カテゴリ:place( 179 )

standing alone in Shimokitazawa

小田急線・下北沢駅北口を出てすぐ右手にある
「昭和」の面影を残すアーケード街、
「下北沢駅前食品市場」。

昭和20年代から続く、「シモキタのアメ横」。
そのルーツは終戦直後の「闇市」だと言われている。
c0077105_0214982.gif


そんな下北沢駅前食品市場の中にある
老舗中の老舗アメカジショップ「アメリカ屋」。
昔ながらのアメリカ製の服が,
昔のままに置いてある,そんなお店。
でも実は渋谷あたりのセレクトショップと
その商品構成は,大して変わらないのかもしれない。

さて,そんな「アメリカ屋」だが,
昔ながらのご主人がやっているお店のすぐ隣に、
若いご主人(たぶん息子さん)がやってる
「アメリカ屋・分家(?)」があり最近愛用している。

その「分家」のご主人だが,
いつも直立不動で,「いらっしゃいませ」以外は
全く話しかけてこない。

普通,洋服屋の店員さんって
店内をうろうろして服をたたんだり
パソコンに向かって何かやったり,
とにかく動いてるイメージがあるけど,
ここのご主人はとにかくいつも,直立不動だ。

しかしその品揃えからして,
どう考えても,タダ者のはずがない。
きっと「ヴィンテージ話(略してビンばな)」を
聞けるに違いない。

そんなわけで,ヘインズのパーカ(前回参照)を手に,
「これっていつ頃のモノですか?」と
さりげなく話しかけてみた。

で,話してみるとこのご主人,
メチャクチャ面白い人だった・・・。
そして一度話し出したら止まらない,
そんな人でもあった・・・。

話はヘインズのスウェットに始まり,
やがて「下北沢駅前食品市場」の
現在と今後についての話題に・・。

下北沢駅は地下化されても,
この老朽化したアーケード街は
おそらくあと10年ぐらいは
現在のまま残るだろう,とのこと。
もう10年以上前から再開発の動きはあるが,
結局ほとんど進展していないし,
多くの土地所有者の同意を得るのは容易な事ではなく
今後も相当な時間がかかるだろう,とのことだ。

そして「アメリカ屋」も,
「僕が元気な限りは続けます」と,頼もしい答え。
(ただし「大地震が来なければ・・・」だそうです。)

最後に,「今や貴重なデッドストックの服が
こんなに安くていいんですか?その安さの秘密は?」
という質問をぶつけると,
その答えは・・・・

「自分の土地なので家賃がかからない」
「従業員が自分一人なので人件費がかからない」という,
予想外のごくマトモな答えが返ってきた・・・・。
そう,アメリカ屋はあくまでも
「商店街の洋品店」なんですね。

c0077105_0503994.gif

それにしても,
こだわりのある人の話を聞くのって面白い。

そんな下北沢アメリカ屋に,改めて敬意を表したい。
そして秋冬の掘り出し物に,期待が高まります。
[PR]
by boppuccino | 2006-09-14 01:01 | place

good bye old shoes shop

8月31日。

8月最後の日。
とある町の,とある靴屋が,
この日を最後に,その長い歴史に幕を閉じるという。

その靴屋とは,
かつてはどこの商店街にも存在したような
「昭和の匂い」のする,町の靴屋さんだ。

聞くところによると,
創業は何と今から100年以上も前の
「履物屋」だという・・・。
昭和どころか江戸時代末期・・・・。


c0077105_1433397.gif

時代の流れとともに,また一軒,
商店街から個人経営の古い店が消えてしまうのは悲しい事だが,
まあこのセンスでは仕方がないのかな・・・
という気も,しないわけではない・・・。

さて,何故そんなお店の事を
ここで取り上げたかと言うと,
その「店じまいセール」が,かなり凄かったのだ。

歴史あるお店だけに,
過去に売れ残った古いスニーカーの在庫もかなりあったようで,
そういったアイテムを,この機会に一挙大放出していた。
それも驚きの激安プライスで・・・・。

僕が特に注目したのは
made in U.S.A時代のコンバースだったのだが,
残念ながらメンズサイズは残っていなかった。

が,しかし,レディースサイズなら,
アメリカ製の「オールスター」や「ジャックパーセル」などが
何と7〜8割引きで売られていた。
古着屋だったら
逆にプレミアが付いていてもおかしくないというのに・・・・。

