thank you and good bye HUSH!

下北沢のとある雑居ビルの3階に
ひっそりと存在するカフェ、いや「ジャズ喫茶」
それが「HUSH!(ハッシュ)」。


c0077105_2215835.gif


女性店主のSさん、通称「部長」が
一人でやっているお店。

実は「部長」とはかなり古くからの付き合い。

彼女は僕が以前アルバイトをしていた
とある飲食店の店長で、
当時は仕事の後
しょっちゅうおごってもらっていた・・・。

そんなわけで
共通の知人も多いのだが、
その一人から、

「HUSH!が閉店した。」

という知らせを、つい先日聞いた。

実は「閉店するかもしれない」という噂は
以前から聞いていたので、

「ああ、やっぱりそうだったのか・・・」

と、そこまでは驚かなかったのだが、
後日、実際にお店に行ってみると、
もう看板も何もかもなくなっていて、
それはやはり、何とも寂しい光景だった。

そして「閉店のお知らせ」のような貼り紙も、
一切なかった・・・。

僕の推測だが、
部長のことだからきっと最後の日も
淡々と店を営業して、
「最後にささやかなパーティーを・・・」とか
そういうのは一切なかったんじゃないかと思う。



なにしろ一緒に働いていた頃も

「大勢で飲むの嫌いなんだよ。」

と言って、送別会などには
ほとんど参加しなかった程だから。



そんなわけで、
「HUSH!」が閉店するというのに
僕に何の連絡もくれなかった部長だが
その知人には

「テツにすまん、と伝えといて・・・。」

と言ってたらしい。

それが部長のダンディズム(女だけど・・・)であり、
またシャイな部分でもあり
そして優しさでもあるんだろう。

そして結局
僕も「HUSH!」閉店を知ってから
部長には一度も連絡していない。

二人ともB型だからか?



下北沢で約7年半続いた「HUSH!」に
改めて敬意を表したい。

そして部長には
「お疲れ様でした」と、
面と向かって言うことはないだろうけど・・・。
[PR]
by boppuccino | 2008-08-11 23:59 | people
<< the brightest h... tea meets espresso >>