<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

American casual sweat ranking council

「アメカジスウェット番付」

2006年秋、
age of vintage が渾身の力を込めて作成したものの、
全く反響がなかった迷企画(詳細はコチラ)。

あれから2年とちょっと。
「アメカジ復権」の兆しが見える今こそ、
満を持して「アメカジスウェット番付2009年版」を、
作りたいと思うのだが・・・・。



まずは2006年版の番付を確認しておきたい。

横綱<東>Camber 

  <西>Champion(暫定)

大関<東>Goodwear 

  <西>American Apparel

関脇<東>Kell sports/Anvil 

  <西>Walla Walla/Mayo Spruce

小結<東>Alore 

  <西>Good on




そして、幕内上位力士に求められる条件として

「made in U.S.Aであることが好ましい」

「半袖Tシャツだけでなく、
 ロンT、スウェット、パーカー等幅広く生産していることが好ましい」

「Tシャツやスウェットは、基本的に無地であることが好ましい」

等々・・・・。



さて、2009年版作成にあたって
横綱審議会で最も問題となっているのは、以下の2点。


「2006年の時点では暫定横綱であったチャンピオン関。
 アメリカでの生産を終了してしまったものの
 日本企画の製品の一部で、
 かろうじてmade in U.S.A が存在するようだが、
 それだけで横綱としての品格、あるいは「心・技・体」を
 全て兼ね備えていると言えるのかどうか・・・・。
 引退勧告を出すべきかどうか・・・・。」

「今や圧倒的な人気と実力を誇るアメリカン・アパレル、
 史上最速での横綱昇進を認めるべきか?いやまだ早い?」



で、ひとまず私の個人的な見解による
「アメカジスウェット番付・2009年版」の
暫定バージョンを作ってみました。


横綱<東>Camber 

  <西>American Apparel

大関<東>Goodwear 

  <西>Walla Walla

関脇<東>Tailgate/Anvil 

  <西>Mayo Spruce/Kell sports

小結<東>Alore 

  <西>Good on


いかがでしょうか?

やくみつる氏や内館サンあたりから
反論が届きそうですが・・・。

ぜひみなさんのご意見を、遠慮なくお聞かせ下さい。



ただし、

「くだらなすぎる」

「どうでもいい」

といった意見はやめて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-30 23:59 | products

Forever in Harajuku ?

あの「FOREVER 21」が、
2009年春、ついに日本上陸。
原宿に直営店をオープン。


c0077105_23541532.gif


・・・と、
いかにも知ったような事を書いてますが、
いや、実は最近中林氏に教わるまで、
「FOREVER 21」の存在すら知りませんでした・・・。

中林さん情報ありがとう。
乗り遅れずに済みました・・・。

いや、もうすでに乗り遅れてる・・・?

さて、「FOREVER 21」は
アメリカ発の
低価格メガストア系(でいいのか?)の
ファッションブランド。

が、しかし・・・・
ここで注目すべきは、その大半のアイテムが、
何と「made in U.S.A」らしいです。
(全てではないらしいですが・・・。)

「低価格」「メガブランド」といえば
中国をはじめとするアジア生産が当たり前の今、
その姿勢にはやはり、敬意を表したくなりますよね?

・・・というわけで、
「H&M」日本上陸には全く興味を示さなかった
age of vintage でも気になるところです。

ちなみにその「FOREVER 21」の原宿店は、
何とその「H&M」原宿店のすぐ隣にできるらしい。

なかなかエグい展開ですね・・・。

しかもかつて
あの「ニューバランス」の直営店があった場所だそうで、
(いつの間にか閉店してたんですね。)
ちょっと複雑な気分ではあります。



それにしても、
いつの間にか低価格メガブランドが
乱立する街になってしまった原宿。

でも今から10年ほど前には
「パリ風」のオープンカフェが
乱立していたはずでは?

そんなオープンカフェも
今ではもはや1軒も存在しない・・・。



時代は変わる・・・。



10年後の原宿に
メガブランド系大型店は
一体どのぐらい残っているのだろうか?

良くも悪くも変化を続ける
原宿のアメカジシーンから目が離せません。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-27 23:59 | place

long time no see, LONG JOHNS

今や多数のアメカジショップがひしめき合い
「アメカジ・西の激戦区」として有名な東京・町田。

そんな町田における
「最初のアメカジショップ」といえば
「CLOUD 9 (クラウドナイン)」をおいて他にない。

さて、そんなクラウドナインに

「J.E.モーガンのサーマルが、
デッドストックで入荷したらしいでヤンス。」

との噂が、とある情報筋より
age of vintage に寄せられたのであった。

J.E.MORGAN(またはLONG JOHNS)といえば
かつてアメカジ派にとって
「サーマルの代名詞」と言っても過言ではない
おなじみのブランドであったが数年前に倒産、
もはや新品を入手するのは不可能となってしまった・・・。

悲しい・・・。

かつてはオッシュマンズのワゴンに
これでもか、と大量に積んであったのに・・・。

新品のJ.E.モーガンを入手できるのは貴重な機会、
いやこれが最後のチャンスか?

