a shop for girls only

雑誌「オリーブ」と「オリーブ少女」の
残像というか亡霊というか幻覚というか・・・
そういったものを追い続けるうちに
いつの間にかお洒落タウン代官山に
たどり着いてしまった Age of vintage。

そんな代官山にて今、
最も「オリーブ少女の匂いがする」店の
一つとして挙げたいのが
「キャスキッドソン(Cath Kidston)」。

c0077105_115595.jpg

日本初のキャスキッドソン専門店。
オープンは昨年の秋(2006年9月)だという。



c0077105_1143048.gif


キャスキッドソンは1993年に
英国・ノッティングヒルにてスタート。
もともとはアンティーク家具や
ヴィンテージのファブリックを扱うお店だったらしい。

その後自らデザインしたファブリックの製造をスタート。

キャスさんはヴィンテージ生地の
相当なコレクターだったのだろう。
そのヴィンテージ・テイスト溢れる
ファブリックは爆発的な人気となり、
今やバッグから洋服、キッチン用品まで、
あらゆるアイテムが揃う、一大ファッションブランドに・・・。

c0077105_1163661.jpg

c0077105_1171661.jpg



キャスキッドソンといえば
やはり花柄が印象的。

c0077105_118690.jpg

「英国で花柄」というと
「お嬢様系」というか「王室系」というか、
保守派なイメージなのですが、
キャスキッドソンに関しては、
そういう「重さ」はあまり感じられず、
むしろポップなテイスト。

ラルフ・ローレンあたりと近いテイストも感じるのは
やはりヴィンテージを上手く取り入れているからだろう。

ただ気になるのは今後、
ブランドの普及とともに
オバチャン達の買い物バッグとして一気にブレイク、
若きお洒落ピープルは
もはや恥ずかしくて持ち歩けない・・・
というような事態になる可能性も、やや否めない。

ちなみに代官山などのキャスキッドソン専門店は
あの「ユナイテッドアローズ」が運営してるらしい。
さすがアローズ・・・。

・・・と、ここまで書いておきながら、
実は代官山のキャスキッドソンショップには、
まだ入っていない。

いや、店の前は何度か通ったのだが、
中は花柄だらけ。
まさにお花畑。

さすがに男子一人では、入れない・・・。

入りたいのに入れない・・・

男子禁制、禁断の園。
キャスキッドソンには
ずっとそんな「手の届かない存在」であって欲しい。
[PR]
by boppuccino | 2007-09-21 23:59 | place
<< HUgE goes Ameri... How do you call... >>