from country boy to city boy ?

アメリカンカジュアル、略してアメカジ。
(この書き出し、久々ですね。)

さて、アメカジ派にとって、
春のアウター、それはカバーオール。

・・・と言いつつ、
自分では1着も持ってないのですが・・・。

さて、古着はともかく、
新品のカバーオールと言えば、
今や「ポインター(POINTER)」の独壇場、
と言ったら少し大げさか?

いや、でも、
昔ながらのワークウェアとしての
カバーオールを作り続けている
「made in U.S.A」ブランドとして
ポインターは本当に、
希少かつ孤高の存在となってしまった。

c0077105_0162947.gif

そんなポインターのカバーオールといえば、
質実剛健、シンプルでラフ。
でもどこか「ダサかわいい」雰囲気、
であったのだが・・・

いや、それが、
数年前から、何だかやたらにオシャレ。

すっかり洗練されてしまった。
カントリーボーイからシティーボーイへ・・・。

「元3年B組の保印田(ポインタ)、
 アイツすっかり垢抜けやがって・・・。
 さては東京の大学に行って女でも出来たか?」

・・・などと言いたくなってしまう、
そんな変わりっぷり。

いや、どうやら近年、
日本のメーカーがしきりに別注をかけている様子。

生地を2色使ったり、
糸の色に凝ったり、
着丈もやけに短かったり、
まつ毛エクステしたり、
と、カスタマイズが著しい。
(筆者注:一つだけ誤りが含まれています。)

そんな別注ポインターの数々。

c0077105_019167.jpg

c0077105_020565.jpg

c0077105_0204314.jpg

アメカジ派以外のお洒落ピープルにも
十分にアピールできる、ナイスなアイテム。

ただ、個人的には最近、目が慣れてきたのか
むしろオーソドックスなカバーオールの
「いなたい」感じがやっぱりいいな、と
思ったりもしてます。

c0077105_0173110.jpg

みなさんはどうでしょう?

音楽も一緒で、
アレンジをどこまでやるか、やらないか、
難しいですよね。

いずれにしても、
変わらずに変わり続ける「ポインター」に
ここで敬意を表したいです。

(ちなみに今回、いろんなサイトから
写真を転載してしまいました。許して下さい。)
[PR]
by boppuccino | 2008-03-12 23:59 | products
<< on the street c... electric piano ... >>