そこまで安いと,たとえ自分では履けなくても
鑑賞用に一足,買っちゃいますよね?


c0077105_1451446.gif

写真は左がコンバース・レザージャックパーセル。
made in U.S.A。レディースサイズ。鑑賞用。
購入価格は何と・・・2000円。

右がニューバランス・CM321。
1994年に出た復刻版。
残念ながらmade in U.S.Aではなく中国製だが,
購入価格は,な,な,何と・・・たったの500円!
サイズもピッタリ。
こういうことがあるから,
アメカジはやめられませんね。

最後の最後にビッグ・プレゼントを残し,
その長い歴史に幕を閉じる「オリンピア靴店」。
ここで改めて敬意を表したい。
[PR]
by boppuccino | 2006-09-01 23:59 | place

story of Ameyoko

ファッション誌によくある「東京お買い物マップ」。
そこで紹介される街といえば、
青山、渋谷、代官山、原宿あたり。

あとは、雑誌によっては銀座かもしれないし、
もしくは下北沢や吉祥寺かもしれない。

いずれにしても今、お買い物マップで、
「上野アメ横」が紹介されることは、まずないだろう。

c0077105_0263268.gif


東京・上野にある「アメ横」は、
「アメヤ横丁」の略で、
正式名称は「上野食品雑貨協同組合」だそう。
そのルーツは、やはり終戦直後の闇市だったという。

ちなみに「アメヤ横丁」のネーミングは
当時「飴屋」が流行し、
たくさん並んだことから名付けられたそう。

さて、そんなアメ横だが、
アメカジ派にとってはある種の「聖地」と言える。
いや、それだけではなく、
今の日本のカジュアルファッションの原点は、
アメ横にあると言っても、過言ではないかもしれない。

それは何故か・・・・?

当時のアメ横には、
食料品を売る店と並んで、
進駐軍からの払い下げの衣料などを売る店が多数存在したそうだ。
物資の不足した時代に、それは大変貴重であったという。

やがてアメ横では、
進駐軍の兵士たちが履いていたデニムのパンツが、
GIが履いているパンツということで「Gパン」と呼ばれ、
人気を集めた。

当初Gパンはあくまでも作業着として扱われていたらしいが、
昭和30年代になると、若者たちの間でGパンは
ファッションアイテムとして爆発的な人気になったそうだ。

日本で初めて、「Gパン」を売った街が、アメ横だったのだ・・・・。

ちなみに・・・・
今やセレクトショップの雄として
確固たる地位を築いている「シップス(SHIPS)」も、
そのルーツは1952年(昭和27年)に
アメ横で開業した「三浦商店」だった。
当時のお店の広さは、たったの一坪ほどだったという。

その後、三浦商店は1975年(昭和50年)に、
今では一種の伝説にもなっているショップ
「ミウラ&サンズ」を渋谷に出店。
全ての商品はアメリカからの輸入品だったという。

「シップス」がスタートするのは1977年(昭和52年)。
かつての「三浦商店」がここまで発展するなんて、
おそらく誰も予想しなかったはずだ。

さて、最後に・・・・
「今のアメ横」はどうなっているかというと、
「昭和と平成のミックス」とでもいうような、
非常に混沌とした状態で、それが刺激的で面白い。

そしてアメカジ派にとっては、
相変わらずの「聖地」であり続けている。
「玉美」「ハナカワ」「ヤヨイ」など、
敬意を表したいお店が多数存在する。

そして極めつけ、とも言えるのが
アメ横センタービル1Fにある「守屋商店」。

c0077105_028830.gif


30年以上も前のアメリカ製の服を平然と売っている・・・。
しかも狭い店内に商品を平積みしすぎて、
下の方に何があるのか、ほとんどわからない・・・。
ものすごいお宝アイテムが
眠っていることだけは間違いないんだけど・・・・。

