Thom respects Tsuthom ?

昨日紹介した雑誌「ブーン」でも
大フィーチュアされていたのがトム・ブラウン。

今やトムさんの載っていない
男性ファッション誌を見つける方が難しい、
と言っても過言ではないはず。

まさに時代の寵児。
そしてアメリカントラッドの救世主。

さて、そんなトム大先生の
春の新作を見ていたら、

「おおっ、これは・・・」

何と・・・
大半のスーツのジャケットが、半袖であった。

ジャケットは半袖でシャツは長袖なので、
シャツの袖がジャケットからはみ出ることになる。



c0077105_0303585.jpg


うーん、何とも斬新なスタイル・・・。
さすがトム・ブラウン・・・。

と思ったのだが、あれ?
これって、どこかで見たような気が・・・。

確か羽田孜元首相あたりが
こんなスタイルでキメていたような・・・。

そう、まさに、
「省エネルック」ではないか・・・。

ガーン。



「省エネルック」は1970年代後半、
第二次石油ショックをきっかけに
当時の政府によって提唱されたスタイルだという。

が、圧倒的な不人気を誇り、
普及しないまま消えていったという。
羽田孜氏を除いて・・・。

そんな、日本トラッド界が誇る
最も過激な保守派スタイル(?)が、
2008年、意外なきっかけでリバイバル・・・?

そして奇しくも世の中は
当時と同じく、石油の価格高騰に混乱している。

これは何かの運命なのか?

トム・ブラウンの、
あまりにも「微妙な」挑戦状に、
日本のお洒落ピープルはどう反応するのか、
興味深く観察したい。

いや、僕は絶対に省エネルック、着ませんよ。

でも真夏は涼しくていいかも・・・。
[PR]
by boppuccino | 2008-04-02 23:59 | products
<< we are Thom bro... good bye the「b」 >>