the mail from GOOD COOL

ある日の深夜、
ブルブルブルッと、携帯メールが届いた。

「ん?こんな時間に、誰だ?」

こういったシチュエーションで
男子が想定するのは、
99%の割合で、女子からのメール。

もちろん僕も想定。



が、しかし・・・

携帯の画面を見ると、
タイトルは何と・・・

「諏訪原ですm(_ _)m」



ゲッ。

「GOOD COOL」こと諏訪原氏といえば
かつては新宿・歌舞伎町の
うどん&ライブの店「つるとんたん」の
名物ブッキング・マネージャーだった男。

現在は本職のインテリアデザイナーをやりつつ、
毎月「渋谷オーガニック」という音楽イベントを
オーガナイズするなど、
多忙な日々を送っている・・・らしい。

そんな諏訪原氏から、何のメール?



「ヤフネ牧師、懺悔させてください。」

「昨日、歴史に深く刻まれる重大な事件を起こしてしまいました。」

こんな意味ありげな書き出し。

何なんだ?
この男に一体、何が起こったのか?



「実は、会社のトイレで○○○をしたところ、
 流れていなかったらしく・・・」

「それを会社の税理士の方に発見されてしまったのです。」



・・・・・・・。

期待したのが間違いだった。
それがどうしたの?



「それにより、暴動が勃発するのかと思いきや、
 厳重注意を受けただけで、何も起こらず、
 中途半端な状態で終焉を迎えるという
 非ドラマティックな事件なのです。」



・・・・・・・。

それをわざわざ僕のところに報告?

深夜2時に?

やはり「第2のMr.KY」はこの男しかいない?



さて、このメールに対して、普通であれば

「即削除、完全無視、着信拒否、アドレス変更・・・」

という態度を取るのが当然なのかもしれないが、
自分の場合、「優しさ」が邪魔をして、
ついつい、返信してしまうのであった。

「迷える小羊よ、入りなさい。」

「懺悔しなさい。」





が、しかし・・・
この優しさが後日、完全に裏目に出てしまった。

何と翌日の深夜に再びメール。

「諏訪原ですm(_ _)m」



ゲッ。

またか・・・。

ここは読まずに即削除、迷惑メールに登録、
というのが常識的な行動なのかもしれないが、
またしても非情になりきれず、
ついつい読んでしまう。

後悔するとも知らずに・・・。

いや、みなさんも後悔したくないなら、
この先は読まないほうがいいかもしれない。

どんなメールかというと・・・












「今日、ハンズのトイレにて、
 ウォシュレットを使ったところ
 水圧最大になっていることに気付かず、
 使用したところ、とてつもなく痛い思いをしました。」

「高嶋政信風に言うと、姉さん事件です。
 ケツから流血事件です、といったところです。」

「これは昨日の罰があたったのだと思いますm(_ _)m
 あ〜お許しください、トイレの神様m(_ _)m」

という内容。


・・・・・・・。

何故、読まずに削除しなかったのか?

激しく後悔しつつも、
それでもついつい、
返信してしまう・・・。



「水圧で宙を舞って欲しかったです。」



すると1分後に再びメールが。



「今度やってみますm(_ _)m」



・・・・・・・。

その晩、ウォシュレットで宙を舞う
諏訪原氏の夢にうなされたのは、
言うまでもない。
[PR]
by boppuccino | 2008-07-20 23:59 | people
<< duo in Atsugi the mail from T... >>