カテゴリ:sounds( 580 )

my favorite jazz album

先日紹介した「ジャズ批評」,
今号の特集は「私の好きな一枚のジャズ・レコード」。

その企画に敬意を表して(というかパクり・・),
僕もここで「私の好きな一枚のジャズ・レコード」を紹介したい。

僕が紹介したいジャズ・ミュージシャンはこの人。
ピアニストのベニー・グリーン(Benny Green)。

ニューヨーク出身の白人ピアニスト。
1963年生まれだから,今年43歳。
まさに現役バリバリ。
この世代の現役ピアニストの中で
僕が今,最も好きなのがベニー・グリーン氏。

c0077105_1485357.gif

なかなかのイケメンでありナイスガイであるが,
そのプレイの特徴を簡単に説明すると・・・・

まずはなにより,「黒い」こと。
彼は白人であるが,そのプレイは
往年の黒人ピアニストを彷佛させるような
ファンキーでゴキゲン,そして
ブルース・フィーリングに満ちたものである。

そしてものすごいテクニック。
両手をフルに使った超早弾きは
かつてのフィニアス・ニューボーンを彷佛させる。
とにかくスゴイ。

そして,僕が最も好きなのが,
彼がビ・バップ以前の,
古いスタイルのピアノを深く掘り下げ研究し,
自分の演奏スタイルに取り入れている,という点だ。

今,演奏力のあるジャズ・ミュージシャンは沢山いる。
いや,多すぎて数え切れない程なのだが,
本当に「共感を覚える」ジャズマンとなると,
あまり名前が浮かんでこない・・・。

ベニー・グリーン氏は
僕が最も「共感を覚える」ピアニストの一人だ。

さて,そんな彼のリーダーアルバムは多数あり,
その中から一枚,紹介しようと思ったのだが,
どうもアルバム単位となると,ピンと来ない・・・。

リーダー・アルバムということで,
どれも彼なりのこだわりが感じられ,
それは選曲やアレンジ,そして演奏テンポなど,
随所に見られるのだが,
そのこだわりがかえって
アルバム全体の印象を,
地味で難解なものにしてしまっているように,
僕には思えるのだ。

「もっと気楽に,ゴキゲンにスウィングすればいいのに・・」
そう思ってしまう・・・。

で,これ。

c0077105_1532744.gif

「Dear Mr.Cole」John Pizzarelli

粋なギター弾き語りの名手,ジョン・ピザレリが
ナット・キング・コールのレパートリーばかりを取り上げた
1994年の好企画アルバムだが,
ここにピアニストとしてベニー・グリーンは参加している。

どうやらこのアルバムはレコード会社の企画で
ピザレリとベニーはこの録音が初対面らしい。
そして曲は超有名なスタンダードナンバーばかり。

ということでそのセッション大会は
お気楽かつ熱く盛り上がり,
ベニーの最高に楽しいプレイが聴けるのだ。

「ハッピーにスウィングすること」の
楽しさ,素晴らしさを教えてくれる一枚。

やはり僕はお気楽なジャズが,好きなんですね。
[PR]
by boppuccino | 2006-10-28 01:11 | sounds

MARASICA live at Classics

10月22日。
友人のデュオ「マーラシカ(MARASICA)」の
ファースト・アルバム
「思い出フォトグラフ」発売記念ライブへ。

マーラシカは
上机さくら(vocal)&白山詠美子(piano)の二人組。
ちなみに「上机」は「かみつくえ」と読む。
「矢舟」にも匹敵する、なかなかレアな名前。

ミュージシャンにとって
「レコ初ワンマン」と言えば
それは「晴れ舞台」なのだが、
同時に「勝負ライブ」でもある。
その重圧は、なかなか大変なものだ。

僕もその重圧を何度か味わっている。
だからこそ、友人の「勝負ライブ」には
出来る限り足を運ぶようにしている。

会場はおなじみ渋谷「公園通りクラシックス」。

公園通りといえば、やはり「うどん」。
というわけでライブ前に
「将八うどん」を表敬訪問していたら
開演時刻に遅刻・・・・。

クラシックスに着いたら、会場は満員だった。

c0077105_28526.gif

二人とも、いつもよりやや緊張気味だったけど、
ライブは大盛況で無事終了。
ライブ後の二人の晴れやかな表情が、
すがすがしかったです。

そして、最後に・・・・
今日僕が注目したのは、
ピアノを弾くえみ子さんの足元。
(ちなみに「脚フェチ」ではありませんよ)

c0077105_29433.gif

ドレスでも足元はブーツ。
その「ハズし」「着崩し」が
彼女の持ち味なのだが、そこから
「ただのキレイなオネエさんでは終わらない」、
「ただのクラシックピアニストでは終わらない」という
無言のアピールを感じるし、さらに、
ある種の「パンク精神」を感じてしまうのは僕だけ?

