TAKE IVY, TAKE KY?

かなり大ざっぱな分類ではあるが、
古着屋にも二つのタイプがあって、
一つは店主のこだわり全開、
流行など関係なし、我が道を行く・・・
というタイプ。

もう一つはそれなりに
世の中の「モード」というものを気にして
若きお洒落ピープルが喜びそうな商品を展開するタイプ。
といっても、あくまで古着なので
その「モード」は大手セレクトショップ等に比べると
半年ぐらいは遅れている気がする。

そんな後者のタイプの古着屋に行くと、
最近「プレッピー系」アイテムが
非常に充実してきているように思われる。

例えば紺ブレ、
例えば蝶ネクタイ、
例えばサスペンダー、
例えばレジメンタルタイ。

かつてなら店の片隅にひっそりと置かれては

「誰が買うんだ?」
「VANオヤジか?」
「街のアイビーリーガーか?」

と冷ややかな視線を浴びていたであろう
「きわどい」アイテムの数々が、
今再び、表舞台へ駆け上がろうとしている(?)。

それは音楽に例えるなら、
かつて中古レコード店の
「その他ジャズ・特価」の棚に
タダ同然で置かれていたLPがある時から急に
「レア・グルーヴ」などと呼ばれて
高く評価された現象と、良く似ている。

そんなファッション界のレア・グルーヴ、として
ここ1〜2年囁かれてきた「プレッピーの復権」も、
この春いよいよ本格到来?

そんなプレッピースタイル、
個人的にはわりと好きなのだが、
もともとが「上流階級・保守派」スタイルなだけに、
一歩間違えると、やはり危険なファッション。

本人はキメてるつもりでも、
普段着でいきなり「蝶ネクタイ&サスペンダー」じゃ、
「KY」と指さされて笑われるのがオチかと・・・。

2008年の今、プレッピーアイテムを着こなすには
やはり原宿某C店のY店長ぐらいの「着崩し」テクが
必要不可欠であろう。

・・・さて、実はここからが本題、というか
いつもの「チープお買い物自慢」なのだが、
そんなプレッピースタイルにおける
もう一つの「きわどい」アイテムとして
注目したいのが「クレリックシャツ」。


c0077105_1373723.gif






襟の部分だけ白くなってる、
あの気取ったシャツだが、
最近新品でも古着でも非常によく見かけるし、
そのバリエーションも豊富になり、
「気取りやがって度」は
以前より確実に低くなってきて、
すでに「お洒落ピープル市民権」を獲得した模様。

かつてのように
必ずしもスーツ(またはブレザー)&ネクタイと
合わせるのではなく、
カジュアルスタイルに取り入れて
ラフな中にさりげなくプレッピー・テイストを漂わせる、
そんなお洒落ピープルが急増中だという。

もちろん僕も、その一人(?)。

・・・というわけで、
初めて買ってみた、クレリックシャツ。

c0077105_1391169.jpg

ケネス・ゴードン(KENNETH GORDON)の
クレリックシャツ。USED(古着)で購入。
気になるお値段は、何と2500円。
相変わらず、安い服しか買ってない・・・。

そして・・・made in U.S.A。

ケネス・ゴードンといえば
渋カジ最盛期は渋谷「レッドウッド」あたりに行けば
「バリー・ブリッケン」などと共に
誇らしげに並んでいたトラッド系ブランドだが、
そういえば最近、ほとんど見かけない・・・。

クレリック・シャツにしては
シンプルなカラーリングと、
白いのが襟だけで、袖は白くない、
というのも気に入ってます。

昨年買った
キャシディのスウェット地の紺ブレに続き、
僕もさりげなく、
プレッピーアイテム増加中・・・。

このまま
気が付けばサスペンダー、
気が付けば蝶ネクタイ、
気が付けばKY・・・となってしまうのか?

くれぐれも気をつけたい。





最後に、話は変わって・・・
今日は新宿「つるとんたん」にてライブ。

初共演の渡辺君、お疲れ様でした。
トマ君もお疲れ様。

あまり告知してないのに、客席には
知ってる顔もちらほら・・・。
遊びに来てくれたみなさん、
ありがとうございました。

ちなみに2月は6日、16日、23日に出演します。
[PR]
by boppuccino | 2008-01-29 23:59
<< D&D at Family Mart standing at the... >>