カテゴリ:products( 446 )

monologue about Cassidy<16>

東京、原宿「キャシディ」に
久しぶりの表敬訪問。

c0077105_21585575.jpg

実はキャシディの八木沢さんが
「キャシディ・ホームグロウン」に移られてからは
あまり(本店には)行かなくなってしまい、
気がついたら、全然行かなくなってしまっていた。
スイマセン・・・。

2月に「キャシディ・ホームグロウン」が
建物の老朽化が理由で閉店してから
八木沢さんはまたキャシディ(本店)に
復帰されるということで、
これからはまた、
キャシディに通いたいと思います。

そんなわけで久しぶりに
原宿「隠田商店街」周辺を歩きましたが
いろいろと新しいお店ができていてびっくり。
あと、行列のできるお店がたくさん出来ていて
これまたびっくりしたのでした。

で、キャシディに足を踏み入れると、
当たり前のように、八木沢さんの姿を発見。
ホッとしますね・・・。

久しぶりに八木沢さんと軽くお話をした後で
購入したアイテムが、こちら。

c0077105_21592898.jpg

ENDS AND MEANS のTシャツ
made in Japan

ENDS AND MEANSは
キャシディ愛好家(?)にはおなじみの国内ブランド。

c0077105_21590258.jpg

背中にもプリントがあって、ナイスです。

c0077105_21593343.jpg

さらにはキャシディで購入すると
こんなバッグも付いてくるのでした。

八木沢さん、いつもありがとうございます。

次は夏のセールあたりで・・・。



[PR]
by boppuccino | 2017-06-17 23:59 | products

GO:KEYS

c0077105_01161158.png
Roland
GO:KEYS(ゴーキーズ)

最近発売されたばかりみたいです。
4万円ぐらいで買えるらしい。
スピーカー付き、電池駆動で、軽量。
お手軽、お手頃で、いいですね。
買っちゃおうかな・・・。
ひとまず「欲しいものリスト」に追加しました。

最近のシンセはどれも高性能だから
安いやつで十分だと思います。
あとは腕次第、かな・・・?

最近赤いキーボード多いから、
色が赤じゃなければもっと良かったんですけどね・・・笑

[PR]
by boppuccino | 2017-05-12 23:59 | products

IKE's linen shirt

4月に入っても肌寒い日が続いてましたが、
ようやく春っぽくなってきましたね。

・・・というわけで、春らしい買い物。

c0077105_01040732.jpg
IKE BEHAR(アイク・ベーハー)のリネンシャツ
made in U.S.A

アイク・ベーハーといえば、
「ギットマンブラザーズ」と並ぶ
アメリカン・トラッドシャツブランドの雄。

c0077105_01042519.jpg

某通販サイトでちょっと安かったので
思わず買ってしまったのですが
届いた品物を触ってみると、

「う、薄い・・・」

リネン生地とはいえ、ここまで薄いとは・・・。
素肌に着たら間違いなく、乳首透けるレベル(失礼)。

c0077105_01050883.jpg
下に着たTシャツがこれだけ透けると、
下に何を着るかが、とても難しいですね。

女性の場合、
派手なキャミソールを着たりすれば
「カワイイ」ってなりますが、
男の場合は・・・
「Miller」のタンクトップとか?

いや、よほど肉体に自信ないと、難しいですね。

というわけで、
春夏の課題が残ったのでした。

やはりトラッドな白シャツはオックスフォード生地にしておけ、
ということなんでしょうね。

[PR]
by boppuccino | 2017-04-04 23:59 | products

meaning of 「H.D」

赤坂「ARK HiLLS CAFE」にて
the fascinations のライブがあったので
遊びに行ってきました。

1曲、飛び入り参加で
「Never did I stop loving you」も
歌わせてもらっちゃいました。

c0077105_17553453.jpg
メンバーの皆さんとも久しぶりに会えて
嬉しかったです。
やはり、かっこいいバンドです。

塩川くんのギターも、最高ですね。

渡辺さんは相変わらずダボダボの服を着てましたが
ここのところダボダボのパンツ履いてる
お洒落な人多いですよね。

時代が渡辺さんに追いついた・・・?笑

あの「ネペンテス」の1ブランド、
「Needles」のInstagramでも最近よく見かける
ダボダボの太いパンツ、「H.D パンツ」って言うんですね。

c0077105_18011778.jpg

(写真はネペンテスHPから転載)

