カテゴリ:battle( 4 )

king of sports is back ?

「king of sportsとは?」

そんな質問を、
20代前半の若きお洒落ピープルにぶつけたら

「サッカー。世界のスポーツ。」

「いや、アメフト。究極のスポーツ。」

「いやいや、相撲こそ最強。」

「あえて卓球。」

と、その答えは十人十色。

が、しかし、
R-30渋カジ通過世代に同じ質問をすると・・・












「新日本プロレス」

「新日本プロレス」

「新日本プロレス」

「新日本プロレス」

何と全員が同じ。

何故 king of sports が新日本プロレスなのか?

いや、自ら名乗っているから・・・。


c0077105_2305337.gif

(画像は新日本プロレスオフィシャルサイトから転載〕

金曜よる8時にテレビ中継が行われた
昭和のプロレス黄金時代であれば
誰もが知っていた「king of sports」新日本プロレス。

アントニオ猪木、
藤波、長州、タイガーマスク・・・・

が、しかし、時代は変わり、
若きお洒落ピープルはもちろん、
「金曜よる8時」を知るオールド世代までもが


「最近のプロレス?わからん・・・。」

「見ない。」

「知らない。」

「興味ない。」

といった状況。


悲しい・・・。


そんな状況の中、
かろうじて土曜深夜の
「ワールドプロレスリング(新日本プロレス中継)」を
見たり見なかったり、
かろうじてフォローしてきた age of vintage。

いや、でも正直なところ
ここ数年は内容もマンネリ気味で
僕の「プロレス熱」もかなり冷めつつあったのだが、
いや、それがここ最近、何故か

「今、新日本プロレスが面白い。」

そう思えて仕方ない。

特にこの数ヶ月の展開は
非常にドラマティック、かつスリリングで、
久しぶりに

「目が離せない」

と思える展開。



その要因を具体的に上げると

・全日本の武藤敬司のIWGP戴冠。

・その武藤に中西学が久々の挑戦。

・「いぶし銀」飯塚高史がまさかのヒール転向(!)。

・その飯塚と天山広吉の友情崩壊〜遺恨対決。

・孤立無援の天山を、かつてのタッグパートナーであり
 現在は全日本に移籍した小島聡が救出〜タッグ復活。

他にも・・・・

・若手の後藤洋中紀の急成長。

・真壁刀義の絶妙な悪役っぷり。

と、複数の要因が絶妙に絡み合い展開している。



数年前までは
棚橋、中邑の2大若手スターをやたら推しまくるだけ、
そしてビッグマッチになると
海外から大物レスラーを呼んでその知名度に頼る・・・
といったやり方だったと思うが、
最近は非常に長いスパンで
様々な「人間模様」が展開されるので、
つい「次」が気になってしまう。

今の新日本だったら、
かつてのオールドファンでも
十分楽しめるのでは・・・?

そんな事を、つい考えてしまう。

もうすぐ新日本・夏の風物詩
「G1 クライマックス」も始まる。


c0077105_2312589.gif


新日本プロレスの「完全復活」、
今度こそ、期待したいです。
[PR]
by boppuccino | 2008-07-28 23:59 | battle

king of sports is back ?

総合格闘技界は
新団体「戦極」の旗揚げなどで
盛り上がりを見せているようだが、
では昔ながらのプロレス界は・・・というと
最近の話題は何と、
ドリー・ファンクJr.引退興行・・・。

相変わらず、
古き良き昭和プロレスの遠い記憶から、
抜け出せないのか?

もうプロレスじゃダメなのか?
時代は格闘技なのか?
ガチンコじゃないと、そんなにダメか?

いやいや、そんな事はない。

何と最近、
プロレス界にすい星の如く現れた
若き救世主がいるというのだ。





その名は何と・・・「マリリン仮面」。





いや、実はこれ、映画の中の話。

c0077105_0542745.jpg

先週から公開された映画「ガチ☆ボーイ」。

学生プロレスサークルを舞台に繰り広げられる
さわやかでコミカルな青春ストーリーなのだが、
プロレスファンにはたまらない細かいギャグ、
そして「お約束」の展開も満載。

それでいて、ホロリとしてしまうような
心温まる人間模様も随所に描かれ、
最後はしっかり、手に汗握る「カウント2の攻防」で
熱くなれる、そんなナイスな作品であった。

決して「スーパーへビー級」の
感動巨編超大作映画ではないかもしれないが、
笑いあり涙あり・・・の
「ジュニアへビー級」的映画といえるかもしれない。
そして僕は、そんな映画が大好きだ。

最後に、「ガチ☆ボーイ」上映をきっかけに
プロレス人気の再熱はあるのか・・・というと、
まったくそういった要素は
感じられないので、ご安心。

いや、安心してちゃダメか・・・。
[PR]
by boppuccino | 2008-03-06 23:59 | battle

Atsuko Okada is back

女子キックボクシング、J-GIRLS「女祭り」。

前回大会(詳細)に続き、3大会連続の観戦。
前回が5月だから約4ヶ月ぶり、とやや久々。
場所は新宿歌舞伎町「FACE」。超満員。
この会場の雰囲気、かなり好きです。

c0077105_23473976.jpg

「女祭り」には友人のキックボクサー、
佐々木仁子(ささきさとこ)選手が出場している。

今や佐々木選手は「女祭り」における
「黒のカリスマ」の座を、手中に収めつつある。

今日も初対戦の韓国の選手相手にKO勝ち。
その圧倒的な強さは、憎らしいほどだ。

個人的なリクエストとしては、
このままヒール(悪役)路線を突き進んで欲しいのだが、
本人はまだベビーフェイス路線を
あきらめていないのか、
勝利者インタビューの声も、妙に甲高い・・・。

