<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

the 9th anniversary

アメリカンカジュアル、
略してアメカジ。

今でこそ「made in U.S.A」に
こだわりまくっている僕だが、
実は今から5〜6年前、
アメカジに、というより
洋服そのものに対する関心が、
かなり薄れてしまっていた時期があった。

その頃はアメリカのブランドの多くが
生産国をアジアなどに移し終え、
アメカジショップに行っても
「欲しい服がない」という事が多くなり、
雑誌を見てもアメカジの「ア」の字もない、
という事がほとんどで、
次第に買い物に行くのも面倒になってしまった。

そんな時、
たまたま通りがかった一軒の小さなショップ。

「へえ,こんなところにもアメカジの店があったのか・・・。」

と、軽い気持ちで入ってみると、

「おっ、これは・・・。」

木の香りがする店内には
所狭しと洋服が積んである。

入ってすぐのボトムスコーナーを見ると
「ガン・ホー」や「ポインター」、
「カリフォルニア・ブランド」といった
おなじみのブランドと一緒に、
「ヘイスタック」や「パインコーン」といった、
当時の僕にはなじみのないブランドのアイテムも
とにかく所狭しと積んであり、タグを見ると
「made in U.S.A」と書かれている・・・。

他にも「キャンバー」のスウェット、
「ベミジ」のウールシャツ、
「ニューバランス」のスニーカー・・・といった
昔からの定番アイテムはもちろん、
当時の僕が見たこともないようなブランドも
多数揃っていて、
その多くが「made in U.S.A」。

まるで僕がアメカジに興味を持ち始めた頃、
夢中になって通った
「こだわりの」アメカジショップのような・・・
そんな雰囲気とラインナップ。

お店にいるだけでワクワクするような
それでいてホッとするような・・・
久々にそんな気分になれた。

「まだこういうお店があったなんて・・・。」

僕はその時、
アメカジから心が離れつつあった自分に対し、

「このままでいいのか?」

と問いかけた。

答えはもちろん「No」。

もう一度、
かつて憧れたアメカジを追いかけてみよう、
そして、自分の一生のスタイルにしようと思った。

さらに、どうせなら
「made in U.S.A」に
馬鹿みたいにこだわってみるのもいいじゃないか、
自己満足でもいいじゃないか、と。



c0077105_23463997.jpg


そんな事を感じさせてくれたお店、
東京・町田の「カントリー(Country)」が
つい先日、オープン9周年を迎えたという。

ここで改めて敬意を表したいと思います。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-30 23:59 | place

Kazu talks American casual

ベーシスト・多田和弘、
アメカジとの出会い、
原宿キャシディへの想いを、熱く語る!

http://tadabass.exblog.jp/

感動的な内容、
読んでいて胸が熱くなりますね・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-28 23:59 | people

Gitman vintage gallery

アメカジ界における
オックスフォード・ボタンダウンシャツの雄、
「ギットマン・ブラザーズ(GITMAN BROTHERS)」が
今シーズンからスタートさせたという
「GITMAN BROTHERS VINTAGE」。

ギットマンというと
無地やストライプ、
あるいはギンガムチェックといった
シンプルな「定番」のシャツが思い浮かびますが、
こちらの「ヴィンテージ」ラインは
マドラスチェックなどの
カラフルなアイテムが売りのようです。



c0077105_23585239.jpg


c0077105_23592198.jpg


c0077105_23595133.jpg


c0077105_00246.jpg


c0077105_01164.jpg


デッドストックの生地を使用しているらしく、
その鮮やかなカラーリングがナイス。

どことなく「セレクトショップ的」というか、
いかにも日本のアメカジファンが喜びそうな
ラインナップなのは偶然なのでしょうか?

もちろんmade in U.S.A。



トラッド系のブランドって
どうしても保守的なところがあると思うのですが、
そんな中でも、「変わり続ける」ギットマンに
改めて敬意を表したいです。

そして・・・・
お買い求めはやはり原宿「キャシディ」で、
というのが、通の嗜みといえましょう。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-27 23:59 | products

king of fashion ?

