カテゴリ:place( 179 )

2011 first visit to Cassidy

東京・原宿のセレクトショップ「キャシディ」。

まだ「セレクトショップ」なんて言葉が
存在しなかった頃から、
移り変わりの激しい街で30年近く、
不動の地位を築いている。

そんな「キャシディ」だが、
お正月は元日から
営業しているというではありませんか・・・。

こんなところにも「八木沢イズム」を、
ひしひしと感じてしまう・・・。

最近ずっと表敬訪問していなかったこともあり、
1月1日、いざ「初キャシディ詣」へ。




c0077105_21452468.jpg


周りのお店がほとんど閉まっているせいか、
いつもより静かめな店内。

で、八木沢氏も、
もちろんいらっしゃいましたよ。

今日は何も買わなかったのですが・・・
1年の始めに、明治神宮ではなくキャシディ、
とてもすがすがしい気分です。

気が付けば10年以上通っている「キャシディ」、
今年もまた、お世話になります。
[PR]
by boppuccino | 2011-01-01 23:59 | place

Prodigal son of Mr.Ralph

ラルフローレンのニューライン、
しかも日本未上陸、ということで、
数年前から数多くのインポートショップで
誇らしげに展開されていた「RUGBY(ラグビー)」。



c0077105_21331265.jpg


その日本第一号店が
9月中旬に表参道にオープンしたというので、
遅ればせながら、表敬訪問。

例の、表参道のラルフローレン旗艦店の
建物の後ろ側に入口がありました。

同じ場所にあるのに
ラルフローレンは「表参道店」で
ラグビーは「キャットストリート店」と
あちこちで表記されているような気が・・・。





c0077105_214424.jpg


もう少しカジュアルかと思いきや、
あくまで重厚な雰囲気。
さすがラルフ・・・。

オープン当初は入場規制で
行列ができていたらしいですが、
さすがにもう落ち着いてました。

1Fがメンズ、2Fがレディース。
レディースの方が、ややシックな印象。
好感度大。



さて、「RUGBY」を簡単に説明するなら、
本家「POLO」の弟分的なブランド。

それも、かなり年の離れた弟、かな?

対象年齢はかなり若め(アメリカの大学生向きかな?)、
価格設定も、他のラルフ・ローレンに比べるとかなり低め。
・・・・といってももちろん、
「ファスト系ブランド」ほどではありませんが、
ジーンズで1万円ちょっと、でした。

かつてラルフローレンには
「CHAPS(チャップス)」という
弟分的なブランドがありましたが
(今でもあるのかな・・・?)
どこか真面目で地味で、印象の薄かった
「チャップス」に比べると、
「ラグビー」はどことなく「不良」というか
「遊んでる」印象。

例えるなら

長男「POLO」が成績優秀でスポーツ万能、
両親や先生の期待を絶対に裏切らない優等生、

次男「CHAPS」は真面目だが
優秀すぎる兄の影に常に隠れてしまう気弱な男、

そして年の離れた三男「RUGBY」は
両親や兄弟、ほか周囲の大人たちにも
可愛がられて育った早熟な遊び人、
ただし育ちの良さ、品の良さは長男譲り、
その結果・・・女子にモテモテ(笑)。
といったところでしょうか?

・・・いやいや、冗談はさておき、
アメリカントラッドをベースにしつつも
保守的になり過ぎず、
程よい「遊び心」を盛り込んだ「ラグビー」。

その「軽さ」、「ポップさ」こそが
一番の魅力だと思います。

でも、そこに気付かずに
カラフルなラガーシャツや
ワッペン付きのカーディガン、
でかロゴ付きのシャツなどを

「見て見て、オレ、ラグビー着てるんだぜ〜」

と、これ見よがしに着るのは、いかがなものかと。

さりげなく、まずは1アイテム導入、が
いいんじゃないでしょうか?



で、最後に・・・
一部愛好家にとっての最大の関心事、

「で、made in U.S.Aはあるのか?」

ですが(笑)、
ベルトの何種類かがmade in U.S.Aでした。

あとはネクタイの多くがmade in Itary、
ウールのスクールマフラーがmade in England、
それぐらい・・・。



まあそれはいいとして、
「RUGBY」が今後どのように
日本アメカジシーンに浸透していくのか、注目です。
[PR]
by boppuccino | 2010-10-07 23:59 | place

eat and buy in Nagoya

更新が遅くなってしまいましたが、
先日(9月18日〜19日)の名古屋&岐阜ツアーの、
名古屋滞在記&買い物レポを少しだけ。

名古屋の朝といえば・・・
コーヒーショップでモーニング。
前日午前3時まで一緒に飲んでいたツボン氏たちと、
オススメのコーヒーショップへ。


c0077105_23455334.jpg


c0077105_2346843.jpg


もちろんすべてのドリンクにトースト付き。

驚いたのは午前11時で
すでにお店の前に行列が出来ていたこと。
家族連れも多く、そのにぎわいが
ちょっとしたカルチャーショックでした。





c0077105_2348933.jpg


名古屋では現在「あいちトリエンナーレ2010」が開催中。
草間彌生さんの作品に出会えてラッキーでした。
カワイイ・・・。





c0077105_23513069.jpg


さちぱんさんオススメの
アメカジ系セレクトショップ「Everly」へ。

Engineered Garmentsやウールリッチ、
セントジェームス、フィルソンなど、
センスの良いセレクト。
VANSのスニーカーもズラリ。
かなりグッっと来てしまいました。

