meaning of SM2

レディースファッションブランド「SM2」。

c0077105_135323.jpg

そのお店の前を通るたびに、
ナチュラル、かつガーリーでありながら、
無駄に飾りすぎないシンプルな乙女スタイルに、
好感を抱いていたのだが、
それと同時に、「ある疑問」が頭から離れない。

その疑問とは・・・

何で名前が「SM2」・・・?

という、非常に初歩的な疑問。

乙女なのに「SM」の「2乗」?

何か深い理由があるのか?
いやいや、あるに違いない。

きっと乙女たちの間では、
「SM2」のネーミングの由来についての会話は
タブーになっているに違いない。

何の根拠もなくそう思い込んだ僕は、
お洒落女子には「SM2」の由来について聞くことが出来ず、
仕方ないので、
あのMr.KYに、聞いてみることにした。

「SM2って知ってます?」

するとMr.KY、

「えっ?SM2?
 何だか <Web 2.0> みたいでカッコイイな・・・。
 新しいプレイの名称?
 うーん、一体どんなプレイだろ?
 個人的には言葉による屈辱の後で・・・(以下自粛)。」

と、ある意味、予想通りの反応。
さすがはどエム・・・。

というわけで、
Mr.KYに聞いたところで、何の収穫もなし。
何も役立たず・・・。
全く空気読めず・・・。

で、その後もずっと気になっていながら、
かといってわざわざ調べる程でもなく、
そのままになっていたのだが、
最近ある人から教わって、謎が解けた。

「SM2」とは、何と

「サマンサモスモス」

の略であるらしい。

へえ・・・。
サマンサモスモス・・・。
ってことは、
「S」がサマンサ、「M2」がモスモス?

その由来は

1980年代の「米ソ冷戦」時代に
「平和の使者」としてアメリカから
「サマンサちゃん」という名の小さな女の子が
モスクワを訪れるという出来事があり、
「サマンサ」「モスクワ」に
ブランドコンセプトの「遊び心」をプラスして
「サマンサ モスモス」という名前になったらしい。

・・・・?

「サマンサ」はいいとして、
「モスクワ」に「遊び心」で「モスモス」?
さらにそれを略すと「SM2」?

やや意味不明ではあるが、
いや、常に意味不明なのが、
正しい「乙女ワールド」か?

そのフワフワ感に、ここで敬意を表したい。

さて、最後に・・・

アメカジ派男子にとっては
「SM2」より、「S2W8」の方が、
はるかになじみ深いブランド名か?

「S2W8」はあの「ネペンテス札幌」の
オリジナルブランド。

c0077105_136035.jpg

「エンジニアード・ガーメンツ」同様、
多くのアイテムがmade in U.S.Aであり、
古き良きヘビー・デューティー・スタイルを
今に伝える、ナイスなブランド。

実はこの「S2W8」のネーミングの由来も、
最近まで知らなかったのだが、
ネペンテス札幌の住所
「札幌市中央区南二条西八丁目・・・」の
「南二条西八丁目」からとったものであるらしい。

ブランド名にも、いろんなルーツがあるんですね。
[PR]
by boppuccino | 2007-10-03 23:59 | products
<< at the studio seasonal recomm... >>