今のマーラシカの音楽は非常に美しいのだが、
そこにえみ子さんの持つ「妖艶な悪魔」っぽさが
プラスされた時、マーラシカの音楽は
最高に面白くなるんじゃないか、と
僕は勝手に期待している。

まあそれはともかく・・・・
さくらさん、えみ子さん、今日はお疲れ様でした。
CDも早速聴いてますよ。

マーラシカの今後に期待。

http://marasica.client.jp/
[PR]
by boppuccino | 2006-10-23 02:02 | sounds

sings and plays standards

10月16日、本厚木「マッカーサーガレージ」での
演奏リストはこのような感じです。

<1st stage>
1.Honeysuckle rose *
2.My foolish heart
3.You'd be so nice to come home to
4.Old devil moon *
5.Marie's delight
6.When I fall in love
7.Route 66 *
8.What is this thing called love

<2nd stage>
1.Tie a yellow ribbon round the ole oak tree
2.Look here *
3.Bluesette
4.Polkadots and moonbeams
5.Big city *
6.Caravan
7.L-O-V-E *

<3rd stage>
1.Straighten' up and fly right *
2.My romance
3.Fly me to the moon
4.Recardo bossa nova *
5.Give a little whistle
6.Lush life
7.O pato
8.How high the moon *

Tetsuro Yafune(vocal&piano)
Ryota Imahayashi(acoustic bass)

*印はヴォーカル・ナンバーで、
その他はインストゥルメンタルのナンバー。
オリジナル曲以外に、こんな曲もやってます。
知ってる曲、何曲ありましたか?
[PR]
by boppuccino | 2006-10-17 01:11 | sounds

introducing Marasica

2006年現在、東京の
アコースティック・ミュージック・シーンにおける
「美人姉妹」ナンバーワンの呼び声が高いのが
「マーラシカ(MARASICA)」。

ヴォーカリスト・上机(かみつくえ)さくらと
ピアニスト白山詠美子の二人からなるデュオ。

「上机」と「白山」・・・・
その名を見ればわかる通り、
実際はぜんぜん「姉妹」ではないのだが、
二人並ぶとつい「美人姉妹」という言葉が
自然と浮かんでしまう、
透明感、そして「クラシック感」あふれる二人組です。

上机さくらさんと出会ったのは今から3年ほど前、
彼女がまだソロ名義で活動していたころに
池ノ上のバー「BOBTAIL」のマスターの推薦で
僕のイベント「BOP CITY」に
出演してもらったのが、最初の出会い。
その後「マーラシカ」になってからも
何度か「BOP CITY」に出演してもらい、
その交流はゆるやかに続いている。

一方、白山詠美子さんには
昨年、キーボーディストとして何度か
僕のバンドにも参加してもらうなど
その交流はゆるやかに続いている。

さて、そんな二人が10月18日に
待望のファースト・フルアルバムをリリース。
そのタイトルは「思い出フォトグラフ」。
うーん・・・・、乙女。

c0077105_153372.gif

そして10月22日(日)には
アルバム発売記念ライブが
渋谷「公園通りクラシックス」にて行われる。
(20:00start/19:30open)

初のバンド・スタイルでのライブ、
そして映像とのコラボレーションなどもあり、
かなりエクスクルーシヴな夜になりそう。
もちろん僕も、表敬訪問の予定です。

「マーラシカ」の今後の動向に、
ぜひ注目していきたい。

http://marasica.client.jp/
[PR]
by boppuccino | 2006-10-16 01:01 | sounds

the days of udon and jazz

僕はかつて、
自分は「そば派」であると思い込んでいたが、
讃岐うどんに出会って以来、
すっかり「うどん派」に転向してしまった。
(そばも好きですが・・・)

