<   2007年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

bye bye 2007

今年も残すところあとわずか。

age of vintage も
年内はコレで最後にしようと思ってます。
今年も1年間、ご愛読ありがとうございました。

age of vintage を通じて、
多くの方々と知り合う事ができ
(といっても実際にはお会いしてない方がほとんどですが)
情報交換が出来たことを嬉しく思います。

ちなみに、
今年一年で最も反響の大きかった記事は
「マンハッタンポーテージ」の
made in U.S.Aデッドストックの
通販サイトについての記事(詳細)。

今までに20件近い問い合わせがあり、
今でもたまにメールが来ます。

「made in U.S.A」を渇望する、
一部愛好家の悲痛な叫び声を聞くたび、
複雑な心境になってしまいます。

2008年も引き続き「アメカジの復権」をテーマに
街行くお洒落ピープルの動向を
観察していきたいと思ってます。

よろしくどうぞ。



それと、音楽活動・・・・。

音楽活動に関しては、自分としては決して
満足のいく1年ではなかったのですが、
でも今年も多くの人と出会う事ができ、
僕が作りたいと思っていた
ある種の「音楽シーン」のようなものが、
少しずつですが出来つつある、という
手応えを感じることが出来ました。

来年はその成果を、
何とか「形」にしていけたら、
と思ってます。

そして「もう一つの課題」は、
原宿「キャシディ」の八木沢氏に
ライブに来てもらうことでしょうか。
何とか実現させたいですね。

そんなわけで2008年も、
ひき続きよろしくお願いします。

良いお年を。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-31 23:59 | people

AA Daikanyama

秋頃からほぼ毎週木・金曜日に
代官山のイタリアン・レストラン「デロンギーズ」で
ピアノを弾いているのだが、
年内は今日が最後。

最初の頃は、
いつも少し早めに代官山に到着して
いろんな店を見て回っていたのだが、
最近はもう、演奏開始時刻ギリギリに到着、
ということが多くなってしまった・・・。

でも今日は20分ほど早く代官山に着いたので、
久々にどこか見よう、と思い
どうせなら行ったことのない店、と考えていたら

「そういえば代官山のアメアパって行ったことないなぁ。」

ということにふと気付き、
アメリカンアパレル(American Apparel)代官山店に
行ってみることにした。

場所は何となく知っていて、
確か旧山手通りを上ったところにあるはず。

「ヒルサイドテラス」を越えて、
そろそろあるかな、と思ったのだが、
全然見当たらない。

さらに、「都立第一商業高校」を越えて、
この辺かな、と思ったのだが、
まだ見当たらない。

で、気が付けば、もう10分近く歩いていた。

「ダメだ。もう帰らないと、間に合わない・・・。」

と、芥川龍之介「トロッコ」の
主人公の少年のような心境になりかけた頃、

「あった・・・」

c0077105_1243537.jpg

ようやくアメアパ出現。

でも時間がなかったので
店の中には入らず、そのまま引き返すハメに・・・。

結局、20分間ただ散歩して終わってしまった・・・。

みなさんも「アメアパ代官山店」表敬訪問の際は
気をつけて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-28 23:59 | place

countdown 2008

12月31日・大晦日は何故か
新宿・歌舞伎町のうどんダイニング「つるとんたん」に
出演するのですが、
その後深夜に、渋谷の「emma LOUNGE」という
カフェ&ラウンジにてライブやることになりました。

「metro trip」の青木さん企画の
カウントダウンイベントです。
青木さんお誘いありがとうございます。
「ファシネイションズ」も出るらしい。
ライブだけで7〜8組出演予定らしく、
ナイスな年越しになりそうですね。

僕の出番は年が明けて
深夜1時頃〜になりそうです。

大晦日に渋谷近辺をブラブラしてる方はぜひ、
寄ってみて下さい。


「emma lounge-COUNTDOWN PARTY」

metro tripの青木多果が
渋谷「emma lounge」にてCOUNTDOWN PARTY を開催。
東京を中心に活躍するARTISTや
異色なDJが集まり今年最後を締めくくります。