つい試着しまくっていたら他のメンバーは
どこかへ行ってしまいました(笑)。

で、思わず購入してしまった一着。



c0077105_2358316.jpg


「Engineered Garments」のジャケット。
made in U.S.A

カバーオール風の無骨な一着。
でも丈は短め、EGらしい上品なスタイル。
何と定価の40%offという、お買い得プライスでした。
これからの季節にピッタリです。

そんなわけで、
短い時間でしたが名古屋を満喫。

案内役のツボン氏、さちぱんさん、水谷さん、
どうもありがとうございました。
[PR]
by boppuccino | 2010-09-27 23:59 | place

about Cassidy Home Grown <2>

東京・原宿のセレクトショップ「キャシディ」。


c0077105_0333981.jpg


まだ「セレクトショップ」なんて言葉が
存在しなかった頃から、
移り変わりの激しい街で30年近く、
不動の地位を築いている。

その「キャシディ」の「顔」と言えば
八木沢博幸氏。

オープン当初からずっと今まで
店頭に立ち続ける「現場ひとすじ」の謙虚な姿勢、
豊富な知識と物腰の柔らかさ、
そして何より、抜群のファッションセンスで
各方面から圧倒的な支持を得ている。

そんなキャシディの新店が、
8月6日にオープンしたという。

その名も何と
「Cassidy Home Grown Hiroyuki Yagisawa」。

原宿に根を張り、
変化の激しい街で確固たる地位を築いてきた
キャシディにふさわしいネーミング。

そして何より、
控え目な八木沢氏があえて店名に
自らの名を冠したところに
「本気度」をひしひしと感じてしまう・・・。

そんな「Home Grown」に、初の表敬訪問。



c0077105_151378.jpg


キャシディ本店と同じく、
青と白を基調とした外観に、期待が高まる。

そして、ガラス扉の向こうを覗き込むと

「おおっ。」

八木沢氏がたった一人で
店番をしているではありませんか。

まさに八木沢ワールド、いや「八木沢ルーム」か。

さっそく室内、いや店内に入り

「こんにちは。」

「あ、どうもこんにちはボソボソ。」

あたたかく迎えてくれる八木沢さん。

ちなみにこの時、
決して広くはない店内には僕と八木沢さんの二人きり。

まさに八木沢さん独り占め・・・(笑)。

「着るだけでいいんで、
 いろいろ試着していって下さいボソボソ。」

という八木沢さんに勧められるまま、
キャシディ・オリジナルのジャケットやベストを
片っ端から試着させてもらいました。

他にも

「画伯みたいに上手には描けないんですけどボソボソ。」

と言ってデザインのスケッチを見せていただいたり、
コーディネイトの参考にしているという
昔のラルフローレンのカタログを見せてもらったり、
キャシディ本店だったら、
他のお客さんもたくさんいるし、
なかなかここまでじっくり
八木沢さんと会話できなかったはず。

この「密室性」こそが、
「Home Grown」の一番の魅力か?

そして、キャシディ本店では
今まで絶対に言えなかった

「写真撮らせて下さいっ。」

の一言も、
「Home Grown」では
すんなり言えてしまうのであった。

そんなわけで、意外にもこれが初めての
八木沢氏・記念撮影。




c0077105_1513625.jpg


そして何と、
八木沢さんご本人の希望により、
さらにアップで一枚。



c0077105_152189.jpg


僕にとっては、けっこう衝撃的な一枚(笑)。

あ、後ろの鏡に、
僕も少しだけ写っちゃってます。

八木沢さん、楽しい時間をありがとうございました。
今後の展開、期待しています。
[PR]
by boppuccino | 2010-08-16 23:59 | place

about Cassidy Home Grown <1>

原宿「キャシディ」の新店がオープンする、
という噂は少し前から聞いていましたが、
いよいよキャシディのHPにも、
詳細がアップされました。



c0077105_0461559.jpg


「CASSIDY HOME GROWN~HIROYUKI YAGISAWA」

キャシディの「顔」である
八木沢博幸氏の名を冠したその店名に、
「本気度」をひしひしと感じます。

オープンは8月6日。

本当に、楽しみです。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-26 23:59 | place

where is the rainbow girl ?

