too major to be OSHARE ?

それまで「お洒落ではない」と思っていたモノやブランドが、
ある日突然「お洒落」に思えてしまう・・・
ということはよくある現象。

例えば1〜2年前、
あの「ビームス」の中でも
最もこだわりのアメカジテイストを打ち出している
「ビームス・プラス」で
「B.V.D復刻スウェットシリーズ」を見たときも

「えっ、B.V.D?
 B.V.Dって、お洒落ブランドだったのか・・・。」

と、驚いた。


c0077105_228586.jpg


「B.V.D」といえば、ある世代以上の男子にとっては
「グンゼ」と並ぶ、2大「白ブリーフ」ブランド。

中学生あたりでファッションに目覚めた男子の多くは
「グンゼ」「B.V.D」の白ブリーフを卒業、
気取ってチェックのトランクスなどに履き替えるものだが、
まさかその懐かしの「B.V.D」の名前を、
今ごろになってお洒落セレクトショップで見かけるとは・・・。

が、B.V.Dはもともとは1876年創業の、
アメリカの老舗アンダーウェアブランド。

日本では古くからライセンス生産され
あまりにも有名になってしまっているため、
「アメカジブランド」としての認識はほとんどないが、
ビームスプラスとしては
「アメカジの源流」をたどるうちに
B.V.Dにたどり着いたのだろう。

さて、そんなビームスプラスに先日フラリと立ち寄ると、

「おおっ,今度はコレか・・・」

というようなブランドの
復刻コレクションがリリースされていた。

そのブランドとは、「McGREGOR」。


c0077105_2301660.jpg


マクレガー(マックレガー)といえば
1921年創業の、アメリカを代表するカジュアルブランド。

古着屋に行くと60年代あたりに作られたと思われる
マクレガーの開襟シャツ、
そして名品「ドリズラー」をよく見かけるが、
BVD同様、早くから日本国内でライセンス生産が
さかんに行われたため、
リアルタイムなアメカジブランドとしての認識は薄い。



c0077105_2311894.jpg


最近はマクレガーのランドセルもあるみたいです。
こういうアイテムを見ると、
「そこまでやらなくても・・・」と
ちょっと複雑な気分になりますね。

でも僕も子供の頃、
マクレガーの半ズボンを履いていた気がする。

そんなおなじみのブランドを、ビームスプラスが
あくまでもビンテージなファッションブランドとして捉え、
古き良きアイテムに現代的アレンジを施し復刻。

そのコレクションには
あのドリズラーも含まれているようだ。

ビームスプラスのあくなき探求心、
ここで敬意を表したいです。

そして次なる復刻ブランドは?

「ジャンセン」「スポルティング」あたりか?
[PR]
by boppuccino | 2008-04-17 23:59 | products
<< groove at the t... who is Mr. J >>