12/31 
20:00〜
music charge 500円
drink all 500円

live:
the fascinations
青木多果 feat 火凛(trico soul)
助川太郎(メヲコラソン)
矢舟テツロー
etc

DJ:
青木多果(metro trip)
etc

「「emma LOUNGE」(エマ ラウンジ) 」
渋谷区道玄坂1-14-9ソシアルビル2F
03-3461-6699
[PR]
by boppuccino | 2007-12-28 01:52 | sounds

remember Oscar Peterson

ジャズピアノの「巨人」、
オスカー・ピーターソンが、亡くなったという。

享年82歳。

仕方のないことではあるが、
また一人、歴史に残るミュージシャンがこの世を去った。

圧倒的なテクニックを誇る
オスカー・ピーターソンのピアノは大好きだったが、
ひたすら弾きまくるピーターソンよりも
程よい音数のレッド・ガーランドの方が
普段聴く回数は多かったりする。

テクニックで言えば、
圧倒的にピーターソンの方が上のはずだが、
音楽とは、そういうものなのだろう。

ところで、
オスカー・ピーターソンと
あのナット・キング・コールが
交わしたというある「約束」・・・・

共にピアニストで、歌も歌う二人が

「ピーターソンはピアノに専念する代わりに、
ナット・キング・コールは歌に専念する」

という約束を交わしたという、
有名なエピソードがあるのだが、
本当に本当なのだろうか?

何故そのような約束を交わしたのか、
詳しい事情は知らないのだが、
冗談半分だったとかいう話も聞いたことがある。

でもその後ピーターソンは歌わなくなり、
ピアニストとして頂点を極め、
ナット・キング・コールも弾き語りをやめ
オーケストラをバックに歌う国民的歌手になる。

何ともミステリアスなエピソード。

偉大なるジャズピアノの巨匠に、
心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-26 23:59 | sounds

we're mountain parka brothers ?

まさにクリスマス当日。
昨日に続き、スターバックスコーヒー町田店にて
クリスマスジャズライブ。

c0077105_013834.jpg

構成は昨日と同じ。
そして昨日同様の盛り上がり。
サヤさん、劉さん、2daysお疲れ様でした。



さて、昨日のライブ前に現れたものの
そのままどこかへ消えた、Mr.KYが、
何と、今日も出現。

しかも今日は何と、
ライブが終わって15分後に
「あっ、あれっ、あれっ・・・。」
と言いながら出現。

何故?
やはり空気読めなかったみたいです。



ちなみにMr.KYだが、
最近いつもマウンパ(マウンテンパーカ)着用。
しかもこれが、いい味出してる・・・。
どうやらこの冬、古着で購入したらしい。

さっそくタグをチェックすると、
何と・・・L.L.Bean。

c0077105_0297.gif

(model:Mr.KY)

おそらく80年代〜90年代前半、
made in U.S.A時代のL.L.Beanのマウンパ。

ナイスなセレクト・・・。
そして足元はニューバランス。
やはりMr.KY、あなどれない男だ。

が、しかし・・・・

でもコレ、
そういえばどこかで見たことがあるな・・・
どこで見たんだろ・・・と思ったら、
何と、僕が持っているウールリッチのマウンパに、
かなり似ていて、色も全く同じ・・・。

c0077105_025176.gif

いや、made in U.S.A 時代のL.L.Beanのマウンパって、
ウールリッチの工場に発注して作っていたはずだから、
実は同じ製品か・・・。

ってことは僕とMr.KY、お揃いのマウンパ?
マウンパペアルック?
マウンパ兄弟?