「H.Dパンツ」って言葉、「アメカジ界」に存在したっけ?
聞いたことあるような、ないような・・・と思って
検索したら「ヒザデルパンツ」って言う意味だそうです。

「え、ヒザデル?ヒザデルって英語じゃないよね?フランス語?」

と思ってさらに検索したら日本語で、
そのまんま「膝出る」らしいです。

「膝が出てるからヒザデル」って
ん?短パン?
膝出てないじゃん・・・と最初は思いましたが
そうではなくて膝の部分(のシルエット)が
大きく出ているからヒザデルみたいです。

ホントかな?
もし違ってたら教えてください・・・。

個人的には太めのシルエットは
大好きですが、この太さはなかなか
難しそうですね・・・。

「それって『ボンタン』ですか?」
「昔不良だったんですか?」

って言われないように気をつけたいです。

[PR]
by boppuccino | 2017-03-17 23:59 | products

it's only a paper bag

前回書いた「Blue Radio.com」の
ラジオ番組の収録で浅草橋に行った時、
主に業務用の包装資材などを扱う
「シモジマ」の本店があったので
なんとなくフラッと立ち寄ってみた。

ちょうどバレンタイン時期だったので、
店頭にはかわいいラッピング用品たちが、
ディスプレイされていたのであった。

c0077105_02342694.jpg

その可愛さに圧倒され、
ちょ、ちょ、ちょっと自分には場違いだな、と思ったその時
ある文字が目に入った。

「おっ、これは・・・」

c0077105_02373146.png
そこにはなんと、

「アメリカより旬な袋が届きました」
「made in U.S.A」

の文字が・・・。

というわけで、
バレンタイン用の資材を買う女子たちに混じって
思わず買い込んでしまった
アメリカ製紙袋。

c0077105_02385634.jpg
c0077105_02390464.png
「カワイイ」といっても
日本のファンシー紙袋とは一線を画す
スタイリッシュさ。

好きです。
カワイイです(笑)。

[PR]
by boppuccino | 2017-02-21 23:59 | products

GITMAN BROS.

あまり期待せずに入った、
都内某所のリサイクル系古着屋で見つけて
ついつい買ってしまったモノ。

c0077105_22403467.jpg
GITMAN BROS.のオックスフォード・ボタンダウンシャツ。
made in U.S.A

あのギットマン・ブラザーズのボタンダウンシャツ、
古着ではあまり見かけませんが、
リサイクル系古着屋ならではの発見、かも。

で、気になるお値段は・・・4800円。
未使用品ではなさそうですが、
ほぼ新品に近い、
ほとんど着用していないような雰囲気。

スリムなシルエットで、丈も短め。
どこかのセレクトショップの別注品、かな?


c0077105_22404287.jpg
一番下のボタンホールだけ、
横向きで、糸もオレンジ色。
個人的には、あんまりこういう細かい芸は
求めていなかったりするのですが・・・・(スイマセン)。

やはり白シャツは、何枚あってもいいものですね。





[PR]
by boppuccino | 2017-02-13 23:59 | products

WALK OVER

お正月に、僕がいつも注目している
激安通販シューズ販売サイト「Z」店の
新春セールで入手した一足。


c0077105_01503772.jpg
WALK OVER の「CHASE」
made in U.S.A

あのウォークオーバーが・・・なんと5990円。
定価は2万円代後半でしょうか?
安いですよね〜。

紐はグリーンとブラウンの2色付き。
シューズケースの巾着袋付き。
箱のデザインも渋くて、
箱好き(笑)にはたまらないですよね。

何年か前に復刻されたウォークオーバー、
初めて買いましたがビブラムソール装着で、
ドレッシーな見た目なのに、とても軽いです。
かなり現代的にアップデートされてる印象。
気軽に履けそうです。