特にフェイバリットなのが
渋谷・公園通りにある「将八うどん」であることは
以前にも書いたが、もう一度ここで敬意を表したい。

そして最近「うどん屋でライブをやりたい」と
各方面に訴えていたら、何と、
本当にオファーが届いたのであった・・・・。

その店は、新宿・歌舞伎町のど真ん中にあった。
店の名は・・・
「麺匠の心つくし・つるとんたん」。

うどんとお酒、そしてライブが楽しめる、
シックなオトナの男女のための空間です。

c0077105_0475547.gif

「つるとんたん」は大阪が本店なので、
関西風のうどんをメインに、
クリームソースのうどんなど、
アレンジの効いたメニューも多数あって、
今、グルメ系情報誌でもかなり話題になってるらしい。

ミュージシャンの食事も、もちろんうどん。
これがまた、美味い・・・。

c0077105_0495148.gif

写真は、
大盛りを頼んだら予想外の量の多さで
困惑するK氏とO氏。

さて、そんな「つるとんたん」、
次回は10月20日(金)に出演します。
ライブは20:00〜/21:30〜/23:00〜の3回。

ミュージックチャージ等はなく、
あくまでもお食事のお客様のためのライブですが、
もしよかったらぜひ、
つるっとうどん食べに来て下さい。

「つるとんたん」新宿店
東京都新宿区歌舞伎町2-26-3 B1F
03-5287-2626
http://www.tsurutontan.co.jp
[PR]
by boppuccino | 2006-10-11 01:01 | sounds

Birthday Live vol.6

まだ少し先ですが、
次回ライブは11月19日(日)。
毎年恒例の「バースデーライブ」です。
今年で何と6年連続の開催。
冗談半分で始めたバースデーイベントが、
ここまで続くとは・・・。

で、実際の誕生日は11月20日なのですが、
今年は諸事情により(?)その前日、
11月19日の昼間にやります。

日曜のお昼ということで、
ドリンク付きランチメニューなども登場するかも。
リラックスできるライブにしたいと思ってます。

そして今年はワンマンライブなので、
約90分間、たっぷりとお届けする予定です。

ぜひ今から、スケジュール帳にチェックを・・・。



<矢舟テツロー・バースデーライブ2006>
〜バースデーまで,あと1日。アルデンテまで,あと1分。〜

11月19日(日)
吉祥寺「スターパインズカフェ」
0422-23-2251
http://www.mandala.gr.jp/spc.html
武蔵野市吉祥寺本町1-20-16-B1
(JR吉祥寺駅北口下車,旧三越デパート裏)

12:30〜(12:00オープン)
前売2000円・当日2500円(+order)

member:
矢舟テツロー(vocal&piano)
小山晃一(bass)
柿澤龍介(drums)
ミトモタカコ(chorus)

メールにてご予約いただくと,
前売料金でご入場できます(当日精算)。
お名前と人数を明記の上、下記アドレスまで。
boppuccino@excite.co.jp
[PR]
by boppuccino | 2006-10-09 00:00 | sounds

meet at swing avenue

ソランジュ・エ・デルフィーヌ主催のイベント、
「Swing avenue」に出演させていただきました。
個人的にも、とても楽しみにしていたイベント。
会場は下北沢「mona records」。

c0077105_2385488.gif

会場は大盛況。
そしてとてもいい雰囲気の中でライブが出来ました。
ソランジュの長谷さん、ユミさん、
どうもありがとう。


乙女系&コスメ系。
ソランジュ・エ・デルフィーヌ(solange et delphine)のライブ。

c0077105_2404229.gif

それにしてもvocalのユミさんは、
期待していた以上の「乙女」でした。完璧・・・。

そして長谷さんは、とても面白い人でした。
今度またゆっくりお話ししたいです。

もう一組の出演は
僕と同じピアノマンの「denta(伝太)」さん。
ピアノもヴォーカルも、かなりの実力派で驚きました。
ジャズをきちんと習得していながら、
あくまでもオリジナルで勝負する、
そういうタイプの男性は今、滅多にいないので、
貴重な出会いであり、
またとてもいい刺激をもらいました。