先日、

「ケミカルウォッシュ、来てますよ。」

という発言(詳細)で
オールドアメカジ派をアッと驚かせた
若きお洒落ピープル、ばーちー君。



c0077105_1718755.jpg


が、しかし、
さらなるサプライズが待っていたとは・・・。



その日、
ばーちー君から一通のメール。

「8282さん、今日発売のチョキチョキって雑誌見て下さい。」

チョキチョキ?
何それ?
わからん・・・・。

そう思いつつも、
書店の男性ファッション誌コーナーに行ってみると、
あ、あった。

そして、

「こ、こ、これは・・・・。」

な、何と、表紙右上に、
「新おしゃれキング」として、
ばーちー君こと千葉雄大君の名前が・・・・。



c0077105_17183265.jpg


「あの男、キングだったのか。恐るべし・・・。」

おそるおそるページをめくると、

「グエッ。出たっ・・・。」

新キングが、
何と例のケミカルウォッシュを着用して
登場しているではありませんか・・・。



c0077105_1719750.jpg


「カワイイ・・・。さすがキング。」

ちなみに「ケミカルウォッシュ」とは
一言も書かれていないのでした・・・・。



おしゃれキング・千葉雄大君の今後の言動から目が離せません。

ばーちー君、おめでとう。
これからの活躍に期待してます。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-25 23:59 | people

Kazu on line

今やすっかりアメカジ派に転向した
ベーシスト・多田和弘。

最近ブログ始めて、
がんばってるみたいです。

http://tadabass.exblog.jp/


応援してあげて下さい。

多田さん、Keep on!
[PR]
by boppuccino | 2009-04-23 23:59 | people

all about American casual

先月、原宿の「ビームスプラス」に行った時に
HIDEさんから直接教えてもらった
「最強のアメカジ本」が、ついに出ました。

マガジンハウス「ポパイ」と「ビームス」が
ガッチリとタッグを組んで出来上がった一冊、
その名も「All about USA」。



c0077105_2215450.jpg


左がその「All about USA」。

ちなみに右は1998年に同じマガジンハウスから
雑誌「relax」の増刊号として出版された「BEAMS mania」。

・・・って自分の雑誌コレクションを
さりげなく自慢しただけなのですが、
この「マガジンハウス」と「ビームス」の
コンビネーションって、相性抜群だと思います。

「軽すぎず、重すぎず」というか、
本物指向でありながらも、
どこかお気楽路線というか・・・。

適度に「ジャンク」でありながら
読みやすい誌面のレイアウトも、さすがポパイ。



それにしてもこの「all about USA」、
ほぼ全編アメリカ取材で、
「オールデン」や「アークテリクス」、
「メインシューカンパニー」の工場のレポートなど
本当に興味深い記事ばかり。

さらに昔の「ポパイ」の誌面も
さりげなく紹介されていて、グッときますね・・・。

ちなみに表紙のイラストは
あの大滝詠一「ロング・バケイション」の永井博氏、と、
細部に至るまで、一切妥協ナシ。

敬意を表したいです。

まだじっくり読み込んでいないのですが、
これから先ずっと、何度も何度も
パラパラと繰り返して読むであろう一冊。

今のうちに2冊買いしておいたほうがよさそうです・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-21 23:59 | books&magazines

relaxin' at Ikenoue

4月19日、
東京・池ノ上「live bar ruina(ルイナ)」にて
「矢舟テツロー・トリオ」ライブ、
無事終了しました。

会場に遊びに来てくださったみなさん、
どうもありがとうございました。
すごく盛り上がり、いい雰囲気で楽しかったです。
客席からたくさんのパワーを、グルーヴを
もらえた気がします。
ありがとうございました。



c0077105_1102868.jpg


写真は開演前、
某コーヒーショップにてリラックスムード・・・。

左から私、ベース・多田和弘、ギター・村松トマ。
このメンバーではやや久々のライブでした。
「ドラムレストリオ」編成ならではの、
スウィンギーなナンバー、
そして「ルイナ」ならではの、
「ホンキートンク」的ナンバーを多めに・・・。