で、肝心の履き心地はというと・・・・
あ、まだこれ履いて外出してない(笑)。

[PR]
by boppuccino | 2017-01-10 23:59 | products

Wrangler's Corduroy

更新サボっている間に
すっかり秋が深まってきましたが・・・
秋冬になると履きたくなる
コーデュロイパンツ。

ジーンズと同じシルエットの
5ポケットタイプが、やはり好きなのですが
最近は古着のコーデュロイパンツも
状態が良くてサイズの合うものって
なかなかないですよね。

ましてLevi'sやLeeの「made in U.S.A」のモノとなると
滅多に見かけないのが現状。

そんな中、とある古着屋にさりげなく置いてあった
一本のコーデュロイパンツ。

ブランドは・・・意外にも、ラングラー。

c0077105_03583559.jpg

「おっ、ラングラーのコーデュロイパンツ。珍しい。」

「でもどうせ、ゴリゴリのブーツカットなんでしょ?」

「ベルボトムのラングラーなんて、カウボーイじゃあるまいし・・・」

と思って広げてみると、意外にも、
ごく普通のストレートカット。

「なんか、上品だな・・・。」

と思っておそるおそるタグを見ると
なんと、「made in POLAND」。


c0077105_04012810.jpg


ラングラーってあまりヨーロピアンなイメージないですが、
作ってるんですね。
しかも、東欧で・・・。


c0077105_03491056.jpg
そんなわけで、ラングラーのコーデュロイパンツ。
カウボーイスピリッツはグッと抑えて、
ごく普通の、ストレートタイプ。
普通が一番、です。

コーデュロイパンツ履くと
見た目も肌触りも、
一気に「秋冬感」高まりますね。

[PR]
by boppuccino | 2016-11-07 23:59 | products

GOODWEAR but ・・・

夏の主役・Tシャツといえば、
数年前は地肌が透けそうな
ペラッペラの薄手の生地が主流でしたが
ここ数年は「チャンピオン」を始めとする
厚手の生地が完全に復権した様子。

時代は繰り返す、ですね。

でも、世間一般で流行している
アメカジブランドは
あえてちょっとだけ避けたい、
「あまのじゃく」な自分としては
ここはひとつ、
「チャンピオン」以外のブランドで厚手のTシャツを・・・。

で、やはり真っ先に思い浮かぶのが、
「CAMBER(キャンバー)」なのですが
実際、東京の猛暑に
キャンバーのヘビーウェイトの生地は、
ちょっとキツイかも・・・

<暑すぎる東京の夏>
<厚すぎるキャンバーのシャツ・・・>

そんなライムを踏みつつ(笑)
ふと思い浮かんだのが「GOODWEAR」。

厚手だけど、
キャンバーほど分厚くもないし(たぶん)、
チャンピオンみたいに、
でっかいロゴマークもプリントされてない。
(あ、プリントされてるのもあリますね・・・笑)

そして何より

made in U.S.A

というわけで、久しぶりに
「GOODWEAR」の無地Tシャツでも買おうかと
とりあえずネットで検索すると、
あの「Right On」の通販サイトが
一番安い、みたい。

「Right On」なら近くにもあるから、
直接お店で買うか・・・
というわけで、行ってみると、
あれ、なんか、ちょっと違うような・・・


c0077105_13261091.jpg
c0077105_13261524.jpg

「USA COTTON」のタグが
なんとなく「made in U.S.A」っぽいのですが
よく見ると「made in China」でした。

もちろん、これまで通りアメリカ製のアイテムも
存在しますが、
その一方で国内メーカーによる
ライセンス生産も行われてるんですね。
知りませんでした。

でもパッと見た感じ、そんなに違わないかも・・・。
どちらを取るかは、その人次第、ですね。

[PR]
by boppuccino | 2016-08-21 23:59 | products

cropped with pride in U.S.A

久しぶりに東京・M田市の
古着屋巡りをしていたら
北口出てすぐ、「D・S」店にて
こんなアイテムを発見。

・・・なぜかイニシャルトーク(笑)

で、そのアイテムとは・・・

c0077105_01101449.png

GUNG HOのクロップド・パンツ
made in U.S.A

あの「ガン・ホー」の「ハンパ丈パンツ」なんて
あったんですね。

c0077105_01103801.png
もちろん、日本のどこかのショップ、
またはブランドが別注したアイテムでしょうが、
こういう、日本的アメカジアイテムなのに
「made in U.S.A」で入手できる、というのは
嬉しい限りです。

え?クロップドパンツ?
いやー、ちょっと・・・
え?ガン・ホーなの?
ガン・ホーなら買っちゃおうかな・・・

そんな感じです。

ちなみに新品・デッドストックで
お値段は1200円(税別)。
安い・・・。

c0077105_01102409.jpg
こんな発見があるから
やっぱり古着屋巡りは楽しいです。

[PR]
by boppuccino | 2016-07-26 23:59 | products