というわけで、
クラウドナインに表敬訪問。

店長の大原さんによると、
取引先の業者さんの倉庫から出て来たアイテムで、
サイズはSのみ。

カラーはホワイト、ネイビー、ブラックの3色だが
ブラックのみが「made in U.S.A」時代のモノだという。



c0077105_0463979.jpg


で、実際のところブラックが一番売れていて、
(やはりこだわってる人多いんですね。)
残っているのはすでにラスト1枚だという・・・。

「うーん、欲しい。欲しいけどサイズが・・・。」

ちなみに僕が普段着用してるJ.E.モーガンはサイズL。
サイズSではさすがに小さい・・・と思ったが、
でも大原さんの

「ここで買わないと一生後悔。」

という強力プッシュに負けて(?)
ついつい買ってしまいました。



c0077105_047982.jpg


やはりこのタグ、いいですね。
涙、涙で「made in U.S.A」が読めません。





が、後で着てみたところ、

「き、きつい・・・。」

全身タイツ並にピチピチでした・・・。

どうやらこのまま
保存&鑑賞用アイテムになりそう・・・。

サーマル鑑賞しながらニヤニヤしてたら
かなり不気味ですが・・・・。



さて、余談ですが
クラウドナインには他にも
コンバース・オールスターなどの
デッドストックが何足か入荷していて
(もちろんmade in U.S.A時代のアイテム)、
しかもサイズは「8(26cm)」あたりのナイスなサイズ。
かなりグッと来ました。

ちなみに僕のアルバム「FRUITS & ROOTS」も
レジ横にて販売させてもらってます。

クラウドナインのブログはコチラです。
http://wildthings.exblog.jp/
[PR]
by boppuccino | 2009-01-26 23:59 | products

how do you call E.G ?

今やアメカジ派のみならず、
多くのお洒落ピープルに
広く知れ渡るブランドとなった
「エンジニアード・ガーメンツ(Engineered Garments)」。

日本が誇る「made in U.S.A」ブランドの雄として
age of vintage ではこれまでに何度も
敬意を表してきたが、
その快進撃は、まだまだ続くようだ。




c0077105_2223414.jpg


何と2009年2月1日に、
初のフラッグショップをオープンさせるらしい。

場所は南青山だという。

渋谷でも原宿でもなく、
高級ブランドのショップが立ち並ぶ、
アメカジテイストの薄い街を選んだというところに、
自信と誇りが感じられる。

自分が好きだったブランドがメジャー化していくと
結果的にがっかりすることの方が多いですが、
エンジニアード・ガーメンツの場合、
「made in U.S.A」という
ブレのない強固なポリシーを持つだけに
安心感がありますよね。

早く南青山のフラッグショップに
行ってみたいです。







・・・・・・・と、
真面目な話題はここまでにして、




今日の本題だが・・・・

「Engineered Garmentsはどのように略して呼ぶべきか?」

という、今まで誰も取り上げなかったテーマに
果敢にも取り組んでみたい。

確かに長いので
毎回フルネームで呼んでたら面倒だが、
かといって、いきなり略して呼んでも
話し相手に通じるかどうか、何とも難しいところ。



ちなみに私の知る限り
「ネペンテス」の店員さんは頭文字をとって

「EG(イージー)」

と略していたが、
「キャシディ」の名物店長さんは
後ろの方だけとって

「ガーメンツ」

と呼んでいた。
(お洒落ですね。)

どうやら関係者の間でも
まだ略称は決まっていない模様・・・。



そこで今日は、
age of vintage が推奨する
Engineered Garments の略称を紹介したい。



エンジニアード・ガーメンツ、
略して・・・・・





・・・・・・




・・・・・・






「エンガメ」

でどう?






えっ、ダサい?

はずかしい?

「ギルガメ」みたい?(古いね)






いや、たしかに、
渋谷の「ネペンテス」で
お洒落な店員さんに向かって

「あの〜、えんがめの服ありますか?」

なんて、
僕は絶対に言えません。

勇気のある方、
ぜひトライしてみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-24 23:59 | place

UDON at SPC

1月23日

吉祥寺「スターパインズカフェ」にて
うどん付きライブ、無事終了いたしました。

遊びに来て下さった皆さん、
どうもありがとうございました。

で、今回の主役(?)のうどんは
開演前にメンバー全員で美味しくいただきました。



c0077105_0572212.jpg


左から
矢舟テツロー(vocal&piano)
柿澤龍介(drums)
多田和弘(bass)