まあそれはいいとして、
佐々木選手、おめでとうございます。

そろそろMr.KYとのエキシビジョン・デスマッチも、
実現させて欲しいです。


ちなみに今日は他にも注目していた試合があって、
それは所属ジムとのトラブルから
出場停止処分になっていた
岡田敦子選手の復帰戦。

岡田選手、個人的に注目しているので、
復帰は非常に嬉しい。

今日は久々の試合だからか、
ベストの内容ではなかったみたいだが、
今後の活躍を、期待してます。
[PR]
by boppuccino | 2007-09-09 23:59 | battle

O N N A ・ M A T S U R I

友人のキックボクサー、
佐々木仁子さんの試合があったので
初めて観に行ってきた。

会場は新宿・歌舞伎町「FACE」。

僕は昨日も歌舞伎町「つるとんたん」で
演奏してたので、
なぜか二日連続の歌舞伎町・・・。

この日のイベントタイトルは・・・「女祭り」。
いわゆる「女性版K-1」といった感じのイベント。

格闘技は好きなのだが、
生で観るのは、実はこれが初めて。

会場の「FACE」は、
以前「リキッドルーム」というライブハウスだった場所。

c0077105_0352896.gif

c0077105_03633.gif

会場に入ってまず驚いたのが、
リングがすごく近い。
20メートルぐらい先には、もうリングがある。
そして客席には、あのエンセン井上氏の姿も・・・。

さて、友人の佐々木選手とは
まだ知り合ってそれほど長くないのだが、
たまたま歳が同じ、ということもあり、
自分なりに注目している。

彼女はもう結婚もしていて、
しかもキックボクシングを始めたのは
結婚してからで、
キャリアはまだ3年ほど、だという・・・。

いろいろな人生があるんだなぁ、と思う。

余談だが彼女の旦那さんは
大学時代にジャズトランペットをやっていて、
僕のバンドのドラマー・多田さんと知り合いだった。
多田さんは二人の結婚式でも演奏したらしい・・・。
世の中は狭いですね。

話を戻して、佐々木選手、
彼女がほぼ毎日トレーニングに通い詰めているのを
知っていたし、彼女と話していると
何かに打ち込んでいる人の持つ
「真っすぐさ」のようなものを強く感じ、
自分もがんばらないと・・・と、いつも励まされる。

そんな佐々木選手の試合だが・・・・

冷静な試合展開で、彼女の判定勝利。
おめでとう。

c0077105_134389.jpg

(写真提供:gravity)

でも今日の試合はまだトーナメントの序盤戦だったので、
「優勝を狙う」と言う本人にしてみれば、
順当というか、
ここで大はしゃぎするのはまだ早い、というか、
そんな感じであった。

次の試合、楽しみです。
仁子さん、今日はお疲れ様でした。

さて、今日は全部で8試合ほど観た。
ということは全16選手。

佐々木選手以外、全く予備知識はなかったけど、
それでも強く印象に残る選手が、2人いた。

一人は星野久子選手。
たぶん年齢的にはベテランの部類と思われるのだが、
とにかく殴られても殴られても前に出ていく、
そんな「泥臭い」スタイル。

また会場にも彼女の応援に来た人がかなり多く、
会場が一体化したかのような、この日一番の盛り上がりに
つい僕も熱くなってしまった。

相手の選手もまた一歩も譲らず、
試合は延長戦までもつれ込み、
死闘の末、星野選手の判定勝ちだった。

その短い試合時間の中に
彼女の人生が凝縮されているような気がして
深い感銘を受けた。
星野選手に、ここで敬意を表したい。

それからもう一人は岡田敦子選手。

c0077105_0364739.jpg

星野選手とは対照的ともいえるスマートな選手で、
一つ一つの動きに全くムダがない。
まるで体操選手のようなシャープな動きが
とにかく美しく、芸術的ですらある・・。

入場の時点で既にすごいオーラが出ていて、
「きっと勝つんだろうな」と思っていたら、
2度のダウンを奪って、完勝だった。

彼女の時だけは客席から
「オシャレ」
というかけ声がかけられていたのも面白かった。

その高い美意識、高いプロ意識に、敬意を表したい。

そんな両選手だが、
トーナメントに勝ち上がったため、
どうやら次はこの二人が直接対戦するらしい。

必見。

次回大会は、5月20日。
絶対観に行かないと・・・。

http://www.jgirls.jp/


<CD of the day vol.21>

Mongo Santamaria/Greatest hits

c0077105_0372395.jpg

















前回紹介した「ザ・スカタライツ」のレパートリーには
オリジナルのナンバーも数多くあるが、
それ以上にカヴァー曲が、やたら多い。
そして無節操なまでに、
あらゆるジャンルの曲を
スカ・アレンジでカヴァーしている。
しかも曲名を勝手に変えているものが多いのでややこしい。

例えば美空ひばりの「リンゴ追分」まで
カヴァーしているのは有名。

そんな中、モンゴ・サンタマリア楽団の
レパートリーのカヴァーは非常に多く、

「Fatback(Tear up)」
「El Pussy Cat」
「Start up(Bridge View)」
「Yeh Yeh(President Kennedy)」

など・・・。
[PR]
by boppuccino | 2007-03-31 23:59 | battle