check your pocket

秋、ネルシャツの季節。

ネルシャツといえば
アメカジの代表的なアイテムだが、
いまやお洒落ピープルからアンチお洒落ピープルまで
様々なタイプの人々の日常着になっている。

言うなれば
「アメカジ」系から「アキバ」系まで・・・・。

では一目で
「アメカジ系ネルシャツ・ピープル」を
見分ける方法は?

うーん、難しい・・・。

え?
顔で見分ける?

いやいや、
そういうんじゃなくて・・・。

ここはひとつ、
「左胸のポケット」に注目して欲しい。

もしあなたの隣人の
ネルシャツの左胸のポケットが「山型」だったら、
その人はアメカジ派と考えて、
ほぼ間違いない。


c0077105_271651.jpg

山型ポケット、略して山ポケ。

米・シカゴの老舗ワークウェアブランド
「BIG YANK」がそのオリジナルだといわれている。

c0077105_255537.jpg

労働者が胸ポケットに入れたタバコを
取り出しやすいように・・・
そんな配慮からこの型が生まれたらしい。

大量生産以前の古い服には
そんな「遊び心」に富んだアイデアが
満載だったのだ。

古着屋に行くと、
たまに1940年代頃のBIG YANKの
山ポケ・ワークシャツが5万、6万という価格で、
誇らしげに置いてあったりする。

「ポケットの形一つに歴史あり」(アメカジ川柳)



さて、時代の流れとともに姿を消した
山型ポケットだが、現代においては
「Engineered Garments」や「Post Overalls」といった
こだわりのアメカジ・ブランドが
この「山ポケ」を、
シャツなど多くのアイテムで採用。

多くのアメカジ派を「ニヤリ」とさせている。

c0077105_281993.jpg

というわけで、
「山ポケネルシャツ」を着てる人は間違いなく
「こだわりのアメカジピープル」だと考えてよい。

が、しかし・・・・
2007年秋冬シーズン、
アメカジ系ショップに行くと、
やたらにこの「山ポケ」を見かける。

「山ポケ」異常増殖?

このままだとおそらく数年後には
「こだわりのアメカジブランド」だけでなく
「こだわってないアメカジブランド」も

「ポケットを山型にすると売れるらしい」

とか言って、
山ポケを安易に採用。

やがてアメカジ系からアキバ系まで、
ネルシャツピープルはみんな山ポケ、という
現象が起きてしまうのか・・・・?

注意深くその推移を観察し、
そして警笛を鳴らしてゆきたい。
[PR]
by boppuccino | 2007-10-26 23:59 | products
<< messenger bag f... quiet dance, qu... >>