最近ライブではいつもオーバーオールです。
そろそろ二着目欲しくなってきました・・・。
そして久しぶりに「s2w8」の派手なプリントの
ジャケット着用してみました。
相変わらず合わせる服が難しいです。



さて、今回はスターパインズ藤崎氏の
お気に入り(?)4組によるイベント。

で、他の出演者の
「ちくわぶ」「キッチン」「鈴木朋」の皆さんとも
ほとんど顔見知りだったので、和やかな雰囲気。



c0077105_13113014.gif


いわば「藤崎チルドレン」ですね。


でも会うのは皆かなり久しぶりだったので、
お互いの成長を確かめ合うような(?)、
そんな素敵な夜。

演奏にも気合が入りました。

で、今日はトリオでの出演、
いつもはウッドベースの多田さんは
あえてエレクトリックベースで、
よりグルーヴィーに・・・・。

そして久しぶり(半年ぶりぐらいか?)に
新曲を披露できました。

曲名は「TERMINAL(ターミナル)」です。

当日の朝にようやく仕上がった、という感じで
まだまだ改良の余地はありそうですが、
ひとまず評判も良かったみたいでホッとしました。

春頃までにもう少し
曲のストックを増やせたら、と思ってます。


今日の演目です。

1.FRUITS OF THE ROOTS
2.君の中の光と影
3.ハニーチャイは恋の味
4.かくれんぼのバラード
5.ターミナル
6.Please Mr. Messenger



次回ライブは2月6日(金)に
定例の外苑前「Z.imagine」にて。
ぜひ遊びにいらして下さい。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-23 23:59 | sounds

the next

金曜日は
吉祥寺「スターパインズカフェ」でライブです。

出演時刻が若干変更になり、20時15分頃〜になりました。

この日はチャージにうどん付き、という
おそらくスターパインズ初の試み。

作っていた新しい曲も何とか間に合いそうです。

お腹は空かせたままで、
ぜひ遊びにいらして下さい。




c0077105_0322291.jpg


*********************************************
2009年1月23日(金)
「寒い夜にはお鍋が最高(〆にはうどんね)」

吉祥寺「スターパインズカフェ
0422-23-2251
武蔵野市吉祥寺本町1-20-16-B1
(JR吉祥寺駅北口下車,ヨドバシカメラ裏)


19:00スタート(18:30オープン)
前売2500円(+1drink order)
当日2800円(+1drink order)
<特製うどん付き!!>

出演:
「ちくわぶ」
「キッチン」
「矢舟テツロー」
「鈴木朋」

<矢舟テツロー出演は20:15頃〜(3番目)です。>

member:
矢舟テツロー(vocal&piano)
多田和弘(bass)
柿澤龍介(drums)

メールにてご予約いただくと,
前売料金でご入場できます(当日精算・特典付き)。
お名前と人数を明記の上ご送信ください。
下記アドレスまで。
boppuccino@excite.co.jp

前日夜まで受け付けます。
ご質問などもお気軽にどうぞ。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-21 23:59 | sounds

Barbee Boys on the run

昨年もいくつかの「夏フェス」で
再結成ライブを披露したという「バービーボーイズ」。


今年はついに本格的な再結成!!!!




c0077105_0465696.jpg


2月に、何と17年ぶりのライブツアーを行うそうです。

2/13(Fri) Zepp Fukuoka
2/15(Sun) Zepp Tokyo
2/20(Fri) Zepp Nagoya
2/22(Sun) Zepp Osaka

しかしKONTA氏やいまみちともたか氏の
サイトを探しても、限りなく地味な印象。

オフィシャルサイトもあるみたいですが
こちらもメンバーの声などは一切なく、
何だか謎めいた雰囲気・・・・。

http://barbeeboys09.com/

やはり、生で体験するまでわからない、と
いうことでしょうか?

生で聴く「女ぎつね on the run」・・・。
うーん、行きたい・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-19 00:41 | sounds

farewell to J.CREW <2>

何日か前に
「J.CREW」の日本撤退について書いたが、
先日横浜に行った時、せっかくなので
「ランドマークタワー」の中にある
「J.CREW」に、かなり久しぶりに行ってみた。

当然、「閉店セール」を派手にやってるのかと思いきや、
普通の冬のセールはやっていたけど
「閉店」の文字は特になかった。

今や「J.CREW」の服はほとんど100%近くが
ライセンス生産の中国製のようだが、
こういう海外ブランドの場合、
服以外のアイテムは、
たま〜に本国などからの直輸入品が
さりげなく置いてあったりする(気がする)。

例えばベルトとか
ネクタイとか、靴とかバッグとか、
それでもダメなら香水とか・・・・。

で、さっそくベルトをチェックすると

「おっ・・・。」

やはり何点かはアメリカ製やイギリス製。

そしてネクタイをチェックすると

「おおっ、これは・・・。」



c0077105_014625.gif


「J.CREW」を代表するアイテムとも言える
マドラスチェックのパッチワークのネクタイのタグを見ると、
「Hand made in U.S.A」の文字。

そしてお値段はセール価格で5000円。

「うーん、ナイス。」

こういうグッと来るアイテムが、
まだまだあるんですね。

うーん、欲しい・・・
いや、でももしかして
今後「閉店セール」開催で
さらに激安価格になったりするのかも・・・・

などとあれこれ考え、
結局購入しなかったのですが・・・・。

結局「J.CREW」は
いつ閉店、いつ撤退なんでしょうね?

