット、
デニムからウールまで、
いろんな素材とカラーバリエーションが
存在するようですが、僕が持っているのは、
素材は薄手のコットン、色はグレー。

さすがにラルフ・ローレンだけあって
他のワーク系ブランドのGジャンに比べると
かなりファッショナブルな作りですが、
肩の後ろのあたりが膨らんでいるのがちょっと、
かつての「オレたちひょうきん族」における
「タケちゃんマン」の衣装を彷彿させるようで
いつも気になってしまいます。

たぶん誰も
そんな事考えないとは思いますが・・・。

古着で買って、もう7〜8年着ているので
かなりヨレヨレです。



一方コチラはもう10年選手ですが
まったくヨレヨレになる気配なし、のタフな一着。



c0077105_22483469.jpg


Levi'sの「70506」
made in U.S.A。

どこにでもある、ごく普通のGジャンですが、
最近またよく着ています。

かつて僕が感じたアメカジの魅力とは、
着る人の年齢、性別、体型を選ばない、
誰にでも似合う「定番」が揃っている事、
そして誰にでも手の届く
リーズナブルな価格である事だったのですが、
リーバイスのGジャンは
まさにそういうアイテムだと思います。

個人的にはGジャンのボタンは
第2ボタンまで閉めて
カチッと着るのが好きです。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-16 23:59 | products

another side of HUgE

お洒落総合サイト(?)「フイナム(houyhnhnm)」内の
右近亨さんのブログ、
つい最近その存在を知ったのですが
最高に面白くて、ハマッてます。

http://www.houyhnhnm.jp/blog/ukon/

右近さんといえば雑誌「HUgE」のチーフエディター。

数ある男性ファッション誌の中でも
最もクールでトンガッてる「HUgE」の編集長ということで
さぞかしスタイリッシュなブログなのかと思いきや、
何と約半分が下ネタ・・・。
文章も極めて軽いノリで自虐的なギャグ連発、
という、素晴らしい内容。

もちろん下ネタのみならず、
「さすが」なファッションネタも豊富、
そしてその多くがアメカジ系の話題なのも嬉しいです。

エンジニアード・ガーメンツやギットマン、
そしてトップサイダーの話題など、
じっくりと「読ませる」文章で、本当に面白いです。

「HUgE」ってモード系中心でありながら
要所要所でアメカジの話題が出てくるのが
以前から好きだったのですが、
やはり右近さんのテイストだったんだな、と再確認しました。

笑えて泣けて、ためになる・・・そんな素晴らしいブログ。

「HUgE」と合わせて読むと、「表裏一体」で面白さ倍増か?

改めて敬意を表したいと思います。

でも女子のみなさんには
それほどオススメしませんが・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-14 23:59 | people

an old fashioned mug

最近、ジャンクな雑貨屋さんや
お洒落系セレクトショップ、
さらにはアメカジショップなどでもよく見かける
チープなプラスチックのマグカップがあって、
気になっていた。

今やいろんなお店で
いろんなプラスチックの
マグやタンブラーを売っているが、
他の似たような製品に比べると、
どこかレトロでシンプル、そしてチャーミング。
そんな「あたたかい」雰囲気を持っていて、
見つけるたびに気になってしまう。

ある日、そのマグを手に取ってみた。
そしてふと、カップの底を見ると

「おおっ。これは・・・。」

「やはり。そうだったのか・・・。」



c0077105_2316598.jpg


そこには何と、
「MADE IN USA」の文字が。

「またその展開・・・。」って言わないで下さいね。






c0077105_23181880.jpg



c0077105_23185460.jpg


「ダイネックス(DINEX)」のマグカップ。
(INSULATED CLASSIC MUG CUP)
made in U.S.A。

どことなく60年代風のテイストを感じるが
「ダイネックス」は1985年創業らしい。

一時期は生産中止という噂もあったらしいのだが、
ここに来て「完全復活」(?)を遂げ日本にも本格上陸。
とにかく最近やたらと見かけるのだ。
そして実際、売れまくっているらしい。

いや、確かに、
軽いし、割れないし、頑丈だし、
デザインやカラーもナイスだし、
家庭でもオフィスでもアウトドアでも、
さらには歯磨きのうがい用にも(?)、
あらゆるシチュエーションで使えそう。

僕もさっそく茶色のマグを購入し、
朝の一杯をカジュアルに演出・・・。



c0077105_23193583.gif


となりの赤いフレンチプレスも
ちょっと自慢したかったので、
登場させてみました。

そんな「ダイネックス」のマグ、
お値段も630円とお手頃なので
たくさん揃えたくなってしまいます。

色違いを揃えるのもいいけど、
同じ色をたくさん揃えるのも
業務用っぽくて良さそう。

「made in China」に圧倒されてしまった
マグ界における
「made in U.S.Aの逆襲」に、期待したい。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-12 23:59 | products

Georgie & Ben each other again ?

昨年の春、
東京・丸の内「COTTON CLUB」にて
素晴らしい共演ステージを見せてくれた(詳細
ジョージィ・フェイムとベン・シドラン。

昨年は一緒のステージで「Together again」でしたが、
今年は別々に来日公演を行うようです。

ってことは「Each other again」か?
会場は二人とも「COTTON CLUB」にて。

まずはベン・シドランが5月21日〜24日。



c0077105_23475669.jpg


いつものトリオやカルテットとは少し違う、
こんなメンバー。

Ben Sidran(org,vo)
Will Bernard(g)
Leo Sidran(ds,wurlitzer)
Bob Malach(sax)
Moses Patrou(per,ds,vo)
Joy Dragland(vo)

ベーシストがいない・・・?
ってことは、ベンがオルガンでベースも弾くのか?

「変わり続ける」ベン・シドラン大先生の
意欲的なステージに、期待したいです。



そして僕にとっての「神様」、
ジョージィ・フェイムの来日公演は、
ちょっと先なのですが、9月2日〜4日。



c0077105_23482567.jpg


いわば「芸能生活50周年記念公演」ですね。

ジョージィのライブといえば
大所帯のイメージがありますが
今回の編成は、何とトリオ。

Georgie Fame(org,p,vo)
Tristan Powell(g,vo)
James Powell(ds,vo)

「パウエル」姓の二人のメンバーは
共にジョージィの息子さんだったはず。
(ちなみにジョージィの本名はクライヴ・パウエル。)

そしてこちらもどうやらベースレス・・・。
最近の「ヒップ・ミュージック界」の流行か?
だとしたら、僕も検討しないと・・・。

もしくは単に人件費削減か・・・?

ベン・シドラン先生は
ここ数年ほぼ毎年のように来日してますが、
昨年の来日公演が約10年ぶりだったジョージィの
2年連続来日決定、というのは
本当に嬉しいですよね、ギンさん。

今から楽しみです。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-10 23:59 | sounds