piano nightly at single's bar

バールに灯ともる頃、
そこでは今日も、様々な人間模様が
繰り広げられているのであった。



ところであなたは
「シングルズ・バー」をご存じだろうか?

single's bar

その名の通りシングルのための,
つまり独身の男女のための
新たな出会いの場となるバー・・・。

アメリカでは古くから
ポピュラーな存在であったというが,
日本でも最近,
新しいスタイルの「オトナの社交の場」として
夜の繁華街に浸透しつつあるという。



age of vintage 取材班はさっそく
このシングルズ・バーに潜入レポートを敢行。

・・・って,
気分はまるでテレ朝「トゥナイト」か?
いや,例えが古いね・・・。



やって来たのは東京・六本木、
繁華街の中にある某店。

店内はシックな内装で,
スタイリッシュなジャズバー&ラウンジといった趣き。

そこではオトナな男女が,
時には静かに,時にはにぎやかに,
それぞれの出会いの瞬間を迎えているのであった・・・。

そしてフロアの奥には,グランドピアノ。

そこに現れたのは、ピアノマン。
鍵盤の前に座り、ポロポロとイントロを弾き出した。
いや、ピアノだけではなく、
弾き語りであった・・・。

曲は・・・「Candy」。

恋人をキャンディーに例えた,
スウィートなラブソング。

ム,ムーディー・・・。

ところでピアノマンの足元を見ると,
何と、ビルケン。
どこかで見たような・・・。

ココか?



ピアノマンは今後も
シングルズ・バーで繰り広げられる
様々な人間模様を
レポートしてくれるに違いない。
[PR]
by boppuccino | 2008-02-17 23:59 | place
<< police and nigh... first visit to ... >>