1.Moonlight monologue
2.Straighten' up and fly right
3.北京ダック
4.かくれんぼのバラード
5.Sweet Georgie Fame
6.イタリアン・トラットリア
7.On the sunny side of the street
8.Please Mr.Messenger
9.Don't get around much any more

encore
10.L-O-V-E

Tetsuro Yafune(vocal&piano)
Thomas Muramatsu(guitar)
Kazuhiro Tada(bass)


今日は他に「柳田健一」さんと
「コトリ木」さんが出演。
お二人のライブも素敵で、
本当にいい一日になりました。



c0077105_1621719.gif


写真は「コトリ木」さんと、ライブ後の一枚。
コトリ木さん、お疲れ様でした。
無事加古川に帰れましたか?
これからもよろしくどうぞ。

写真撮影はいつもの津田さん。
どうもです。

「ルイナ」では次回、6月19日にライブがあります。
ぜひ遊びにいらしてくださいネ。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-19 23:59 | sounds

Tetsuro Yafune on You Tube vol.2

YOU TUBE第2弾です。
前回同様、2008年5月18日、
外苑前「Z.imagine」のライブ映像です。

曲はサードアルバム「FRUITS & ROOTS」収録の
「イタリアン・トラットリア」。

この曲は僕が大学生の時、
「自分で歌う」ことを前提に作った初めての曲です。

当時は「カプリチョーザ」が大ブームで、
どこの街でも行列が出来ていたものです。

そんな事を思い出しながら聴いてください。

メンバーは

矢舟テツロー(vocal&piano)
村松トマ(guitar)
鈴木克人(bass)
柿澤龍介(drums)

です。



[PR]
by boppuccino | 2009-04-17 23:59 | sounds

a little and great find

先日、杉並区内の某所にある
ややチープなアメ雑(アメリカ雑貨)と洋服を扱う
ジャンクなお店の前を通ったので、

「ちょっと見ていくか・・・。」

と軽い気持ちで入ると、
店内の一角に「マンハッタンポーテージ」の
バッグやポーチが並ぶコーナーが。

「最近ホント多いよね・・・。」

と、そのまま通り過ぎようと思ったのだが、

「おっ、これは・・・。」

たった一つだけ、
左上に「MADE IN」の文字が入ったタグが・・・。

左上に「MADE IN」の入ったタグといえば
「MADE IN MANHATTAN」、
つまり「MADE IN U.S.A」の証。


c0077105_23264866.gif


中国製やベトナム製の現行品のタグからは
左上の「MADE IN」の文字が消えてしまっている

・・・って、
過去に何度も書いたので

「またその話題か・・・。」

って言われそうですが、
一応念のためということで・・・。




今から3〜4年前なら、
こういうお店に行くと
アジア生産の現行品の中にもまだ
「Buy American」時代の旧モデルが
7対3ぐらいの割合で混在していて、
ワクワクしたものですが、
最近はさすがに、
アメリカ製のマンハッタンポーテージを
見かけることはほとんどなくなってしまった。

・・・というわけで、
そんなに必要ないけど、そのまま衝動買い。





c0077105_23255032.jpg


Manhattan Portageのアクセサリーケース「1004」。
made in U.S.A

ちなみにお値段は現行品と同じ2940円。

それにしても最近は
街を歩けば2分間に一度ぐらいの割合で
マンハッタンポーテージのバックを
持ち歩いている人に出くわす。

完全に「メジャー」な存在になってしまった
マンハッタンポーテージのバッグ、
今さら持ち歩くのもちょっとなぁ・・・という
あまのじゃくな私は
人目にあまり触れない
小物類を中心に攻めていきたいと思ってます。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-14 23:59 | products

Caori meets TaCao

「渋谷系(しぶやけい)」

1990年代の東京の音楽シーンをリードした、
様々な「洋楽」の影響をストレートに感じさせる
洗練されたポップミュージック。

そんな「渋谷系」ムーブメントが生んだ
最も偉大なアーティストは?

