the girl and the book

昨日「ハチクロ」について書いたが、
どうやらピピンさん所有の
漫画「ハチクロ」全巻はめぐPさんが
持ってるらしい。

ということで、
めぐPに

「ハチクロもう1回読みたいから、
 読み終わったら貸してよ。」

と言うと、

「えー、でも、まだ1巻も読んでない。」

という答え。

何故?

その理由は、

「だって、字を読むのがめんどくさくて・・・。」

とのこと・・・。

・・・。

いや、めぐPが「勉強嫌い」「活字嫌い」なのは
知っていた。

で、僕はおせっかいな性格なので、
以前、彼女に読書を薦めたことがある。

その時に渡した本は、村上龍の「69」。

何故この本かというと、
僕が昔付きあっていた、
「本なんてほとんど読んだことがない」という彼女に
「69」を貸して以来、
彼女はすっかり読書にハマってしまった、という
成功例があったから(詳細)、
それをそのまま使ってみた・・・。

が、しかし、めぐP、
「69」は最初の数ページを読んだだけで
「全然わかんない。」と速攻リタイヤ。

まあ小説は漢字が多過ぎるから仕方ない、
と考えるようにしていたが、
いや、まさか、ハチクロもダメとは・・・。
漫画もダメとは・・・。

・・・。

が、そんなめぐPも何故か
この age of vintage は、

「ちゃんと読んでますよ。」

という。

光栄です。

いやいや、ハチクロの方が
よっぽど読みやすいと思うのだが・・・。

こうなったら、何とかこのブログを通じて
彼女に活字に親しんでもらいたい、
そう願う今日この頃・・・。
[PR]
by boppuccino | 2008-01-15 23:59 | people
<< the cheapest ri... another casting... >>