overall vs salopette

初めて「ビーフストロガノフ」というものを
注文したのはいつだったか、もう覚えていないが、
運ばれてきた料理を食べた時の感想だけは覚えている。

「何だ。ハヤシライスか・・・。」







以前、古い知人のMさんと
久しぶりに連絡をとる機会があって、

「まだS社で働いてるんですか?」

と聞いたら、

「いや、今年の夏で辞めて、
 今はコンフィチュールの店で働いてる。」

との答え。

「は?コンフィチュール?何それ?」

と聞くと、

「え、知らないの?まあ要するに、ジャムの事。」

「じゃあ最初からジャムって言えばいいのに。」

「いや、ジャムじゃダメなの。」

「何だそれ・・・。」

といった問答・・・。







先日、若きお洒落ガールのQさんと話をしていた時、
二人の目の前をたまたま、
オーバーオールを着た女性が通りすがったので、
僕は彼女にこう言った。

「あ、そういえば最近、
 オーバーオール着てるお洒落な女の子、多いよね。」

「え、サロペットのこと?」

「は?何ペット?
 オレ今オーバーオールって言ったんだけど・・・。」

「だからぁ、サロペットでしょ。」

「いや違うって。オーバーオールって言ったの。」

「だから、サロペット。」

「いや、オーバーオール。」

「サロペットっ。」

「オーバーオールっ。」

と、エキサイトする二人。
もはや一歩も譲れない・・・。

c0077105_171591.jpg

最近なぜか、レディースのオーバーオールは
「サロペット」と呼ばれるようになった。
何故なのかは、わからない。

ちなみに「サロペット」とは
フランス語でワークウェア(作業着)のことらしい。


「ふん、気取りやがって。」

「バーカ。アメカジ野郎。」

・・・と、
二人の罵り合いは、いつまでも続くのであった。

みなさんも、サロペットをめぐる醜い争いには
くれぐれも気をつけて下さい。

(写真は「サロペット専科」より転載させていただきました。)
[PR]
by boppuccino | 2007-12-13 23:59 | products
<< Tetsuro Santa i... Mr.NN meets Mr.... >>