we're ribbon belt brothers ?

「原宿キャシディの件」

ある日、こんなタイトルのついた
一通のメールが届いた。

その差出人はというと・・・
何と、ベーシスト・多田和弘であった。

その内容は

「今日初めてキャシディ行ってきました。」

というもの。




多田さんがキャシディ・・・・。

多田さんといえば
夏はいつも「Teva」のサンダル、
冬はいつも、2サイズぐらい大きい黒いダウンジャケット。

アメカジとは無縁、というより、
ファッションとは無縁の人間(失礼)と
思っていたのだが・・・。

一体、いつどこで
「原宿キャシディ」なんて覚えたのか・・・
誰から教わったのか・・・
僕には全く、見当もつかないのであった。



さて、そんな多田さんに早速

「キャシディで何か買ったんですか?」

と返信。

すると、

「バロハンのリボンベルトとバードウェルのバッグを・・・。」

という返事が。



バ、バロハン・・・。

「バロンズハンター(BARRONS-HUNTER)」の
リボンベルトといえば
今やアメカジ界では「大ブレイク中」と言っても
過言ではないかもしれないが、
それはあくまでも「アメカジ界」に限っての話。

一般的に見ればマイナーブランドであるはずの
「バロンズハンター」を、
すでに「バロハン」と呼んでいるなんて・・・。

いつからそこまでアメカジに詳しくなったのか?
一体この男に、何があったのか?

怪しい・・・。



そこで僕はこのプレッピーベーシストに、
こんな返信をしてみた。

「どうしちゃったんですか?さては、恋?」

すると

「恋はいつでもしてますけど。」

という返事・・・。



多田さん、アメカジファッションで
夏までに彼女できるといいですね。

・・・って、あれ?
多田さんって奥さんいなかったっけ?




・・・・などと考えながら、
ある日、代官山の「デタント(DETENTE)」に
フラッと入ると、

「おおっ、こ、これは・・・。」




何と、クルクル巻かれた
「バロンズハンター」のリボンベルトが
セールコーナーに
ゴロゴロ転がっているではありませんか。

気になるお値段は、何と・・・2900円。

うーん、安い。

通常6000円ぐらいで売られている
バロンズハンターのリボンベルト。
セール価格になっているのを見るのは、
これが初めて。

うーん、ナイス。
そして個人的には、あまりにもタイムリー。

・・・というわけで
多田さんに対抗して衝動買いした一品。




c0077105_22162.jpg


「バロンズハンター(BARRONS-HUNTER)」のリボンベルト。
made in U.S.A。

シャツの裾からチラッと見えた瞬間に
「おおっ」と思わせるこの鮮やかな色合い、
さすがはバロンズハンター。

次回ライブはもちろんリボンベルト着用で・・・。

ちなみに多田さんは何色買ったんでしょうね?
同じ色、同じ柄でないことを祈るばかりです。
[PR]
by boppuccino | 2008-06-29 23:59 | products
<< the photo session The Whole U.S.A... >>