a night in Shinjuku

都内某所で演奏を終えた後、
津田さんと新宿で飲もうということになって、
せっかくだから生演奏のある店で、ということで
とあるピアノバーに入った。

するとピアノの前には、
何と「黒船レディと銀星楽団」のピアニスト、
リリィ婦人こと廣田ゆりさんが・・・。

偶然にも、そして幸運にもその日は
廣田ゆりさんがソロピアノで出演の日であった。

曲は「April in Paris」や
「I can't get started」など・・・。
ム、ム、ムーディー。

「銀星楽団」の時とはまた少し違う、
スタンダード曲中心で
オーセンティックなソロピアノを
楽しむことが出来て、何だか得した気分。

さて、しばらくすると
リリィ婦人がマイクを握った。

「今日は友人のシンガーが来ているので・・・」

え、友人のシンガー?
誰だろ?
もしかして黒船レディ?
いや違うか?

「ではここで1曲歌ってもらいます。
 矢舟テツロー、カモンッ。」

えっ?
僕ですか?
シ、シンガーって・・・
き、聞いてないよー。

が、しかし、廣田さんはすでにポロポロと
イントロを弾き始めてしまった。
曲はどうやら・・・「But not for me」。

や、やります。
やりますよー。
やりますってば。

というわけで、ハンドマイクで飛び入り。

c0077105_245473.gif

撮影は津田さん。
手前にはピアノを弾く廣田さんの姿も。
わかるかな?

最近なぜかハンドマイクが楽しい。

廣田さん、
今日は楽しい時間をありがとうございました。
また機会があれば顔出しますね。

ちなみに津田さんには久しぶりに
(僕の)音楽について
いろいろと意見を聞かせてもらった。

本当に、熱心なリスナーであり、音楽愛好家だ。
改めて敬意を表したい。
[PR]
by boppuccino | 2008-02-25 23:59 | sounds
<< coffee and jazz... the to go bags ... >>