横浜は大好きな街なのですが、
横浜駅の周辺は、
とにかく人が多くて、かなり苦手。

そんな横浜駅周辺のざわめきを
一瞬、忘れられる場所が、
横浜駅から7〜8分歩いたところにある
ショッピングモール「BAY QUARTER」。



c0077105_2243644.jpg


すぐ目の前が海、という
ゴージャスなロケーション。

そしてその一角には
水上バス「シーバス」の乗り場がある。



c0077105_22432730.jpg

(写真はBAY QUARTER HP から転載しました)




僕が昨年の夏の終わりに作った
「君は虹ガール」という曲に

「港町/水しぶきあげて/過ぎ去るシーバス/みんな手を振るよ」

という歌詞があるのだが、
まさにこの「BAY QUARTER」の
シーバス乗り場を思い浮かべながら書いた。

実際には、
手を振っている人はほとんどいないのだが・・・。

ちなみに「君は虹ガール」の歌詞を書くのには
かなり苦労したが、仕上がった曲は
アルバムの中でもかなり気に入っている。

そんなこともあり、
「BAY QUARTER」とシーバスは
僕の中では特別な存在です。

みなさんも夏休みに横浜に行く機会があれば
ぜひ寄ってみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2010-07-23 23:59 | place

Now Noren in Matsudo

6月19日(土)
伊勢丹松戸店にて
綿谷寛画伯プレゼンツ「お父さん改造計画」
トークショー&ミニライブ、無事終了しました。



c0077105_1241223.jpg


イベント中の写真がないのが残念・・・
入手できたら公開します。

さて、今回、
僕はライブだけやればいいのかと思っていたのですが、
いや、それが、
「改造講座」の服選びから参加させていただき、
すっかりスタイリスト気分・・・(笑)。

紳士服売場を何往復もしながら
ああでもない、こうでもない、と
いろんな服を見て回って、
楽しい経験をさせていただきました。

トークショーでは改めて
綿谷画伯の豊富な知識を垣間見ることができ、
いろいろと勉強になりました。

「改造計画」ひとまず大成功、
ということで・・・。

会場に遊びに来てくださったみなさん、
関係者のみなさん、
どうもありがとうございました。



さて、イベント終了後は
画伯と僕と、そして
イベント会場に遊びに来てくれた
コラムニストのいであつし氏と、
3人でアメカジ談義。

画伯&いでさんといえば、
雑誌「Begin」の連載「ナウのれん」でおなじみの
ゴールデン・コンビ。

松戸の居酒屋で「ホンモノのナウのれん」が
開催されたのでした(笑)。

ちなみにいでさんとはこの日が初対面だったのですが、
何と、いでさんは僕のブログの愛読者だそうで・・・。
光栄です。



c0077105_0461633.jpg


いでさん(左)と画伯(右)

ちなみにいでさんが持っているのは、
何とあの「made in U.S.A カタログ」ではないですか!

本物初めて見ました。感激。

こうやって自慢するために
わざわざ持って来たらしいです(笑)。

ちなみに今日の飲み会は
某雑誌の記事の取材も兼ねているとか・・・・。
そちらも楽しみ。

画伯、いでさん、
今日はありがとうございました。
また飲みに行きましょう。

今度は八木沢さんも誘って・・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-06-19 23:59 | place

at Music Magazine

「ミュージックマガジン」に
インタビューを掲載していただけることになり、
神保町にあるミュージックマガジン編集部に
お邪魔してきました。


c0077105_0151527.jpg


ごくフツーの建物です・・・・。

「ミュージックマガジン」は僕が十代の頃、
音楽を聴く時の一番の「指針」になっていた雑誌。

特に当時は「ワールドミュージック」全盛期だったので、
本当にいろんな音楽を聴いたな・・・。

ユッスー・ンドゥールからディック・リー、
そして「暗黒大陸じゃがたら」まで・・・。

そんな過去の話も交えながら
楽しい時間を過ごすことができました。

緊張もしましたが・・・
やはり感慨深かったです。

宮子さん、栗原さん、お世話になりました。

どんな誌面になるのか・・・
掲載されたらまたお知らせします。
[PR]
by boppuccino | 2010-04-27 23:59 | place

photo session <2>

先日のジャケット撮影の時の様子です。




c0077105_202355.gif


c0077105_205144.gif


衣装はこんな感じで、
ベルトとジーンズは私物です。

ベルトは「バロンズハンター」のリボンベルト、
「紺ブレに合う色を・・・」ということで、
また1本、新たに購入してしまいました・・・。

ジャケット写真は、また後日・・・。
[PR]
by boppuccino | 2010-02-22 23:59 | place

photo session

c0077105_04033100.jpg


アルバムジャケットの撮影、無事終了しました。
いい雰囲気で、順調な進行。
個人的にも、楽しい時間を過ごせました。

写真はまた後日、公開します。

みなさま今日は朝早くからお疲れ様でした。
[PR]
by boppuccino | 2010-02-19 23:59 | place