FAQ about 60/40

アメリカンカジュアル、略してアメカジ。

さて、アメカジ派にとってこれからの季節、
欠かすことのできない
「ダサかっこいい」アイテムといえば、
やはりマウンテンパーカ。

今日は、
マウンテンパーカをめぐる疑問を、
いくつか・・・。

さて、マウンテンパーカといえば
何と言っても元祖・シエラデザインズ(SIERRA DESIGNS)。

c0077105_1374262.jpg

シエラデザインズが開発した
「60/40クロス」と言えば
デュポン社の「コーデュラナイロン」と並ぶ、
アメカジ界の「2大化学繊維」といっても、
過言ではない(?)。

c0077105_1371718.jpg

ここ数年、日本でもアメカジ系ショップの多くが
「60/40クロス」を使用したオリジナルアイテムを発表。

今やバッグからトレンチコートまで、
何でもかんでもロクヨンにアレンジされてしまった。
ロクヨン化現象。

その現象を音楽に例えるなら
1960年代のジャマイカにおいて、
「スカタライツ」がアメリカのヒットソングから
美空ひばりの「りんご追分」まで、
あらゆる曲をスカ・アレンジにしてしまったのと
良く似ている。

いや、例えがわかりにくいですね・・・。

さて、そんな2007年秋冬シーズン、
いよいよ本格的なマウンテンパーカの季節を
迎えるにあたって、こんな噂を耳にした。

「シエラの60/40クロスのマウンテンパーカが、
 もうすぐ生産終了?」

えー、まさか・・・。何故?

今まさに「60/40フィーバー」真っ只中の
日本のアメカジ界において、
この噂、にわかには信じ難い。

でもマウンテンパーカってもともとは
登山用のアウトドア・ウェア。

ハイテク化の進むアウトドア界から見れば、
もはや「60/40クロス」は、
時代遅れな素材なのかもしれない。

本来の役目を終えても、
ファッション用アイテムとして
残ることは不可能なのか?

たぶん可能。

シエラの60/40マウンテンパーカの今後について、
情報をお持ちの方はご一報を・・・。

・・・・と言いつつ
僕はシエラ派ではなく、ウールリッチ派。
何故かというと、裏地のウールがカワイイから。

さて、シエラのマウンテンパーカに関連する
もう一つの疑問は、
最近、代官山「ハイ!スタンダード」などでよく見かける
「マウントレイニアデザイン(MT RAINIER DESIGN)」
というブランド。

数年前にはまったく見かけなかったから、
おそらく新しいブランド(?)。

c0077105_1382395.jpg

だが、その多くのアイテムが60/40クロスを使用していて、
デザインも「シエラ的雰囲気」が、かなり濃厚。
名前も似てるし。

僕が調べた限りでは
シエラのファクトリーブランド、という説や
シエラに所属していた人が新しく始めたブランド、
という説などがあり、その詳細は不明だが、
いずれにしてもシエラと何らかの関連があるブランドのようだ。

僕の印象だと、たぶん日本企画のブランドかと・・・。
アメカジ派のツボを押さえたデザインが、ナイスです。

「マウントレイニア」についての
情報をお持ちの方はご一報を・・・。

・・・と言っても、

「ラテが超ウマ。」

というような、
こっちのマウントレイニア情報は、いりません。

c0077105_1385497.jpg



そして最後の疑問が、
「マウンテンパーカを、どう略して呼ぶか?」

雑誌「Free&Easy」を始め、
多くの方々が「マンパ」と略しているようだが、
僕は「マウンパ」派。

何故かというと、
十代の頃よく通っていたアメカジショップの店員さんが
「マウンパ」と略していたから、
今でもそっちの方が、しっくりくる。

みなさんもこれを機に
「マンパ派」から「マウンパ派」に、
転向しませんか?
[PR]
by boppuccino | 2007-11-09 23:59 | products
<< otome got a mob... the final of re... >>