・・・・ってその場で店員さんに
聞けばいいだけの話ですが
僕はそういう事はしない(できない)人間なので・・・・。

1月末あたりにもう一度、
行ってみたいところです。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-17 23:59 | products

too cold winter and too long coat

毎日寒い日が続いてます。
いや本当に。

ここはひとつ、
セールでアウター購入、と
いきたいところですが・・・
全然買い物してません。

ここ数年はずっとコレです。



c0077105_032522.gif


「Engineered Garments」のコート。
made in U.S.A。

今から3〜4年前に
原宿キャシディのセールで購入。

ちなみに八木沢さんも
色違いを持ってるそうです。

「Aライン」シルエットで、
丈がかなり長く、ひざ下ぐらいまであります。

全裸にこれ一枚でも、
靴下履いていればたぶん通報されないと思います。

生地はコットン一枚だけなのですが
コットンダックのような厚手の生地なのでわりと暖かいです。

が、さすがにここ数日の冷え込みだとキツイので、
中にダウンベストなど重ね着しております。

みなさんも風邪ひかないように・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-15 23:59 | products

a bag but not for everyone

「a bag for everyone」をモットーに
1983年に創立された「Manhattan Portage」。



c0077105_1452819.gif


と言っても、かつて日本においては完全に
「a bag for アメカジ派ピープル」であり、
知る人ぞ知る、知らない人は全く知らない、という
「お洒落ブランド」であった。

が、そんなマンハッタンポーテージも
数年前にその生産地を
アメリカから中国などに移転。
さらには日本にも直営店をオープンさせるなど、
今や「a bag for お茶の間」と言っても過言ではない程、
メジャーなブランドになってしまった。

そんな現行品のマンハッタンポーテージから
すっかり興味が薄れつつあるアメカジ派ピープルも
数多いと聞く。

いや、もちろん僕もその一人なのだが・・・。

そんなあまのじゃくな
オールド・アメカジ派ピープルの皆さんに
今日はお聞きたいしたいことがあります。

以前、それもかなり前、
もちろんまだ「Made in Manhattan」だった頃の
マンハッタンポーテージと全く同じと思われる製品に
タグを付け替えただけの「別ブランド」が
存在したように思うのだが・・・・。

そのブランド名は、「Dispatcher(ディスパッチャー)」。

最近全く見かけないし、
ネットで検索しても全く出てこないのだが、
あれはどういうブランドなのでしょう?

もしかして、僕の気のせい?
もしくは記憶違い?
もしくは幻覚?
もしくは妄想?

いやいや、そんなはずはない。

なにしろ実際、持ってるので・・・。




c0077105_146978.jpg


「Dispatcher」のショルダーバッグ。
マンハッタンポーテージの「1427」と全く同じ型だが、
表面の生地がコーデュラナイロンではなく
コットンダックのような生地に替えてある。
ナイスです。

赤いタグにはブランド名の他に
「Made in New York City」の文字。
ナイスです。

ちなみにこのバッグを購入した場所は
何とあの、渋谷「ネペンテス」。
今から4〜5年前にネペンテスのセールで
たったの2000円。
あまりにもナイスです。。

今のネペンテスではもう
こういう「昔の在庫一掃処分」的アイテムは
セールでも登場しないんでしょうか?

ちなみに購入した時には、
マンハッタンポーテージのフラッシャーが
そのまんま付いていたので、
同じ工場で作った製品で間違いなさそうです。

むかーしネペンテスが
マンハッタンポーテージに別注をかけて作ったのでしょうか?

謎は深まるばかり。

・・・って、いや、
その場で店員さんに聞けばよかっただけの話ですが、
僕はそう言う事はしない(できない)人間なので・・・。

ちなみに購入した時、
他にもオレンジとか水色といった
「不人気カラー」と思われる色違いもあって
その時は

「うーん、ダサい・・・。」

と思ったものですが、
「made in U.S.Aのマンハッタンポーテージ」
って考えるとやはり、
まとめ買いしておいた方が良かったのかも・・・。

そんな「謎の別ブランド」についての情報、
お持ちの方はぜひ、お待ちしてます。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-13 23:59 | products