こういうお店にはやはり、
年に一度は「巡礼」しておくべきだと思う。
そんな「聖地」アメ横に、改めて敬意を表したい。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-29 01:01 | place

monologue about cassidy <1>

東京・原宿にあるインポートショップ「CASSIDY」。
オープンしたのは1981年だというから、
移り変わりの早い街で、もう25年も続いていることになる。

c0077105_23303224.gif

僕がファッションに興味を持った頃はすでに
キャシディは多くの雑誌で紹介されていた。
そして店長の八木沢氏も、よく顔写真付きで雑誌に載っていた。

なので初めてキャシディに行って
八木沢店長を見た時は、有名人に会ったような気分だった。

何度か通っていると、ある日
「あ、オレ、店長に顔覚えてもらえたかも」と思う事があった。

「いらっしゃいませ」の後に
「あ、こんにちは」が付いたりすると
人はみな、そう感じるものだ・・・。

そういう時は非常に嬉しいもので、
その後しばらく、「顔忘れられないように」と
マメに通う事を心がけた。

・・・と言っても実際は
せいぜい2ヶ月に1回ぐらいしか行かなかったんだけど、
それでも八木沢氏は僕の顔だけでなく
僕がキャシディで買った服も、
かなり細かく覚えてくれていた。

そんな、僕にとっての「有名人」だった八木沢氏だが、
実際、本人に接してみると、かなりユニークな人であり、
「この人、本当に偉いのかな?」と思うような事だらけだった。

まず、服をたたむのが非常に遅くて、
手つきも妙にたどたどしい。

あと、しゃべり方も全然、接客業っぽくなくて、
ボソボソっと小声で話すし、
言葉遣いも全然、「プロっぽい」感じがしない。

例えば以前に僕が「これ買います」と言ったら、
「え、買ってくれるんですか?」と言われた。
普通、店員さんがそんな事言わないですよね?

が、しかし、そんな八木沢氏にすっかり魅了されてしまい、
原宿キャシディに通うようになってもう6〜7年が経つ。

ちなみに僕のアルバム「Small Combo」の
裏ジャケットの写真で着ているシャツもパンツも、
両方ともキャシディで購入したものです。

が、しかし、
八木沢氏には、僕が音楽をやっている事などは、
何も明かしていない。
いや、話したい気もするけど、話せていない。

お店の店員さんと仲良くなったら、
どこまで自分から話すべきなのか・・・・、
難しいテーマですね。

それはともかく、
改めて原宿キャシディと八木沢店長に、
ここで敬意を表したいと思います。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-25 23:59 | place

deep country

僕が敬意を表したくてたまらない,
東京・町田にある一軒のアメカジショップを紹介したい。

小田急町田駅から徒歩4〜5分,
人通りもまばらな細い路地にあるビルの1階に
COUNTRY」はある。

c0077105_23555573.gif


店の中に足を踏み入れると,
そこはまさにカントリー,
ログハウス風の内装から
木の香りがプンプンしてくる。

決して広くない店内には
所狭しと商品が列んでいて,
その量に,まず圧倒されてしまう。

よく,代官山あたりのモード系のお店に行くと,
商品がポツン,ポツンとしか置いてない店があるけど,
あれって,どうなんでしょう?
ああいうのが「モード」なんでしょうか?

僕は商品がガンガン積んであるようなお店の方が好き。
それを隅から隅までチェックして,
結局何も買わずにお店を出るのが,好きだ。

さて,話を戻すと・・・
カントリーのラインナップ,これが凄い。

ワークウェアやスウェット中心の
アメカジの王道的ラインナップなのだが,
どれもこれも,とにかくディープ。濃い。

実際,カントリーが掲げるテーマは
「ゴリゴリのアメカジ」,略して「ゴリアメ」らしい・・。

一例を挙げると・・・
「キャンバー」のスウェット,
「カリフォルニア・ブランド」のワークパンツ,
「クレセント」のダウンベスト,
「ラッセルモカシン」のブーツ。
もちろん「ニューバランス」も。

しかも他のお店ではまず置いていないようなアイテムが
さりげなく列んでいて,
そこにこだわりとスピリッツを,
ひしひしと感じてしまう。

僕がカントリーを知ったのはまだ去年のことなのだが,
初めて行った時,
「こんなすごいお店があったのか。しかも町田に・・・」
と,それはちょっとした衝撃だった。
ちなみにカントリーは今年で6周年らしい。
もっと早くに知っていればなぁ・・・・。

古着だったら,
こだわってるお店は原宿あたりにたくさんあるけど,
新品を扱うお店で,ここまでこだわっているお店は,
渋谷や原宿あたりでも,最近はあまり見られないように思う。

そんなカントリーだけに,
ディープなファンは,やはり多数存在するようで,
商品の動きも相当早いみたいだ。
そしてまた次から次へと新しい商品がガンガン入って来る。
それがまたこのお店の,すごいところ。