先に買った人間としては、
そういうの、やめていただきたいのだが・・・。

やはりMr.KY、
空気読めない男であった。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-25 23:59 | sounds

BOP CITY CHRISTMAS EDITION

渋谷「公園通りクラシックス」にて
僕の企画によるライブイベント「BOP CITY」vol.21。
おかげさまで大盛況でした。

会場に遊びに来て下さったみなさん、
どうもありがとうございました。

そして今回出演してくれた
かちむつみさん、
Gypsy Vagabonz、照屋美穂さん、
みなさん素敵なステージを
ありがとうございました。

それから後藤さん、太郎さん、
いつもありがとうございます。

さて、僕はというと、
久々のドラムレストリオに、
「黒船レディ」をゲストに迎え、
クリスマスムードな選曲。

トマ君、多田さん、黒船レディ、
今日はお疲れ様でした。

黒船レディとのデュエット、
おかげさまで好評でした。
僕自身もぜひまた
チャレンジしてみたいと思ってます。
「矢舟黒船」というユニット名も、
ついたとかつかないとか・・・。



1.Ave Maria
2.Santa Claus is comin' to town
3.バールに灯ともる頃
4.Straighten' up and fly right
5.ハニーチャイは恋の味 (feat.黒船レディ)
6.忘れ物(feat.黒船レディ)
7.White Christmas(feat.黒船レディ)
8.心の鍵
9.Please Mr.messenger
10.L-O-V-E

矢舟テツロー(vocal&piano)
村松トマ(guitar)
多田和弘(bass)
水林史(guest vocal)



ちなみにライブ前には
トマ君と多田さんを連れて
僕のお気に入りの「将八うどん」へ。

c0077105_1224657.jpg

リラックス・ムードな一枚。

二人とも初の将八うどん、
かなり気に入ったご様子。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-23 23:59 | sounds

set up style of thermal wear

アメリカンカジュアル、略してアメカジ。

アメリカンステテコ、略してアメステ。
いや、略さないか。

さて、昨日取り上げた
サーマル素材の「ドロワー」、
自分では一度も買ったことのないアイテムだが、
何故手が出ないのか?

改めて考えた。

いろいろ要因はあるのだが、
その一つとして、
このパッケージが良くないのではないか、
という結論に達した。

c0077105_1471984.jpg

写真は「J.E.モーガン」のサーマルウェアのパッケージ。

モデルのお兄さんはというと、
上はサーマル長袖Tシャツ、
下はサーマルのドロワー、しかも同色セットアップ・・・。

そして顔は笑顔。
股間はもちろん、アメリカンサイズ(?)。

このダサさ加減、
本気なのか、ウケ狙いなのか?
いや、たぶん本気だと思う。

このパッケージを見るたびに、
購買意欲が失せてしまうのであった・・・。

最後に・・・

そういえば、ドロワーを履く時って、
その下にパンツ(下着)は履くのか・・・?

ふと気になった。

たぶん、ダイレクトに履けるように
作られているんだろうけど、
日本のシャイなお洒落ボーイは
パンツの上から履いて、
アメリカのオッサンは直接履くんじゃないか、
そんな気がする・・・。

そして、そんな事を考えてるうちに、
日本人向けに、サーマル素材で、
ひざ下ぐらいまである長めのトランクスを作ったら、
いいんじゃないか、と思ったのですが、
どうでしょう?

つまり、ドロワーとトランクスの中間。

あくまで下着でありながら、
普通のトランクスより暖かく、
そして脱いでもカワイイから女子ウケもいい(?)、
そんなナイスなアイテム、
キャシディあたりで製品化してくれないかな?
[PR]
by boppuccino | 2007-12-21 23:59 | products

American steteco style

寒い日が続く。

さて、前々回、
オッシュマンズにおける
「サーマルワゴン」について書いたが、
そのワゴンの中には長袖Tシャツの他にもう一つ、
必ず置いてあるサーマルのあったかアイテムがある

そのアイテムとは・・・

c0077105_1154556.jpg

「ドロワー(drawer)」と呼ばれる、
防寒用アンダーウェア。
写真は「Green Hills」のドロワー。
made in U.S.A。

まさに、
アメリカン・カジュアルにおける「ステテコ」。
いや、ステテコもここまでかわいいカラーリングなら、
ずいぶんそのイメージも変わったろうに・・・。

もしも加藤茶のステテコが
made in U.S.Aだったら・・・。

さて、このドロワー、
例えばコーデュロイパンツの下などに履けば
さぞかし暖かいだろうな、とは思いつつ、
でもこういう「肌着」を履くのって
何だか年寄りじみているような気がして、
一度も買ったことはない。
そして今後も買う予定はなし。

でも、履いてる人どれだけいるんだろ?