そして僕のライブは、このようなセット。

<2006年10月7日(土)「Swing Avenue」>
1.Things ain't what they used to be
2.ハニーチャイは恋の味
3.会いたい人に、会いにゆく
4.Manteca
5.Moody's mood for love
6.ごめんなさいと言って
7.Jumpin' with Symphony Sid

矢舟テツロー(vocal&keyboard)
小山晃一(bass)
柿澤龍介(drums)
山崎 'guinn' 浩(sax)

サックスの山崎 'moody' 浩氏とは今日が初共演で、
これも今日の楽しみの一つだったのですが、
期待していた通り、いやそれ以上の
楽しいセッションになりました。
今後の楽しみが、また一つ増えましたね・・・・。

さて、最後に・・・・
ライブ前の空き時間に、
会場のすぐそばにあるお店「STEPS」へ。

かなり古くからあるお店なのですが、
正直なところ以前はそれほど注目していませんでした。
が、最近アメカジ本気度が
かなり上がってきていて、目が離せません。

c0077105_24226100.gif

2Fにはフライターグ(FREITAG)のバッグコーナーが。
そのストックは、圧巻・・・・。

そんなわけで、
多くの人と出会い、充実の一日でした。
みなさんどうもありがとうございました。
[PR]
by boppuccino | 2006-10-07 23:59 | sounds

at swing avenue

明日、10月7日(土)は
下北沢「モナレコード(mona records)」にてライブです。

場所は下北沢駅前のメインストリート、
「南口商店街」沿い。
c0077105_14201099.gif


駅から歩いてほんの1〜2分。
「キッチン南海」などのあるビルの2Fです。

c0077105_14213213.gif

モナレコードは、
昼間はカフェとしても営業しているお店なので、
料理もたくさんあります。
そして「お座敷席」も、あります。

「予約」していただけると
前売料金(2000円)で入れますので、
人数明記の上,お気軽にこちらまでメール下さい。
boppuccino@excite.co.jp

明日はまた新しい出会いもありそうなので、
僕自身もとても楽しみです。
ソランジュ・・・の長谷さん、
明日はよろしくお願いします。

出番もやや珍しくトップバッターなので、
自分のステージを終えてから
ビールでも飲みながら、
他のみなさんのライブやDJを楽しめそう。
ぜひ遊びにいらして下さい。


「Swing Avenue」

2006年10月7日(土)
下北沢「mona records」
(東京都世田谷区北沢2-13-5伊奈ビル2F)
TEL: 03-5787-3326
http://www.mona-records.com/
19:00start(18:30open)
Adv.\2000 Door.\2300

live:
■矢舟テツロー
http://www22.brinkster.com/tetsuroyafune/
■denta(伝太)
http://sound.jp/sploghm/x/index.html
■solange et delphine
http://www10.ocn.ne.jp/~delphine

DJ:吉田哲人(readymade records)

<矢舟テツロー出演は1番目,19:00〜の予定です。>
member:
矢舟テツロー(vocal&keyboard)
小山晃一(bass)
柿澤龍介(drums)
山崎 'guinn' 浩(sax)
[PR]
by boppuccino | 2006-10-06 23:23 | sounds

from flamingo club to mona records

次回のライブは10月7日(土)に
下北沢「mona records(モナレコード)」にて。

この日ですが,乙女系(?)ユニット
「solange et delphine(ソランジュ・エ・デルフィーヌ)」企画の
イベントに誘ってもらい,出演させていただくことになりました。

実は「ソランジュ・・・」の音楽はまだ聴いたことがなくて,
あまり詳しいことは知らないのですが,
「ソランジュ・・・」の長谷氏が僕の音楽を
以前どこかで聴いて気に入ってくれたようで,
それで声をかけてもらい,出演させてもらうことになりました。