とにかく,すごい。
そしてディープ。
ゴリアメな「カントリー」に,改めて敬意を表したい。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-18 00:00 | place

piano man in the lounge

「ラウンジは 遠くにありて 想ふもの」
そんな有名な句があったと思うが、
誰が詠んだのか、思い出せない・・・。

さて、数年前から音楽のカテゴリーに
「ラウンジ系」という言葉が定着した。

「ラウンジ系DJ」
「ラウンジ系コンピレーションアルバム」
「ラウンジ系クラブイベント」等々・・・・

「ラウンジ系」とは、
ダンスフロア向けの音楽よりややソフトな
「オトナの和み系音楽」を表す言葉として
今では幅広く使われているように思う。

では実際に、
「ラウンジ」とはいかなる場所か?

何となくイメージはできるが、
例えば「麻布十番のピアノラウンジ」と言われても、
実際行ったこともないし、
ピンと来ない人も多いのでは?

麻布十番のラウンジ、こんな具合です。

c0077105_1481096.gif

ここはかなり新しいお店なので、
スタイリッシュな感じ。
古い店だと、また違う雰囲気になると思う。
どの店にも共通するのは「いやらしさ」か?

・・・と、そこに現れた謎のピアノマン。
鍵盤の前に座り、ポロポロッと弾き出した曲は
「あなたと夜と音楽と」
ム、ムーディー・・・・。

が、ピアノマン、
その足元をよく見ると何と・・・・ビルケン。
しかも内股・・・。

c0077105_1493524.gif

ビルケンシュトックのドレスシューズ 「FOOTPRINTS」。
あまり見かけないかもしれないが、
さすがビルケンだけあって、履き心地は最高。
見た目もかわいいし・・・・・
・・・・とピアノマンは言っていた。

最後に、
ピアノマンがお気に入りのラウンジ・ミュージックを
紹介してくれた。

c0077105_151239.gif

ラテンジャズのヴィブラフォン奏者、
カル・ジェイダー(Cal Tjader)。

モンゴ・サンタマリアやウィリー・ボボといった、
最強のリズムセクションを従えながらも、
常にクールなラウンジ向けのサウンドを展開している。

そしてヴィブラフォン特有の
「グァァァ〜ン」というヴィブラートの深さと
それを使うタイミングの良さ、全てにおいて素晴らしい。

日本ではヴィブラフォン奏者の数は本当に少ない。
でもいつか共演してみたい・・・・
・・・・と、ピアノマンは言っていた。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-09 01:11 | place

change for unchangeable spirits

「変わり続けるのさ 変わらない為に・・・」
僕の好きなミュージシャン、Caravanの曲の中のワンフレーズ。
一見、逆説的にも聞こえるが、その言葉の意味するものは・・・・?

さて、吉祥寺に「ハモニカ横丁」というアーケード街がある。
(正式には「ハーモニカ横丁」らしい)
以前にここで書いた、
下北沢の「下北沢駅前食品市場」と同様に、
「ハモニカ横丁」も、おそらく終戦直後の「闇市」を
そのルーツに持つであろう、昭和の匂いのする一角だ。

c0077105_0331258.gif


そのハモニカ横丁に一軒のアメカジショップがある。
その名は「ウエスタン(WESTERN)」

c0077105_0344273.gif


下北沢の「アメリカ屋」同様、終戦直後に創業したという
老舗のジーンズショップだが、
昔のままの佇まいを残す下北沢「アメリカ屋」とは対照的に、
今年の春に店内を改装したばかりで、お店はピカピカだ。

品揃えも、「ハリウッドランチマーケット」系の服を多く揃え、
非常に現代的なセレクション。
その中に少しだけ古いアメリカ製のデッドストックの服が
混ざっていたりして、それがまた面白い。

いや、「ウエスタン」だけでなく、
ハモニカ横丁全体が、活気があり、新しいお店も多く、
伝統は感じても、古臭さは感じさせない。

駅前の再開発問題に揺れる下北沢駅前食品市場と
ハモニカ横丁を比較するのはフェアではないのかもしれないが、
両者を比べるとつい
「変わらない為に、変わり続ける」という言葉が頭をよぎってしまう。