誰がドロワーを履いているのか・・・
肌着なだけにまったくわからないのがもどかしい。

ドロワー愛好家の方、
いらっしゃいましたらその履き心地について
こっそり教えて下さい。

でもステテコ愛好家の方のお便りは
お待ちしてません。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-20 23:59 | products

Tetsuro Santa in Shibuya

再び、紺ブレサンタがやってきた。
場所は、渋谷。

「スターバックス渋谷公園通り店」にて、
クリスマスジャズライブ。

c0077105_1304258.jpg

「公園通り店」は、
公園通りを上りきるちょっと手前。
澁谷駅周辺は相変わらずものすごい人込みですが、
ここまで来ればだいぶ落ち着いて、少しのどかな雰囲気。
そして時間はまたしても夕暮れ時。
いい雰囲気。

c0077105_1315822.jpg

ベースの多田和弘氏とデュオで
コテコテのクリスマスソング中心に2ステージ。

多田さん、お疲れ様でした。
栗原さん、渡さん、今日はありがとうございました。


ちなみに夜は、
新宿・歌舞伎町「つるとんたん」へ。
新宿も、渋谷に負けない人の多さ・・・。
トマ君、澁谷君、お疲れ様でした。

ちなみに次回の「つるとんたん」出演は、
何と、12月31日・・・。

いつもと少しだけ違う、
忘年会仕様でやろうかと思ってます。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-19 23:59 | sounds

another brand of American thermal wear

アメリカンカジュアル、略してアメカジ。

さて、先日久々に
「オッシュマンズ」に行った時、ふと気になった。

「J.E.モーガンのサーマル、どうなってるんだろう?」

冬のオッシュマンズには必ずと言っていいほど、
パッケージ入りの「J.E.モーガン」の
長袖サーマルTシャツがワゴンにどさっと積まれ、
1900円ぐらいで売っている。

が、しかし、
先日も書いたように(詳細)、
サーマルの雄「J.E.モーガン」は
最近倒産したという・・・。

「J.E.モーガン倒産」という
ショッキングな事実を受けて、
オッシュマンズの「サーマルワゴン」は今後、
どのように変化していくのか?
気になるところ。

で、かつてJ.E.モーガンが
どさっと積んであったサーマルワゴンへ行ってみると、
そこには何と・・・・

「グリーンヒルズ」のサーマルが、
どさっと積んであった。

そのナイスな光景を見て思った。
「オッシュマンズの選択は、正しい。」

c0077105_0503498.gif


「グリーンヒルズ(Green Hills)」といえば
あの、タンクトップでおなじみの
「ミラー(Miller)」を展開する
「モントン・ニッティング・ミルズ」のブランド。

c0077105_0511874.jpg

ミラーといえば「パネルリブ生地」で、
グリーンヒルズは「ワッフル地サーマル」だが、
確かにどこか共通するテイストが感じられる。
例えば、無地だけでなく
ボーダー柄を多数リリースしている点など・・・。

c0077105_052897.jpg

そして「ミラー」同様、「グリーンヒルズ」も
made in U.S.A に、こだわり続けているのであった。

そんな「グリーンヒルズ」、
アメカジ系ショップでは
以前からよく見かけたブランドだが、
どのショップでも、どさっと積んであるのは
だいたいJ.E.モーガンで、
グリーンヒルズはその隣りの棚に
ひっそりと置いてある・・・
そんな「知る人ぞ知る」存在だった。

それが、J.E.モーガンの消滅によって、
急遽、脚光を浴びる存在になりつつあるのか?



2007年を振り返る時、

「安倍首相辞任により急遽、福田首相誕生」

「オシム監督入院により急遽、岡田監督就任」

などが、この1年を象徴する出来事として
挙げられると思うが、
age of vintage ではもう一つ、

「J.E.モーガン倒産により急遽、グリーンヒルズ人気急上昇」

を、今年を象徴する出来事として、
記憶にとどめておきたい。

アメカジ界の偉大なる「急遽代役」、
グリーンヒルズに、ここで敬意を表したいと思います。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-18 23:59 | products