また新しい出会いがいろいろとありそうなので,
今からとても楽しみです。

ところで会場の「モナレコード」にはピアノがないのですが,
デジタルピアノだと雰囲気もイマイチかな,と思い,
この日は「オルガン」をメインに使おうかと思ってます。

といっても本物のハモンドは持っていないのですが・・・・・。

僕が愛用しているのはコレ。
Roland社のオルガンモジュール「VK-8M」。

c0077105_2114489.gif

大きさはちょうど雑誌「Free&Easy」と同じぐらいの
コンパクト設計。

コレをキーボードにつなぐだけで,
オルガンのサウンドが出るのです。
しかも,弾いていてかなり「その気」にさせてくれる
本格派サウンド。

本物のハモンドオルガンは,重さ100kg以上だから,
それを考えると,テクノロジーの進歩って
本当にすごいですね。

値段はけっこう高い(10万円以上)のですが,
アルバムのレコーディングでもフル活用しました。

ちなみにオルガンと言えば,
僕にとっての「アイドル」はやはり,
オルガン弾き語りの英国紳士,
ジョージィ・フェイム(Georgie Fame)。

10月7日はそのジョージィ・フェイムを意識した
選曲とプレイでお送りしたいと思ってます。
いつもと少し違うライブになると思うので,
僕自身もとても楽しみ。

最後に,
ジョージィ・フェイムに関するレア・アイテムでも,
と思ったのですが,何も持っていない・・・・。

かろうじて僕が持っているのはコレ。

c0077105_2132238.gif

左がドイツのレーベル「Motor Collector」からリリースされた
CD3枚組アンソロジー「THE IN-CROWD」。
代表曲からレア曲まで,時代ごとに全62曲!

右がライブビデオ「GREATEST HITS LIVE」。
1991年ドイツでのライブ。
もちろんバックは「ブルー・フレイムス」。
こんなビデオが国内版で出ていたなんて・・・。
ジョージィー・フェイムがハモンドオルガンという楽器の
真の「マスター」であることが,
この映像を観ていると,本当によくわかります。

というわけで,10月7日,ぜひ遊びにいらして下さい。


「Swing Avenue」
2006年10月7日(土)
下北沢「mona records」
(東京都世田谷区北沢2-13-5伊奈ビル2F)
TEL: 03-5787-3326
http://www.mona-records.com/
19:00start(18:30open)
Adv.\2000 Door.\2300

live:
■矢舟テツロー
http://www22.brinkster.com/tetsuroyafune/
■denta(伝太)
http://sound.jp/sploghm/x/index.html
■solange et delphine
http://www10.ocn.ne.jp/~delphine

DJ:吉田哲人(readymade records)

<矢舟テツロー出演は1番目,19:00〜の予定です。>
member:
矢舟テツロー(vocal&organ)
小山晃一(bass)
柿澤龍介(drums)
山崎 'guinn' 浩(sax)
[PR]
by boppuccino | 2006-10-04 23:23 | sounds

the first of the million kisses

秋の夜長に、この一枚。

ここではフェアーグランド・アトラクション
(Fairground Attraction)の最初で最後のアルバム、
「The first of the million kisses」を挙げたい。
ちなみに邦題は「ファースト・キッス」

c0077105_1544991.gif

ある世代以上の人にとってはおなじみのアルバム。
だが、最近僕は、
フェアーグランド・アトラクションを知らない、
という人によく出会う。

でも、よく考えたら
このアルバムが発売されたのは1988年。
もう18年も前の作品だったのか・・・・。

1988年、エレクトリック・サウンド全盛の時代、
イギリスに突如現れた生楽器主体の4人組。
そしてシングル「パーフェクト」は
いきなり全英チャート第一位に・・・・。

僕がちょうど洋楽に興味を持ち始めたばかりの頃だった、
ということもあって、その登場は強く印象に残っている。

だが結局、たった1枚のアルバムを残して
フェアーグランド・アトラクションは解散してしまう。
(その後、ヴォーカルのエディ・リーダーはソロで活躍する)

その唯一のアルバム、
「The first of the million kisses」は14曲すべてがオリジナル。
ジャズっぽい雰囲気の曲もあるが決してジャズではなく、
カントリーっぽい曲もあるが、決して懐古的な素振りは見せない。

古くて新しい、そしていつまでも色褪せない、そんな音楽。
まさに「ヴィンテージ・エイジ」。

さて、あれから18年、
僕の音楽の聴き方も、いろんな意味で変わった。

今「The first of the・・・・・」を聴くと、
その音の良さ(録音状態の良さ)に驚く。

広がりのあるサウンドに自然な残響音。

スタジオの広さは?
天井の高さは?
マイクはどうやって立てたんだろう・・・?

そんなことばかりが気になってしまう今日この頃です・・・。
[PR]
by boppuccino | 2006-10-03 01:11 | sounds