と聞かれたら、
僕は迷わずに、こう答えたい。



「オリジナル・ラヴ・・・・田島貴男。」






最初はバンドからスタートし、
やがて田島貴男のソロ・ユニットとなった
オリジナル・ラヴ。

1991年から現在まで、
計14枚のアルバムをリリースしているが、
R30世代の渋谷系音楽愛好家に

「オリジナル・ラヴの代表作は?」

と聞けば、
おそらく多くの愛好家が



「うーん、<風の歌を聴け(4thアルバム)> かな?」

「いや、<RAINBOW RACE(5thアルバム)> でしょ?」

「やっぱり<プライマル>収録の<Desire(6thアルバム)> だろ。」

「でも私、<結晶(2nd album)> が好き〜。」



といった意見を寄せると思われる。

ちなみに個人的には
「ELEVEN GRAFFITI」(7th アルバム)が最も好きだ。

いずれにせよ、
マニアックな音楽性を追求した「渋谷系時代」を経て
より「ポップスの王道」を追求し、
人気、知名度、完成度、
全てにおいて進化を遂げていた1990年代の
オリジナル・ラヴへの評価は揺るぎないと思われる。

が、そんなオリジナル・ラヴも、僕の印象では
1998年発表の「L」(8th アルバム)あたりから、
やや様子が変わってくる。

それまでの甘美なメロディーやハーモニー、
聴き手の想像力を駆り立てるような楽曲、
そしてゆるやかで奥行きのある「黒い」グルーヴから、
よりストレートで「エグい」楽曲と
時には無機質ですらある直線的リズムへと、
変化を遂げていく。

当初の印象では

「よりリアルさを求めるようになったのでは?」

「過去のオリジナル・ラヴを破壊して
 新たなオリジナル・ラヴへと進化するのか?」

「やっぱ売れてるアーティストは
 好き勝手やっても許されるんだなー。」

といった感じで、
好意的に受け止めていたのだが、
でも、かつてのような

「何度も何度も繰り返し聴きたい」

という気持ちには、なれなくなってしまった。

それでもがんばって、
アルバムが発売されるごとに買っていたのだが、
結局、10枚目のアルバム「ムーンストーン」を最後に、
その後の4枚のアルバムには、
手が伸びないまま、今に至る・・・。

そんな、僕のようなファンは多いのだろうか?
次第に「オリジナル・ラブ」の名前を聞く機会も
少なくなっていく・・・。



が、そんな2009年の春、突如として、
「田島貴男(オリジナル・ラヴ)」の名前を
あちこちで目にすることに・・・。

それは・・・「Caocao」。



c0077105_23244340.jpg


持田香織と田島貴男による「新ユニット」、
その名も「Caocao」が結成され、
この春公開される映画「おっぱいバレー」の
主題歌をリリース。



c0077105_23251885.jpg


曲はあの「フィンガー5」の
「個人授業」のカヴァーだという。

どういう経緯でこの企画が実現したのか、
詳しい事情はよくわからないが、
僕としては今回のように、
もっともっといろんなところで
田島さんの話題を耳にしたり、
曲を聴いたりしたい、と思います。

「渋谷系肯定派」の僕としては
過去の曲ももっと気軽に歌って欲しいな、と思う。

いや、もしくは、
僕がモノマネで歌ってもいいんですが・・・。
けっこう似てるんですよ。


いずれにせよ、「Caocao」と田島貴男氏の今後に注目。
そして「おっぱいバレー」にも、注目です。ハイ。
[PR]
by boppuccino | 2009-04-12 23:59 | sounds