made in U.S.A but ・・・・

アメリカンカジュアル、略してアメカジ。

さて、ここ数年、
アメカジ系ショップの片隅で
さりげなく、だが確実に
自己主張している「名脇役」の存在に
今日はスポットを当ててみたい。

決してメインイベントには登場しないが、
でも下手するとメインのレスラーよりも人気・・・
プロレスラーに例えるなら「木戸修」のような存在か?
いや、例えが古い・・・。

で、そんなアイテムとは・・・・「リボンベルト」。

c0077105_1372851.jpg

中でも特に最近、
いろんなショップで見かけるのが
「バロンズハンター(BARRONS HUNTER)」の
カラフルなリボンベルト。


c0077105_1363438.gif



「バロンズハンター」は
1981年にヴァージニア州で創立されたブランド。

c0077105_138883.jpg

プレッピーテイストあふれるカラーリングがナイス。
そして・・・made in U.S.A。

ちなみにこの
「バロンズハンター」についての解説で
よく書かれるのが

「ラルフローレンのベルトの製造も手掛けている」

というエピソード。

で、僕はその、バロンズハンターが手掛けた
「ラルフローレン」のベルトを1本、持っている。

c0077105_14087.jpg

とあるヒップホップ系ショップで
3900円で買ったお買い得アイテム。
ちなみに都内某店では9800円で売っていた。

が、しかし、このベルト、
ほんの3ヶ月も使っていたら、
あちこちの縫い目が破れてきて、
ボロボロ、ヨレヨレになってしまった・・・。

ガーン。

いや、たまたま僕の買った物が
「ハズレ」だったのかもしれないが、
正直なところ、
バロンズハンターの製品全体が
ちょっと「あやしい」ような、
そんな気がしてしまう今日この頃。

でもカラーリングがナイスだし、
気を取り直し、「今度こそ」という思いも込めて
色違いをもう1本ぐらい
買ってみたい気もするのだが・・・
まだ決心がつかない。

みなさんの中で
もしバロンズハンターのリボンベルトを
使用中の方がいらっしゃいましたら、
その耐久性について、
こっそり教えて下さい。

バロンズハンターに敬意を表したいのに表せない、
そんなもどかしい日々を、
何とかしたい今日この頃。
[PR]
by boppuccino | 2007-12-10 23:59 | products
<< the toughest ri... the two old woo... >>