ordinary & tough products

アメリカン・カジュアル、略してアメカジ。

さて、古き良きアメリカ製の服が
「タフである」というのは
今さら言うまでもないことかもしれないが、
その中でもさらに、
5点に1点ぐらいの割合で、

「異常なまでにタフ」

というアイテムがあるように思う。

ごくごくありふれたTシャツやスウェットで、
特別大切に扱っているわけでもないのに
何故かいつまで経っても壊れない、破けない・・・
気がつけば10年以上着ている・・・
そんなアイテム。



ちなみに先日、
あのO谷木氏と話をした時、

「15年着ているロングジョンのサーマルTがある」

というような話を聞いた。

アメカジ派ピープルなら
誰もがそんなアイテムを何着かずつ、
持っているのかもしれない。

いや、もちろん僕も、その一人。



まずはこの、何の変哲もない、
ごくありふれたポロシャツ。



c0077105_0272089.jpg


ブランドはあの「L.L.Bean」。
もちろん、
日本に本格上陸する前のL.L.ビーン。

どれくらいありふれているかというと、
ワンポイントの刺繍もワッペン何もない、
完全に無地のシンプルな1着。

そしてカラーは「グレー」というより
「オートミール」と言うべきか、
ナチュラルな風合い。

この風合いがアメカジなのか、と
当時の僕(若かったな)は、憧れたものだ・・・。

タグに表記はないが
made in U.S.Aで、間違いなさそうだ。

確か15年以上前に購入して、
やや生地が薄くなってきたけど、
穴が開いたり破けたりした箇所は一つもなく、
いまだに現役。

その15年間で、「P」社のポロシャツを、
何枚買い替えただろう?
いや、数えきれない・・・。





そしてもう1着、
何の変哲もない、ごくありふれた
カレッジプリントのスウェット。



c0077105_0264087.jpg


どれぐらいありふれているかというと、
そのボディはチャンピオンではなく
「ラッセル(RUSSELL)」。
チャンピオンには手の届かなかった
当時の僕でも買えた、お手頃価格の一着。


こちらももう15年以上着て
プリントは随分はがれたものの
(それがまたいい味なのだが・・・)
穴も破れも、一切ない。

「チャンピオン至上主義者」だった
当時の僕(若かったなぁ・・・)に
「ラッセルでもここまでタフなのか・・・」と
思い直させてくれた1着。
made in U.S.A。

ちなみにこの2着、
購入したのはどちらもあの、
町田の老舗「クラウドナイン(Cloud 9)」。

改めて敬意を表したいですね。



こういったアイテムが持つ独特の味、
何とも言えない雰囲気・・・
僕はそれをずっと、今でも、
追い求めているんだと思う。
[PR]
by boppuccino | 2008-07-12 23:59 | products
<< duo in Sagami Ohno the greatest ch... >>