自分もまた「変わらない為に、変わり続ける」を
実践していきたいと思う。

さて、最後に・・・・、
吉祥寺にあるお気に入りの古着屋を紹介。
吉祥寺駅公園口を出て、
何軒か右のビルの2階にある古着屋「nico」。

c0077105_036332.gif


比較的最近出来たらしいが、
お店の雰囲気、品揃え、BGM、ともにシックでクール。
そして店員さんの態度も非常にクール。
いや、感じが悪いというわけではありませんよ。
営業時間も23:00まで、とこれまたクールですね。

矢舟テツロー・ライブatスターパインズカフェの前などに
ぜひチェックしてみて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2006-08-08 01:01 | place

Shimokitazawa vintage

下北沢北口を出てすぐ右手にある
「昭和」の面影を残すアーケード街、
「下北沢駅前食品市場」。

昭和20年代から続く、「シモキタのアメ横」。
そのルーツは終戦直後の「闇市」だと言われている。
c0077105_0214982.gif

ドラマのセットではありませんよ。

そんな下北沢駅前食品市場の中に「アメリカ屋」はある。
創業は昭和26年らしい。

「アメリカ屋」というと、
全国にチェーン展開しているジーンズショップ「アメリカ屋」が
有名だが、それとは関係ない。

「アメリカ屋」っていうのはそもそもは固有名詞ではなくて、
終戦後間もない頃、
駐留アメリカ軍からの払い下げの衣類を売る店のことを
「アメリカ屋」と呼んだらしい。
つまりかつての「駄菓子屋」や「よろず屋」と同じように
「アメリカ屋」はいたるところに存在したらしい。

実は下北沢「アメリカ屋」で買い物をしたことはほとんどない。
それはお店のご主人が「昔気質」で、
愛想がなく、近づき難いから・・・・。
が、その歴史、品揃え、
そういったものには、やはり敬意を表したい・・・。

ところで、そのアメリカ屋のすぐ隣にもう一軒、
アメリカ屋の「分家」がある。
どういう経緯なのかはわからないけど・・。

で、フラッとのぞいてみると、これが凄かった・・・。

僕がアメカジに興味を持ち始めた頃には
当たり前のように存在したけど、
今ではもう手に入らなくなってしまった、
そんな古き良きアメリカ製の洋服が
何故かここのお店では、当たり前のように並んでいる。

へインズのパーカー、ビックマックのチノパン・・・・。

そして値段がまた、激安。
古着屋だったらプレミアを付けて売ってもいいような品なのに・・・。
c0077105_0225999.gif

先日購入した、ヘルスニット(Healthknit)社の
ヘンリーネックTシャツ。
Made in U.S.A。たぶん80年代の製品。
もう新品では手に入らないと思っていたのに・・・。
価格はたったの1050円。

もったいなくて、まだ一度も着ていない・・・。
[PR]
by boppuccino | 2006-07-28 23:59 | place

HUSH!

東京・世田谷・下北沢駅南口、
スーパー「オオゼキ」の脇の道を
ヒョロヒョロっと入り、しばらく行くと
ビルの3階に、カフェ「HUSH!」はある。

c0077105_04584.gif

「HUSH!」はSさんという女性が
一人でやっているカフェ、いや、
Sさん曰く、「ジャズ喫茶」。

かつてSさんには大変お世話になった。
彼女は僕が以前アルバイトをしていた、
とある飲食店の店長だった。

その店でのSさんのあだ名は「部長」だった。
店長なのにあだ名が部長、というのは
単なるシャレで、深い意味はなかったと思うが、
とにかく、ここから先は「Sさん」ではなく「部長」と呼びます。

あの頃は毎日のように
仕事が終わると、部長と飲みに行っていたような気がする。

お店も忙しくて、早番の日でも、
気がつくと閉店までずっといるような、
そんな毎日で、それはとても楽しい日々だった。

もちろん僕は、音楽をやりたいと思っていたのだが
当然ながら楽器に触れる時間は、どんどん減っていった。
それでも、いい人達に囲まれて、
毎日が楽しく過ぎていたので、
まあいいかな、といった感じで日々を過ごしていた。

もちろん、そんな楽しい日々が
いつまでも続くわけではなかったんだけど・・・・。

後になって、
楽しい日々に流されていた自分を思い出し、
馬鹿だったな、
楽しいのもほどほどにして
自分のやるべきことをきちんとやっておけばよかったな、
と思った。

でもあの頃は、それが出来なかった・・・・。

そういえば部長にはいつもおごってもらっていた。
その借りを、僕はまだ返せていない・・・。
[PR]
by boppuccino | 2006-07-22 00:00 | place