catalog or art ?

久しぶりに都内某所の「ビームス」に行くと、

「おっ。」

入ってすぐのところに秋冬のカタログが・・・。

ビームスのカタログといえば
アメカジ方面に関しても毎回充実の内容。
ヘタなファッション誌を買うより勉強になる、と言っても
決して過言ではない。

「とりあえずもらっとこ。」

と、一冊手に取り、
さらに店内を進んでゆくと、

「おおっ。」

今度は「ビームスプラス」のカタログが・・・。

ビームスプラスと言えば、
改めて説明する必要もないかもしれないが
ビームスの中でも最も硬派なアメカジ路線。

表紙からして
ヴィンテージテイスト溢れる仕上がり。

「うーん、ナイス。もらっとこ。」

と二冊手に取り(一冊は保存用)、
さらに店内を進んでゆくと、

「おおおっ。」

今度は「ビームスボーイ」のカタログが・・・。

ビームスボーイと言えば、
改めて説明する必要はないだろうが
アメカジ派女子の憩いの場にして
元オリーブ少女にとっても、数少ない心の拠り所。

「男子だって読みたい・・・。もらっとこ。」

と二冊手に取ったそのカタログは、
まるでマガジンハウスの雑誌のような仕上がり・・
と思ったら、
何とホントにマガジンハウス編集らしい・・・。

さらに店内を進んでゆくと、
今度は雑誌「Begin」編集のカタログも・・・。



c0077105_1322641.jpg


一体何冊カタログ作れば気が済むんでしょうね?

いや、敬意を表したいです。



さて、最後に・・・

先日発見した
超豪華、超オシャレなカタログをご紹介。

そのカタログとは、
あの「ウールリッチ・ウーレンミルズ(WOOLRICH WOOLEN MILLS)」。

入手した場所は、
あの渋谷「ネペンテス」。



c0077105_1332153.jpg


紙質も装丁も、
まるで絵画展のパンフレットのような豪華さ。

「これって無料なの?
 それとも一冊1200円ぐらいするのか・・・?」

思わず裏表紙をチェックしてしまった・・・。

でも価格は書かれていない。

無料のようだ。

欲しい・・・。

でも本当に無料なのか?

勝手に持ち帰っていいのか?

選ばれたお洒落ピープルだけが
もらえるんじゃないのか?

・・・と、
迷い、悩んだ揚げ句、
カタログの積んである場所を
意味もなくウロウロしていたら
店員さんに

「そちら、よかったらお持ち帰り下さい。」

と言われ、

「エッ、本当にいいんですか?」

と、わざとらしい返事をしてしまった。

でもさすがに「二冊もらい」は出来ませんでした。



カタログのゴージャスさからも、
好調ぶりがうかがえる、
ウールリッチ・ウーレンミルズの今後に
さらに期待は高まります。
[PR]
by boppuccino | 2008-10-10 23:59 | products
<< FRUITS & ROOTS ... engineered jean... >>